[e]画面固定したiPhoneの画面を回転させる方法

この記事をかいた人

本業は整体師。主に大好きなGoProを始めとしたアクションカメラや動画編集、子育てについての情報を発信しています!
画面回転ロック

iPhoneをお使いの皆さん、毎日のiPhoneライフを楽しんでますか?

今日はそんなiPhone好きの皆様に役立つ情報をシェアします。

スポンサーリンク

画面の回転ロック

よくiPhoneを寝転んで使っていると困るのが、画面が回転してしまうことです。

そこでコントロールセンターには画面を固定するスイッチがありますよね。
下の画像の右上部分です。

コントロールセンター回転ロック

ここを上の画像のようにロックすることで、画像が回転するのを防ぐことができます。

こうするとベッドに横たわりながらiPhoneを使っても画面が勝手に回転することがないので、すごい便利です。

簡単に画面を回転させたい!

でもふとした時に画面を回転させたい時もあります。

例えば細かい文字を読む際は、縦向きから横向きにした方が文字全体が大きくなって読みやすいです。

これを実現するとなると、

  1. コントロールセンター呼び出し
  2. コントロールセンターからロック解除
  3. 画面を回転させる

以上の3段階が必要です。

しかも画面ロックは解除されているので、ちょっと向きを変えただけで縦画面に戻ることもしょっちゅう。
これでは読むことに集中できないですよね。

Assistive Touchを活用

そんな時に役立つのが、Assistive Touchを利用した方法です。

  1. Assistive Touchを呼び出します
  2. 「デバイス」をタップします
  3. AssistiveTouchデバイス
  4. 「画面の回転」をタップ
  5. Assistive Touch画面を回転
  6. 任意の回転方向をタップ
  7. するとiPhoneを様々な向きに変えるボタンが出てきますので、お好きな方向に変えましょう!

    Assistive Touch方向

この方法のメリットは、画面回転のロックを外さずに画面を回転させることができます!

つまり、iPhoneの向きを変えても画面が回転しないのです!

これでベッドに横になりながらのiPhone活用が捗りますね!

地味な小技が意外に役立つ

私は常に画面回転をロックしているので、回転させたい時はいつもこの方法を使っています。

慣れてしまえばスピーディーに出来ますし、何より回転させた後のiPhoneは画面回転がロックされているので、とても使いやすいです!

ぜひ画面の回転でお困りの方はお試しください!

ナシタカ(@ehicalog)でした。

本日のオススメ

iPhoneバッテリー付きケース

from するぷろ

スポンサーリンク

スポンサーリンク