【最新版】GoProおすすめモデルランキング!目的別のおすすめモデルも紹介します!

ゴープロのヒーロー6とヒーロー5セッションを並べて撮影

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

この記事ではこれからGoProの購入を考えている方に向けて、GoProの選び方として僕がおすすめするモデルついて紹介しています。

僕はHERO5 BlackからGoProを使い始めて、今では4台のGoProを使い分けながら撮影をしています。

そんな僕が今回はGoProのラインナップをランキングで紹介して、おすすめのGoProについてまとめていきます。

僕の独断と偏見で選んだランキングになりますが、GoProを愛するユーザーとして、本気でレビューしていきます!

GoProのラインナップ

現在GoProのラインナップとしては下記のモデルが発売されています。

  • HERO7 Black
  • HERO7 Silver
  • HERO7 White
  • HERO6 Black
  • HERO5 Black
  • HERO5 Session
  • HERO(2018)
  • Fusion

今では8種類のGoProが発売されているので、自分の使い方に合わせて選ぶことができます。

HERO7のカラーバリエーションなど新しくGoProを選ぶための要素が入ってきたので、そのあたりを考えながら僕の選び方についてまとめていきますね。

おすすめのGoPro第1位:GoPro HERO7 Black

HERO7 Blackの画像

おすすめのGoPro第1位は最新モデルの『GoPro HERO7 Black』です。

まずはこちらのスペックをみれば一目瞭然ですね。

GoPro HERO7 BLACKのスペック一覧
  • 2インチタッチディスプレイ シンプルコントロール
  • ビデオ解像度 最高4K/60fps
  • 1080p240fpsのスーパースローモーション
  • ハイパースムースビデオ
  • 静止画解像度 12MP
  • スーパーフォト
  • タイムワープビデオ(ハイパーラプス)
  • フォトタイマー機能(セルフタイマー)
  • 縦撮りに対応
  • Facebookへのライブストリーミング
  • クラウドへのオートアップロード
  • ボイスコントロール(7ヶ国語)対応
  • 1ボタンコントロール
  • 10m防水(ハウジング不要)
  • ステレオ録音/風切り音低減
  • GPS搭載
  • 新しいGP1チップで処理性能アップ
  • タッチズーム

HERO6 Blackと見た目はまったく同じですが、中身はかなりの進化を遂げています。

HERO7 BlackとHERO6 Blackを並べたところ

その中でも注目なのがこちらの3つの機能になります。

  • ハイパースムースビデオ
  • スーパーフォト
  • タイムワープビデオ

ハイパースムースビデオで手ブレが大きく進化

上のHERO6 Blackと比較した映像を載せていますが、手ブレ補正がかなり進化しているのがわかりますね。

歩きながらはもちろん、走りながら撮影しても全く手ブレがありませんし、階段の上り下りの衝撃でもブレは入りません。

本当にジンバルを使って撮影したような滑らかな映像が撮影できるので、これだけで映像のクオリティがとても高くなります。

スーパーフォトでキレイな写真が簡単に撮影できる

GoPro HERO7 Blackでは写真撮影機能が進化していて、『スーパーフォト』の機能が搭載されました。

どういったものかというと、実際に撮影したこちらの写真を見てください。GoPro HERO6 Blackと比較して撮影したものです。

HERO6で撮影HERO7 Blackで撮影
HERO6 Blackで撮影HERO7 Blackで撮影

これはGoPro HERO7 Blackが自動で写真を美しく仕上げてくれる機能で、上の写真もただGoProで撮影しただけです。

特別な撮影方法はまったくなく、ただスーパーフォトをオンにして撮影するだけでこれだけキレイな写真に仕上がるなんで夢のようじゃないですか?

タイムワープビデオでGoProの楽しさが倍増!

そしてGoPro HERO7 Blackが革命的に楽しくなったのが、この『タイムワープビデオ』のおかげです。

これはタイムラプス撮影がより滑らかになる機能で、まずは撮影した動画を見てください。

このようにGoProと自撮り棒だけでこれだけ滑らかなタイムラプスビデオが撮影できるんですよ。

これは今までのGoProでは絶対に撮影できない映像で、GoPro HERO7 Blackだからこそ楽しめる機能になっています。

GoPro HERO7 Blackの側面のロゴ

GoPro HERO7 Blackは今までのGoProとは比べ物にならないほど『撮影する楽しみ』を実感できる、最高のモデルです!

