[e]10月13日はさつまいもの日!江戸っ子な理由がおもしろい!

この記事をかいた人

本業は整体師。主に大好きなGoProを始めとしたアクションカメラや動画編集、子育てについての情報を発信しています!
さつまいもの画像

10月13日は何の日かご存知ですか?
私は知らなかったのですが、さつまいもの日となっているようですね。

お客様との会話で聞いて、調べてみると理由がなんとも江戸っ子でおもしろかったのでシェアさせて頂きます。

スポンサーリンク

さつまいもエピソード

さつまいもは八里半

そもそも焼き芋屋さんができたのが、江戸の時代の宝永の頃に京都で登場したのが最初だそうです。
その焼き芋屋さんの看板が「八里半」となっていました。

当時は、さつまいもは蒸し芋で食べるのが定番だったようです。
そこで、焼いたさつまいもが栗の味に似ていたことから、「栗にはやや及ばない」という考えから洒落で、栗=九里として「八里半」と名付けられたようです。

江戸で「十三里」と呼ばれる

その後、江戸時代の寛政の頃、焼き芋が江戸にも伝わり、京都と同じように焼き芋屋さんは「八里半」の看板を掲げていたそうです。

しかし、江戸は小石川の焼き芋屋さんが、お店の名前を「十三里」と名付けたそうです。

すると、「栗よりうまい十三里」というところから、栗=九里とより=四里を足して十三里、という洒落が江戸っ子の評判を呼び、焼き芋が好んで食べられるようになりました。

それから「さつまいも=十三里」となったようです。

その他の説

他の説では、当時さつまいもの有名な産地である川越が、江戸から十三里(約52km)のところにあるため「十三里」と呼ばれるようになった、というものもあります。

さらに、秋真っ只中の焼き芋は、とても美味しいことから「十三里」より美味しいという意味で「十三里半」と呼ぶ、という説もあるそうです。

十三里からさつまいもの日

「どうして13日なの?」
さつまいもを「十三里」と呼ぶことから、1987年に埼玉県川越市の「川越いも友の会」が、旬にあたる10月13日を「さつまいもの日」と定めました。

江戸の洒落っ気たっぷり

当時の洒落っ気がたっぷり詰まったさつまいものエピソード。
こういった当時の文化が分かるエピソードっていうのは面白いですね。

言葉遊びが好きな江戸っ子達のお陰で、さつまいもの美味しい文化が根付いてくれた訳ですから、感謝しないといけませんね。

これ以外にも、私たちが生活で使うような言葉にも思わぬエピソードがありそうですね。
また気になったものは紹介させて頂きます!

以上、ナシタカ(@ehicalog)でした!

本日のおすすめ

今日は何の日というのは話題として面白いですよね!小ネタとして知っておくと良いですよ!

from するぷろ

スポンサーリンク

スポンサーリンク