[e]【2018年版】ディヤードフレームケースレビュー!マイク穴やツメが改良されて使いやすくなりました!

GoPro HERO7 Blackに新しいディヤードフレームケースを装着

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

この記事では僕が愛用しているGoPro用のディヤードフレームケースが改良されていたことについてまとめています。

かれこれディヤードフレームケースと出会って1年半が経ちますが、いまだに愛用していてもう手放せないくらいになっています。

そんなディヤードフレームケースがたまたまもう1個必要になったので今回購入したのですが、前のモデルからかなり改良されていたんですよ。

その改良点が本当にGoProの使い方が考えられたものになっていて、さすがだなと感動しました。

そうしたディヤードフレームケースの改良点について全力で紹介していきます!

2018年10月27日追記
Amazonリンクから注文したところ改良されていない以前のバージョンのものが届いたとの声が多く届いています。

僕は下で紹介しているAmazonリンクから購入して新しいタイプのものが届いており、他の方でも購入できている方がいるので原因が今のところ不明です。

古いタイプが届いた方はショップの方に問い合わせをしてみてください。

スポンサーリンク

ディヤードフレームが改良されていた

GoPro HERO7 Blackに新しいディヤードフレームケースを装着

僕がGoProを使い始めた当初から愛用しているのが『ディヤードフレームケース』です。

純正フレームとは比べものにならないほどにGoProの使いやすさが考えられていて、今ではGoProを使う際には欠かせないアクセサリーになっています。

ディヤードフレームケースには2つの特徴があります。

  • フレームをつけたまま充電できる
  • フレームの取り外しがしやすい

フレームをつけたまま充電できる

フレームをつけたまま充電

最大の特徴はフレームをつけたまま充電できるところ

フレームを外すことなくサイドドアの開け閉めができるので、フレームを付けたままの充電が可能になります。

このおかげでフレームを外す手間がなくなって、「バッテリーちょっと減ってるから充電しておこう」といった感じで気軽に充電ができるようになりました。

フレームの取り外しがしやすい

ディヤードフレームケースの上部の爪部分

上部のツメが大きく扱いやすいつくりになっているので、着脱が簡単なのは嬉しいですね。

充電以外にもバッテリーを直接交換したりマイクロSDカードを取り出すときにはケースを外す必要がありますからね。

このようにバッテリーを外す手間が減る&外すときもストレスフリーになる素晴らしいアクセサリーなのです。

そんなディヤードフレームケースが改良されていたことに気付いたので、どういった部分が変わっているかを詳細にお伝えしていきます。

マイク穴が2カ所空けられている

マイク穴3箇所を並べた写真

新しいディヤードフレームケースはGoProのマイク部分にあらかじめ穴が空けられています。

こちらがGoPro本体右側面のマイク部分です。

ディヤードフレームケースのマイク穴右側

そしてこちらがGoPro本体左側面のマイク部分です。

ディヤードフレームケースのマイク穴左側

このようにマイク部分に穴が空いているので、音がよりクリアに録音できるようになりました

今までは穴が空いていなかったので音がこもるのを覚悟していましたが、新しいディヤードフレームケースはこうした心配がなくなったのでより快適に撮影ができます。

上部マイク部分はちょうどフレームのツメで隠れるところなので、さすがに厳しいですね。

上部のツメが改良されている

新旧のディヤードフレームケースを並べた写真

フレームケースのストッパーとなる上部のツメが少し小さくなりました。

前のモデルと比べると明らかで、左が旧型フレームを着けたHERO6 Blackで右が新型フレームを着けたHERO7 Blackです。

新旧のディヤードフレームケースを並べた写真

右の新型フレームではツメが小さくなっているのがよくわかります。

だからといって変わらず使いやすいままで、小さくなった分だけ軽量化されている感じですかね。

前のモデルはツメの大きさが少し気になっていたので、今回のように小型化されてよりスタイリッシュになったのは嬉しいポイントです。

GoProを覆う部分も変化

新旧のディヤードフレームケースを並べた写真

フレーム部分も前のモデルとは大きく変わっていて、全体の大きさも少し小さくなっています。

モードボタンの部分が新しいモデルでは下部分までカバーされていて、ボタン周辺部分だけが露出しています。

モードボタン周辺のカバー位置

さらに本体前面のフレームの深さが変更されて、新しいモデルでは浅くなっているのがわかります。

新旧のディヤードフレームケースを並べた写真

新型のフレームを着けたHERO7 Blackでは本体右上にあるステータスライトが出ています。

前面のランプが見える新型

一方旧型のフレームを着けたHERO6 Blackではランプが隠れるほどの深さとなっています。

前面のランプが見えない旧型

こうした変化があるせいか、新モデルはよりシンプルになった印象がありますね。また下部のステータスライト部分にも穴が空いています。

ディヤードフレームケースのマイク穴下部

ライトが見えやすくなって今までよりも視認性がかなり良くなっていますね。

ディヤードフレームケースレビュー:まとめ

この記事のポイント
  • ディヤードフレームケースが改良された
  • マイク穴が3カ所空けられている
  • 上部のツメが改良されている
  • GoProを覆う部分も変化

ディヤードフレームケースがたまたまもう1個必要になって購入したのですが、まさかこのような改良がされているとは思ってもいませんでした。

僕は新モデルのデザインの方が好みで、これからGoPro HERO7 Blackと組み合わせて使っていくのが楽しみです。

新型フレームを装着したHERO7 Black

前モデルと変わらない使いやすさで、さらにデザインがスタイリッシュになっているなんてまさに最強の進化を遂げています。

特にマイク穴が空いていたことに衝撃をうけましたね。

音がキレイに録音できないのは使っていて地味に気になっていた部分なんですよね。

わざわざ自分でマイク用の穴を空けるのもめんどうでしたが、こうしたマイナーアップデートをしてくれていたなんて素晴らしすぎます。

それくらいGoProユーザーのことが考えられた製品なので、ぜひ使ってみてくださいね!

[e]GoProのおすすめアクセサリー&マウントまとめ!実際に使ってみておすすめのアクセサリーを紹介しています!

2017.08.27

ABOUTこの記事をかいた人

GoProが大好きでHEOR5 Blackから子どもの撮影に活用しています。撮影した動画の編集も大好きで家族の思い出ムービーをたくさん作っているので動画編集についても紹介していきます。