▼HERO7 Blackのレビュー記事はこちら!

HERO7 Blackにディヤードのフレームケースを装着

GoPro HERO7 Blackを徹底レビュー!機能&スペックやバッテリー、マイクロSDカード情報から実際に使ってみた感想をすべてまとめました!

2018/10/02

おすすめのGoPro第2位:GoPro Fusion

GoPro Fusion本体

GoPro初の360度映像を撮影できるモデルで、4Kを超える5.2Kの映像が撮影できるなどスペックはもの凄いです。

スペックはこちら。

GoPro Fusionのスペック
  • ステータススクリーンを搭載
  • ビデオ解像度 最高5.2K/30fps
  • 360度カメラで全方向の撮影が可能
  • OverCapture(オーバーキャプチャー)でアングルが自由自在
  • 静止画解像度 18MP
  • ボイスコントロール(10ヶ国語)対応
  • 1ボタンコントロール
  • 5m防水(ハウジング不要)
  • 4つのマイクによる360度音声/風切り音低減
  • 電子式手ブレ補正がさらに進化
  • RAW写真モード
  • GPS搭載
  • Wi-Fiの速度がアップ
  • バッテリー容量が大幅に増えた

Fusionならではの特徴がこちらの3つ。

  • 360度撮影ができる
  • オーバーキャプチャで好きなアングルで書き出し
  • 強力な手ブレ補正

360度撮影ができる

GoPro Fusionの最大の特徴がこの『360度撮影』。

周りの風景をすべて残すことができるので、撮影の方法をさらに広げてくれました。

こちらが360度撮影を活かした『リトルプラネット』の写真です。
ゴープロフュージョンで撮影したリトルプラネット

こんな写真が簡単に撮影できるのはすごいですよね。まさにGoPro Fusionだけの特権です。

オーバーキャプチャで好きなアングルで書き出し

GoPro FusionとポータブルHDD

特に便利なのが撮影した360度映像から、好きなアングルで映像を書き出しができる『オーバーキャプチャー』。

とりあえず撮影しておいて、あとから編集に合わせて映像を書き出すことができるので、この楽しさとおもしろさはFusionならではです。

iPhoneなどのスマホでもオーバーキャプチャが簡単にできるので、組み合わせていろんな編集素材を作り出すだけでも楽しいですよ。

こんな感じで画面録画を活用することもできるので、スマホとの連携でより手軽に楽しく撮影できます。

強力な手ブレ補正

この映像はバイクにGoPro Fusionを取り付けて撮影したのですが、最初はブレが酷くてとても見にくい映像でした。

それがパソコンの専用ソフトやスマホで編集すると、全く手ブレのない映像にまで補正することができるのです。

映像を観てもわかるようにバイクの振動がまったくなく、安定した映像になっているのがわかります。

このようにGoPro Fusionは強力な手ブレ補正処理をかけられますが、編集のためのパソコンがないとフル活用できないので誰にでもおすすめできるモデルではありません。

▼Fusionのレビュー記事はこちら!

ゴープロフュージョン

GoPro Fusionを徹底レビュー!機能&スペックやバッテリー、マイクロSDカード情報から実際に使ってみた感想をすべてまとめました!

2018/01/12

おすすめのGoPro第3位:GoPro HERO6 Black

HERO6の写真

HERO7 Blackの登場で3位になっていますが、手ブレ補正もしっかりと備わった完成度の高いモデルです。

HERO6は手のひらサイズ

スペックはこちらになります。

GoPro HERO6 BLACKのスペック一覧
  • 2インチタッチディスプレイ シンプルコントロール
  • ビデオ解像度 最高4K/60fps
  • 1080p240fpsのスーパースローモーション
  • 静止画解像度 12MP
  • 低光量下での安定撮影
  • クラウドへのオートアップロード
  • ボイスコントロール(7ヶ国語)対応
  • 1ボタンコントロール
  • 10m防水(ハウジング不要)
  • ステレオ録音/風切り音低減
  • 電子式手ブレ補正がさらに進化
  • 広角歪みを低減したリニアビュー
  • RAW/WDR写真モード
  • GPS搭載
  • 新しいG1チップで処理性能アップ
  • Wi-Fiの速度がアップ
  • 色味がさらに鮮やかに進化
  • ズーム機能を搭載

HERO7 Blackの新機能の影響でどうしても機能不足感が出てしまいますが、スペック自体は4Kで撮影できるので申し分ありません。

特徴としてはこちらの2つになります。

  • 色鮮やかな映像
  • スーパースローモーション

色鮮やかな映像

特に前モデルのGoPro HERO5 Blackと比べると色味が進化していて、色鮮やかな動画や写真が簡単に撮影できます

HERO5 Blackと色の鮮やかさを比較した動画がこちらになります。

GoProカラーがここまで色鮮やかに進化したので、初めて使ったときは衝撃を受けましたね。

動画の色を補正しなくても自動でここまで色鮮やかに仕上がっていて、これならわざわざ編集をする必要もありません。

スーパースローモーション

GoPro HERO6 Blackで初めて備わった、『1080p/240fps』のスーパースローモーション。

これが出たときはものすごく楽しくて、上の動画のように電車の中から撮影してしまいましたよ。

動画を見てわかる通り、電車のスピードが急激にゆっくりになる様子がわかりますよね?

これだけ滑らかなスローモーションにできるなんて、このコンパクトボディで凄いなと思いました。

GoPro HERO7 Blackが出るまではメインカメラとして愛用していたハイスペックなモデルなので、安心してGoProでの撮影を楽しめますよ。

▼HERO6 Blackのレビュー記事はこちら!

おすすめのGoPro第4位:GoPro HERO5 Session

バイトマウントとHERO5 Session

コンパクトボディが魅力のGoProで、そのサイズや重さの違いから体に取り付けての撮影などで活躍してくれます。

スペックはこちらになります。

GoPro HERO5 Sessionのスペック一覧
  • カメラステータスクリーン
  • ビデオ解像度 最高4K/30fps
  • 静止画解像度 12MP
  • クラウドへのオートアップロード
  • ボイスコントロール(7ヶ国語)対応
  • 1ボタンコントロール
  • 10m防水(ハウジング不要)
  • ステレオ録音/風切り音低減
  • 電子式手ブレ補正
  • 広角歪みを低減したリニアビュー
  • RAW/WDR写真モード

ディスプレイがないからこそのコンパクトボディですが、これでもしっかりと4K撮影ができるので映像のキレイさは全く問題ありません。

さらにコンパクトボディを活かした特徴がこちらの2つです。

  • ウェアラブル撮影にピッタリ
  • 固定撮影でもジャマにならない

ウェアラブル撮影にピッタリ

クリップで帽子に装着

コンパクトボディだからこそ体に取り付けてもジャマにならず、動きながらの撮影も簡単にできます。

これはGoPro HERO5 Sessionならではのメリットで、この唯一の武器があるからこそ、いまだに愛用する人が多い人気のモデル。

かくいう僕もGoPro HERO5 Sessionをずっと愛用していて、帽子につけてリアルなPOV視点での撮影をしたりと大活躍してくれています。

9FIFTYのツバにHERO5 Sessionを装着

これをGoPro HERO7 Blackでやるとボディが大きくて視界のジャマですし、なにより重さがあるので動きにくいんですよ。

こうしたGoPro HERO5 Sessionのメリットを活かした使い方が、撮影も楽しくなっていいですね。

固定撮影でもジャマにならない

サクションベースから角度をつけて撮影

また車のダッシュボードなどに固定して置いても、コンパクトで目立たないので運転のジャマになりません。

視界にも入りづらく、それでいて車からの風景をバッチリと残すことができます。

僕は子どもの自転車に取り付けた、実際に持たせたりして撮影しますが、子どももこのサイズだと持ちやすいようで、いろいろと撮影をしながら動き回って喜んでくれます。

▼HERO5 Sessionのレビュー記事はこちら!

HERO5 Sessionのレビュー

[e]GoPro HERO5 Sessionレビュー!使い方からその特徴までまとめました!!

2018/05/27

おすすめのGoPro第5位:GoPro HERO5 Black

GoProのレンズに保護フィルムをつけたところ

僕が初めて手にしたGoProがこのHERO5 Black。

こいつに出会っていなければ僕がここまでGoProにどっぷりとハマることもなかったので、運命を変えてくれた名機ですね。

今は他の人に譲って手元にはありませんが、初めてのGoProとして思い出がたくさん詰まった素晴らしいモデルです。

詳しいスペックはこちらになります。

スペック一覧
  • 2インチタッチディスプレイ シンプルコントロール
  • ビデオ解像度 最高4K/30fps
  • 静止画解像度 12MP
  • クラウドへのオートアップロード
  • ボイスコントロール(7ヶ国語)対応
  • 1ボタンコントロール
  • 10m防水(ハウジング不要)
  • ステレオ録音/風切り音低減
  • 電子式手ブレ補正
  • 広角歪みを低減したリニアビュー
  • RAW/WDR写真モード
  • GPS搭載

特にHERO4から大幅に進化を遂げて初のBlackシリーズとして誕生したモデルで、ここから防水機能やスローモーションが大幅に進化していきました。

最大スローが1080p/120FPSと最新のモデルに比べると機能は落ちますが、価格だけみると型落ちとして購入することもできるので手に入れやすいモデルです。

おすすめのGoPro第6位:GoPro HERO7 Silver

GoPro HERO7 Silverの外観

2018年9月に発売されたHERO7シリーズのベーシックモデルとなります。

GoPro HERO7 Silverのスペック一覧
  • 2インチタッチディスプレイ シンプルコントロール
  • ビデオ解像度 最高4K/30fps
  • 静止画解像度 10MP
  • フォトタイマー機能(セルフタイマー)
  • 縦撮りに対応
  • クラウドへのオートアップロード
  • ボイスコントロール(7ヶ国語)対応
  • 1ボタンコントロール
  • 10m防水(ハウジング不要)
  • 風切り音低減
  • GPS搭載
  • タッチズーム

性能としてはHERO5 Blackと同程度になっています。

ただバッテリーの交換やレンズカバーの取り外しができないなど、使いづらさが目立っているので性能重視であればおすすめはしません。

おすすめのGoPro第7位:GoPro HERO7 White

GoPro HERO7 Whiteの外観

2018年9月に発売されたHERO7シリーズのエントリーモデルとなります。

GoPro HERO7 Silverのスペック一覧
  • 2インチタッチディスプレイ シンプルコントロール
  • ビデオ解像度 最高1080p/60fps
  • 静止画解像度 10MP
  • フォトタイマー機能(セルフタイマー)
  • 縦撮りに対応
  • クラウドへのオートアップロード
  • ボイスコントロール(7ヶ国語)対応
  • 1ボタンコントロール
  • 10m防水(ハウジング不要)
  • 風切り音低減
  • タッチズーム

性能としてはHERO(2018)と同程度になっています。

Silverと同じでバッテリーの交換やレンズカバーの取り外しができないなど、使いづらさが目立っているので性能重視であればおすすめはしません。

ただGoPro初のカラーバリエーションとなった白色なので、見た目のオシャレ感はいいですね。

最新で高性能なモデルが欲しい!

予算は度外視して「最新で高性能なモデルが欲しい!」という人には、こちらのモデルがおすすめです。

HERO7 Black

最新のHERO7のフラッグシップモデルであるBlackは、その名の通り機能は最新で他のGoProモデルとは比べものにならないほどに進化をしています。

新しい機能のおかげで純粋にGoProの撮影が楽しいんですよ。GoProだけで撮影できる映像の幅がさらに広がったので、アイディア次第ではおもしろい映像が撮影できます。

どこにでも持ち運べて、気軽に撮影ができる。この当たり前を極限まで楽しくしてくれたのが、HERO7 Blackですね。

Fusion

GoPro初の360°撮影ができるようになった異次元のモデルです。他のGoProでは味わえない独特の映像が楽しめるのはとても楽しいですね。

特に360°で撮影するのが気軽ですし、しかもあとからその映像を好きなアングルで書き出せるという夢のような機能を備えています。

写真撮影の失敗が少なくなって、あとから思いのままに映像を切り出せるのは動画編集の強い味方です。

とにかく安く買いたい!

とにかく予算重視!という方はこちらのモデルがおすすめです。

HERO5 Session

コンパクトボディが魅力のモデルで、特に体に身に着けてのウェアラブル撮影でとても役立ちます。

ただディスプレイがないためスマホとの接続が必須になるのが手間ですが、2万円ほどで購入できるのはかなり魅力的ですよね。

HERO5 Black

ディスプレイ付きのモデルが良ければおすすめはHERO5 Blackです。

HERO6 BlackからHERO7 Blackと立て続けにBlackシリーズが発売されたため、今では中古品も多く出回っていて安く買えるのが魅力です。

性能もしっかりと機能は備わっているので、メルカリなどで掘り出し物に出会える可能性大ですね。

コスパが良いモデルを知りたい!

予算も大事だけど性能も大事!というかたにおすすめのモデルです。

HERO5 Black

上で紹介したように中古品も多く出回っているのですが、なにより4Kで撮影もできる機能が魅力です。

これだけの機能がこの値段で手に入るのはこのHERO5 Blackだけでしょう。それくらいコスパ抜群のモデルですね。

HERO6 Black

HERO5 Blackよりも予算が多ければ、HERO6 Blackがおすすめ。

HERO7 Blackの登場でちょうど中古品も多く出回っているので、格安で手に入る可能性があります。

HERO7 Blackからの新機能を除けば、HERO6 Blackにはほとんどの機能が備わっているとても高性能なモデルなので、長く愛用できますよ。

オシャレなGoProが欲しい!

GoProもオシャレなものが良い!という方におすすめのモデルです。

HERO7 Silver

HERO7から出たカラーバリエーションのひとつであるSilverは、見た目も他のGoProと違いますが性能はHERO5 Blackとほぼ同性能になっています。

見た目が大事だけど性能もできれば欲しい!という方にはおすすめできるモデルですね。

HERO7 White

HERO7から出たカラーバリエーションのひとつですが、黒やグレーが多いGoProで目立つ存在がこのHERO7 Whiteです。

白の可愛らしい見た目が女性には嬉しいと思いますし、明るい色が好きという方にはおすすめできるモデルですね。

GoProをお得に買うおすすめの方法

お気に入りのGoProを選べたら、次に悩むのは「どこで買うのがいいのか?」だと思います。

買う場所によって値段が大きく変わってくるので、できればお得な場所で買いたいですよね?

そんな悩みに答えるためにGoProをお得に買う方法についてまとめてみましたので、これさえ読めばGoProをお得にゲットすることができますよ!

▼GoProを安く手に入れる方法はこちら!

GoProを安く手に入れる方法

GoProをお得に手に入れる方法まとめ!安く買う方法について紹介します!

2019/02/11

迷ったらレンタルするのもおすすめ

ただ調べているだけだとGoProのイメージがしずらいこともあるので、実際にお試しで使ってみると使い心地も体験できるのでおすすめです。

そこで利用したいのがGoProのレンタルサービス

2~3泊などでレンタルできるので旅行などでまずは使ってみるのもOK。僕も知り合いにGoProのことで相談された時にはレンタルできることを教えています。

おすすめのレンタルショップとその値段については、▼GoProのおすすめレンタルショップ5選!レンタルでGoProを試してみよう!!の記事でまとめているので合わせて読んでみてください!

HERO7 Blackをレンタル

GoProのおすすめレンタルショップ6選!レンタルでGoProを試してみよう!!

2017/09/23

GoPro選びの相談はおまかせ

ナシタカ
自分にピッタリのGoProを選びたい方は、ぜひ僕にご相談ください!

撮影目的に合わせたGoPro選びのお手伝いをさせて頂きますし、お得な買い方などについてもアドバイスをさせて頂きます。

Twitterだと文字制限があったりして答えづらかったり、メールだと返信が遅くなったりするので、ご連絡はこちらのLINE@からして頂けるとありがたい。

みなさんのご相談をお待ちしてますので、お気軽にご連絡ください!

友だち追加

この記事も読まれています

ABOUTこの記事をかいた人

GoProが大好きでHEOR5 Blackから子どもの撮影に活用しています。撮影した動画の編集も大好きで家族の思い出ムービーをたくさん作っているので動画編集についても紹介していきます。