[e]GoPro買うならどれ?初心者の方のためにおすすめのモデルや選び方について紹介します!

ゴープロのヒーロー6とヒーロー5セッションを並べて撮影

この記事をかいた人

GoPro好きな整体師。GoProのレビューから使い方まで実際に使ってみた感想を基に記事を作成しています!

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

僕自身GoProの色々なモデルを使っていて思うのがそれぞれに特徴があって使い分けを考えるのが楽しいなと。その特性を生かして撮影の仕方を考えるのが楽しいのですが、使う前はそういう細かい違いがなかなか分かりづらいんですよね。

僕自身は今HERO6とHERO5 Sessionを使い分けていて感じるのはHERO6ならこういう使い方ができるけどHERO5 Sessionならこういう使い方が向いてるなという、それぞれの特徴を生かした使い方があるということ。

そこで今回はGoProの各モデルを比較してそれぞれの特徴やどのモデルを選べば良いのかを項目別に紹介していきます。最新のHERO6とHERO5シリーズのBLACK、Sessionを比較していきますので、自分に合ったモデルを見つけてください!

スポンサーリンク

今回比較するGoProモデル

今回比較するのは僕が使用した経験がある3モデル。最新のHERO6とHERO5シリーズの2つのモデルについて実際に使ってみた経験を元にまとめていきます。

HERO6

まずは最新のモデルとなるHERO6。HERO5 BLACKとボディ自体は全く一緒ですが、中身は全くの別物で機能面がかなり強化されています

HERO5 BLACK

HERO5シリーズのBLACKモデルとしてHERO4からデザインが一変しました。僕が初めて使ったGoProでもあるので思い入れが強いモデルでもあります。

HERO5 Session

HERO5シリーズとして登場し、前モデルのHERO Sessionから機能が大幅に強化されています。特にHERO6やHERO5 BLACKのボディと一線を画すコンパクトボディが一番の魅力

Fusion

ゴープロフュージョン前面

GoProシリーズ初の360度カメラで今までのGoProとは全く異なる映像を撮影できるのが特徴。360度の特性を活かして撮影や編集がより快適に楽しくなります。

各モデルの機能やスペック

では実際に各モデルで機能やスペックにどのような違いがあるのかについて個別に見ていきましょう。

HERO6の機能とスペック

4K/60fpsや1080p/240fpsの高画質・高フレームレートに対応している高性能モデル。また他のモデルと違いHDRという露出補正機能がついているため綺麗な写真を撮ることができます。

詳しくはこちらの記事にまとめています。

合わせて読みたい!

[e]GoPro HERO6の機能とスペック、バッテリー、マイクロSDカード情報についてまとめて紹介します!

HERO5 BLACKの機能とスペック

HERO6よりも劣りますが4K/30fpsや1080p/120fpsに対応しているのでスペック的には十分なモデル。WDRという露出補正機能がついているため写真もキレイに残せるのが特徴です。

詳しくはこちらの記事にまとめています。

合わせて読みたい!

[e]GoPro HERO5 BLACKを購入したので仕様や充電時間、バッテリーなどの情報をまとめて紹介

HERO5 Sessionの機能とスペック

HERO6やBLACKモデルよりも性能は劣りますが、4K/30fpsの高解像度での撮影も可能なのでスペックは十分。コンパクトボディが一番の魅力です。

詳しくはこちらの記事にまとめています。

合わせて読みたい!

[e]GoPro HERO5 Sessionを購入したので機能やスペック、バッテリー情報についてまとめました!

GoPro Fusionの機能とスペック

他のモデルとはボディも機能も異なりますが、何より5.2Kの最高解像度で360度撮影ができるのが最高におもしろいモデルです。

詳しくはこちらの記事にまとめています。

合わせて読みたい!

[e]GoPro Fusionを購入したので機能やスペック、バッテリー、SDカードについてまとめました!

