[e]子ども乗せ自転車の後ろ用レインカバーならActive Winnerが使いやすくておすすめです!

Active Winner Raincover

どうも子育てパパのナシタカ(@ehicalog)です。

子ども乗せ電動自転車を購入してから、毎日の移動がとても快適になって、子どももお出かけを楽しんでくれています。

そんな電動自転車に欠かせないのが、雨対策のアイテム

天気が悪くても子どもを乗せていかなければいけないので、子どもを安全に乗せるためには、絶対に欠かせません。

ただ後ろ用レインカバーはAmazonでも種類が多くて、どれを選べば良いのか迷っていました

そんな迷える僕に今回Active Winnerさんから、後ろ用レインカバーを提供頂いたので早速使ってみました。

初めてのレインカバーでしたが、実際に使ってみると最高に便利だったので、その魅力について全力で紹介していきます!

Active Winnerの後ろ用レインカバー

こちらが今回紹介する、Active Winnerの後ろ用レインカバーです。

ヘッドレスト付きのチャイルドシートか、ヘッドレスト一体型のチャイルドシートで使うことができます。

届いた状態では、このように収納ケースに入っている状態です。

収納ケース

収納ケースのロゴが良い感じですね。

収納ケースのロゴ

出してみると背面にロゴとパイピングがあり、これは反射素材となっています

本体後面の反射素材

そのため夜間に光が当たると反射するので、車からもしっかりと見えやすい状態を作ってくれます

とても考えられたデザインで、なおかつオシャレなので、とても気に入りました。

しかしデザインでだけでなく、使い心地も素晴らしかったので、僕が魅力的に感じたポイントをまとめていきます。

チャイルドシートにしっかりと固定できる

チャイルドシートを取り付けたところ

Active Winnerの後ろ用レインカバーは、固定パーツが多く備わっているので、チャイルドシートにしっかりと固定できます

ちなみに僕の電動自転車は、ヤマハのパスバビーアンの2018年モデルで、チャイルドシートはヘッドレスト一体型となっています。

Active Winnerの後ろ用レインカバーには3つの固定部分があり、以下のようになっています。

3つの固定部分
  • ヘッドレスト部分
  • 前方のハンドル部分
  • 後部にある絞り

まずはヘッドレスト部分のベルクロを取り付けます。

ヘッドレスト部分のベルクロ

次にハンドル部分のベルクロを取り付けましょう。

ハンドル部分のベルクロ

これで最後に後ろの絞りを調節します。

後面の調節コード部分

この3つの固定のお陰で、チャイルドシートが外れないだけでなく、ズレる心配もなくなります

雨風が強い日もズレることが全くなかったので、安心して使うことができました。

後面ジッパーが大きく開くので乗り降りが楽

これだけチャイルドシートをしっかりも覆ってくれるわけですから、僕は使う前までは「乗り降りが面倒なんじゃないの?」と思っていました。

ただそんな心配は、全く必要ありませんでした。

側面の後ろ側にあるジッパーが大きく開くので、子どもがスムーズに乗り降りできるようになっています。

後ろジッバー部分を開けたところ

そのためしっかりとチャイルドシートを覆ってくれるのですが、乗り降りはとてもスムーズにできます

後面ジッパーを閉めれば、足元までしっかりと覆ってくれるので、濡れる心配はありません。

足元までしっかりとカバー

しっかりと子どもを包み込みながらも、ジッパーが大きく開くのがとても便利で、使うシーンをよく考えられた作りだなと感じました。

前面のカバーが開いて視界を確保

前面の窓は透明なPVC素材で作られていて、クリアな視界を長期に渡ってキープしてくれるとこと。

前方の窓部分

確かに視界はとても良くて、子どもの表情もしっかりと見えるので安心です。

さらにこの前面窓は、後方に大きくまくり上げることができます。

前カバーを大きくまくりあげたところ

後面で固定するためのベルクロが付いているので、ここに固定すればまくったまま固定ができるのです。

後ろ側で前カバーを固定

このように左右のベルクロで固定しておくことができます。

右側のベルクロ 左側のベルクロ

そうすると子どもを抱っこしての乗り降りが楽になりますし、雨が降っていないときはまくったままにしておけば視界も確保できます

いろいろな使い方ができるように考えられていて、とても素晴らしいですね。

使わないときも持ち運びが楽

またActive Winnerの後ろ用レインカバーは、使わないときも持ち運びが楽にできるのがとても気に入っています。

ハンドル部分に取り付けたところ

付属の収納ケースにはベルトが付いているので、僕はこのベルトをハンドル部分につけて固定して、簡単に持ち運びできています。

収納ケースのベルトを固定したところ

収納ケースもオシャレなので、取り付けていても違和感は全くありません。

カバーを取り付けて使うだけでなく、雨の心配があるときも簡単に持ち運びができるように考えられているのは、とても素晴らしいですね。

僕らのような子育て世帯の気持ちがしっかりと考えられた、使いやすさがとても魅力的なアイテムです。

冬場は防寒に大活躍してくれる

雨で大活躍してくれるレインカバーですが、冬には子どもの防寒アイテムとして大活躍してくれます。

ゼロ体全体を覆ってくれるので防風の役目を果たしてくれて、結果的に寒さもかなり和らげてくれるのはありがたい。

特に子どものプールの送迎に便利で、体や髪が濡れている中での帰り道では寒さが気になるところですが、レインカバーのおかげで子どももあったかいと大喜び。

この効果は使う前にはわからなかったので、実際に使ってみてとても使いやすくてありがたいところでした。

寒い日のプールの送迎も安心の便利アイテムとして、冬場も重宝しています。

まとめ:Active Winnerは使いやすくておすすめ

ポイントまとめ
  • チャイルドシートにしっかりと固定できる
  • 後面ジッパーが大きく開くので乗り降りが楽
  • 使わないときも持ち運びが楽
  • 前面のカバーが開いて視界を確保

僕にとって初めてのレインカバーでしたが、とても使いやすくて、今ではお気に入りのアイテムとなっています。

本体デザインだけでなく、収納ケースもデザインがとても良いので、使うのが楽しみになる素晴らしいレインカバー。

雨の日だけでなく、収納ケースに入れての持ち運びまでしっかりと考えられていて、快適に使うことができます。

一つ一つがしっかりと作られていて安心して使えますし、さらに子どものために「こんな機能が欲しい」というところもしっかりと備わっている、とても魅力的なレインカバーです。

また冬場は防寒アイテムとして大活躍してくれて、オールシーズン大活躍してくれる心強い味方。

子ども乗せ電動自転車の後ろ用レインカバーとして、自信を持っておすすめできるアイテムなので、ぜひチェックしてみてください。

草むらと自転車

電動自転車をどこで買うかお悩みの方へ!僕が実際に購入したベストな方法を紹介します!

2019/03/06

この記事も読まれています

ABOUTこの記事をかいた人

GoProが大好きでHEOR5 Blackから子どもの撮影に活用しています。撮影した動画の編集も大好きで家族の思い出ムービーをたくさん作っているので動画編集についても紹介していきます。