[e]2017年に買って良かったGoPro関連ランキング!

2017年に買って良かったゴープロランキング

この記事をかいた人

GoPro好きな整体師。大好きなGoProを始めとしたアクションカメラや動画編集、子育ての情報とお届けするブログです!

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

2017年に僕が1番ハマったもの。それはGoProです。

今年HERO5 BLACKを購入してから家族の思い出を撮影する大切な相棒として使ってきて、今では新しいHERO6に代わり日々の撮影を楽しんでいます。

今回は2017年も終わりということで、今年購入して本当に良かったなと思うGoPro関連アイテムをランキング形式で紹介していきます

ヘビーユーザーとしてGoProでの撮影を行う僕の完全な独断と偏見で選んでいます。それぞれに熱い想いがあるので、そのあたりを包み隠さず書いていきます!

スポンサーリンク

2017年から始まった僕のGoProライフ

思えば僕が初めてのGoProであるHERO5 BLACKを購入したのが今年の3月。そこからGoProにどっぷりとハマっていました。

このGoProとの出会いで僕の生活は一変して子供との思い出も気軽に残せるようになって、さらには旅行での思い出もバッチリ残すことができました。

特に今までは写真がメインだったのが、GoProのお陰で動画で思い出を残すことが出来るようになったんです。これは本当に革命でした。

動画の方が写真よりもリアルな雰囲気が伝わりますし、何より動きや声があって見ているだけで楽しい。

そこからGoPro関連のアイテムを色々と試すようになって、今ではこのブログでも記事執筆時点でGoProに関する記事を50記事ほど執筆しています。

どの記事も僕が実際に試してみて分かったことや感じたことを全力で書いているので、その甲斐もあって多くの方に読まれるようになりました。

どれも愛着のあるものばかりなので、少しでもその魅力が伝わってくれたら嬉しいです。

買って良かったGoPro関連ランキング

では早速ランキング形式で紹介していきます!

第1位:GoPro HERO5 BLACK

初めて購入したこのGoPro HERO5 BLACKの映像の美しさや使いやすさに魅了されて僕はどっぷりとGoProにハマってしまいました。

特に感動したのが子供の撮影。動き回る子供を撮影してみたら予想以上のキレイさに驚きました。

子供に合わせて走りながら撮影してるのにこんなにキレイなの!?と。子供を撮影するのにこんなにもピッタリなカメラがあったことに驚きつつも、出会えたことに感謝しています。

今考えても映像の解像度や性能は文句なしに優秀。しかも最近になって大幅に値下げされたことで、初めてのGoPro購入には断トツでおすすめの一品となりました。

まさに僕としてはとても思い入れが深いGoPro。機能など詳しくまとめた記事を書いていますのでぜひ読んでみてください。

合わせて読みたい!

[e]GoPro HERO5 BLACKを購入したので仕様や充電時間、バッテリーなどの情報をまとめて紹介

第2位:GoPro HERO6

続いてランクインするのが僕が今メインで活用しているGoPro最新モデルであるHERO6。

HERO5 BLACKから全体的に性能がパワーアップしており、特に映像の色鮮やかさは僕にはドンピシャの進化でした。

また通常撮影だけでなくスーパースローモーションに使える1080p/240fpsの高フレームレートに対応しており、このHERO6があれば様々な映像が撮影できる。

まさに使っていて単純に楽しい、最高のGoProモデルです。

手ブレ補正もHERO5 BLACKから進化していてジンバル無しでも安定した映像をしやすくなりました。ただ僕は後ほど紹介するKarma Gripと組み合わせるのが大好きです。

HERO6についても機能などについて詳しくまとめた記事を書いているので、ぜひ読んでみてください。

合わせて読みたい!

[e]GoPro HERO6の機能とスペックやバッテリー情報などをまとめて紹介します!

