MENU
複業ブロガー / GoPro大好き
ナシタカ
GoProが大好きで子どもの撮影に愛用しています。 撮影した動画の編集も大好きなので動画編集についても紹介しつつ、自分が気に入ったものをどんどん紹介していきます。
\ Follow me /
ニンテンドースイッチ

【レビュー】BEBONCOOLスイッチコントローラーがコスパ抜群で使いやすい!スプラトゥーン2も快適にプレイできて最高

BEBONCOOLスイッチコントローラー
ナシタカ
ナシタカ
この記事ではBEBONCOOLスイッチコントローラーについて紹介しています。純正プロコンを同等の機能なのに値段は半額以下という、コスパ抜群のコントローラーです。プロコンの代わりや初めてプロコンを買う方におすすめなのでぜひ読んでみてください。

どうも、スイッチ大好きナシタカ(@ehicalog)です。

スイッチのコントローラーは数多くありますが、対戦ゲームに本腰を入れてやるならプロコンは必須アイテムです。

握りやすさからボタン配置まで使いやすいように作られているので、これがあるかどうか自分の腕前が変わると言っても過言ではありません。

そこでおすすめしたいのが、「BEBONCOOLスイッチコントローラー」です。

純正プロコンの半額以下の値段で購入できますが、操作性から機能性までまったく引けを取らないコントローラー

まさにコスパ抜群のコントローラーで、初めてプロコンを買う方にも自信を持っておすすめできる逸品です。

そんなBEBONCOOLスイッチコントローラーの魅力についてしっかりとまとめていくので、気になる方はぜひ読み進めてくださいね。

BEBONCOOLスイッチコントローラーのスペックと外観

BEBONCOOLスイッチコントローラー

BEBONCOOLスイッチコントローラーのスペックをまとめると、このようになります。

価格約3,000円
サイズ155 × 105 × 42mm
重さ189g
その他NFC対応

プロコンの代わりとしてかなりおすすめのスイッチコントローラーで、比較してみるとこんな感じ。

純正プロコン
  • 約7,000円
  • 152 × 106 × 60mm
  • 246g
  • 振動対応
  • NFC対応
BEBONCOOL
  • 約3,000円
  • 155 × 105 × 42mm
  • 189g
  • 振動対応
  • NFC対応

このようにほぼサイズ・機能的には変わりませんが、値段が1/2と圧倒的なコストダウンになるのでかなりありがたいです。

詳しくみていくと、BEBONCOOLスイッチコントローラーは説明書とUSB-Cケーブルがセットになっています。

BEBONCOOLスイッチコントローラーのセット内容

この値段でUSB-Cケーブルまで付属するのは、かなり良いですよね。

説明書は英語と日本語の両方で書かれているので、使い方に迷うことはありません。

BEBONCOOLスイッチコントローラーの日本語説明書

大きさは155 × 105 × 42mmとなっていて、プロコンとほぼ変わらないサイズとなっています。

BEBONCOOLスイッチコントローラーの外観

重さは189gとなっていて、プロコンよりも約60gほど軽くなっています。

BEBONCOOLスイッチコントローラーの重さ

ターボ機能がついているため、中央のボタン配置に特徴がありますね。真ん中の下部にHOMEボタンが設置されています。

BEBONCOOLスイッチコントローラーのボタン配置

ほとんど使うことがありませんが、連写スピードは毎秒6発までの機能を備えています。

左手側は左スティックと十字キー、キャプチャーボタン、マイナスボタンがあります。

BEBONCOOLスイッチコントローラーの左手側

右手側はA・B・X・Yボタンと右スティック、ターボ(T)ボタン、プラスボタンがあります。

BEBONCOOLスイッチコントローラーの右手側

そして中央の下部にインジケーターがあり、コントローラーの接続順番や充電ランプとしても活躍します。

BEBONCOOLスイッチコントローラーのインジケータ

真ん中の上部にUSB-Cポートがあるので、ここから充電することができます。

BEBONCOOLスイッチコントローラーのUSB-Cポート

カラーは青と赤のスイッチカラーとなっていて、見た目も良い感じでカワイイですね。

BEBONCOOLスイッチコントローラーのカラーリング

今では子どももお気に入りで、スプラトゥーン2をやるときは絶対にこのコントローラーになっています。

BEBONCOOLスイッチコントローラーの良いところ

実際にBEBONCOOLスイッチコントローラーを使ってみて良いなと思ったのが、こちらの3つです。

  • 握りやすい
  • NFC対応でamiiboが使える
  • 価格が安い

握りやすくてプレイが快適

BEBONCOOLスイッチコントローラーは、形状がとても握りやすいです。

BEBONCOOLスイッチコントローラーを握ったところ

僕は少し手が小さい方ですが、それでもホールド感がかなり良くて、ボタンも押しやすくてかなりプレイしやすいなと

BEBONCOOLスイッチコントローラーを握ったところを上から

スプラトゥーン2を遊ぶときはもっぱらBEBONCOOLスイッチコントローラーを使っていますが、軽さもあいまってかなり使いやすいですね。

6歳の娘も一緒にスプラトゥーン2で遊んでいますが、娘も使いやすいようで快適にプレイできています

子どもだからといって大きすぎるということはなく、安心して使えるので家族で使う方にもおすすめできますよ。

NFC対応でamiiboが使える

BEBONCOOLスイッチコントローラーはNFC(近距離無線通信)にも対応しているので、amiiboが使うことができるのも特徴です。

安いコントローラーだとこの機能に対応していないものも多いのですが、BEBONCOOLスイッチコントローラーはしっかりと対応しているので安心です。

ちなみに対応していないバージョン(Q44という型番)もありますが、その場合は重さが約20gほど軽くなります

僕が購入したのは対応してないバージョンなので軽めに仕上がっていて、その分持ち運びなどはしやすくなっていますね。

どちらも値段は一緒なのでamiiboをとるか軽さをとるか、好きな方を選んでください。

amiibo対応版はこちらです。

価格が安くて気軽に買える

そして上の方でも紹介しましたがこれだけの機能性を兼ね備えているのに、値段が約3,000円と純正プロコンの半額以下という驚異の値段です。

BEBONCOOLスイッチコントローラー

僕はプロコンのあまりの値段に買うのを止めましたが、BEBONCOOLスイッチコントローラーの値段なら気軽に買えるのでかなりありがたい。

またジョイコンを始めプロコンも故障しやすくて有名なので、そんな消耗品に対して7,000円も出すのは正直もったいなさ過ぎますからね

BEBONCOOLスイッチコントローラーの値段なら修理に出すよりも、そのまま買い換えてしまった方が良いと思えるので、やはり消耗品として考えると3,000円はかなり魅力的です。

これだけ使いやすいコントローラーなのに、この値段で販売してくれるのはまさに神ですね

BEBONCOOLスイッチコントローラーのイマイチなところ

BEBONCOOLスイッチコントローラーを使っていて、イマイチに感じたのがこちらの2つです。

  • 手汗があると少し滑りやすい
  • 軽さが最初は違和感に感じる

手汗があると少し滑りやすい

BEBONCOOLスイッチコントローラーは、グリップ部分に多少の滑り止め加工のような凹凸があります。

BEBONCOOLスイッチコントローラーの滑り止め

しかしモノ自体がプラスチックで滑りやすいので、手汗をかいているとけっこう滑りやすいなと思うことがありました

手汗のかきやすい僕は最初の使いはじめの方は、操作をしていて少し使いづらさを感じることも…。

ただ今では慣れてしまってまったく問題ないので、慣れるまでは違和感に感じやすいので注意が必要です。

軽さが最初は違和感に感じる

BEBONCOOLスイッチコントローラーは、プロコンよりも軽く作られています。

BEBONCOOLスイッチコントローラーを片手で持っているところ

僕はプロコンではなく、グリップにジョイコンを取り付けてプレイしていたのですが、そこから比べると重さが少し軽くなったので、実際のプレイで違和感がありました

BEBONCOOLスイッチコントローラーとジョイコングリップ

重さでいうと約10gほどしか変わらないのですが、重心の違いなのかプレイしていると思った以上の違和感があります。

ジョイコングリップの重さ

具体的にはスプラトゥーン2で今までの感覚でジャイロを使うと、軽さで思った以上に動かしてしまったりと、感覚の部分で狂いが出てくるといった感じ。

BEBONCOOLスイッチコントローラーと充電グリップ

ただこれも慣れてしまえばまったく問題なくて、むしろ軽さのおかげでよりジャイロ操作がしやすいなと思うことの方が増えています。

最初の使い始めはどうしても今までのやり方と違ってしまい、違和感に感じやすいのでここだけガマンが必要になるのは覚えておきましょう。

BEBONCOOLスイッチコントローラーの使い方

BEBONCOOLスイッチコントローラーの使い方は、とてもシンプルです。

最初の接続として、スイッチ本体のコントローラーの接続確認画面を開いて、BEBONCOOLスイッチコントローラーのHOMEボタンとYボタンを同時押しします。

BEBONCOOLスイッチコントローラーの最初の接続方法

これでスイッチへの登録が完了するので、次回以降はHOMEボタンの長押しだけで接続することができます。

BEBONCOOLスイッチコントローラーの2回目以降の接続

充電が必要なときはこのように接続するだけでOKで、ランプがすべて消えれば充電完了です。

BEBONCOOLスイッチコントローラーを充電しているところ

BEBONCOOLスイッチコントローラーレビューまとめ

デザイン
操作性
価格
総合評価

ここまでBEBONCOOLスイッチコントローラーについて、そのスペックや特徴と実際の使い心地について書いてきました。

約3,000円という破格の値段に関わらず、機能性から操作性までどれをとっても申し分のないレベルに仕上がっていて、かなり使いやすいコントローラーです。

特に純正のプロコンと比べて価格が半額以下というコスパが最大の魅力で、壊れやすいコントローラーでもこれなら安心して購入ができます。

僕は実際に使っていてかなり使いやすいですし、プロコンの代わりのものを探している人には自信を持っておすすめできますからね。

ぜひスイッチ用のプロコンが欲しいと思っている方は、BEBONCOOLスイッチコントローラーをチェックしてみてくださいね。

どうも、ナシタカ(@ehicalog)でした。

amiibo対応版はこちらです。

ニンテンドースイッチおすすめアクセサリー
【劇的改善】スイッチの持ち運びやプレイがめちゃくちゃ快適に!僕が実際に使っているおすすめのアクセサリー9選この記事では、ニンテンドースイッチをプレイするのにおすすめのアクセサリーについて紹介しています。ニンテンドースイッチがもっと楽しくなるアイテムばかりなので、ぜひチェックしてみてください!...
ABOUT ME
ナシタカ
GoProが大好きで子どもの撮影に愛用しています。 撮影した動画の編集も大好きなので動画編集についても紹介しつつ、自分が気に入ったものをどんどん紹介していきます。