[e]Elephone REXSO Explorer Xをレビュー!僕の愛用するGoProと機能や実際の映像を比較しました!

エレフォンエクスプローラーXの外観

この記事をかいた人

本業は整体師。大好きなGoProを始めとしたアクションカメラや動画編集、子育てなど、僕自身が体験した情報を発信しています!

どうもアクションカメラ大好きナシタカです。

今回はGEARBEST様から商品を提供頂き、今回はレビュー記事を書いてみました。

ご紹介するのはElephone REXSO Explorer Xというアクションカメラ。よく「GoProもどき」とか「中華アクションカム」として紹介されることが多いアクションカム。僕は機能についてあまり期待はしていなかったのですが、実際に使ってみると想像以上に使いやすいカメラでとても楽しく撮影を行うことができました。

特にこの値段でこのスペックは驚異的。これなら気軽に変えますしなにより初めてアクションカメラを使うという人にまずはお試しとしても勧めやすい一品でした。

GoProと同じアクションカメラなので、実際にGoProを使っている僕が比較をしながらレビューをしていきます。

スポンサーリンク

Elephone REXSO Explorer X

エレフォンエクスプローラーXの外観

Elephoneは中国のスマホメーカーで2006年に創業されています。しかしスマホだけでなくアクションカメラに関しても数多くの製品を製造している模様。

今回紹介するのはその中でElephone REXSO Explorer Xというモデル。GEARBESTにて約5000円ほどで販売されているアクションカメラです。

商品内容からスペック、使い心地まで詳しく見ていきましょう。

開封

内容はこのようになっています。

セット内容
  • 本体(バッテリーセット済み)
  • 防水ケース
  • マイクロUSBケーブル
  • ネジ穴アダプター
  • バッククリップ
  • 自転車用マウント
  • クリップ
  • クイックリリースマウント
  • スイッチアダプター
  • 粘着マウント

では開封をしていきましょう。このような箱に入って届きました。

explorerxの箱 explorerxの箱を斜めから

中を開けると防水ケースに入った本体。この見た目はゴツい雰囲気で良いですね。

防水ケースに入ったexplorerx 防水ケースに入ったexplorerxを斜めから

下に説明書と付属品が入っていてこちらが一覧になります。付属品がとても充実していて素晴らしい。

Elephone explorer xの中身

付属品だけでもこれだけ入っています。順に見ていきましょう。

Elephone explorer xの付属品

こちらはバッククリップ。背面に装着してこちらのクリップと組み合わせるとベルトなどに装着することができます。

Elephone explorer xのバッククリップ Elephone explorer xのバッククリップを斜めから

バッククリップは下部にネジ穴がついているので、これがあれば三脚や自撮り棒にセットすることができます。

Elephone explorer xのバッククリップ下部のネジ穴

こちらがクリップです。組み合わせるとこんな感じ。

Elephone explorer xのクリップ Elephone explorer xのクリップを斜めから Elephone explorer xのバッククリップとクリップの組み合わせ

こちらの自転車マウント。バーに取り付けられるので自転車乗りの方にはとてもありがたいマウント。

Elephone explorer xの自転車マウント

こちらがネジ穴アダプター。これがあれば自撮り棒に装着できます。

Elephone explorer xのネジ穴アダプター

こちらがスイッチアダプター。向きが変わっていてこれを使えば簡単にカメラの向きを変えることが出来ます。

Elephone explorer xのスイッチアダプター Elephone explorer xのスイッチアダプターを斜めから

次にクイックリリースパーツ。これを防水ケースの下部に取り付ければ粘着マウントに素早くつけることができます。

Elephone explorer xの粘着マウント Elephone explorer xの粘着マウントの裏面

こちらが説明書です。マウントの組み合わせ方についても載っています。

Elephone explorer xの説明書 Elephone explorer xの説明書の裏面

こちらが防水ケース。ディスプレイ面がこちら。

Elephone explorer xの防水ケースのディスプレイ側 Elephone explorer xの防水ケースの上部 Elephone explorer xの防水ケースのサイドボタン側

最初この防水ケースの外し方が分からずにかなり手こずりました。このように開けるのですが固くてなかなか外しづらい。

Elephone explorer xの防水ケースの外し方 Elephone explorer xの防水ケースの外し方 Elephone explorer xの防水ケースを外して開けたところ

これらのマウントが全てセットで入っているので、かなり充実したセット内容となっています。

注意点としてはマイクロSDカードは付属していないのでそれだけ準備しておきましょう。ちなみに説明にはTFカードと紹介されていますが、これはマイクロSDカードと全く同じ意味なので安心してください。

僕は最初TFカードとは何だと焦りましたが、今は普通にマイクロSDカードをセットして問題なく使えています。

Elephone REXSO Explorer Xのスペック一覧

まずはスペックについて見ていきましょう。まとめるとこのようになっています。

スクリーン2インチ(320×240)ディスプレイ
レンズ170度の広角アングル
対応言語英語、簡体字中国語、繁体字中国語、韓国語、ロシア語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、日本語、オランダ語、タイ語、ポーランド語
ビデオ機能4K(3840×2160)30FPS、2.7K(2688×1520)30FPS、1080P(1920×1080)60FPS/30FPS、720P(1280×720)120FPS/60FPS/30FPS
ビデオ記録形式MP4
ビデオコーデックH.264
静止画機能16M/12M/8M/5M/2M
記録カードマイクロSDカード
写真モード通常撮影、セルフタイマー、自動シャッター、連続撮影
ビデオモード通常撮影、タイムラプス、ループ撮影
スローモーション1080P/60fps、720P/120fps
光周波数オート、50Hz、60Hz
USBUSB2.0
充電電圧5V/1A
バッテリー容量900mAh
充電時間約2時間
動作気温 -10℃〜55℃
保存気温-20℃〜70℃

実際にスペックについて細かく見ていきます。

サイズ

Elephone explorer xの本体

サイズは幅5.9cm×高さ4.1cm×厚み2.4cm(レンズ部分を含めると2.9cm)となっていて非常にコンパクトな作りとなっています。

Elephone explorer xのサイズ感

そして特筆すべきは重さで持った感じがとても軽い。本体は59gとかなり軽いので納得。あまりの軽さに衝撃を受けました。

Elephone explorer xのサイズ感

外部端子

Elephone explorer xの外部端子部分

充電はMicro USBケーブルで行い充電電圧は5V1Aとなっています。

その下にはHDMI端子もついているのでHDMIケーブルがあればテレビに映し出すことも可能なのですが、僕が実際に試したところ上手く接続できませんでした。

一瞬リアルタイムプレビューのようなカメラの映像が映るのですが、すぐに付いたり消えたりしてしまいます。他の機器ではちゃんと映るのでHDMIケーブルは正常のようなのですが、ちょっと原因はわかりません。

注意点としてはこの端子部分にカバーがないこと。つまり防水機能は防水ケースがあってこそのものだということです。

防水ケースから取り出すと水はおろかホコリなどに対しても注意が必要なので、カバーを外して屋外で使用するときは注意しましょう。

風が強くホコリが舞っている時などは防水ケースに入れた方が安心です。

操作方法

Elephone explorer xのディスプレイ

ディスプレイはタッチ操作に対応していないので、本体操作はボタンで行います

本体右側面にあるアップ/ダウンボタンで選択し、OKボタンで決定します。モードの切り替えや設定での横移動は全面にあるモードボタンで行います。

Elephone explorer xのOKボタン Elephone explorer xのアップダウンボタン

こちらが動画設定の項目。

Elephone explorer xの動画設定項目

こちらが写真設定の項目。

Elephone explorer xの写真設定

こちらがオプション設定項目。
Elephone explorer xのオプション設定

Elephone explorer xのオプション設定続き

こちらが各種設定など。
Elephone explorer xの各種設定

ストレスもなく快適に操作できます。メニュー構成も選びやすく、一覧性があるので使いやすい印象。

ただ一覧性があるのですが、各動画モードから設定が変更できないのは使いづらいなと。設定を変えるためにはモードを変更して設定から変えないといけないので、手間がかかって面倒な印象があります。

4K/30fpsで撮影できる動画機能

Elephone REXSO Explorer Xは動画機能も優れていて、最高4Kの高解像度での撮影ができます。

4K以外にも2.7Kや1080PのフルHDにも対応しているので十分な機能が備わっています。実際に撮影してみたのがこちらの映像です。

ズームでの撮影も可能で4倍まで対応していますが、その分解像度は下がるので注意しましょう。また撮影しながらズーム倍率を変更することができるので、被写体に合わせて調整できるのは使いやすいです。

そして撮影しながら歩いたり走ったりしてみましたが、手ブレがけっこう気になります。ブレさせたくない場合は撮影の際になるべく動きが入らないように注意しましょう。歩きでも気を抜くとブレやすいので意識しておくことが大切。