第3位:GoPro HERO5 Session

コンパクトボディが魅力のHERO5 Sessionですが、今ではサブカメラとして活用しています。

またコンパクトさを生かしたマウントを利用して迫力あるPOV撮影がしやすかったりと、HERO6やHERO5 BLACKとはまた違った魅力を持ったモデル

僕は会社の旅行での撮影でHERO6と2台の使い分けで撮影したところ、とても快適に撮影できて様々な映像素材を集めることができました。

GoProか2台あると色々な活用ができるので、HERO5 SessionはサブのGoProとしておすすめ。HERO5 BLACKと同様で最近になって値下げがされたのでさらに購入しやすくなりました。

HERO5 Sessionの機能について詳しくまとめた記事を書いているので、ぜひ読んでみてください!

合わせて読みたい!

[e]GoPro HERO5 Sessionを購入したので機能やスペック、バッテリー情報についてまとめました!

第4位:Karma Grip

ケース

GoPro純正のジンバルですが、純正ならではのGoProとの連携はかなり快適。滑らかな映像が簡単に撮影できるのでまさにGoPro使うなら必須アイテムといっても良いくらいに最高です。

GoProと組み合わせるとなかなかの重さですが、それでも全然片手で扱えるレベルなので子供を追いかけながらの撮影も楽々。

子供と遊んでいる様子を滑らかな映像で残すことができるので、僕にとってGoPro HERO6とKarma Gripは絶対に欠かせない組み合わせとしてどこにでも持ち歩いています。

HERO6とKarma Gripを組み合わせれば安定した映像が簡単に撮影できるので、映像素材としてもかなり活用しやすくなります。

実際僕も先日の社員旅行の時には動画の合間に入れる旅館のインサート映像をKarma Gripを使って撮影しました。

やはりこうした素材は安定した映像の方が伝わりやすいですし、安定感があるだけで動画のクオリティも格段に上がります。

そんな僕が愛用しているKarma Gripについて詳しくまとめた記事があるので、ぜひ読んでみてください。

合わせて読みたい!

[e]Karma GripはGoPro必須アイテム!使い方からその特徴まで詳しく解説!!

合わせて読みたい!

[e]Karma Gripを使い始めてからGoProがもっと楽しくなった!その理由を紹介します!

第5位:ディヤードフレームケース

GoPro HERO6/HERO5 BLACKをより快適に使うことができるサードパーティー製のフレームケースです。

GoProを購入するともちろん純正のフレームがついてきますが、日々の使用を考えると断然こちらのフレームケースがおすすめ

まずフレームの付け外しを行う上部のツメが大きく、取り外しがとても簡単にできるのが嬉しいポイント。

さらに使い勝手が抜群だなと感じるのがサイドドア周り。ここが大きく開いているのでフレームを着けたままでもサイドドアの開閉が行えるようになっています。

これによってフレームを取り外すことなく充電が行えたり、撮影途中からでもモバイルバッテリーを装着して給電しながらの撮影を行うこともできます。

GoProユーザーとしてこういった細かい配慮がある製品は使っていて心地良い。今ではこのディヤードフレームケースを使わないことは考えられません。

より詳しくはこちらの記事で紹介しています!

合わせて読みたい!

[e]GoPro HERO6/HERO5 BLACKを使うならディヤードのフレームケースが充電しながらの撮影が可能で使い勝手抜群でオススメ

第6位:ベルボンウルトラスティックセルフィー

Karma Gripを使わない時の自撮り棒と言えばこれ。安定した映像よりもちょっとブレのある映像が欲しいときにも活用できる万能アイテム。

グリップがしっかりとしていて使いやすいですし、伸縮も自在にできるので伸ばせば広く背景を撮しながらの自撮りもしやすい。まさにGoProにはピッタリの自撮り棒です。

鹿児島旅行での手持ち撮影は全てこのベルボン自撮り棒で行っていましたが道中でも邪魔にならず、なおかつ使いやすくて持ち歩いても疲れにくくて使い心地は最高でした。

GoProで使える自撮り棒をお探しなら迷わずおすすめする逸品です。

ベルボン自撮り棒についてこちらに詳しくまとめた記事があるので、読んでみてください。

合わせて読みたい!

[e]ベルボンの自撮り棒ULTRA STICK SELFIEはGoPro使うなら絶対買うべき!