機能やスペックの違いについて

まず基本の撮影機能としての撮影モードはどのモデルでも共通していて、動画や静止画、タイムラプスをそれぞれ撮影することができます。なのでそうした基本機能以外の細かい違いについて各モデル間の違いを見ていきましょう。

解像度とフレームレートの対応に大きな違い

まず3モデルの大きな違いが解像度とフレームレートの対応に大きな違いがあるところ

どのモデルも4Kでの撮影が可能になっているので違いが分かりにくいと思いますが、HERO6では4Kで60fpsに対応しているので動画の滑らかさに大きな差が出てきます。

他のモデルも含めて60fpsの動画を作成しようとした時の最高解像度はこのようになっています。

モデル60fpsでの最高解像度
HERO64K
HERO5 BLACK2.7K
HERO5 Session1440p
Fusion3K

上でまとめたように60fpsの素材を撮影するためにはHERO5 BLACKでは2.7K、HERO5 Sessionでは1440pまで解像度を落とさなければいけないため、動画の画質でも大きな差が出ることになるのです。Fusionは3Kでおまけに360度撮影なので別格ですね。

また最高フレームレートについてはこのようになっています。

モデル最高フレームレート(FPS)
HERO6240
HERO5 BLACK120
HERO5 Session120
Fusion60

比較してもHERO6は240fpsでHERO5シリーズは120fpsが限界。最高フレームレートでもHERO6は他のモデルより2倍と大きな差が出ています。

さらに前モデル共通の120fpsでの解像度を比較すると以下のようになります。

モデル120fpsでの最高解像度
HERO62.7K
HERO5 BLACK1080p
HERO5 Session720p
Fusionなし

このように120fpsのフレームレート素材を撮影しようとするとHERO6は2.7Kで撮影できるのに対して、HERO5 BLACKは1080p、HERO5 Sessionは720pまで解像度を落とす必要があるため差がかなり出てしまいます。撮影可能な最高解像度は同じでもフレームレートと合わせて考えるとこのような差があるので注意しましょう。

Fusionは120fpsに対応していないので、高フレームレートでの撮影ができないことは覚えておきましょう。最大で60fpsが限界です。

タッチディスプレイの有無

HERO6とHERO5 BLACKにはタッチディスプレイがあるために本体だけで映像を観ながら撮影ができるだけでなく、撮影した映像の確認やタッチ操作での撮影モードや設定の変更が行えるようになっています。

静止画解像度 12MPの設定

しかしHERO5 SessionやFusionにはサブディスプレイであるカメラステータスクリーンがあるだけなので撮影している映像の確認をするためにはスマホに接続しなければいけません。

そのためタッチディスプレイ有りに比べると操作の煩わしさが出てきます。特にいちいちスマホで映像を確認しながら撮影するのも手間のように思うので、旅行などで気軽に撮影するのは難しい。

HERO5 Sessionのカメラステータススクリーン

僕は実際にHERO5 Sessionを使っての撮影をしてみて「なんとなくこんな感じに撮れてるかな〜」くらいで撮影して後から確認するようにしていますが、やはりタッチディスプレイで映像を確認しながら撮影に比べると面倒な印象です。

またタッチディスプレイを搭載しているモデルでもHERO6の場合は新しいG1チップのお陰でHERO5 BLACKよりもタッチ操作が快適になっています。特にHERO6の乗り換えたときには操作ののヌルヌル感に感動したので、比較してみると違いがハッキリします。

バッテリーが取り出し可能か

HERO6とHERO5 BLACK、Fusionではバッテリーが取り出せるようになっていて、予備バッテリーとの交換が簡単にできるようになっています。

そのため予備のバッテリーさえ用意しておけばバッテリーが切れてしまったときも交換すればすぐにバッテリー満タンで撮影が再開できるのでバッテリーに対しての心配を減らすことができます。

しかしHERO5 Sessionはバッテリーが内蔵されているため取り出すことができず、その分バッテリー残量をチェックしながら充電を行う必要が出てきます。

旅行など撮影機会が多い時には電池切れで撮影できないリスクが高くなるので、注意が必要なところ。隙を見て充電できるようにモバイルバッテリーの持ち歩きが必須ですね。

オート撮影のキレイさ

GoProの素晴らしいところはオート撮影で綺麗な映像や写真を撮れること。なのでカメラに詳しくない人でも簡単に色鮮やかな映像を撮影できるのがGoProの魅力。パンフォーカスで近距離以外は全てピントが合っているように撮影できるので背景がボケた一眼レフのような写真や映像を撮影することはできませんが、逆に言うと近距離以外はピンボケにならないというところがメリットですね。一眼レフでキレイに撮影していたつもりが後から見返すと実はピンボケしていたということがあったりしますが、GoProではそういった心配がありません。

オート撮影の機能も各モデルでばらつきがありHERO6ではHDR、HERO5ではWDRとして露出補正の機能が搭載されています。この機能によって全体の明るさが変わらずに写真の暗い部分をハッキリと映すことができるのです。

しかしHERO5 SessionではHDRやWDRのような機能がついていないため他のモデルに比べるとオート撮影のクオリティが少し下がります。そのあたりを意識しないといけないのでそうしたカメラでの撮影経験があまり無い方にはオススメしにくいですね。

「初心者だから一つ前のモデルで十分」ではなく、「初心者だからこそ最新のモデルを選ぶべき」なのです。オート撮影でもかなりキレイに撮影できるので、気軽に動画撮影が楽しめますよ。

Fusionも解像度が高いので普通に撮影しているだけで十分キレイ。しかも360度撮影なのでとてもおもしろい映像が撮影できますよ。

GPSの有無

HERO6とHERO5 BLACK、FusionにはGPS機能があるため位置情報を利用した機能やサービスを利用することができます

具体的には場所で撮影した写真を分けることができたり、GoProで言えば純正動画編集ソフトであるQuikを使えば「ゲージ」という機能を使って動画の中での移動速度を数字で表示する編集を行うことができます。スピード感のある動画に使えば実際のスピードの変化が数字で表現されるのでとてもおもしろい。

しかしHERO5 SessionにはGPS機能がないためこうした位置情報を利用したサービスを利用することができません。動画編集の楽しみがちょっと減ってしまうのは残念なところ。

目的別GoProの選び方

それぞれのモデルの機能とその違いについて知ってもらったところで、ここからはGoProを購入する目的別におすすめのモデルの選び方について紹介していきます。

画質重視

まず画質重視の場合はやはり最新のHERO6がおすすめ。4Kという最高画質でありながら60fpsという滑らかなフレームレートでの撮影ができるので、画質を重視するあなたにはピッタリのモデルです。

また夜間などの低光量下での撮影もさらに進化しているので、どんな場面でもできるだけ高画質な映像を残したいという方にもおすすめできますし、色味が鮮やかに進化しているので編集の手間を減らすことができるのも大きなポイント。

次点はHERO5 BLACK。HERO6よりもスペックは劣りますが、それでも2.7K/60fpsの高画質で滑らかな動画が撮れるのは優秀です。価格と一緒に考慮すれば十分選択肢としてはありですね。

最後はHERO5 Session。コンパクトボディで4K動画の撮影は可能ですが、60fpsだと1440pまで解像度が下がるため他のモデルと比べるとスペックはかなり低いです。

Fusionに関しては球面で360度撮影ができる上に5.2Kの最高画質なので、360度カメラを探している方にはおすすめ。高画質でおもしろい映像が撮れるのでとても楽しいです。

画質重視に最もおすすめなGoProはこちら!

スローモーションが撮りたい!

GoProでスローモーションの撮影をする場合に重要なのがフレームレート。高フレームレートでの撮影ができることが絶対条件なので、解像度と合わせて考えると1080p/240fpsという高画質でスーパースローモーションを撮影できるHERO6が最もおすすめ。2.7Kでも120fpsでの撮影が可能なのでまさにスローモーション撮影ならHERO6といった感じですね。

次におすすめなのがHERO5 BLACK。1080pで120fpsまで対応しているので滑らかなスローモーションを撮影できます。30fpsでも1/4の速度まで遅く出来るのでスペック的には十分。

逆にHERO5 Sessionは120fpsは720pでしか撮影できないので、高画質なスローモーションを求めている方にはHERO5 Sessionはおすすめできません。

さらにはFusionも最高フレームレートが60fpsなので、こちもスローモーション撮影にはむきません。ココらへんが使い分けのポイントになりますね。

スローモーション撮影に最もおすすめなGoProモデルはこちら!

簡単に撮影がしたい

簡単に写真を撮影するためにはオート撮影の機能が大切。それを考えると上で紹介したようにHERO6が最もオート撮影が優れているためおすすめです

設定を変えずにそのまま撮影してもかなり綺麗な動画や写真を撮影できるのは流石といったところ。鮮やかな色味と進化した手ブレ補正で難しい設定をすることなく高画質な映像が撮影できるので、初心者の方にはとてもおすすめモデルです。

Fusionは360度撮影でさらには後から編集で好きなアングルに書き出すことができるOverCapture(オーバーキャプチャー)機能があるので、撮影がかなり簡単にできます。

簡単撮影に最もおすすめなGoProはこちら!

持ち運びのしやすさ

持ち運びのしやすさで言えばコンパクトボディのHERO5 Sessionが1番。筒状の形でしまいやすく、なんならポケットに入れて持ち歩くくらいでもちょうど良いですね。いつでも持ち歩いて撮影ができてとても便利。

HERO6とHERO5BLACKはボディは全く同じで大きいわけではないですが、HERO5 Sessionと比べると嵩張る印象があります。そのためコンパクトさでは劣ってしまいます。

Fusionも他のモデルに比べると大きさがあるので、持ち運びはちょっとしづらいかなと。

持ち運びに最もおすすめなGoProはこちら!

価格で選ぶ

現時点でのGoProモデルの価格一覧表はこちら。

モデル名価格
HERO651,477円
HERO5 BLACK35,177円
HERO5 Session25,763円
Fusion88,000円

最近になってGoProの各モデルの価格が見直され、大幅に安くなりました。これから買う方にはとっても嬉しいことですよね。僕にとってもGoProを使う人が増えてくれるのでは?と期待しています。

価格として最も安いのがHERO5 SessionでAmazonで25,000円程度。この値段で4K動画が撮れるのですからビックリですよね。

次がHERO5 BLACKでAmazonで35,000円程度と今回かなり安くなりましたね。今までは中古でこのくらいの値段で取引されているのが普通だったので、新品がこの値段で買えるとなるとコスパ最強だなという印象が強い。GoProを試してみたいけど機能も欲しい!というコスパ重視の方には一番オススメのモデルです。

そして最新のHERO6も価格が若干安くなり、52,000円程度で購入できます。僕が買ったときよりも安くなっているので、予算が十分にあって最新機種が良い!という人はHERO6一択ですね。

Fusionは360度カメラで値段もかなりお高め。機能としては最高におもしろいのですが、手を出しにくい価格がネックです。

ただ全体のバランスを見るとHERO5 BLACKの優秀な機能がこの価格で手に入るのであれば、HERO6ではなくこちらを選ぶのも十分有り。機能も欲しいけど値段は抑えたい!という機能と価格のバランス重視の方にはHERO5 BLACKはめちゃくちゃおすすめです。

とにかく安く!に最もおすすめなGoProはこちら!

機能と価格のバランス重視!に最もおすすめなGoProはこちら!

迷ったらレンタルもおすすめ

各モデルに特徴がありなかなか調べているだけだとイメージがしずらいこともあるので、実際にお試しで使ってみると使い心地も体験できておすすめです。

そんな時におすすめなのがGoProのレンタルサービス。2~3泊などでレンタルできるので、旅行などでまずは使ってみると良いです。僕も知り合いにGoProのことで相談されたら、まずレンタルするのを勧めています。

合わせて読みたい!

[e]GoProのおすすめレンタルショップ5選!レンタルでGoProを試してみよう!!

まとめ:自分の使い方に合ったGoProを選ぼう!

GoProを購入する目的に合わせてどのモデルが良いかを紹介してきましたが、改めてHERO6は素晴らしい出来ですね。HERO5 BLACKとボディが変わらないので進化した感があまりありませんが、実際に使ってみると全くの別物レベルにスペックや機能が進化しています。

しかしそんなHERO6でも持ち運びや価格で見れば他のモデルが勝っているので、だからこそ人によっておすすめのモデルが変わってくるわけです。選び方の基準によってはおすすめのモデルが変わることは当たり前ですが、GoProに関してはそれぞれの違いがイメージしづらいのでそのあたりの違いを理解することがまずは大切。

今回の記事を参考にしてもらい、ぜひ自分に合った最高のGoProを選んでください!

GoProの購入を考えている方はまずレンタルしてみるのがおすすめ!

合わせて読みたい!

[e]GoProのおすすめレンタルショップ5選!レンタルでGoProを試してみよう!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク