[e]Assistive Touchからスクリーンショットを撮影する方法

この記事をかいた人

本業は整体師。主に大好きなGoProを始めとしたアクションカメラや動画編集、子育てについての情報を発信しています!
スクリーンショット撮影方法

iPhoneで活用する機能と言えば、スクリーンショット撮影ですね。
iPhoneの画面を撮影することが出来るので、Webページを保存したり、ちょっとした情報をメモ代わりに写真で保存することができます。

今回はAssistive Touchで「スクリーンショットを撮る方法」をご紹介します。

スポンサーリンク


スクリーンショット撮影の手順

ではAssistive Touchからスクリーンショットを撮影する手順をご紹介します。

  1. Assistive Touchから「デバイス」をタップ
  2. Assistive Touchデバイス
  3. 「その他」をタップ
  4. Assistive Touchその他
  5. 「スクリーンショット」をタップ
  6. Assistive Touchスクリーンショット

以上でスクリーンショットが撮影できます。
もちろんAssistive Touch画面は写らないので、ご安心ください。

Assistive Touchを利用するメリット

Assistive Touchを利用する最大のメリットは、片手で簡単に撮影ができるところです。

普通の方法ですと、両手を使ってホームボタンと電源ボタンを押さなければいけません。

そうすると揺れる電車内での撮影では、吊革などに掴まることができずに危ないです。
Assistive Touchを活用すれば、吊革などに掴まりながらでも撮影できるので、安全•安心です。

Assistive Touchは便利です!

Assistive Touchを使うことで片手でスクリーンショットが撮れるので、より使いやすくなります。

特にスクリーンショットを撮影する機会の多い方は、ホームボタンの負担が確実に減りますのでオススメです。

揺れる電車内でも、もちろん撮影は大丈夫ですから、ちゅういてんとしては撮影音にだけお気をつけください。笑

ナシタカ(@ehicalog)でした。

本日のオススメ

iPhoneに関する書籍です!

from するぷろ

スポンサーリンク

スポンサーリンク