第7位:capturePOVキット

アイテム自体はGoPro専用ではなく、一眼レフなどに装着してウェアラブルに持ち歩きができるようにしてくれる便利なもの。

僕の場合はGoProと組み合わせてウェアラブル撮影をするために利用していますが、特に活用するのがKarma Gripとの組み合わせ

Karma Gripのマウンティングリングにクイックリリースプレートを取り付ければ、キャプチャー本体との取り外しが簡単にできるのが大きなポイント。

僕はお気に入りのバックパックであるcode10のストラップにキャプチャー本体を装着して、Karma Gripをマウントしています。

こうすることでウェアラブル撮影でもブレの少ない安定した映像を撮影することができて、クイックリリースプレートのお陰で手持ちでの撮影にもすぐに切り替えられます。

まさにGoProと組み合わせると最強の撮影環境が構築できるアイテム。詳しくはこちらの記事をご覧下さい。

合わせて読みたい!

[e]GoProをリュックに固定!Peak designのcapture POVキットがめちゃくちゃ便利だった!

第8位:ミニ三脚 ゴリラポッド

GoProでタイムラプス撮影をするなら欠かせないのが三脚。しかし大きな三脚では持ち運びが大変で気軽に撮影ができません。

そこでおすすめなのがこのミニ三脚であるゴリラポッド。コンパクトなボディで僕が愛用するポーターのウエストバッグにもスッポリと入る大きさなので、持ち運びにとても便利

ふとタイムラプス撮影したいなと思ったときにサッと取り出せて固定アングルでの撮影ができるのでGoProにはピッタリのアイテムです。

脚の角度も自由自在に変えられるのでタイムラプス撮影で少し変わったアングルで撮影するのもおもしろいですよ。

またマグネットモデルであれば磁石が付く場所にも固定できるので、おもしろいアングルからの撮影ができることもあります。

詳しくはこちらの記事で紹介しています。

合わせて読みたい!

[e]GoPro HERO6/HERO5 BLACKで使える変幻自在なミニ三脚!JOBYゴリラポッドを紹介します!

第9位:RAMマウント

パーツを組み合わせて自分にあったマウントを構築するというまさに男心をくすぐるカスタマイズ性が魅力。

僕の場合はGoProを様々な場所に取り付けることを想定してサクションカップとタフクローのベースを購入しました。

お陰で自動車のダッシュボードに固定したり窓ガラスへの取り付け、自転車のハンドルバーに取り付けたりと普段では撮影しにくいアングルの映像も撮影しやすくなりました。

特に先日の社員旅行での撮影では大活躍してくれて、HERO5 Sessionを利用した固定アングルからの撮影で様々な素材を撮影することができ、思い通りの映像を作成することができました。

固定アングルでの撮影で大活躍しますが、アームの角度を変えれば思いのままのアングルで撮影ができるので使い心地は最高です。

GoProをさらに便利にしてくれるRAMマウントについてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

合わせて読みたい!

[e]RAMマウントを利用すればGoProで自由自在のアングルで撮影ができる!

第10位:ディヤード防水ハウジングケース

ダイビングでGoProを使うときに必要な防水ハウジングケース。僕は水中利用のためにこちらのサードパーティ製の防水ハウジングケースを使っています。

使う頻度は高くは無いのですが、水中でGoProを使う時に大きな安心感を与えてくれる大切なアイテムです。

純正品と違ってレンズカバーを外すことなく装着できるところがお気に入りポイント。

GoProは価格がネックになるくらい高価なものなので、故障や水没なんかは絶対に避けたいところ。

特に水中で使う際には水の浸水が考えられるので、こうした防水ハウジングケースを利用することで安心して使うことができます。

僕の場合は子供とお風呂に入る際に使っています。お風呂で潜る練習をしているところを水中から撮ってみたりすると普段撮影できないアングルでとてもおもしろいのでおすすめ。

詳しくはこちらの記事をどうぞ!

合わせて読みたい!

[e]GoPro HERO6/HERO5 BLACKにおすすめの「ディヤード防水ハウジングケース」はコスパ抜群のハウジングです!