さらに動画機能としてはタイムラプス撮影とループ撮影に対応しています。

タイムラプス撮影は映像をギュッと時間短縮したようなもので、空の移り変わりなどがとてもわかり易くなる映像。撮影のアクセントしてとても楽しめる機能です。

ループ撮影は指定した時間に区切って撮影ができる機能。例えば2分間に設定すれば長時間撮影でも2分間にクリップを区切りながら保存をすることができます。

一度に撮影すると映像の確認がすぐにできないので不便な時があるのですが、この機能を使えば短いクリップに区切ることができて映像の確認が簡単に行なえます。

スローモーションも撮影可能

Elephone REXSO Explorer Xはスローモーションの撮影も可能で1080Pであれば最高60FPS、720Pであれば最高120FPSの高フレームレートで撮影ができます。

フルHDのサイズでスローモーションが撮影できるのは非常にありがたい。スローモーションを活用すれば手ブレを目立たなくすることもできるのでとても便利です。

16MPの静止画機能

1600万画素と静止画解像度もトップクラス。コンデジよりも画素数は優れているので、とてもキレイな写真が撮影できます。

こちらが実際に撮影した写真です。

Elephone explorer xで撮影した桜 Elephone explorer xで撮影した鳩 Elephone explorer xで撮影した草 Elephone explorer xで撮影した風景

画角も広くさすがはアクションカメラという感じ。色味も思ったよりキレイです。

静止画もズーム撮影可能で、実際に撮影したのがこちら。上が元の写真で下がズームで撮影したもの。

Elephone explorer xのズーム前の写真 Elephone explorer xの4倍ズームの写真

電子ズームなのでどうしても元の写真に比べると解像度が落ちてしまいますが、ズームで撮影できるのは何かと便利なので機能としてあっても損はないでしょう。

ただ夜間や暗いところでの撮影は厳しい印象があります。実際に撮影したのがこちら。

Elephone explorer xで撮影した夜道 Elephone explorer xで撮影した夜道

夜の街灯が無いような場所ではほぼ暗い写真となっていて、街灯の下まで行けばなんとか写るかなといったレベル。ISOやシャッタースピードが調整できないので限界がありますね。

写真モードではセルフタイマーや自動シャッター、連続撮影など基本的な機能を活用することができます。

セルフタイマーは3,5,10,20秒から選択可能。自動撮影は3,5,10,20,30秒から選ぶことができます。連続撮影は3,5,10枚から選ぶことができ、一気に10枚撮影できるのはおもしろいです。

スマホ連携

Elephone REXSO Explorer Xにはスマホアプリがあり、Wi-Fiで接続するとアプリから映像の確認や操作を行うことができます。

Elephone REXSO Explorer Xでは側面にあるアップボタンを短く押すだけでWi-Fiのオン/オフが簡単に切り替えられるようになっているのでこれはかなり便利。

Wi-Fiは簡易的なパスワードになっているので、セキュリティのためにも接続後にパスワードは変更しておきましょう。

Wi-Fi設定の画面

スマホに接続するとカメラの映像を確認することが出来ます。

また各種設定から動画や静止画の撮影設定、ホワイトバランスなどの変更も行うことができます。項目を載せるとこんな感じ。

まずこちらで動画の解像度や各種設定が行なえます。

動画などの各種設定画面

こちらがタイムラプスの時間を設定する画面。

タイムラプス撮影の設定画面

ループの時間設定画面。

ループ撮影の時間設定画面

スローモーションの設定画面。

スローモーション設定画面

静止画の解像度設定。

スマホで静止画の画素設定

セルフタイマー設定

スマホでのセルフタイマー設定

自動撮影の設定。設定した間隔で静止画を撮影していきます。タイムラプスのとの違いは静止画と撮影するところですね。

スマホで自動撮影設定

連続撮影の設定。最大で一度に10枚連写できます。

スマホでの連続撮影設定

様々な設定が可能です。

スマホでの各種設定画面1 スマホでの各種設定画面2 スマホでの各種設定画面3

露光量の調整。

露光量の調整画面

ホワイトバランス設定

スマホでホワイトバランス設定

こちらの光周波数の設定は自動でOK。ちなみに東日本は50Hzで西日本は60Hzです。
光周波数の設定画面

スクリーンセーバーの設定画面。

スクリーンセーバーの設定画面

細かい部分まで設定を変えられるのですが本体操作に比べてスマホで操作した方が断然快適です。Wi-Fi含めて連携がとてもしやすいのは嬉しいポイントなので、撮影や映像の設定はスマホから行うのがおすすめ。

バッテリー機能

バッテリー機能についてはこのようになっています。

バッテリー機能一覧
  • バッテリー容量(mAh):900mAh
  • バッテリタイプ:内蔵
  • 充電方法:USB充電
  • 充電時間:約2時間
  • スタンバイ時間:3時間

本体の下部を開けるとバッテリーが取り出せるようになっています。ここも最初は開けづらいです。

Elephone explorer xのバッテリー

こちらがバッテリー。
Elephone explorer xのバッテリー部分

バッテリー容量はそこそこで撮影は全く問題ありませんでした。テスト撮影で30分ほど色々と撮影をしてみましたが、その程度あればバッテリーも減ることはありません。

長時間撮影でなくポイントで撮影していけば1日十分に持ちそうです。

マイクロSDカード情報

ディスプレイにマイクロSDカードの残り容量が表示されるので、これを目安に撮影していきます。

そのため具体的にあとこの解像度でどのくらい撮影できるのか?写真はあと何枚撮影できるのか?などは把握できません。

僕は今回16GBのマイクロSDカードをセットして使っていますが、スタートが14.8GB。4K30FPSで合計5分ほど撮影して1080P60FPSで合計2分、静止画を10枚ほど撮影したところ残り容量が13.8GBになっていました。

そこまで容量は減ってなくて長時間撮影がなければ旅行でも1日持ちそうな感じです。

Elephone REXSO Explorer XをGoPro HERO6と比較してみる

Elephone explorer xとGoPro HERO6

このブログはGoProをメインで紹介していますからここで登場させない訳にはいきません。

Elephone REXSO Explorer XをGoProと比較しながら紹介していきます。

サイズ感

まずサイズですがGoPro HERO6とほとんど変わりません。ほぼ同じ大きさのボディとなっています。

Elephone explorer xとHERO6のサイズ感

1番の違いは重さ。HERO6はバッテリーなど含めて119gありますが、Elephone REXSO Explorer Xは59gと約半分。

実際に撮影しているとその重さの違いが良く分かり、Elephone REXSO Explorer Xなら長時間の撮影でも疲れにくいです。

GoProも軽いと思っていましたが、Elephone REXSO Explorer Xの軽さは段違い。他のマウント類と合わせて使うのを考えると軽いのはとてもありがたい。女性でもかなり撮影しやすいカメラではないかと感じました。

操作性

操作性に関しては好みが分かれるところです。

GoProの場合はタッチディスプレイなのでタッチ操作が基本になり、動画や静止画のProtune設定をスワイプですぐに変更できるのはかなり使いやすいものとなっています。

Elephone REXSO Explorer Xはホワイトバランスなどの映像設定は設定モードから変更しなければいけないので、気軽に設定を変えての変更はしにくい。

しかしWi-Fiのオン/オフがボタン1つで簡単に切り替えられるので、アクションカメラをスマホとよく連携させる人にとってはとても使いやすい操作になっています

僕の場合はスマホ連携よりも映像設定の変更がスムーズに出来た方がありがたいので、GoProの方が快適に使えますね。

動画性能

Elephone REXSO Explorer XとGoPro HERO6を並べて撮影してみました。このようにくっつけて並べた状態で持ちながら撮影して映像を比較していきます。

Elephone explorer xとHERO6を比較撮影

実際に比較したのがこちらの映像です。違いについても見ていきましょう。

画角

まず1番の違いは画角でしょう。Elephone REXSO Explorer Xは170度の広角ですが、同じ距離から撮影するとGoPro HERO6と比べて寄ったような画角になっています。

HERO6側から見ると引いた視点で撮影している感じ。同じ距離なのにより広い範囲を撮影できています。

これはメリットでもありデメリットかなと。より広い範囲を映したいのであればHERO6が優れていますが、被写体以外の余計なものを入れたくない時はElephone REXSO Explorer Xの方が優れています。

これは撮影時の立ち位置にも関わってきますので、こうした違いがあることを理解しておくと撮影が捗ります。

手ブレ補正

アクションカメラなので動きながらの撮影を行いましたが、手ブレ補正に関してはやはりHERO6の方が上です。

Elephone REXSO Explorer Xはさすがに走りながらの撮影はブレが強くてきつい。歩きであればまだ映像としては使えそうかなと。

逆にこうしたブレがあった方がアクションカメラという感じが出るので、好きな人には最高なのかもしれません。

色味

色味に関しては好みが分かれるところ。僕としては鮮やかさがある映像の方が好みなので、Elephone REXSO Explorer Xは撮って出しだと少し物足りない感じですかね。

ただ色味は編集で変えることもできるので僕自身は特に気にしません。編集が面倒な方は最初から鮮やかな映像で撮影できるHERO6がおすすめです。

映像品質

編集して気になったのが映像のコマが合間に少し戻ってしまうこと。なぜかちょっと巻き戻したような感じになってしまうのが非常に編集しづらくて大変でした。

またPremiereで編集する際に映像を読み込むと書き出し時にエラーが出てしまう。原因はクリップの最後の音が全く入っていない部分。この部分が各クリップに5秒ほどあり、ここを削除してから書き出すとエラーが出ませんでした。

原因がハッキリしないのでなんとも言えないところですが、SDカードとの相性や撮影にまだ慣れていなかったことが原因かもしれません。動画をPCで編集する場合にはちょっと注意しないといけないところです。

スローモーション撮影

スローモーション撮影についてはどちらもフルHDで撮影はできますが、HERO6が240fpsで撮影できるところをElephone REXSO Explorer Xは60fpsで撮影となっています。

つまりElephone REXSO Explorer Xは30fpsの動画であれば50%スローまで耐えられますが、60fpsの動画の場合はスローにすることはできません。

なので60fpsの動画を作成したい場合は720P/120fpsで撮影して50%スローにする必要がありますが、その場合はフルHDサイズでは解像度が足りなくなるので注意しましょう。

静止画機能

静止画に関してはHERO6が最高12MPに対してElephone REXSO Explorer Xは16MPなので、さらに高解像度の写真が撮影できます。

実際に比較してみたのがこちら。

桜の写真 鳩の写真 草の写真 夜道の写真

この16MPは驚異的なスペックなので、写真撮影がメインの方にはとてもおすすめ。キレイな静止画が撮影したい人はとても楽しめるカメラです。

オプション機能

GoProはProtuneという動画や静止画で細かい設定を行うことができますが、Elephone REXSO Explorer Xは撮影で設定できるオプション項目は少ないです

項目としては露出とホワイトバランス程度でシャッタースピードやISOなどの調整は出来ません。そのため動画や静止画でも分かるとおり暗いところでの撮影はほとんど対応できない。

そもそも夜間に使う場面がないかもしれませんが、少し薄暗い室内でも同じように調整できないので居酒屋のような場所だと思ったよりも上手く撮影できないということがあるかもしれません。

価格

GoPro HERO6は現在52,000円程なのでかなり高めの値段となっていますが、Elephone REXSO Explorer Xは現在セールで約4,000円ほどで購入することができます。

GoProの1/13の値段とかなり安い。これなら気軽に購入して試すことができますね。

さらに大きな違いが付属品の充実度です。GoProの場合はこの価格で付属品は粘着マウントとフレームなどしかついていないため、ネジ穴式の自撮り棒にはそのまま装着することができません。

装着するためには別売りのネジ穴式アダプターが必要で、さらに他にもマウントを購入しなければ自転車やヘルメットなどに取付をすることもできません。

しかしElephone REXSO Explorer Xはこの価格で付属品がとても充実していて、ネジ穴変換アダプターもあるのですぐに自撮り棒に装着することもできます。

付属品一覧

さらに自転車用のマウントもついているので、自転車に装着して撮影をする方もすぐに使うことが可能。それだけでなくベルトに装着できるマウントと防水ケースも一緒についてくるのでかなりお買い得。

他にマウントを購入する必要が無いのは予算をかけられない人や余計な出費をしたくない人にはとてもおすすめです。

Elephone REXSO Explorer Xを実際に使ってみた感想

Elephone REXSO Explorer Xの機能とGoProとの比較と色々と撮影してきた僕が、実際に使ってみて感じた良い部分と悪い部分をまとめていきます。

