[e]電動自転車をどこで買うかお悩みの方へ!僕が実際に購入したベストな方法を紹介します!

草むらと自転車

どうも子育てパパのナシタカ(@ehicalog)です。

今まで悩んでいた電動自転車を、ついに購入しました。

僕が悩んでいた理由が、『どこで買えばいいのかわからなかった』から。

ネットショップで買えば金額は安いけど、その後のアフターフォローは、どこですれば良いのかわからない。

店舗で買えばそのお店でアフターフォローをしてもらえるけど、値段が高いし引っ越ししたらアフターフォローしてもらえなくなるし…。

こんな感じで考えてしまって、今まで電動自転車購入に二の足を踏んでしまう状態だったのです。

しかしある購入方法を見つけたことで、僕の悩みは全て解決しました。

それが『イオンバイク』です。

ネットショップと店舗のいいとこ取りをしたイオンバイクは、まさに僕の求めていた理想の形でした。

お陰で安心して電動自転車を購入することができましたし、何よりその後のアフターフォローやもしもの事故の補償まであるので、まさに至れり尽くせり

僕と同じような悩みを抱えている方には、イオンバイクがとてもおすすめなので、その魅力について紹介していきます!
イオンバイク

スポンサーリンク

電動自転車購入の3つの悩み

悩みのイラスト

僕が実際に、電動自転車を購入しようと考えたときに悩むのが、この3つです。

電動自転車を購入するときの3つの悩み
  • 安く買いたい
  • 購入後の点検や調整
  • 自転車保険への加入

まずはそれぞれを詳しくみていきましょう。

安く買いたい

1番に思うのはやはり値段です。電動自転車を安く買いたいのは当たり前ですよね?

定価で13万円程度する高い買い物ですから、少しでも安く買えた方が絶対に良いです。

なので、できるだけ安く買う方法はないかな?と色々と考えてしまって、購入まで踏み切れませんでした。

購入後の点検や整備

僕が購入したのは子供乗せ電動自転車で、子供を乗せる物なのでやはり安全にはこだわりたい。

そうすると日々の点検や整備も、できたらプロの方にお願いしたいので、それができるだけ安く出来たら良いなと。

ただこれも購入する場所によってはアフターフォローの有無が違ったりするので、どこで買うのが1番良いのか迷ってしまいます。

自転車保険への加入

最近は自転車での事故も怖いので、保険は気になるところです。

ニュースでもやっていますが、ケガをさせてしまうとかなりの高額になるので、こうした安心保証は必要だなと強く思います。

ただ保険も選ぶのにどこが良いのか?など考えてしまうと、なかなか面倒に感じてしまい、購入まで至らない原因になってしまいます。

自転車はどこで買うのがいいのか?