第11位:ヘッドストラップ&クリップ

HERO5 Sessionを購入したときにオマケとしてついてきたマウント。しかし使ってみるとやはり便利だなと思いました。

ヘッドストラップは見た目のガチ感から使いにくいのは間違いないですが、視点よりも高い位置からのアングルで撮影ができるので景色の良い場所では最高の映像が撮影できます

もう一つのクリップは挟んで使うシンプルな作りですが、キャップと組み合わせるとちょうど視点の高さにGoProを装着できるので、POV撮影が簡単にできます

両方ともいつでも使える万能アイテムという訳ではないですが、特定の撮影では抜群に使いやすい特化マウントとして考えれば十分有り。

むしろ映像素材として活用したらおもしろい動画になりそうなので、ぜひ使ってみて欲しいマウントです。

詳しくはこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみてください。

合わせて読みたい!

[e]GoPro純正ヘッドストラップ&クリップマウントを使ってみた!使い方やその使用感についてまとめます!

第12位:ザ・ハンドラー

こちらもHERO5 Sessionを購入した時におまけとしてついてきたアイテム。

僕が持っているのは旧式のネジタイプですが、最新バージョンはクイックリリースをそのまま利用できるようになっています。

短いグリップで伸縮はできませんが、だからこそ軽く長時間での撮影でも疲れにくいグリップです。

最大の特徴が水に浮くこと。GoProを海やプールで使う際に怖いのが手を離してしまって沈んでしまうことです。特に海では海底まで真っ逆さまに落ちてしまったら回収するのは不可能に近い。

そうした環境でGoProでの撮影を行うのであれば、ザ・ハンドラーのように水に浮くグリップを使うことでそうしたリスクを減らすことができます。

海やプールでGoProを使うことが多い人にはおすすめです!詳しくはこちらの記事をどうぞ!

合わせて読みたい!

[e]ザ・ハンドラーの使い方!GoProで手軽に撮影したいならおすすめ!

第13位:MENGSアルミ合金フレーム

アルミ合金フレームはその頑丈さからGoProをしっかりと守ってくれるフレームですが、1番の魅力はその拡張性の高さ

特に52mmのフィルターを装着できるのでNDフィルターやマクロレンズを使うことができ、普通では撮影できないような映像をGoProで撮影することができるのが最大の魅力。

また僕は使ってはいませんが外部マイクを装着することもできるので、音声に拘りたい人はおすすめ。特にVLOGするYouTuberの方々は外部マイクをよく使っているみたいですね。

このようにセットアップの幅が広がるのがアルミ合金フレームのメリットです。

詳しくはこちらの記事をどうぞ!

合わせて読みたい!

[e]GoPro HERO6/HERO5 BLACKで使えるMENGSのアルミ合金フレームをレビュー!

第14位:NEEWERフィルターセット

アルミ合金フレームで使うために購入したフィルターセットです。

この値段でNDフィルターからマクロレンズまで揃うので、試しに使ってみたい人にもおすすめ。僕もお試し感覚で使いましたが、お陰でGoProを一眼レフっぽく使ってみたりと色々と撮影を楽しむことができました。

特にGoProでマクロ撮影ができるのはかなりおもしろかったので興味のある方にはおすすめです。詳しくはこちらの記事をどうぞ!

合わせて読みたい!

[e]GoProでマクロ撮影とボケのある映像が撮影できる!マウントや撮影方法を紹介します!

第15位:デュアルバッテリーチャージャー&予備バッテリー

僕のGoPro撮影ライフを影で支えてくれる縁の下の力持ち的な存在。

この予備バッテリーと充電環境があるお陰で僕は気兼ねなくGoProでの撮影を楽しむことができています

特に旅行ではこのバッテリーセットがあるかないかで撮影の快適さが変わりますし、何よりバッテリーへの心配がなくなるので旅行を純粋に楽しむことができます。

ガッツリ撮影を楽しみたい方はあると安心のコンビですよ。詳しくはこちらの記事をどうぞ!

合わせて読みたい!

[e]GoProのバッテリー充電器ならデュアルバッテリーチャージャーで決まりでしょ!

第16位:GoPro液晶保護フィルム

GoProはアクションカメラである以上、不意の事故でレンズが傷ついてしまうリスクが高いです。

そんな不安を千円ぽっちで解消してくれる液晶保護フィルムはGoProにはまさに必須アイテム。お陰で何度となくピンチを救われました。

僕の愛用しているHERO6もHERO5 Sessionも全て液晶保護されているので安心して使うことができています。

こうしたアイテムは地味ですが愛するGoProを大切に使うためにも欠かせない必須アイテムです。

詳しくはこちらの記事をどうぞ!

合わせて読みたい!

[e]MIBOTEのGoPro HERO6/HERO5 BLACK用の液晶フィルムはレンズキャップもついてめちゃくちゃお買い得でおすすめ

合わせて読みたい!

[e]GoPro HERO5 Session用のAFUNTA液晶保護9Hガラスシートがお買い得でオススメ!

第17位:マイクロHDMIケーブル

GoProをテレビに接続するために必要なケーブル。このケーブルがあればGoProで撮影した映像をテレビに出力して大画面で楽しむことができるのでとてもおすすめです。

詳しくは[e]GoPro HERO6/HERO5 BLACKをテレビに繋ぐ方法とその操作方法の記事で紹介しているのでぜひ読んでみてください。

ランキングまとめ

今回はランキング形式でまとめてみましたが、こうして記事にしながら書いていると色々と発見がありました。このマウントにはこういった思い出があったよな〜とか。

特に今の僕の相棒であるHERO6を抑えてHERO5 BLACKを1位に持ってきたのも思い入れが強いのが理由です。

なんて言ったってHERO5 BLACKがあったからこそ僕はGoProに出会えたわけですし、何よりもGoProでの撮影をここまで楽しめている訳ですから。

マウントについても改めて考えてみると今ガッツリ利用しているRAMマウントも順位的には中間ぐらい。それは使用期間が短いのが理由ですね。

やはりベルボン自撮り棒やディヤードフレームケースは長い間僕のGoPro撮影を支えてくれましたからね。共に鹿児島旅行にも行って存分に活躍してくれたマウントです。

ゴリラポッドもタイムラプス撮影には欠かせないアイテム。このゴリラポッドがあったからこそ子供と公園に遊びに行ったときにキレイな空を見て「撮ってみようかな」と気軽にタイムラプス撮影をすることができました。

使っている時間が長いからこそ愛着が生まれる。来年にはこのランキングも大きく変わっていきそうです。

2018年もGoProを楽しみたい!

こうして振り返ると2017年は僕にとってGoPro一色だったなと改めて感じます。

GoProのお陰で旅行のようなイベントから日常のふとした様子を気軽に動画で残すことができ、それをふとしたときに見返すと様々な思い出が蘇ります。

写真だけでは味わえないその時の雰囲気や様子を映像でみると、何かその瞬間の感覚がまた自分に蘇ってくるような感じ。

それは匂いであったり温度であったり様々。鹿児島なんか本当に暑かったのですが、動画を見ているとその時の暑さがリアルに蘇ってきます。

こうした「リアルな思い出」を振り返られるのはGoProがあったからこそ。GoProのお陰で僕の人生がもっと充実してきました。

GoProとの出会いがあった2017年でしたが、2018年はさらにGoProを使いこなせるようになりたいです。

もっと撮影のテクニックを学んで、動画編集の技術を磨く。

もっと多くのマウントを試してその感想をこのブログで記事として紹介する。

そしてもっと多くの人にGoProの魅力が伝わり、GoProを使って撮影する人がもっと増えて欲しい。公園でGoProを使って撮影する人が僕以外にももっと増えて欲しい。仲間が欲しい。笑

これからも自分なりにGoProの魅力を伝えられるように頑張ります!そしてさらに子供の様子を撮影して家族の動画をたくさん作っていきます!

その他のGoProマウントについて知りたい方は[e]GoPro HERO6/HERO5に必要なアクセサリーとおすすめのマウントについて紹介しますの記事で詳しくまとめているので参考にしてください!

スポンサーリンク

スポンサーリンク