[e]ANKER Astro M3 モバイルバッテリーをレビュー!ライトの機能もついて使いやすさ抜群です!

どうもAnker大好きナシタカ(@ehicalog)です。

この記事ではAnkerから発売されている多機能モバイルバッテリーである、『Astro M3』について紹介しています。

最近では様々なモバイルバッテリーが売られていますが、僕はiPhoneをヘビーに活用しているので、モバイルバッテリーも大容量のものが気になっています。

容量が多ければそれだけ充電回数も多くなるので、災害などの非常事態時にも安心ですからね。

そこで今回アマゾンで購入したのが、ANKER Astro M3 モバイルバッテリー 13,000mAhです。

13,000という大容量で、僕のiPhoneSEを6回は充電できる大容量のモバイルバッテリー。

しかもモバイルバッテリーだけでなく、ライトとしての機能もついた多機能なモデルなので、災害時にも大活躍してくれます。

そんなAstro M3の魅力を全力で紹介していきます!

スポンサーリンク

ANKER Astro M3 モバイルバッテリー 13000mAh

13000mAhの大容量の上に、USBポートが2つあるので、2つのデバイスを同時に充電することができます。

ANKER Astro M3 モバイルバッテリー 13000mAh正面
ちなみにライトとしても使用可能です。

サイズはiPhone5より少し大きめです。重さも大容量だけあって、少し重たく感じますね。

ANKER Astro M3 モバイルバッテリー 13000mAhとiPhone5

厚さはiPhone5の約2倍です。

ANKER Astro M3 モバイルバッテリー 13000mAhとiPhone5の厚み比較

付属品はこちらの電源アダプタ、MicroUSBケーブル、専用ポーチになります。

ANKER Astro M3 モバイルバッテリー 13000mAhのセット一式

本体をポーチに入れてみます。

ANKER Astro M3 モバイルバッテリー 13000mAhをポーチイン

付属品も一緒に入れてみると、少しかさばりますが問題ありません。

ANKER Astro M3 モバイルバッテリー 13000mAhと付属品をポーチイン

ダブルポートで同時充電

ダブルポート
ANKER Astro M3の使いやすい理由は、この2つのポートで同時に充電できるためです。

こちらがFor Appleのポートになり、iPhoneなどを充電するときに使います。
2つポートApple

そしてこっちがFor Androidのポートです。Appleのポートに比べて、電圧が少し抑えられているのが特徴です。
2つポートAndroid

このAndroidのポートの活用方法としては、充電の推奨電圧が低い端末ですね。

例えばGoProのHEORO5より前のモデルは、全て電圧が1Aのものが推奨されているので、その場合はこのAndroidのポートを利用することで適切な電圧で充電ができます。

ライト付きで非常時にも役立つ

ライト点灯

ダブルポート以外にも、ライトがついているのが特徴です。

特に非常時に活用できますので、持ち歩いているだけで非常に安心できます。

しかもこのライトはフル充電で480時間使用可能ですので、たっぷり使えるパワーがかなり魅力です。

モバイルバッテリーの役目だけでなく、非常災害時のライト代わりになる1人2役の働きはかなり便利です!

一眼カメラにも充電できる

13,000mAhの大容量ですので、愛用の一眼カメラ「NEX-5R」への充電も可能になっています。

MicroUSBケーブルで充電できるありがたさを感じつつ、旅行でもバッテリーを気にすることなくがっつりと撮影できます。

このANKER Astro M3モバイルバッテリーがあればiPhoneだけでなく、一眼レフの電源まで確保できるのでとてもおすすめです。

まとめ

ポイントまとめ
  • 13,000mAhの大容量で旅行でも安心
  • ダブルポートで同時充電できる
  • 一眼カメラにも充電できる

ANKER Astro M3は13,000mAhの大容量ですので、iPhone5もバッテリーケースも一眼レフもこれ一つで充電は安心です。

旅行でもバッテリーを気にすることなく撮影に没頭できて、思い出を写真とともにたくさん残すことができます。

iPhoneや一眼レフなどのガジェットを普段使う方、これ一つで安心のガジェットライフを送りたい方はぜひ使ってみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

GoProが大好きでHEOR5 Blackから子どもの撮影に活用しています。撮影した動画の編集も大好きで家族の思い出ムービーをたくさん作っているので動画編集についても紹介していきます。