MENU
カテゴリー
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。

【マウスDAIV 4Pレビュー】第12世代Core i7&インテル Iris Xeグラフィックス搭載のGoPro動画編集&ゲームもできるノートパソコン

DAIV 4Pの外観

どうも、動画編集パソコンが大好きなナシタカです。

動画編集では必要なスペックを備えたPC選びが大切ですが、実際の使いやすさはわかりません。

そこで実際にGoProの動画編集を行い、パソコンの使いやすさを検証します。

この記事ではマウスコンピューターのクリエイター向けノートパソコン『DAIV 4P』をお借りし、実際に使ってみた様子をレビューしました。

DAIV 4Pの外観

CPUは第12世代Core i7で申し分なし。GPUが内蔵のインテル Iris Xe グラフィックスですが、GoPro HERO10の5.3K動画のフル画質プレビューができます。

さらに1/2画質に落とせば5.3K動画の複数プレビューもでき、動画編集性能がかなり向上しているのがわかります。

5.3K60fps
5.3K60fps複数
After Effects
総合評価

ゲームプレイも快適なので、出先での作業が多い人におすすめの動画編集パソコンです。

マイクラダンジョンズのロード時間
マイクラダンジョンズのプレイの快適さ
マイクラ(バニラ)のFPS
マイクラ(影Mod)のFPS
マイクラ(鬼滅の刃Mod)

この記事はメーカー様から商品を貸与いただき執筆しています。

マウスコンピューター
目次

マウスのDAIVシリーズとは?

DAIVはクリエイター向けのノートパソコンシリーズで、クリエイティブ作業に最適なスペックとして定評があります。

デスクトップからノートパソコンまで、さらに写真編集用や動画編集用など目的別にたくさんのモデルが用意され、選びやすいのが特徴です。

Sponsored Links

マウス DAIV 4Pのスペック

DAIV 4Pのスペックがこちらになります。

モデル名 DAIV 4P
icon
OS Windows 11 Home 64bit
CPU Core i7-1260P
(2.1GHz)
GPU インテル Iris Xe グラフィックス
メモリ 16GB
ストレージ 512GB(SSD)
液晶 14.0型 WUXGAノングレア
(1920 x 1200)
端子 USB3.0 x 2
USB3.1 x 1
Thunderbolt4 × 1
HDMI x 1
カードリーダー
バッテリー 10.0時間
大きさ 約308.8 × 213 × 16.4mm
重さ 985g

ノートパソコンの選び方の基準で見てみると、GPUだけがインテル製の内蔵型で不安が残るところ

モデル名 DAIV 4P
icon
CPU
Core i7-1260P(2.1GHz)
GPU ×
インテル Iris Xe グラフィックス
メモリ
16GB
ストレージ
512GB(SSD)
液晶
14.0型 WUXGAノングレア
(1920 x 1200)

