GoPro

2018年買って良かったGoPro関連ランキング!

2018GoProベストバイ
ナシタカ
ナシタカ
この記事では2018年に買ってよかったGoPro関連アイテムをまとめています。GoProの便利なアクセサリーなどを知りたい方に役立つ情報になっています!

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

2018年ももう少しで終わりということで、この記事では2018年に買って良かったGoPro関連アイテムについてまとめてみました。

最近ではGoPro HERO7 Blackが登場するなどGoProにとってもいろいろと変化のあった1年でしたが、僕自身も様々な取り組みをして色々な経験ができた年でもありました。

振り返ってみて思っていた以上にいろいろなアクセサリーなどを試していたので、GoPro沼に確実にハマっているのを実感します。笑

ぜひ僕の1年のGoProまとめを読んでもらえたら嬉しいです!

2018年買ってよかったGoPro関連ランキング

第1位:GoPro HERO7 Black

GoPro HERO7 Black

なんといっても2018年はGoPro HERO7 Blackの登場が衝撃的でしたね!

ジンバル要らずの強力な手ぶれ補正機能である『ハイパースムース』や手持ちでのタイムラプス撮影が簡単にできる『タイムワープビデオ』など、大幅な進化を遂げたフラッグシップモデル。

実際に撮影してみると、今までのGoProとは比べものにならない、撮影する楽しさを味わえる魅力的なモデルでした。

ここまでGoProが進化するとは予想外ですし、なによりこれだけのおもしろい機能が搭載されたことにも驚いています。

これからGoProを買うなら絶対にHERO7 Blackをおすすめするくらいに魅力的なモデルとなっていますよ。

▼GoPro HERO7 Blackレビュー はこちら

HERO7 Blackにディヤードのフレームケースを装着
GoPro HERO7 Blackを徹底レビュー!機能&スペックやバッテリー、マイクロSDカード情報から実際に使ってみた感想をすべてまとめました!GoPro HERO7 Blackの機能やスペックについて徹底的にレビューしています。機能を中心に使い心地も紹介しているのでHERO7 Blackにどういった機能や特徴があるのかを知りたい方はぜひ読んでみてください!...

第2位:GoPro Fusion

GoPro Fusionの前面を斜めから

今年の1月に登場したGoPro初の360°カメラで、発売発表と同時にすぐさま公式サイトで購入したのは良い思い出です。

実際に撮影してみてみると、360°映像が最高に楽しいです。

特に撮影した360°映像から好きなアングルで映像を書き出せる『オーバーキャプチャ』という機能も備わって、今までのGoProにはない魅力を生み出してくれました。

ただ動画編集に手間がかかったり編集用のPCにもかなりのスペックが求められるため、なかなか万人受けするモデルではありません。

そんなデメリットを補うほどに、撮影自体はとてもおもしろいのでぜひ使って欲しいモデルです。

▼GoPro Fusionのレビューはこちら

ゴープロフュージョン
【GoPro Fusionレビュー】360度カメラの使い方や編集方法まとめどうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。 この記事ではGoPro Fusionのレビューとして、使い方や編集方法...

第3位:GoPro純正3-Way

GoPro純正3-Way

GoProの自撮り棒はベルボンウルトラセルフィースティックを愛用してきた僕ですが、2018年になってようやく3-Wayを使ってみました。

実際に使ってみて、なんでもっと早く使わなかったんだろうと後悔するレベル。

3-Wayという名前だけ合って、以下の3つの使い方ができます。

  • カメラグリップ
  • 延長アーム
  • 三脚

1つで3つの役割をこなす万能アイテムなので、その使いやすさは最高です。

荷物も少なくできますし、GoProと3-Wayさえあればあらゆる場面での撮影ができるので、初めてのGoProアクセサリーとしてもおすすめですよ。

▼GoPro 3-Wayのレビューはこちら

GoPro純正3-Way
【GoPro純正3-Wayレビュー】3通りの使い方で撮影の幅が広がるアクセサリーどうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。 この記事では、GoPro純正自撮り棒の『3-Way』について紹介しています...

第4位:ディヤードフレームケース(2018年版)

新型フレームを装着したHERO7 Black

僕が愛用しているディヤードのフレームケースが2018年になって、大きな進化を遂げていました。

軽量化されてさらにマイク穴も完備されて、よりクリアに音が拾えるようになっているので、映像のクオリティがさらに高まります。

使い勝手は変わらず良くて、ケースをつけたまま充電できるので、純正フレームの不満を見事に解決してくれる強い味方。

僕のGoPrライフには欠かせないアクセサリーとなっているので、ぜひチェックしてみてください!

▼2018年版ディヤードフレームケースのレビューはこちら

GoPro HERO7 Blackに新しいディヤードフレームケースを装着
【ディヤードフレームケースレビュー】2018年版はマイク穴やツメが改良されて進化していますどうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。 この記事では僕が愛用しているGoPro用のディヤードフレームケースが改...

第5位:Anker PowerCore Fusion5000

折りたたみ式プラグを搭載している

GoProと一緒に持ち歩くモバイルバッテリーとして僕が愛用しているのが、この『Anker PowerCore Fusion5000』です。

モバイルバッテリーなんですがコンセントプラグがついているので、直接コンセント接続しての充電ができるようになっています。

つまりコンセントから直接GoProに給電できるので、microSDカードの容量が持つ限りいくらでも撮影ができるというわけですね。

実際に僕はタイムラプス撮影をするときに活用していて、部屋からの撮影でコンセントに繋いでおけば、長時間の撮影ができて思う存分タイムラプス撮影が楽しめるというわけです。

使い勝手がとても良いモバイルバッテリーなので、GoProのお供にぜひおすすめします!

▼Anker PowerCore Fusion5000のレビューはこちら

ゴープロにピッタリのモバイルバッテリー
【Anker PowerCore Fusion 5000レビュー】電源プラグ搭載でGoProにおすすめのモバイルバッテリーどうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。 GoProを使っていて気になるのがバッテリーで、スマホと接続したり色々...

第6位:Anker PowerCore Fusion5000専用ケース

収納ケースに本体とケーブルを入れたところ

上で紹介したAnker PowerCore Fusion5000の専用ケースになります。

モバイルバッテリー本体と一緒にiPhone用のLightningケーブルやGoPro用のUSB-Cケーブルも一緒に持ち運ぶことができるので、とても重宝しています。

しかもケースの作りがしっかりとしていて、安心して持ち運びができるのも大きなポイント。

Anker PowerCore Fusion5000を使うならぜひ一緒に購入したいケースですね。

▼Anker PowerCore Fusion5000専用ケースのレビューはこちら

Anker PowerCore Fusion 5000専用ケース
[e]Anker PowerCore Fusion 5000の専用収納ケースは絶対に買い!GoProと一緒に持ち歩いてます!どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。 僕はGoProと一緒に、モバイルバッテリーを持ち歩いています。 ...

第7位:ディヤードGoPro収納ケース

ディヤードGoPro収納ケース

フレームケースで愛用しているディヤードが販売しているGoPro収納ケースで、他の細かなアクセサリーもしっかりと守ってくれる心強いアイテムです。

しっかりとした作りで中の緩衝材もカッターで切って配置を変えることもできるので、自分の使い方に合わせてアレンジできるのも嬉しいポイント。

僕はGoProと一緒にQuik keyやmicroSDカードなどを一緒に入れて持ち歩いていますが、しっかりと保護してくれる安心感があるので、気軽に持ち運びができるようになりました。

▼ディヤードGoPro収納ケースのレビューはこちら

ディヤードGoPro収納ケースとHERO7 Blackを撮影
【レビュー】ディヤードGoPro収納ケースは収納力抜群!レイアウトも自由に変更できて使いやすいですこの記事ではディヤードGoPro収納ケースについて紹介しています。実際に使ってみて感じたメリットやデメリットについてまとめていきます!...

第8位:Quik key

ゴープロクイックキー

Quik keyはGoProで撮影したデータをiPhoneに転送するのに欠かせないアイテムです。

Wi-Fi接続と違って、物理的に直接スマホにmicroSDカードのデータを読み込めるので、転送スピードがとても早い。

さらにGoProやスマホの電池消費も最小限に抑えられるメリットがあります。

一度この爆速転送を使うとWi-Fi転送がいかに時間がかかっているかがわかるので、スマホで動画編集や写真のシェアをしたい人は絶対に使ったほうが快適ですよ。

▼Quik keyのレビューはこちら

ゴープロクイックキー
【販売終了】Quik key(クイックキー)でGoProのデータをiPhoneに爆速転送!写真や動画をスマホで編集するならおすすめこの記事ではGoProで撮影したデータをiPhoneに素早く転送できる便利アイテムQuikキーについて紹介しています。Quikキーの機能やメリットをまとめていますよ!...

第9位:ネックマウント

ネックマウント

GoProでのウェアラブル撮影におすすめのマウントは、このネックマウントですね。

首にかけるだけで安定した映像が撮影できる手軽さが魅力で、HERO7 Blackのハイパースムースと合わせると安定したPOV撮影ができます。

特に僕はバイクに乗りながらの撮影でも活用してみましたが、体幹に取り付けるだけあってやはり映像の安定感が最高でしたね。

手軽に体に身に着けてのウェアラブル撮影がしたい!という人にはピッタリのアクセサリーですよ。

▼ネックマウントのレビューはこちら

ネックマウント
GoProネックマウントレビュー|首から下げて手ブレを抑えるGoProのネックマウントについて紹介しています。ネックマウントのメリット実際に撮影した映像を通して、その魅力をしっかりとお伝えしていきます!...

第10位:バイトマウント

バイトマウント

バイトマウントは、口にくわえるだけのお手軽マウント。

他のPOV撮影のためのウェアラブルアクセサリーに比べると目線に近くなるので、よりリアルな映像が撮影できます。

口にくわえることで首の動きに連動してカメラの向きを簡単に変えられるので、アングルの変更など撮影の自由度が高いのも特徴。

さらに口にくわえているだけなので、すばやく手持ちでの撮影に切り替えられるのも魅力の1つですね。

使い方次第では日常での撮影でもおもしろい映像が撮影できるおもしろマウントなので、ぜひチェックしてみてください!

▼バイトマウントのレビューはこちら

バイトマウント
GoProのバイトマウントがPOV撮影にめちゃくちゃ便利!より気軽に撮影できておすすめです!GoProでのPOV撮影に便利な『バイトマウント』について紹介しています。快適にPOV撮影ができてさらに撮影での使い勝手も抜群なおすすめマウントでその魅力についてまとめているのでぜひ読んでみてください!...

第11位:スリーブ+ランヤード

GoProスリーブ+ランヤードを身に着けた写真

GoProをより手軽に持ち運ぶためのアイテムで、シリコンスリーブ+ランヤードのシンプルな組み合わせだからこその使いやすさがあります。

首からかけておくことができるので、両手がフリーになるのはありがたいですね。子どもの抱っこやら手を繋いだりなどのジャマにならないので重宝しています。

特にHERO7 Blackから備わったハイパースムースがあれば、スリーブ+ランヤードだけでも安定した映像が撮影できるので、手軽さを維持しつつ見やすい映像を撮ることができるようになりました。

そのためHERO7 Blackとの相性が抜群のアクセサリーなので、ぜひ組み合わせて使って欲しいですね。

▼スリーブ+ランヤードのレビューはこちら

GoProスリーブ+ランヤードを身に着けた写真
【HERO7】GoProスリーブ+ランヤードレビュー|オシャレに持ち運べるだけでなく使い勝手も良いアクセサリーGoPro純正マウント『スリーブ+ランヤード』のレビュー記事です。実際に使ってみて感じたメリットやデメリットについても紹介しつつ自分なりの使い方についても紹介しているのでぜひ読んでみてください!...

第12位:CODE10バックパック

コード10の外観

完全防水バックパックのCODE10は、GoProを屋外に持ち運ぶ時に重宝するアイテムです。

GoPro自体は防水機能があるのですが、そのほかのアクセサリーは防水ではないので急な雨などで心配になるときがあります。

特に僕が愛用しているKarma Gripは防水ではないので、屋外に持ち運ぶときには防水対策が必須。

そんなときに活躍してくれるのがこのCODE10バックパックで、この中にKarma Gripを入れておけば雨でも安心して持ち運ぶことができます。

デザインもお気に入りのバックパックなので、ぜひチェックしてみてください!

▼CODE10バックパックのレビューはこちら

ゴープロとコード10
[e]完全防水バックパック「CODE10」をレビュー!GoProとの相性がバッチリで最高!どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。 この記事ではGoProとの相性が抜群の完全防水リュック『CODE10』につ...

第13位:CODE10ダッフルバッグ

ダッフルバッグの外観

上で紹介したCODE10バックパックのダッフルバッグになります。

大容量なのでちょっとした旅行の荷物も入れられて、さらにこちらも完全防水になっているので安心して持ち運びできます。

僕は旅行ではこのダッフルバッグにGoProやカメラ関連のアイテムをまとめて入れておいて、出先でGoPro10バックパックに詰め替えて移動するのがお気に入り。

大容量を活かしてたくさんのアクセサリーを持ち運べるので、旅行先での撮影には欠かせない相棒です。

▼CODE10ダッフルバッグのレビューはこちら

ダッフルバッグの外観
[e]CODE10のダッフルバッグをレビュー!GoProの新しい相棒として期待してます!どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。 GoProに新たな相棒が加わりました。それは「CODE10ダッフルバッ...

第14位:Karma Gripケース

Karma Gripケースに収納したところ

僕が長く愛用している、Karma Gripの専用ケースになります。

専用だけあってピッタリの作りとハードシェルの構造で、Karma Gripを安心して持ち運べる心強いアイテム。

少し大きいので持ち運びには苦労しますが、そのぶんKarma Gripをしっかりと守ってくれるのでおすすめです。

▼Karma Gripケースのレビューはこちら

Karma Gripケースの外観
[e]Karma Gripケースレビュー!Karma Gripの持ち運びが快適になりました!どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。 今回新たに購入したKarma Gripケース。Karma Grip専用に作...

第15位:ニューエラ 9FIFTY

ニューエラの9FIFTY

GoProとは直接関係の無いニューエラの帽子ですが、このツバの頑丈な作りが撮影で役立ってくれます。

僕の使い方はクリップを活用したウェアラブル撮影です。このようにしてHERO5 Sessionを取り付けています。

こうすると目線と同じ位置にカメラがくるので、よりリアルな目線でのPOV撮影ができます。

撮影中は視界のジャマになりますが、撮影した映像をみると「頑張ったかいがあった!」というくらいに満足なものになるので、ぜひ試して欲しい撮影方法です。

またニューエラ自体がとてもオシャレで、GoProとの見た目の相性が抜群なところも気に入っている理由の1つ。

▼ニューエラ 9FIFTYのレビューはこちら

9FIFTYとHERO5 Session
GoProを帽子に装着するならニューエラの9FIFTYがおすすめ!マウントとの組み合わせも紹介します!GoProの撮影に役立つオシャレキャップのニューエラ9FIFTYについて紹介しています。9FIFTYとGoProを組み合わせるととても便利に撮影ができる上に普段では撮影できない映像を撮影できてとてもおもしろいです。そんな魅力的な組み合わせについて紹介します!...

第16位:液体ガラスフィルム

液体ガラスフィルム

GoPro Fusionの凸レンズを保護する方法を模索している中で出会ったのが、この『液体ガラスフィルム』でした。

液体なのでどんな曲面のある場所でも塗布することができて、しっかりと保護してくれるはまさにGoPro Fusionにピッタリだなと。

撮影にも影響することなく、撮影時に無防備になるGoPro Fusionのレンズを守ってくれている安心感があります。

傷つきやすいGoPro Fusionのレンズをしっかりと保護したい人にはピッタリのアイテムで、僕も実際に使ってみて大満足なのでおすすめですよ。

▼液体ガラスフィルムのレビューはこちら

液体ガラスフィルム
液体ガラスフィルムでGoPro Fusionのレンズを守るどうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。 この記事ではGoPro Fusionのレンズを保護するために使った液体...

第17位:外付けHDD

GoPro FusionとポータブルHDD

GoProで子どもの撮影をしている僕にとって、日に日に増える撮影データをいかに保存していくかは最重要テーマ。

今はGoogleフォトなどのクラウドストレージも豊富にありますが、オリジナルデータもちゃんと保存しておきたいと思う僕の気持ちは止められません。

そこで活用しているのが外付けHDDです。今では1TBの大容量でも値段がかなり安くなっているので、買いやすくなったのは嬉しいですね。

僕が購入したこのIO-DATAの1TBはAmazonでセールをやっているときに購入して、かなり安く手に入れることができました。

ここに僕のオリジナルデータを保存しているので、着実に子どもの動くアルバムが増えていくのをみると嬉しくなります。

撮影すればするほど動くアルバムとしての思い出が蓄積されているので、オリジナルデータのバックパックのための外付けHDDはおすすめです。

▼外付けHDDについての記事はこちら

GoPro FusionとポータブルHDD
[e]GoPro Fusionで撮影した映像をFusion Studioで書き出した後の保存方法とその注意点どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。 僕は今めちゃくちゃ楽しいです。その理由はGoPro Fusionがあるから...

2018年買ってよかったGoPro関連アイテム|まとめ

2018年に買って良かったGoPro関連アイテムを紹介してきましたが、こうやって振り返ってみるとけっこう買ってるなと改めて思いました。

特にこの1年でGoPro FusionとGoPro HERO7 Blackが登場していて、GoProにとって大きな変化のあった年だったなと実感しています。

おかげて僕の子どもの撮影も順調に捗っていて、普通の動画だけでなく360°の映像でも撮影していてバリエーションが増えたなと。

アクセサリーもいろいろと試すことができて、そのたびに今までになかった映像が撮れるのご楽しくて、GoProを満喫した1年だったなと思います。

来年もGoProライフを充実させるべく、いろいろなアイテムを試していこうと思いますので、皆さんもこの記事を参考にGoProでの新しい取り組みを始めてもらえたらと思います。

GoProでの試行錯誤をこれからも楽しんでいきます!

▼2017年版のランキングはこちら

2017年に買って良かったゴープロランキング
[e]2017年に買って良かったGoPro関連ランキング!どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。 2017年に僕が1番ハマったもの。それはGoProです。 今年H...
ABOUT ME
ナシタカ
GoProが大好きで子どもの撮影に愛用しています。 撮影した動画の編集も大好きなので動画編集についても紹介しつつ、自分が気に入ったものをどんどん紹介していきます。