悪い部分1:屋外ではディスプレイが見にくい

屋外でのエクスプローラーX

まず実際にElephone REXSO Explorer Xを使って感じたことが、屋外で使うとディスプレイがとても見にくいことでした。

光に反射してしまってどういった画角になっているのかが確認しづらくて、ディスプレイを確認しながらの撮影がとてもしにくい。

特にGoProと比較するとこのディスプレイの見にくさは使いづらいなと感じてしまったので、何か反射を防ぐためのフィルムなどが合った方が良いなと。

悪い部分2:ディスプレイが青みがかる

ディスプレイ

引き続きの不満ですがディスプレイ自体に青みがかかっていて、あたかも映像のホワイトバランスが青くなっているように見えるところもマイナスポイント。

見づらいディスプレイをなんとか確認して撮影していると映像がとても青い。一目見て「ホワイトバランスの設定間違えたかな?」と疑うレベル。

念のため確認するとオートになっていましたが青みはそのままなので、「晴れた日」や「曇りの日」と色々と変えて撮影することに。

後で撮影した映像を確認してみると全く問題ありませんでした。ただ単に青く見えていただけのようです。

ただ本体ディスプレイ自体の問題だったのでここは改善して欲しいところです。

悪い部分3:暗い場所の撮影は弱い

夜道の写真

Elephone REXSO Explorer Xはオプション比較でも紹介したように、露出やホワイトバランスの変更はできますがISOの変更はできないので暗闇での撮影は弱いです。

特に動画でISO変更ができないとほぼ暗い映像になるので、まともな映像は期待できません。この夜間撮影機能は期待しない方が良いでしょう。

加えて静止画でもナイトフォトモードも無くシャッター時間の調整もできません。そのため光をなるべく取り入れての撮影もできないので、夜間や暗いところでの撮影はできないと思った方が良いです。

良い部分1:軽くて撮影がしやすい

手のひらサイズ

Elephone REXSO Explorer Xはやはり軽さが魅力的。59gとGoPro HERO6の約半分なので、長時間の撮影でも疲れにくいのはかなりありがたい。

また軽いので持ち運びにもとても便利。荷物としても嵩張らないので、旅行にも持っていきやすいサイズ感はとても良いです。

特に女性が使うにはとても良いサイズ感だと思います。マウントと組み合わせるとどうしても重みは増すので、本体が少しでも軽いと使いやすさが変わってきます。

良い部分2:操作はサクサクで快適

操作性

Elephone REXSO Explorer Xは物理ボタンで操作しますが、動作はとてもサクサクでストレスなく使えます

不満点は電源を入れてからの立ち上がりが時間がかかることとホワイトバランスなどの映像設定がいちいち各種設定メニューからしか変更できないこと。

これが各モードで簡単に切り替えできたらもっと使いやすいのになと思いました。

しかしWi-Fiに関してはとても素晴らしく、側面のアップボタンを短く押すだけで簡単にオン/オフが切り替えられるのはかなり使いやすい。

GoProだといちいちメニューを開いてオンにしなければいけないため、前からWi-Fiの物理ボタンが欲しいなと思っていたのが正直なところ。

そのあたりElephone REXSO Explorer Xはとても良く考えられています。スマホとの連携がすぐにできてこの使いやすさはGoProにもマネして欲しい。

良い部分3:コスパが良い

コスパ

5,000円という値段から考えると4Kが撮影できて、さらにタイムラプスやスローモーションが撮影できるなど機能がしっかりと揃っているのはかなりコスパが良いです

正直映像にこだわらずに遊んでいるところを撮影してスマホでシェアしたりできれば十分な人にとってはこれ以上無いアクションカメラかと思います。

画質もキレイですし写真も申し分なし。僕が学生の時にあったら即買いしてるレベル。そのくらいの機能があってこの値段なら壊れても特に文句ないですからね。

これだけの機能を備えたアクションカメラをこの値段で使えるならコスパはかなり良いです。

結論:Elephone REXSO Explorer Xは十分あり

エレフォンエクスプローラーXの外観

ここまで比較して最終的にGoPro大好きな僕の判断としては、Elephone REXSO Explorer Xは十分有りな選択肢。

性能はもちろんGoProに遠く及びませんが、4KやフルHDのスローモーションが撮影できる。さらに付属品がこれだけ充実しているこのセット内容がこの値段で購入できるのであれば、アクションカメラを初めて使うという人にはかなりおすすめできます

特に静止画に関しては16MPとかなりのハイスペックなので、動画よりも写真がメインという場合にはかなりおすすめ。持ち運びもとても楽なので旅行でも使いやすいのは嬉しいポイントです。

さらにスマホとの連携が手軽で使いやすいので、スマホと連携させて使いたいと考えている人にはとても使いやすいアクションカメラになっています。

GoProを使ったみたいけど予算が…という方やアクションカメラってどんな感じなんだろう?という人でしたら、まずはこのElephone REXSO Explorer Xで体験してみるのが良いと思います。

僕も使っていてとても楽しいカメラだったので、ぜひ実際に試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク