GoProレビュー

GoPro HERO7 Blackの機能やスペック、価格についてまとめました!

GoPro HERO7 Black

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

この記事ではGoPro HERO7 Blackの機能やスペック、価格についてまとめています。

この記事を書いている本日、ついにGoPro HERO7 Blackが発表されました。

事前の情報通り、今回はBlackとSilver、Whiteのカラーバリエーションによる3つのラインナップとなっています。

それぞれのカラーで備わっている機能やスペックに差があり、価格も大きく違っていますね。

今回はその中でも僕が一番気になって、すでに予約注文を完了したHERO7 Blackの機能やスペック、価格についてまとめていきます

ぜひこの記事を参考にしてもらって、Blackの魅力について知ってください!

HERO7発売!

ついにHERO7が発売されました。まずはこちらの公式動画をご覧ください。

もうやばいですね!GoProがマジで最強だと思うしかない動画になっていますよ。

めちゃくちゃワクワクしていますが、早速各モデルの特徴をみていきましょう!

GoPro HERO7 Black

GoPro HERO7 Blackの本体画像

まずは今回発表されたHERO7の中でも、最上位モデルのBlackについてみていきましょう。

HERO7 Blackのボディ

まず外観となるボディやバッテリーは、HERO6 Blackと変わっていません。

そのためHERO6 BLACKで使っていたアクセサリーやバッテリーは、そのまま使うことができそうです。

公式サイトの画像を見ると、黒が若干濃くなっているような感じを受けますね。

HERO7 BLACKの機能とスペック一覧

GoProから発表されたHERO7 BLACKのスペックをまとめると、このようになっています。

[box class=”blue_box” title=”HERO7 BLACKのスペック一覧”]

  • 動画最高解像度:4K/60FPS
  • 写真画素数:1200万画素
  • 水深10メートルまでの防水

スペックとしてはビデオ解像度最高4K60FPS/写真画素数1200万画素と、HERO6 BLACKと同様の撮影機能になっています。

しかし新たに追加された機能が盛りだくさんとなっていて、それぞれを順に見ていきましょう!

[box class=”blue_box” title=”新機能”]

  • HyperSmooth ビデオ
  • TimeWarp ビデオ
  • Facebookライブへのライブストリーミング機能
  • スーパーフォト
  • 写真タイマー
  • ショートクリップ動画
  • 顔、笑顔 + シーン検出

HyperSmooth ビデオ

HERO7 Blackでは手ぶれ補正がかなりの進化を遂げており、まさにジンバル並みの安定感となっています。

こちらは公式サイトの動画ですが、HERO7 Blackで撮影した動画です。

[video src="https://assets.gp-static.com/media/sfcc_pdp/X4nvyKKsUJ1p_Module_4_SideBySide_MtnBike_5s_1920x894_9.5mb.mp4" /]

自転車での映像ですが、今までのGoProではありえないほどの安定感となっています。

これだけ安定していたら、ジンバルなんで必要ありませんよね。

TimeWarp ビデオ

タイムラープ機能はタイムラプス撮影の新機能です。

動きながらのタイムラプス撮影でも安定して撮影ができる機能で、強力な手ぶれ補正があるからこそ撮影できるわけですね。

こちらもInstagramの動画になります。

View this post on Instagram

魔法のじゅうたん。2018.9.20

A post shared by GoPro (@goprojp) on

このように動きながらのタイムラプス撮影でも、安定した映像を撮影できています。

今までのGoProでは動きながらだと、ブレが入ってしまってここまでの滑らかなタイムラプスは撮影できません。

それがジンバルなしでもここまでのタイムラプスが撮影できるとは…。もう驚き以外にはないですね。

Facebookライブへのライブストリーミング機能

そして密かに楽しみにしていたのが、このライブストリーミング機能です。

公式サイトの動画を見ると、GoProで撮影している映像を直接iPhone経由でストリーミング配信することができています。

[video src="https://assets.gp-static.com/media/sfcc_pdp/Module_8_liveStream_1920x894_B_forGrab.mp4" /]

これがあればSNSを活用した、新しいGoProの楽しみ方が広がりそうで、ワクワクします。

スーパーフォト

HDRの進化版と予想されていた機能が、このスーパーフォトでした。

公式サイトの説明では、HDRとローカルトーンマッピング、ノイズ低減を駆使した機能で、どんな明るさでも美しい写真にしてしまうというもの。

実際に公式サイトの写真をみると、納得の機能。こちらがスーパーフォト適用前の写真。

スーパーフォト適用前の写真

そしてこちらがスーパーフォト適用後の写真です。一気に美しい写真になりました。
スーパーフォト適用後の写真

このようにスーパーフォトを活用することで全く違う写真のような、美しい写真に仕上げることができます。

写真タイマー

セルフタイマーでの撮影機能が搭載されました。

今まではセルフィー撮影や固定撮影をするときは、iPhoneやリモートコントローラーと接続してシャッターを切る必要がありました。

しかしこの写真タイマー機能を活用すれば、いちいちiPhoneに接続をすることもなく、セルフィーでの撮影シャッターを切ることができます。

地味な機能ですが、使える機能なのでありがたいですね。

ショートクリップ動画

ショートクリップ動画としてあらかじめ15秒、または30秒の短いクリップでの動画撮影ができるようになりました。

SNSへのシェアもしやすい短い動画で、より楽しめるようになりましたね。後から編集する手間がなく、秒数に合わせて撮影するだけで良いのはとてもありがたいです。

顔、笑顔 + シーン検出

HERO7 Blackでは撮影したビデオに顔や場所、動作のタグを自動でつける機能があり、これらの情報をもとに後からの動画編集がスムーズに行えるようになっています。

自動シーン検出がさらにパワーアップしているので、Quikなどの自動編集機能がさらに活用できますね!

これが今回のHERO7 Blackでの新機能になります!

GoPro HERO7の価格

GoPro HERO7の価格ですが、49,800円となっています。

事前の情報とほぼ変わりませんが、若干高いですね。でもこの機能で5万を切っているのは、かなりすごいですよ。

僕は即予約注文しましたが、それによると10月2日までに製品を発送するとのことです。

待ち遠しすぎるので、早く到着してほしいなと心待ちにしています。

まとめ

ついに発売されたHERO7 Blackですが、予想以上に素晴らしい機能が満載です。

手ぶれ補正は事前に予想していた以上の仕上がりですし、まさに最高といってもいいくらいのレベル。動画を見てたらもうワクワクしかしません。

ただそれだけではなく、TimeWarp ビデオやスーパーフォトなどさらに撮影を楽しくしてくれる機能が搭載されて、かなりの進化を遂げています。

そして個人的に楽しみにしていたライブストリーミング機能も搭載されているので、この機能を使った配信とかもしてみたいなと密かに思っていたりします。

もう予約注文は完了したので、あとは届くのを待つのみ。

みなさんもぜひ注文してくださいね!

ABOUT ME
ナシタカ
GoProが大好きでHEOR5 Blackから子どもの撮影に活用しています。撮影した動画の編集も大好きで家族の思い出ムービーをたくさん作っているので動画編集についても紹介していきます。
RELATED POST