便利グッズ

【AirPods Proレビュー】ハイレベルなノイズキャンセリングと外音取り込みで最高のリスニング体験が味わえる

Airpods Pro
ナシタカ
ナシタカ
この記事ではAirPods Proレビューとして特徴や実際の使い心地についてまとめています。ハイレベルなノイズキャンセリングと外部音取り込みを兼ね備えたiPhoneにピッタリの完全ワイヤレスイヤホンです!

どうも、Apple大好きナシタカ(@ehicalog)です。

僕は完全ワイヤレスイヤホンを愛用しており、コードのないストレスフリーな感じが気に入っています。

ただ使っていると気になる部分がけっこうあり、特にイヤホンをつけたままだと買い物でのやりとりがしにくいなと思っていました…。

ナシタカ
ナシタカ
いちいち外すのがめんどうなんですよね…。

そんな悩みを解決してくれたのが、『AirPods Pro』です。

AirPods Pro
ナシタカ
ナシタカ
Apple純正品だけあり、iPhoneとのスムーズな連携がとても使いやすい!

さらにノイズキャンセリングだけでなく、外音取り込みを備えているので、イヤホンをつけたまま会話ができます

これだけ素晴らしい機能を備えたAirPods Proを、これからじっくりとレビューしていくので、ぜひ読み進めてくださいね。

AirPods Proを購入しようと思った理由

僕がAirPods Proを購入しようと思った理由が、こちらの2つです。

雑音が気になっていた

僕はずっと完全ワイヤレスイヤホンを使っており、これがカナル型のイヤホンだったんですよ。

なのである程度は耳栓の役割になり、日常の音を聞こえにくくしてくれていました。

でもそれだけでは完全ではなく、音がどうしても気になることがあったんです。

特に気になっていたのが、電車内の音

ナシタカ
ナシタカ
走行中のガタンゴトンという音は、どうしても耳に響いてくるんです…。

こうした雑音をかき消したかったので、ノイズキャンセリングがあるイヤホンが欲しくなりました。

お店でイヤホンを外すのがめんどう

カナル型の完全ワイヤレスイヤホンは、耳栓の役割をもあったので、人の声がかなり聞き取りにくくなっていました。

特に不便なのがお店で、店員の声を聞きとるためには、毎回イヤホンを外す必要があったんです

しかし、左右が独立しているイヤホンなので、首にかけることもできずポケットにしまうしかありません。

そうするとコンパクトなサイズが、逆にポケット内で探しにくく、また着けるのがめんどうに…。

ナシタカ
ナシタカ
しかもイヤホンにホコリがついたりと最悪!

イヤホンをつけたまま会話できるのが理想だと思ったので、外音取り込みがあるイヤホンが必須だったんです。

AirPods Proの良いところ

そうした悩みを抱えて購入したのがAirPods Proでしたが、想像以上に使いやすさでした。

その理由がたくさんあるので、1つずつみていきましょう。

持ち運びしやすいデザイン

AirPods Proは、イヤホン本体とバッテリーケースがセットになっていますが、どちらもコンパクトで持ち運びがしやすいのが特徴です。

AirPods Pro本体とバッテリーケース

バッテリーケースは45.2 x 21.7 x 60.6mmとコンパクトな大きさで、重さも45.6gと軽くなっています。

AirPods Proのバッテリーケース

AirPods Pro本体は軸が約15mmと短くなり、うどんと揶揄されていた形状からスタイリッシュに進化を遂げています。

AirPods Pro本体

本体には感圧タッチセンサーが搭載されており、あたかもボタンを押したかのような反応が返ってきます。

AirPods Proの感圧パッド

感圧タッチセンサーの操作がこちら。

1回押し音楽の再生/停止、着信の応答
2回押し次の曲へ
3回押し前の曲へ
長押しリスニングモードの切替
Siri呼び出し
(左右でそれぞれ設定可能)

押すというよりも、軸をつまむ感覚なので、耳への負担はまったくありません。

本体の充電はLightningになっており、iPhoneとケーブルを共有できるようになっています。

AirPods ProのLightning端子

付属品としてはLightningケーブルと、イヤーピースのSとLサイズがついてくるので、自分の耳に合わせて付け替えが可能。

AirPods Proの付属品

バッテリーケースはイヤーピースが内側を向いた状態で収納できるので、そのまま取り出して耳に装着できます

AirPods Proを収納しているところ

AirPods Proを外すときもそのままの向きで収納でき、ユーザーのことを考えた設計になっています。

iPhoneでの接続と操作が簡単

AirPods ProはApple純正品だけあり、iPhoneとの連携がスムーズにできるのが特徴。

iPhoneのBluetoothをオンにしておき、バッテリーケースのフタを開けるだけで、iPhoneにAirPods Proが認識されます。

iPhoneでAirPods Proの表示
ナシタカ
ナシタカ
それぞれのバッテリー残量を把握できるのはありがたい!

