GoPro

【めちゃ便利】子育てカメラにおすすめのGoPro3選!2児のパパがGoProを使う3つの理由とは?

GoPro HERO7 Blackで撮影した写真
ナシタカ
ナシタカ
この記事では子育てカメラにおすすめのカメラとしての、GoProの魅力について紹介しています。GoProは子どもの撮影にとても使いやすいカメラなので、実際に愛用している僕が使い続ける理由についてまとめています!

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

僕は娘と息子2人のパパですが、家族での思い出はほとんどGoProで撮影しています。

最初に娘が産まれたときは一眼レフを買って、そのキレイさに驚きました。「素人でもこんなキレイに撮れるんだ!」と興奮するぐらい。

でしばらくすると、GoProなるカメラの存在を知って思い切って購入したわけです。

そうしたら家族でのお出かけに一眼レフを持っていくことがほぼなくなり、いつの間にかGoProで撮影するようになっていました

理由はとても単純で、子育てカメラとしてめちゃくちゃ使いやすかったんですよ。これに慣れると一眼レフがめんどうに感じてやばい。

それくらい僕の中では魅力に溢れたカメラになっているので、GoProが子育てカメラとしておすすめな理由について語らせてもらいます。

GoProがおすすめな理由

ディズニランドホテルをGoProで撮影

GoProおすすめランキング

GoPro HERO8 BlackとHERO7 Black

GoProとは?

GoPro HERO8 Black

GoProとはアクションカメラと呼ばれるもので、テレビでバンジージャンプとかスカイダイビングするときに、ヘルメットにつけるあれです。

あらゆる環境での撮影に耐えられるように防水機能があり、しかも頑丈に作られているのが特徴。

この公式動画を見てもらった方が早いですね。あらゆる場所での撮影ができる驚異のカメラです。

そのせいかイメージとしては「GoProって変なことするときにつけるカメラでしょ?」と言われたりもします。変なことってなんだ。

そんなGoProも実はアクティビティだけでなく、日常での撮影でとても便利なことが知られてきましたが、実は子育てカメラとしても大変優秀だったのです。

子育てカメラにGoProをおすすめする3つの理由

ディズニランドホテルをGoProで撮影

僕が子育てカメラにGoProをおすすめする理由はたくさんありますが、厳選して選んだのがこちらの3つです。

軽くて小さいのでストレスにならない

TELESINクリップマウントを手に持ったところ

まずGoProはカメラ自体がとてもコンパクトなので、持ち運びがとても楽なところが便利なんですよ。

軽くて小さいからポケットに入れておけるので、撮影したいときはスッと取り出して撮影できます。僕はポーターのバッグに入れることも多いのですが、こんな感じでひょっこり入ります。

GoProとウエストバッグ

このコンパクトさが子育て中にはピッタリなんですよね。特に小さい内はオムツやらで荷物が多くなるので、できるだけ他の荷物は減らしたいのが理想。

ましてや一眼レフなんか、持ち歩くのが本当に大変です。

GoProの重さに慣れると一眼レフが重たくてかさばるように感じられてしまって、「こんなん持ち歩くとかないわ」とだんだん持ち歩く機会が減っていきましたよ。

そうした「荷物を減らしたい!」に見事に応えてくれるのが、GoProなんです。

使い方がとても簡単で迷わない

HERO7 Blackのシャッターボタン

一眼レフって慣れるまでは操作が大変なんですよね。持って構えて、ピント合わせてってやるのが、最初の内は慣れないので辛い。

でもGoProならそんな迷いはありません。構えてシャッター押すだけ。本当にこれだけです。

実際にうちの奥さんもカメラはほとんど使わないので、一眼レフを渡すと必ずテンパります。

「ここ押せばいいんだっけ?」、「変な画面になっちゃった」とかなるので、最後には「君の思うように撮ればいいよ」と遠い目で言ったことも。

そんな奥さんもGoProなら渡してもテンパることなく、むしろ「ここ押せばいいんでしょ?」とドヤッてます

それくらいシンプルに使えるのがGoProの魅力で、変に迷うことなく気軽に撮影できるのは、控えめに言って最高です。

落としたり水の中でも使えて安心

子どもの撮影では、あらゆる場面での撮影が求められます。

晴れた公園だけでなく、遊具で遊ぶ子どもを追いかけながら撮影、プールや海で遊ぶ子どもを撮影と、いろいろなシーンで撮影する場面がたくさんあります。

おでかけ先で急に雨にふられてしまったり、突然泥だらけで遊んでいるところを撮影することもあるでしょう。

そんなときに防水機能のない一眼レフだったら、そもそも撮影できませんし故障のリスクがあります。

以前に花火大会が雨で中止になったときのインタビューで、買ったばかりのカメラに傘を差して自分はびしょ濡れというシーンがありました。自分よりもカメラとは優先順位がおかしい。

どんな場面でも子どもを優先して撮影するのが僕のルールなので、あらゆる環境での撮影ができるカメラは欠かせません。

そんな場面でもGoProなら防水機能がバッチリあるので撮影できますし、撮影後も水で丸洗いすればOK。

GoPro HERO8 Black

撮影もその後のお手入れも簡単にできる、タフなカメラなんですよ。落としても頑丈なので全然壊れません。

僕は子どもにGoProを渡して、何度も投げられたり地面にたたきつけられたりしましたが、故障したことはありません。

だからこそ気軽に渡せて遊ばせられますし、その様子を撮影するだけでおもしろい映像が撮影できるんですよ。

この3つの理由があるので、GoProは子育てカメラとしてピッタリなんです。

GoProの注意点

手を出して拒否する女性

素晴らしいところが多いGoProですが、もちろん完璧ではありません。

買う前に知っておいてほしい注意点が、こちらの3つになります。

近くのものはボケてしまう

GoProはボケないと言いましたが、実はものすごく細かくいうと間違いです。

たった1つだけボケてしまうことがあり、それが近距離での撮影。

HERO6のボケ始めた時の写真

GoProはある一定の距離以降はすべてピントが合う作りとなっているのですが、逆にそれより前の距離はピントが合わずにボケてしまうのです。

ではどのくらいでボケるのかというと、このくらいです。

上からの様子

この約3cmが、ボケるのかボケないのかどっちやねんの距離になります。そもそもここまで近づいて撮ることがあまりありませんけどね。

オシャレなランチをInstagramに載せたい!と思って、アップで撮ろうと近づけるとボケます。

なのでアップでの撮影には不向きです。

ズームが微妙

GoProはズーム機能がついていますが、最大で2倍までとなっています。

しかも画像を無理やり拡大して撮影する感じになるので、思ったよりキレイじゃない画像になってしまいます。

こちらがズーム前。夕暮れがキレイでいい感じですね。

川沿いから撮影した夕暮れとスカイツリー

そしてズームしたのがこちら。一見キレイですが、細かい部分が少しぼやけたような感じになっています。ただスカイツリーと夕暮れがいい感じです。

川沿いから撮影した夕暮れとスカイツリーをズームで撮影

なので近距離に続き、遠いところの撮影にも向いていません。

こうするととても不便なカメラに感じますが、これがGoProの魅力でもあるんですよ。

要はカメラで距離が調整できないなら、自分から近づけばよくね?って話です。

GoPro HERO7 Blackで撮影した写真

そのおかげで撮影する子どもとの距離が自然と近くなるので、スキンシップになりますからね。

なにより近くにいられれば、なにかあっても安心です。

子どもが急に走り出しても止められますし、いきなり砂を食べようとしても止められますし、急にツバを吐かれたときは身をもって受け止められます

これくらい距離が近くなるので、自然と良い表情で撮影ができるのもGoProならではですね。

バッテリーの持ちが悪い

GoProの新旧バッテリー

GoProの最大の弱点として言われるのが、バッテリーの持ちが悪いことです。

だいたい1時間ちょっと分の撮影をするとバッテリーが切れるので、換えのバッテリーが必須になります。

ここを理由にGoProを買わない人も多いですが、僕は実際そこまで気になりません。

ずーっと回しっぱなしで撮影すること自体があまりなくて、こまめに撮影するぐらいであればバッテリーの持ちは十分。

むしろ換えのバッテリーがあれば問題なし。バッテリー自体もとてもコンパクトなので、持ち運びはまったく苦になりません。

GoProの新しいバッテリー

さらにモバイルバッテリーがあれば、いつでも充電できますからね。この2つがあればバッテリーで困ることはほとんどないですよ。

GoPro HERO8 Blackとモバイルバッテリー

バッテリーが持たないという人はどれだけ長く撮影しているんだろう?と、疑問に思うレベル。

GoProは子育てのジャマにならないのが魅力

こうしてみると僕がGoProを使い続けるのは、子育てのジャマにならないところに魅力を感じているのかなと思いました。

GoPro HERO8 BlackとHERO7 Black

子育て中は荷物が多くなって移動が大変なので、その中で一眼レフを持ち運ぶのってとてもめんどくさいんですよ

しかもカメラなので雨とか傷にも気を遣うので、雑に持ち歩くのをためらってしまいます。せっかく高いお金払って買ったのに壊れるとか嫌ですからね。

でもGoProなら、

  • 持ち運びも楽で
  • 簡単に撮影できて
  • 雨とか気にすることもない

といった感じで、子育てカメラとしてはピッタリなんですよね。

この手間がかからないし、そんなに気にしなくてもいいところが、GoProを使うのが心地良い理由なのかなとふと思いました。

子育てカメラとしておすすめのGoProランキング

GoProの選び方

では実際に子育てカメラにおすすめのGoProは、どれを選べばいいのでしょうか?

ここまで僕が感じているGoProの魅力から考えて、特におすすめしたいモデルがこちらの3つになります。

第1位 GoPro HERO8 Black

GoPro HERO8 Black

第1位は最新のGoProモデルともあって、最新の撮影機能が楽しめるHERO8 Black以外は考えられません。

他のGoProモデルとの違いは、GoPro自体にフレームがいらなくなったこと。代わりに本体に自撮り棒などを取り付けるためにパーツがついています。

GoPro HERO8 Blackのビルドインフレーム

なのでさらに荷物が減って、持ち運びが簡単になっているのが素晴らしい。

さらにフレームがないので、バッテリー交換もスムーズにできるのが最高です。

こちらが前のモデルのHERO7 Blackのバッテリー交換ですが、フレームの取り外しがあるので正直めんどくさい。

GoPro HERO7 Blackでのバッテリー交換の流れ

そしてこちらがHERO8 Blackが、比べ物にならないほどにスムーズに交換ができます。

HERO8 Blackのバッテリー交換の流れ

これならバッテリーの持たないGoProでも、交換がスムーズにできれば手間がかからずにストレスフリーで使えますからね。

今までのGoProとは使い勝手がかなり変わっていて、とても使いやすくなっているのが特徴。

子育てカメラとして使うなら、自信を持っておすすめできるGoProです。

▼GoPro HERO8 Blackのレビューはこちら

GoPro HERO8 Black
【驚がくの進化】GoPro HERO8 Blackレビュー!HERO7 Blackと比較してわかった9つの違いとは?どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。 GoProから新しく登場した最新モデル、HERO8 Black。 その機...

第2位 GoPro HERO7 Black

GoPro HERO7 Black

第2位は前モデルのHERO7 Blackです。

型落ちにはなりますが、手ブレ補正はかなり強力で撮影機能も申し分なし。

ただ1位のHERO8 Blackと比べると、撮影機能はどうしても見劣りしてしまうので、残念ながら2位となりました。

唯一値段は注目すべきところで、最新のHERO8 Blackよりも1万円ほど安いので、値段重視ならこちらがおすすめです。

▼GoPro HERO7 Blackのレビューはこちら

GoPro HERO7 Black
GoPro HERO7 Blackを愛してやまない僕がその魅力をまとめてみるどうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。 この記事では僕が愛用しているGoPro HERO7 Blackについて...

第3位 GoPro HERO5 Session

HERO5 Sessionにフィルムを装着して上から

第3位はGoPro HERO5 Sessionで、なにより魅力なのがそのコンパクトなボディ。

バイトマウントとHERO5 Session

手のひらサイズで持ち運びがさらにしやすくなるので、「とにかく荷物を少なくしたい!」という方におすすめです。

第3位の理由が、型落ちモデルで撮影機能が上の2つよりもかなり劣ってしまうこと

手ブレ補正はありますが、HERO8 Blackなどと比べると弱めで、映像のブレが目立ってしまいます。

また本体にディスプレイがついていないので、映像を確認するにはスマホに接続しなければいけないのも手間。

HERO5 Sessionのカメラステータススクリーン

ただそれを補うほどにコンパクトなボディで、値段もお手頃で手を出しやすいのが魅力ですね。

コンパクトさ重視で選ぶなら、間違いなくおすすめのGoProモデルです。

これだけコンパクトだと子どもに渡してもおもしろいですよ。

口に加えたりする映像が撮れるので、普通のカメラではまずありえない映像になるのは楽しくて最高です。

▼GoPro HERO5 Sessionのレビューはこちら

HERO5 Sessionのレビュー
GoPro HERO5 Sessionレビュー!使い方からその特徴までまとめました!!この記事ではGoPro HERO5 Sessionについてレビューしました。コンパクトボディが魅力で初心者から玄人まで愛されるとても便利なモデル。その魅力についてまとめています!...

おすすめのGoPro比較表

これまで紹介した子育てカメラにおすすめのGoProを、比較表でまとめてみました。

GoProモデル動画写真手ブレ補正スーパーフォトタイムワープナイトラプスビデオRAWバッテリー交換サイズ重さ
HERO8 Black
4K60fps
1080p240fps
12万画素66.3 × 48.6 × 28.4mm126g
HERO7 Black
4K60fps
1080p240fps
12万画素62.3 × 44.9 × 33mm116g
HERO5 Session
4K30fps
720p120fps
10万画素38.1 × 38.1 × 36.3mm70g

とにかく持ち運びに便利で高機能なものを選ぶなら、HERO8 Blackがおすすめです。

機能も値段も良い感じのコスパ重視なら、HERO7 Blackがいいですね。

そして機能よりも持ち運び、とにかくコンパクトなモデルがよければ、HERO5 Sessionのほうかおすすめになります。

GoProでよくある質問

動画編集をしたことがないですが、大丈夫ですか?
GoProアプリは動画や写真を読み込むだけで、自動で動画編集をしてくれる機能があります。簡単にオシャレな動画が作れるので、初心者の方でも安心して使えます。
バッテリーはどのくらい持ちますか?
設定にもよりますが、連続撮影では約1時間ちょっと持ちます。予備のバッテリーやモバイルバッテリーを用意しておくと安心です。
64GBのmicroSDカードで足りますか?
撮影した日にデータを整理して、パソコンなどに移せる方は大丈夫です。しかし、撮りだめてしまう方は足りなくなる可能性が高いので、もう1枚microSDカードを用意した方が安心です。
64GBより多いmicroSDカードも使えますか?
HERO8 Blackからは128GBに対応していますが、GoPro本体の内部処理の関係で、64GBを使った方がバクが起こりにくいようです。ですので大容量のものより、64GBのmicroSDカードを複数枚使うことをおすすめします。

子育てカメラにGoProがおすすめな理由|まとめ

ホテル&リゾーツ南房総の館内

ここまで子育てカメラにGoProがおすすめな理由として、僕が実際にGoProを使って撮影していて思うことを紹介しました。

ここまで読んで頂けたら、GoProがいかに子育てカメラとしておすすめなのかが、よくわかってもらえたと思います。

きっと買いたくて買いたくて、震えていることでしょう。買ってください。

僕自身が今現在、子育てカメラとして手放せないくらいになっていますが、それは余計な手間がかからないから。

子育ての忙しい中でも気を遣わずに使えるカメラで、余計なことは考えずに子どもの撮影だけに集中できます

ぜひGoProで子どもとのスキンシップを楽しみましょう。

どうも、ナシタカ(@ehicalog)でした。

GoPro HERO8 Black
【驚がくの進化】GoPro HERO8 Blackレビュー!HERO7 Blackと比較してわかった9つの違いとは?どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。 GoProから新しく登場した最新モデル、HERO8 Black。 その機...
HERO8 Blackをお得にゲット!

GoPro公式サイトでついにGoPro HERO8 Blackが登場しました!

HERO7 Blackからはるかに進化していて、さらにアクセサリーも充実していてまさに最高のGoProと言っても過言ではありません。

ナシタカ
ナシタカ
最新のHERO8 BlackがGoPro公式サイトなら最安値で買えます!

しかも今ならマイクロSDカード32GBが無料でもらえるキャンペーンを実施中なので、買うなら今がチャンスです!

\BUY NOW/

公式サイトでGoPro HERO8 Blackを買う

ABOUT ME
ナシタカ
GoProが大好きで子どもの撮影に愛用しています。 撮影した動画の編集も大好きなので動画編集についても紹介しつつ、自分が気に入ったものをどんどん紹介していきます。