黒板にWhere?の文字

こうした悩みがあるので、じゃあ実際にどこで電動自転車を買うのがいいの?といつも悩んでいました。

購入の仕方を大きく分けると、2つの方法があります。

それがネットショップで購入する方法と、実店舗で購入する方法です。

ネットショップ

まず真っ先に思い付くのは、ネットショップでしょう。

Amazonや楽天など、今では電動自転車も簡単にネットで購入できますし、何より値段が安いのがとても魅力です。

店舗に比べると10%程度安かったりして、1万円は金額が変わるので、これはとても魅力的。

しかしネットで買うと、日々の点検や整備はどうするのか?保険はどうしよう?など疑問点が多いので、ちょっとためらってしまうんですよね

店舗での購入

もう一つが、近所にあるサイクルショップなどの、実店舗で買う方法です。

購入するとその店舗であれば、点検や整備も無料ないし安くやってもらえるので、安心できるのは大きなポイントです。

しかし値段を考えるとやはり店舗なので、ネットに比べると高くなります

またその購入した店舗以外では、点検や整備が有料になってしまうので、引っ越しなどをするともったいないなと。

こうやって考えると、ネットショップと店舗ではそれぞれにメリットとデメリットがあるので、なかなか選びにくい。

僕はこれを考えると、結局どこがいいか分からずに、面倒になって買うのを諦めてしまっていました。

そんな中で出会ったのが、『イオンバイク』だったんですよ。

電動自転車買うならイオンバイクがおすすめな理由

イオンバイク

イオンバイクの便利なところが、ネットショップと実店舗が連携していること

なのでネットショップと店舗のいいとこ取りができるのが、最高に便利でおすすめな理由なのです。

実際にメリットを見ていきましょう。

ネットショップでは値段が安い

イオンバイクのネットショップでは、実店舗よりも電動自転車を安く買うことができます

例えば僕が今回購入したパスバビーアンは、店舗では税込129,000円くらいで販売されています。

しかしこれをネットショップで購入すると、119,000円と1万円引きで安く買うことができます

これはただイオンバイクのネットショップで買うだけで、特別なことは一切していません。

ネットショップで購入するだけでこの金額差なので、利用しない手はないですよね。

店舗受け取りができる

イオンバイクのネットショップで購入した電動自転車は、実際の加盟店舗で受け取ることができます

そうすると自宅配送だと送料がかかるのですが、店舗受け取りでは送料がかからないので、まずお得になります

さらに店舗受け取りにすると、次で紹介する自転車あんしんパックにも加入できるので、とても便利です。

自転車あんしんパックに加入できる

イオンバイクの購入を勧める理由が、この『自転車あんしんパック』です。

有料ですが自転車あんしんパックに入ると、たくさんの安心保証を備えることができるので、絶対に加入するべき。

2年型2,700円3年型4,300円の2種類があって、どちらも防犯登録登録600円を含んだ値段です。

それぞれの加入メリットはこのようになっています。

項目2年型3年型
修理工賃50%off2年間3年間
パーツ購入10%off
点検・調整無料
防犯登録
賠償責任保険
1事故 5,000万円限度
(免責金額 1,000円)
1年間3年間
傷害保険
死亡・後遺障害 100万円
入院日額 1,000円(1日あたり)
1年間3年間
盗難保険
購入金額の
1年目:80%を補償
2年目:60%を補償
3年目:40%を補償(3年型のみ)
2年間3年間

大きな違いは、賠償責任保険と傷害保険の年数です。

3年型はそのまま3年間の保証ですが、2年型はどちらも1年間の保証と短くなっています。

1回払いでたったの1,600円の差しかないので、絶対に3年型に入った方がお得です。

点検・調整に関しては、イオンバイクのどの店舗でも、無料で点検や整備をしてもらえますし、もうメリットしかありません

保険に迷っている方は、自転車安心パックがあれば補償がしっかりと付いてくるので、安心ですよ。

注意点としては、この保険が「よく乗られる方」に名前を書いた人だけに適用されることです。

これ以外の人が事故を起こすと、保険が適用されないので注意しましょう。

ちなみにこの自転車あんしんパックは、店舗受け取りのときだけ加入できるものです。

自宅配送ではそもそも加入ができず、店舗受け取りして後日に加入することもできません。

受け取りの当日のみ加入ができるものなので、必ず当日に加入するようにしましょう。

イオンバイクのデメリット

ここまでイオンバイクのメリットについて紹介してきましたが、もちろんデメリットもあります。

僕が感じたデメリットは1つだけで、受け取りまで時間がかかることです。

これはイオンバイクの方で注文を受けてからメーカーに発注して、さらに店舗でちゃんと整備してから引き渡すためなのです。

僕が買ったときは、注文から店舗受け取りができるまで、10日ほどかかりました。

元から店舗受け取りでは5〜14日かかると言われていたので、思ったよりは早かったのですが、やはり時間はかかります。

これはイオンバイクが安全のために整備を徹底してくれているためなので、逆に安心感に繋がります。

そのぶん時間がかかることを考慮して、早めに注文をしておくことが大切です。

イオンバイクで電動自転車を購入するまでの流れ

では実際に電動自転車を購入するための、流れについて見ていきましょう。

全体の流れはこのようになっています。

購入の流れ
  1. イオンバイクのネットショップで自転車を購入(店舗での受け取りを選択)
  2. メールが届いたら店舗に取りに行く
  3. 店舗で防犯登録や自転あんしんパックへの加入手続き
  4. 点検・調整が無料&補償もしっかりで安心の自転車ライフを送れる

全て僕が購入したときのものなので、ぜひ参考にしてください。

イオンバイクのネットショップで自転車購入

まずはこちらからイオンバイクのネットショップに行きましょう。

イオンバイク

ネットショップと行っても種類があって、以下のように分かれています。

3つのショップ
  • 公式ネットショップ
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング

僕は公式ネットショップで買いましたが、もちろんクレジットカードでの決済ができるので、とてもスムーズに購入することができます。

ただどのショップで購入したとしても、店舗受け取りを選ぶことだけは、絶対に忘れないでください!

店舗受け取りにしないと、上で紹介した『自転車あんしんパック』に加入することができないので、とてつもない損をしてしまいます

メールが届いたら店舗に取りに行く

決済まで完了すると、『注文完了メール』が届きます。

このメールに記載されたリンクから、現在の注文の状態を確認することができますが、店舗で渡す準備ができると、お知らせメールが届くので安心です。

メールが届き次第、店舗に自転車を受け取りに行きましょう。予約は必要では無いので、いつ行っても大丈夫です。

実店舗での手続き

僕は仕事終わりに自転車を取りに行ったので、19:30くらいに店舗に到着しました。

店員さんが2人いて、店内にはお客さんがチラホラ。ただ点検の順番待ちがあるようで、なかなか忙しそうでした。

しかしそんな中でも、声をかけるとスムーズに対応してもらい、しかも書類など丁寧に教えてくれたので、とてもありがたかったです。

手続きの時間は約30分ほどで、僕が色々と質問をしていたのもああって少し長めです。

店舗での手続き内容は以下になります。

店舗での手続き内容
  • 防犯登録
  • 自転車あんしんパック(任意)
  • 料金の支払い
  • 自転車の説明

防犯登録

最初は『防犯登録』の手続きを行いました。

防犯登録は現在は義務化されていて、必ず登録をしなければいけません

内容としては用紙に名前と住所、電話番号を記入するだけなので、とても簡単です。

終わると控えを渡されるのですが、この控えは10年間保存が義務づけられているので、大切に保管しましょう。

自転車あんしんパック

続いて『自転車あんしんパック』の手続きです。

この自転車あんしんパックについては上で紹介したように、絶対に入った方が良いので、必ず店員さんに「入りたい」と伝えましょう

これも用紙に名前と、自転車によく乗る人=保険が適用される人の名前を記入します。

僕は自分の名前と、自転車によく乗る人に奥さんの名前を書きました。

料金の支払い

ここまで来たら、次に料金の支払いになります。

僕は今回自転車あんしんパックの3年型に加入したので、防犯登録を含めて4,300円の支払いでした。

支払いはクレジットカードOKですが、WAONポイントは貯まりませんでした。

ネットで自転車自体の支払いは完了していますが、防犯登録や自転車あんしんパックの料金は必要なので、注意しましょう

特に防犯登録については登録が義務化されているので、必ず600円は必要になります。

自転車の説明

書類手続きが完了すると、最後に購入した自転車の説明を受けられます。

基本的な使い方から、乗るときのポイント、さらに注意点まで丁寧に教えてもらえました。

特に僕が教えてもらってありがたかったのが、後輪にあるロックのトラブルです。

後輪のロックをかけたまま発進してしまうと、電動自転車の場合はアシストのパワーがあるので、タイヤが回ってしまってスポークが壊れてしまうとのこと。

この修理が意外にも多いらしいので、慣れてきた時期にこういうことがないよう、意識することが大切だということがわかりました。

荷物も増えるので注意

説明が終われば、後は自転車に乗って帰るだけです。

ただ手続きの後には書類の控えや説明書、バッテリーの充電器などが渡されます

書類は袋にまとめて入れてくれる程度の量で、また充電器も付属のかごと同じくらいの大きさがあります。

なので帰りは荷物が増えることになるので、受け取りのときは極力荷物を減らすか、リュックなどで行った方が安心です。

僕は仕事帰りでリュックだったので、書類をリュックに入れて、充電器をかごに載せて帰りました。

まとめ:イオンバイクは電動自転車の購入におすすめ

ポイントまとめ
  • 電動自転車を購入するならイオンバイクがおすすめ
  • ネットショップは値段が安い
  • 店舗受け取りができる
  • 点検などのアフターフォローが完璧
  • 自転車あんしんパックで補償もついてくる

今回は僕はイオンバイクのネットショップで電動自転車を購入して、家から最寄りの店舗で受け取りをしました。

そうすることで『ネットショップの安さ』の恩恵を受けつつも、店舗で受け取ることで『自転車あんしんパック』に加入することができます

これで店舗での点検・調整が無料になりますし、もしもの事故の際の補償も付くので、とても安心。

イオンバイクはまさに、『ネットショップと店舗のいいとこ取り』を実現した、電動自転車の購入にベストな選択肢なのです。

今まで僕が悩んでいた『電動自転車どこで買う問題』を見事に解決してくれたので、安心して電動自転車を購入することができました。

これから電動自転車の購入を考えている方には、ぜひイオンバイクでの購入をおすすめします!

イオンバイク

ABOUTこの記事をかいた人

GoProが大好きでHEOR5 Blackから子どもの撮影に活用しています。撮影した動画の編集も大好きで家族の思い出ムービーをたくさん作っているので動画編集についても紹介していきます。