またBluetooth設定を開けば、AirPods Proのカスタマイズも簡単。

AirPods Proの設定画面

装着状態のテストもできるので、しっかりと密閉されているかの確認ができるのもうれしいですね。

AirPods Proの装着状態テスト

こうした純正品ならではの連携はさすがで、ストレスフリーに使える快適な操作性は最高です。

バッテリーケース裏面のボタンを長押しすると接続リセットができるので、人に貸すときなどに便利。僕もたまに奥さんに貸すときに重宝しています。

AirPods Proバッテリーケース裏面のボタン

また左右の長押しでの動作を分けて設定することができるのですが、個人的におすすめしたいのがこちらの設定。

  • 右の長押し → リスニングモードの切り替え(ノイズキャンセリング/外部音取り込み)
  • 左の長押し → Siri呼び出し

こうしておくと右手の操作で、簡単にノイズキャンセリングから外部音取り込みに切り替えられるので、買い物などのときに重宝します。

それだけでなく左でSiriを呼び出せるようにしておくと、声での操作ができるのでこれもあると便利です。

ノイズキャンセリングで雑音をかき消せる

AirPods Proのノイズキャンセリングはかなり強力で、周りの雑音をかき消すことができます。

例えば道で使うと、

  • 風の音が消える
  • 人の話し声が消える
  • 車の音が小さくなる

とかなりの音をかき消すことができます。

電車の中では、

  • アナウンスが遠くから聞こえる
  • 走行音が抑えられる

と電車の中とは思えない、今までに無い静けさの中で音楽を楽しむことができます。

個人的には電車での静けさが最高で、雑音がなくなって作業に集中できるのが最高に便利。

この記事もAirPods Proを着けながら電車で書いていますが、気を取られずにとても集中して書くことができました。

ノイズキャンセリングは想像以上に強力で、一度使うと手放せなくなりますよ。

外音取り込みでイヤホンを着けたまま会話できる

AirPods Proを使って最も衝撃的だったのが、この外音取り込みです。

これはイヤホンを着けたまま、外部の音を取り込む機能なんですが、あたかもAirPods Proを着けていないような感覚になれるんですよ

ナシタカ
ナシタカ
特に便利なのが買い物です!

最初に書いたお店でイヤホンを外すのがめんどうという悩みも、AirPods Proを使い始めてなくなりましたからね。

ナシタカ
ナシタカ
AirPods Proを着けたまま店員さんと会話ができるのは、本当にすごい!

AirPods Proを外すことなく、スムーズに買い物を終えてお店を出られるので、今までのストレスが嘘のような快適さ。

また家事をしながら音楽を聴いていても、外音取り込みにしておけば子どもの声がちゃんと聞こえるのもありがたいです。

子どもがいると基本目を離したくないですし、声が聞こえるように耳を塞ぎたくないんですよね。

AirPods Proなら子どもの声がちゃんと耳に入るので、子どものことを気にしながら音楽も楽しむことができます

この経験は本当に革命的で、AirPods Proは本当にすごいなと実感しました。

長時間つけていても疲れにくい

AirPods Proは着け心地が良く、2時間程度着けていてもまったく疲れることはありません。

実際に装着してみたのがこちら。

AirPods Proを装着したところ

以前のうどんデザインから進化しており、軸部分が短くなったことで見た目が良くなっています。

ナシタカ
ナシタカ
この進化があったので購入を決意しました!笑

イヤーピースを着けた状態では、まるでカナル型の耳栓のようなタイプに見えますが、実は違います。

AirPods Pro

このようにイヤーピースを外すと、カナル型にあるべき軸がないため、実際はインイヤー型になっているのがわかります。

AirPods Proのイヤーピースを外したところ

AirPods Proではイヤーピースをはめ込む形となっており、カナル型のような着け心地を実現しているというわけ。

実際に装着すると、しっかりと耳にフィットしてくれるので、長時間着けていても疲れません。

音質は高音が◎、低音は△

AirPods Proの音質については、僕は大満足で不満はまったくありません。

元から音質よりも使いやすさ重視なのもありますが、洋楽好きな僕としては十分満足できるレベル。

ノイズキャンセリングの性能が良いので、雑音がなくなり音楽に集中しやすくなったのも理由かと思います。

ただし、以前に使っていた完全ワイヤレスイヤホン『Kou』と比べると、低音の響きが少し弱いように感じます

なので低音を重視する人にとってはあまりおすすめできませんが、高音重視の方にはピッタリのイヤホンですね。

高音
低音
総合評価

iPhone7でも快適に使える

僕はiPhone7を使っているんですが、BluetoothのバージョンがAirPods Proよりも低いのが気になっていました。

  • iPhone7 → Bluetooth4.2
  • AirPods Pro → Bluetooth5.0

このような場合は、Bluetoothのバージョンが低い方に合わせて接続されます。

つまりBluetooth4.2での接続になるので、使う前は音飛びがないか心配していましたが、結果としてはまったく問題なし。

実際に使ってみても、満員電車やホームでも音飛びすることなく、快適に使えています。

ノイズキャンセリングも外音取り込みもちゃんと使えているので、AirPods ProはiPhone7でも安心して使えます

AirPods Proのイマイチなところ

これだけ素晴らしい使い心地のAirPods Proですが、イマイチなところが2つほどあります。

値段が高い

ナシタカ
ナシタカ
AirPods Proを買うのにネックだったのが、値段でした…。

AirPods Proは高機能な完全ワイヤレスイヤホンですが、値段は約30,000円と決して安くはありません

むしろイヤホンにこれだけ出すのもなと思っていましたが、実際に使ってみてからは、その考えは一変。

ナシタカ
ナシタカ
もっと早く買えば良かったと後悔するレベルです!

これだけのレベルのノイズキャンセリングと外音取り込みを備えたものであれば、この値段はかなりお買い得だなと思います。

実際に音楽を聞くことだけでなく、買い物でのイヤホンの取り外しなど、日常の小さなストレスもなくしてくれました

値段で迷うのは機能には問題ないことの裏返しでもあるので、まずは使ってみることをおすすめします。

複数デバイスでの使い勝手が悪い

僕の場合はiPhoneだけでなく、iMacとMacBook Proでも使う機会があります。

一度Macと接続すると、再度iPhoneに繋ぐときには、BluetoothからAirPods Proを選択しないといけません。

ナシタカ
ナシタカ
複数デバイスでもスムーズに使えるようになってほしい…。

ここが少し手間で、Apple純正品なだけに複数のデバイスでの切り替えがもっと簡単にできたら最高だなと思いました。

ナシタカ
ナシタカ
ただうまく接続できれば、使い勝手はかなりいいです!

AirPods Proにおすすめのアクセサリー

AirPods Proと一緒に購入したアクセサリーは、こちらの3つです。

ESR AirPods Proシリコンケース

AirPods Proをより快適に使うためにおすすめなのが、ケースカバーです。

僕が購入したのがシリコン素材のこちらです。

AirPods Proのシリコンケース

値段が安いので気軽に購入でき、バッテリーケースをしっかりと保護してくれます。

ランプもしっかりと確認できるので、使い勝手が良いのも特徴。

AirPods Proのシリコンケース

高い買い物なので、できるだけ長く愛用するためには、こうした保護アクセサリーを使うのがとても大切です。

ダストガード

ダストガードは、バッテリーケースキレイに保つのに必須のアイテム。

ダストガードをつけたバッテリーケース

バッテリーケースにはイヤホンを格納するための磁石が内蔵されているため、だんだんと使っているうちに砂鉄やホコリが付着してしまうのです。

これが黒ずむような感じで取れにくいとの声をよく聞くので、こうならないようにあらかじめ対策をしておくことが大切。

事前にダストガードをつけておけば、こうした汚れを防ぐことができます。

ダストガードとAirPods Pro

僕はできるだけキレイな状態を保ちたかったので、迷わず購入。キレイ好きな方なら間違いなくおすすめのアクセサリーです。

ダストガードとシリコンケース

Anker PowerWave 10 Pad

AirPods Proはワイヤレス充電に対応していますが、これが一度体験すると手放せないくらいに便利なんですよ。

AirPods Proをワイヤレス充電器

コードを差し込む手間がなくなるだけで、これだけストレスフリーになることに驚き。ポンと置くだけで充電ができるので、充電忘れがなくなるのもありがたい。

このようにシリコンケースをつけたままでも充電できるので、いちいち外す必要もありません。

シリコンケースをつけたAirPods Proを充電

一度体験するとものすごく快適で、今までLightningケーブルの手間はなんだったのかと疑うレベル。

僕はAnkerの充電パッドを使っていますが、コンパクトで見た目もいいので気に入っています。

Ankerの充電パッド

価格が安いのも最高で、ぜひワイヤレス充電を体感してください。

AirPods Proレビューまとめ

AirPods ProはApple純正品だけあり、機能性だけでなく操作性にも優れた、iPhoneにピッタリの完全ワイヤレスイヤホンです。

スムーズな連携から強力なノイズキャンセリングまで使え、音楽により没頭できるようになりました。

さらに外音取り込みのおかげで、イヤホンをつけたままでも買い物ができ、常に装着したまま動ける快適さは最高。

iPhoneユーザーなら、必ず買うべきイヤホンと言えるぐらいの完成度になっています。

iPhoneユーザーでかつ、ノイズキャンセリングと外音取り込みを兼ね備えたイヤホンをお探しなら、ぜひAirPods Proを試してみてください。

Amazonでお得に買う方法

Amazonでちょっとでもお得に買い物するなら、Amazonギフト券の購入がおすすめ。

現金でチャージするたびに、チャージ額 x 最大2.5%分のポイントがもらえます!

Amazonギフト券チャージ別のポイント
ナシタカ
ナシタカ
Amazonプライム会員なら、絶対に使わないと損ですよ!

しかも今なら初回チャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンが実施中!

\現金チャージで1,000円GET/

Amazonギフト券をチャージする

ABOUT ME
ナシタカ
30代の子育てパパ。生活を豊かにするために自分がやってみたライフハックを紹介していきます。人生をより豊かに、楽しく!がモットー。