14型と小さめサイズですが、1kgを切る重さでこれだけのスペックを備えているのはすごいです。

マウスコンピューター

外観

DAIV 4Pは美しい見た目が特徴。マグネシウム合金ボディを採用し、見た目の美しさだけでなく軽量性も実現しています。

DAIV4Pの外観

外観がとてもキレイで、使っていてテンションが上がるくらいにオシャレ。

サイズ・重さ

DAIV 4Pのサイズは折り畳み時で約308.8 × 213 × 16.4mmと、コンパクトなサイズ感。

DAIV 4Pの外観

マグネシウム合金ボディにより重さが985gと軽量化され、片手で持ってもかなり余裕があります。

DAIV 4Pを片手で持ち上げたところ

片手でもとても軽い印象で、これなら女性でも持ち運びが楽。デザイン性の高さ&軽量ボディはノートパソコンとしては最強の組み合わせです。

バッテリー

付属品のACアダプターは240gと軽く、持ち運びしやすいです。

DAIV 4PのACアダプタ

実際に持ち運んでみてもコンパクトで軽く、これならリュックに入れても移動しやすいです。

ちなみにUSB3.1とThunderbolt4端子はPD充電に対応しており、65W以上の電力があれば充電が可能。対応の充電器があれば、持ち物をさらに減らせます。

バッテリー持続時間は10時間となっていますが、僕が動画編集をフルで作業してみると大体1時間ほどが限界です。

ただバッテリー駆動でも編集作業自体はとてもスムーズで、外でも安心して作業できます。

ディスプレイ・スピーカー

DAIV 4Pは14.0型 WUXGA(1920 x 1200)のノングレア液晶で、視野角が広く反射しにくいのが特徴です。

DAIV 4Pのディスプレイ

特にベゼルが狭く作られ、画面占有率が約92%とディスプレイが大きく感じられます。M1 Macbook Airよりもベゼルが狭いので、見た目もスタイリッシュ。

DAIV 4Pのディスプレイ

動画編集では画面の大きさは重要なので、このサイズ感で14型の液晶を搭載しているのは素晴らしい。

裏面がこちら。スピーカーは普通なので、音質に関しては期待しないように。動画編集での確認としては十分です。

DAIV 4Pの裏面

ファンがついており、特に『高温注意』のシールが貼ってある側からの熱風がすごいです。

DAIV 4Pの裏面

動画編集やゲームをするとファンが全力で動いてかなり熱くなり、膝に乗せての作業は不可能なほど。

落ち着くまでしばらくかかり、すぐにカバンに入れると中で熱がこもってしまいビックリしました…。

僕はしばらく裏返しに置いて冷めるのを待ちましたが、作業直後の持ち運びは注意しましょう。

キーボード・タッチパッド

DAIV 4Pのキーボード

コンパクトなボディですがキーボードの打ちにくさは特に感じません。キーピッチに余裕があり、スッキリとした印象を受けます。

DAIV 4Pのキーボード
  • キーストローク:1.2mm
  • キーピッチ:19mm

タッチパッドもしっかりと広さがあり、コンパクトなボディでも使いづらさはありません。

DAIV 4Pのタッチパッド

コンパクトサイズで打ちにくさがあるかと思いましたが、実際に使ってみると快適に操作できます。

端子

DAIV 4Pの端子がこちら。

  1. USB3.0 x 2
  2. USB3.1 x 1(ディスプレイ出力と共用)
  3. Thunderbolt x 1(ディスプレイ出力と共用)
  4. HDMI x 1
  5. カードリーダー
左側面の端子
右側面の端子
  • セキュリティスロット
  • USB3.1
  • USB3.0
  • カードリーダー
  • ヘッドホン端子
  • Thunderbolt4
  • USB3.0
  • HDMI
  • 電源

ボディ左側はこのようになっています。

DAIV 4Pのボデイ左側の端子
  1. セキュリティスロット
  2. USB3.1
  3. USB3.0
  4. カードリーダー
  5. ヘッドフォン端子

ボディ右側はこのようになっています。

DAIV 4Pのボデイ右側の端子
  1. Thunderbolt4
  2. USB3.0
  3. HDMI
  4. 電源

左右どちらにもUSB3.0があり、使いやすい配置になっています。

マウスコンピューター

マウス DAIV 4Pで動画編集

僕が動画編集機能で大事にしているのが、『プレビューがしっかり動くかどうか』。

動画編集ではエフェクトやトランジションがどのようになっているか、その場で確認しながらの作業がとても重要です。

しかしスペックが低いとプレビューがカクついてリアルタイムで確認ができず、実際に書き出してみないとわからないという事態に…。

特に僕はGoProでの撮影がほとんどなので、GoPro映像がちゃんとプレビューできるかを重点的にチェックしました。

ちなみに作成したYouTube動画は、iPhone13 Proで撮影した4K60fps動画ですが、こちらもプレビューは快適でした。7分20秒の動画ですが、22分18秒で書き出しできています。

5.3K60fps
5.3K60fps複数
After Effects
総合評価

GoPro HERO10で撮影した5.3K60fps動画をプレビュー

GoPro HERO10 Blackの5.3K動画をプレビューしたのがこちら。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次