[e]GoPro Fusionのバックアップ!データ保存のポイントやMacでのおすすめ方法、フォーマット方法まで紹介します!

ゴープロフュージョンのバックアップ

この記事をかいた人

本業は整体師。大好きなGoProを始めとしたアクションカメラや動画編集、子育てなど、僕自身が体験した情報を発信しています!

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

GoPro Fusionを購入してから初めての360度カメラに興奮していろいろと撮影を楽しんでいます。

そんなGoPro Fusionを使っていてふと思ったことが1つ。

ナシタカ
バックアップはどうやってやるんだろう?

GoPro FrusionはマイクロSDカードを2枚使って前後のカメラでそれぞれ撮影するので、その撮影したデータをどのように保存すれば良いのか分かりにくいんですよね。

そこで色々と試行錯誤した結果、僕なりの保存方法を見つけたのでデータの取り扱い方法と合わせて紹介します。

GoPro Fusionのデータ保存の際にぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

GoPro Fusionの編集にはFusion Studio

Fusion Studio
GoPro Fusionで撮影した映像はまずGoProからリリースされているFusion Studioというアプリで編集を行います。

ここで前後で撮影した映像を繋ぎ合わせるスティッチ作業を行い、映像として書き出すことで他のソフトでも編集できる映像素材を作り出すことができるのです。

しかしこれはあくまで素材を作り出すもので、元データを保存している訳ではありません

なのでFusion本体の接続を解除すれば読み込んだデータは使えなくなってしまいます。つまり自分で元データのバックアップを取る必要があるのです。

GoPro Fusionの撮影データをバックアップする方法

では実際にGoPro Fusionで撮影したデータをバックアップする方法として、今回はMacユーザーの僕が実際に行っている方法をお伝えします。

GoProとMacを接続する

Macユーザーの僕が利用しているのが「イメージキャプチャ」。これはMacに最初から入っているアプリです。

まずGoPro FusionをMacとケーブルで接続して電源を入れると、イメージキャプチャにデータが表示されます。
イメージキャプチャの表示画面

ここで「Front」と「Back」のそれぞれのデータが表示されているのが分かりますよね?

この2種類のデータがあるのがGoPro Fusionのバックアップのポイントになります。

それは2つのデータを分けて保存すること。この2を別々のフォルダに分けたままバックアップをすることが重要なのです。

僕の場合はまず上位のフォルダに日付と撮影したデータのタイトルを付けて、その中に「Front」と「Back」それぞれのフォルダを作成してデータを保存します。

例えば公園で撮影した映像であれば「20180101 公園」というフォルダを作成してその中に「Front」と「Back」というフォルダを作成。
フォルダ構成

これで前後のカメラで撮影したデータがそれぞれ別々に保管されている状態を作れます。

バックアップデータをFusion Studioで読み込む際は上位フォルダの「20180101 公園」を読み込めば撮影データが上手く読み込まれるようになります。

ナシタカ
この前後のデータを別々にすることを守っていればバックアップは完璧です!

イメージキャプチャでマイクロSDカードを取り出す必要がなくなる

このイメージキャプチャを利用するとGoPro FusionからマイクロSDカードを取り出す手間がなくなります

バックアップの度にいちいち本体からマイクロSDカードを取り出すのは正直面倒な作業。

しかも前後のSDカードを戻すときに間違えて挿入するとエラーが出るのでさらに注意が必要なのです。

しかしMacと直接接続して読み込めばマイクロSDカードを取り出す手間もエラーが出ることもないのでとても快適にバックアップ作業ができます。

Macと本体をケーブルで接続するだけのこの方法が今のところ僕の中でのベストなバックアップ方法になっています。

フォーマットはGoPro Fusion本体またはiPhoneから

データ移行後はマイクロSDカードをまたそのまま使っても良いのですが、僕は毎回必ずフォーマットしてから使うようにしています。せっかくバックアップした訳ですからスッキリとした状態で使った方が気分的にも良いですからね。

フォーマットの方法については[e]GoProのSDカードはこれがおすすめ!HERO6/5/FusionのSDカードの選び方や扱い方について紹介します!の記事で手順を詳しくまとめています。

まとめ:前後のカメラのデータの取り扱いに注意

今回はGoPro Fusionのバックアップ方法とフォーマット操作についてまとめていきました。

ポイントとしては前後のカメラデータの扱いを理解すること

前後でのカメラでそれぞれデータを保存するので、それぞれを分けてしっかりと保存しておくことが大切です。

このポイントを抑えれば他のGoProとデータ保存についてのやり方は同じなので、ファイル構成はしっかりと覚えておきましょう。

最初はややこしく感じますが、実際にやってみると大したことはありません。特にMacのイメージキャプチャがあれば簡単に作業が行えるのでおすすめ。

今回の記事を参考にGoPro Fusionのバックアップ方法を覚えて、日々の思い出をしっかりと残してくださいね!

Fusionで撮影した映像編集については[e]GoPro Fusionの映像をFusion StudioとAdobe Premiereで編集する方法の記事で詳しく紹介しています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク