MENU
カテゴリー
ナシタカの画像
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。

【厳選】GoPro HERO8 Blackにおすすめのアクセサリー9選!選ぶポイントとは?

ナシタカのアイコン画像ナシタカ

この記事ではGoPro HERO8におすすめのアクセサリーについてまとめています。選び方のポイントや実際に愛用しているアクセサリーを紹介します!

どうも、GoPro大好きナシタカです。

GoPro HERO8 Blackは前モデルから大きな進化を遂げているので、撮影で使うアクセサリーもだいぶ変わりました。

僕の中でも「これだ!」というアクセサリーができていて、これはGoPro HERO8 Blackとの相性が抜群だなと思うものがけっこうあります。

そこで僕がGoPro HERO8 Blackにおすすめしたい、厳選アクセサリーをまとめていきたいと思います。

おすすめのアクセサリーだけでなく選び方も紹介するので、これからアクセサリーの購入を考えている方は、ぜひ参考にしてもらえたらうれしいです!

目次

GoPro HERO8 Blackのアクセサリーを選ぶポイント

ショーティーとHERO8用スリーブ+ランヤードの組み合わせ

おすすめのアクセサリーを紹介する前に、僕流の選ぶポイントについて紹介します。

僕がGoPro HERO8 Blackのアクセサリーを選ぶときに思ったのが、こちらの3つです。

フレームはいらない

GoPro HERO8 Blackからはビルトインマウントといって、本体自体にアクセサリーが取り付けられるようになりました。

GoPro HERO8 Blackのビルドインフレーム

なので今までのようにフレームが要らなくなり、僕がHERO7 Blackまで愛用していたディヤードフレームケースも不要に。

少し寂しいですが、その分GoPro HERO8 Blackはコンパクトになって使いやすくなっているので、ユーザーとしてはありがたい進化です。

手ブレ補正が強力なのでジンバルは必要なし

GoPro HERO8 Blackの手ブレ補正はさらに進化しており、実際に比較したのがこちらの動画です。

特にすごいのが「ブースト」という、手ブレ補正をさらに強力にした機能。動画の中でも実際に比較しています。

これがあれば日常での撮影では、もう手ブレが入ることはないなというくらいに強力になっているので安心です。

なので個人的にはジンバルを使う必要がないなと思っているので、おすすめのアクセサリーにも入れていません

しかもGoPro純正ジンバルのKarma Grip(カルマグリップ)も、GoPro HERO8 Blackには対応していないので使うことができません。

カルマグリップ

ここからもGoPro社はHERO8 Blackにはジンバルは必要ない、という考えでいるんだろうなということが伝わってきます。

固定撮影や体に取り付けられるものがおすすめ

僕がGoPro HERO8 Blackのアクセサリーとして特におすすめしたいのが、固定撮影や体に取り付けられるアクセサリーです。

TELESINクリップマウントをリュックのストラップにつけたところ

GoPro HERO8 Blackからは本体だけでナイトラプスビデオが撮影できたりと、本体だけで撮影できる機能がパワーアップしています。

GoPro HERO8 Blackでのナイトラプスビデオのプリセット

今まではパソコンでの編集が必須だったので、なかなか使うことのなかった機能ですが、それがより気軽に楽しめるようになっています。

なので撮影でのアクセサリーでは、固定撮影がしやすいものを選んだ方が撮影を楽しめます。

また体に取り付けての撮影では、映像にブレが入りやすいデメリットがありますが、HERO8 Blackの強力な手ブレ補正のおかげで、手ブレが全く気にならなくなったも大きな理由

体に取り付けても安定した映像が撮影できるので、ウェアラブルアクセサリーもかなり使いやすくなっています。

GoPro HERO8 Blackにおすすめのアクセサリー

ではここからはいよいよ、GoPro HERO8 Blackにおすすめのアクセサリーについて紹介していきます。

僕が選んだのが、こちらの9種類のアクセサリー。

どれも僕が愛用しているアクセサリーなので、その魅力を存分に紹介していきます!

デュアルバッテリーチャージャー

まずはなんといっても欠かせないのが、GoProの予備バッテリーです。

大体1つで1時間ほど撮影できますが、旅行など撮影機会が多い場面では、バッテリーが切れてもいいように予備を持ち歩くのがおすすめ。

そこでおすすめしたいのが、GoProのバッテリーを2つ同時に充電できるデュアルバッテリーチャージャーです。

デュアルバッテリーチャージャーの中身

充電だけでなく、バッテリーを持ち運ぶためのケースとしても活用できて使いやすいのが特徴。

デュアルバッテリーチャージャーにバッテリーをセット

2つあれば旅行での撮影でも安心してできるので、僕は必ず2つ持ち歩くようにしています。

ちなみにGoPro HERO8 Blackからはバッテリーに青色が入っており、GoPro HERO8 Blackに最適化されているのが特徴

HERO8に付属の新しいバッテリー

旧バッテリーはGoPro HERO8 Blackでも使うことはできますが、このように機能制限が出る旨の表示が出てきます

HERO8 Blackに古いバッテリーを入れたときのメッセージ

GoPro HERO8 Blackの性能をフルに生かすなら、新しいバッテリーを用意しておきましょう

僕はデュアルバッテリーチャージャー本体はあるので、バッテリー単体だけが欲しかったので公式サイトで探してみました。

しかしGoPro公式サイトでは、バッテリー単体での購入ができず、カメラなどと一緒に購入しないといけない決まりが…

結局GoPro公式サイトは諦め、僕は楽天で購入しました。

デュアルバッテリーチャージャーをまだ持っていない方は、GoPro本体と一緒に買うなら公式サイトでも買えますが、バッテリーだけなら他のショップで買いましょう

▼GoProデュアルバッテリーチャージャーレビューはこちら

保護フィルム

僕はGoProの傷が気になるので、必ず保護フィルムを使っています。

僕が購入したのがこちらの保護フィルムで、タッチディスプレイだけでなくカメラ部分、フロントディスプレイの3つのフィルムがついたお得なセット

これでレンズや液晶への傷が防げるので、撮影でも気にせずに使うことができます。

ディヤードHERO8用保護フィルム

サブディスプレイ用もついていて、しっかりと保護できます。

ディヤードHERO8用保護フィルム

ただ保護フィルムを貼ると、タッチディスプレイの感度が悪くなります

ディヤードHERO8用保護フィルム

ここが唯一のデメリットで、保護フィルムなしに比べると反応がモッサリしてしまうのが微妙なところ

使い始めは違いに戸惑うこともありましたが、慣れるとまったく気になりません。

僕は反応よりも傷がつくことのほうが嫌なので満足していますが、タッチディスプレイの感度が悪くなるのが嫌ならやめておきましょう。

メディアモジュラー

HERO8のお気に入りアクセサリーが、こちらのGoProメディアモジュラーです。

GoProメディアモジュラー

このように各種のポートが備わっており、充電だけでなくテレビへの出力もできる優れもの。

GoProメディアモジュラーの裏側

特にHERO8をテレビに接続するには、このメディアモジュラーは欠かせません。

本体には内蔵指向性マイクが搭載されており、どの方向を優先的に録音するかも選べるようになります。

GoProメディアモジュラーで前方マイクを優先

マイク搭載のおかげで子どもの声がより大きく&クリアに録音されるようになって、より最高の形で思い出を残すことができるようになっています。

GoProメディアモジュラーの内蔵指向性マイク

実際にマイクを使っていなかった以前の映像と比べると、音声の入り方が比べものにならないほどクリアになってビックリしました。

予想以上に音声が改善されて最高です!

子どもの撮影するならとてもおすすめのアクセサリーなので、ぜひ使ってほしいです。

▼GoProメディアモジュラーレビューはこちら

ライトモジュラー

カメラ用のライトは数多く出ていますが、ついにGoProからも純正のカメラアクセサリーが登場しました。

それがこちらのライトモジュラーで、GoProの撮影に役立つライトアクセサリーです。

GoProライトモジュール本体

これがあればGoProの弱点だった暗いところでの撮影も、良い感じに撮影できるので最高です。

GoProライトモジュラーの電源を入れたところ

ボタン操作で明るさのレベルを3段階で調節することも可能。シーンに合わせて光量を選ぶことができます。

GoProライトモジュラーの明るさ調節

GoProに取り付けるには上で紹介したメディアモジュラーが必要で、最大で2つ取り付けることができます。

GoProライトモジュールをメディアモジュールに取り付けたところ

また付属のフィンガーアダプターを使えば、他のアクセサリーと組み合わせて活用できのもポイント。これは実際にショーティーに取り付けているところです。

GoProライトモジュールをショーティーに取り付けて三脚にしたところ

さらにマグネット付きスイベルクリップと組み合わせた、『Zeus Mini』というアクセサリーも発売されています。

Zeus Miniをスタンドライトとして活用

こちらは撮影以外でも、あらゆるシーンで活用できるライトアクセサリーとなっており、使い勝手は抜群です。

GoPro純正のライトアクセサリーとして、かなり使いやすくなっていておすすめです!

▼GoProライトモジュラーレビューはこちら

GoProマグネット付きスイベルクリップ

GoProマグネット付きスイベルクリップはその名の通りクリップになっていて、リュックのストラップなどに取り付けられるアクセサリーです。

GoProマグネット付きスイベルクリップの外観

使い方がとてもシンプルで、このようにリュックに取り付けて撮影を開始するだけ。

リュックにGoProを取り付けたところ

実際に撮影したのが、こちらの映像になります。

手で持つ必要が無いのが楽で、リュックに取り付けて気軽に撮影ができるのも大きなポイント。

またこのようにスタンド的な使い方もできるので、意外に幅広い撮影で使えるのもおすすめな理由です。

クリップマウントをスタンドとして活用

撮影した映像の確認にも便利で、その日に撮影した映像を奥さんに見せるときによく使ってます。

またライトモジュラーと組み合わせると、『Zeus Mini』というアクセサリーとしても使えます。

Zeus Miniをスタンドライトとして活用

これだけ使いやすいのに、値段が手頃で購入しやすいのも大きなポイント。GoPro HERO8 Blackの強力な手ブレ補正との相性が抜群のアクセサリーです。

▼GoProマグネット付きスイベルクリップレビューはこちら

ショーティー(自撮り棒)

GoProといえばたくさんの自撮り棒が発売しており、それぞれに様々な特徴があります。

  • 純正3-Way →バランス型
  • ショーティー→持ち運びに便利だが短くて物足りないことがある
  • エルグランデ→長くていろいろな撮影ができるが持ち運びしにくい

この中でも僕が特に使っているのが、ショーティーです。

GoPro Shorty

自撮り棒のショーティーには、この3つの機能があります。

  • カメラグリップ
  • 延長アーム
  • 三脚

このようにまずはカメラグリップとして手持ち撮影に使えます。

GoPro ShortyとHERO7 Black

オーソドックスな撮影方法で、子どもの撮影をしているとこれで撮影するのがほとんどになります。

ショーティーを伸ばせば、自撮りで周りの風景も含めての撮影ができます。

GoPro Shortyを伸ばしたところ

眺めのいいところで家族みんなで撮影するなら、欠かせないですね。

そしてグリップを広げれば簡易三脚として、固定撮影もできます。

GoPro Shortyを三脚として活用

手持ちだけでなく離れたところに置いて撮影すれば、あたかも他人に撮ってもらったかのような撮影が可能。

このようにショーティーの使い勝手は抜群で、GoPro HERO8 Blackを使うなら絶対一緒に買った方がいいです。

▼ショーティーレビューはこちら

▼GoPro自撮り棒の比較はこちら

ネックマウント

ネックマウントは、GoProを首にかけて撮影ができるアクセサリーです。

ネックマウント

首にかけるだけなので使いやすく、それでいて手ブレが入りにくいメリットもある優れたアクセサリーなんですよ。

ネックマウント

クリップマウントとの違いは、リュックを背負ってなくても使えるところ

ネックマウント

首にかけるだけのメリットはかなり大きくて、シンプルな使い方だからこそ、迷わず長く使い続けられます。

実際にネックマウントで撮影したのがこちらで、バイクに乗った映像になります。

また首元にGoProが来るので、自分の音声がクリアに入るのもポイントですね。VLOGに最適で一時期かなり流行ったのがよくわかります。

ネックマウント

どこかに置いたりしての固定撮影はできませんが、手持ちでの撮影はできるので、切り替えがしやすいのはメリットですね。

▼GoProネックマウントレビューはこちら

HERO8用スリーブ+ランヤード

スリーブ+ランヤードは、GoProにつけるシリコンケースです。

GoPro HERO8用スリーブ+ランヤード

GoPro HERO7 Blackのときはかなり愛用していて、使い勝手が最高のアクセサリーでしたが、GoPro HERO8 Blackでも専用のスリーブ+ランヤードが出ています。

HERO8用スリーブ+ランヤード

前モデル用との違いは、スリーブの下部に穴が空いているところ

HERO8用スリーブ+ランヤード

スリーブをつけたままビルドインマウントが使えるので、GoProを保護したまま自撮り棒などが使えます。

HERO8用スリーブ+ランヤード

なので液晶保護フィルムと組み合わせれば、GoProを完全防備で使えるので傷の心配が一切無し。

しかもランヤードを使えば、自撮り棒をつけたまま首から下げることもできるので、使い勝手が格段に上がっているなと思います。

ショーティーとHERO8用スリーブ+ランヤードの組み合わせで首に欠けたところ

メディアモジュラーとの使い分けでおすすめなのが、水辺で使うかどうかですね。

メディアモジュラーは防水性能がないため、水辺で使うのは故障のリスクがあります。

しかし、スリーブ+ランヤードなら水に浸かっても大丈夫なので、ここを基準に使い分けるのが僕なりのおすすめです。

▼HERO8用スリーブ+ランヤードレビューはこちら

ディヤードGoPro収納ケース

ディヤードGoPro収納ケースは、GoProと周辺アクセサリーを持ち運べるケースです。

ディヤードGoPro収納ケース

僕はこちらのアクセサリーたちを一緒に持ち歩いています。

  • GoPro HERO8 Black
  • ショーティー
  • デュアルバッテリーチャージャー
  • 予備のmicroSDカード
ディヤードGoPro収納ケース

中のスポンジ部分をうまく作っていけば、このようにGoProとショーティー、デュアルバッテリーチャージャーがピッタリと収まります

ディヤードGoPro収納ケース

振っても動かないくらいに固定できるので、持ち運びが安心してできるのが気に入っています。

また予備のmicroSDカードも入れておけば、データ容量についての心配もなし

GoProでの撮影をガッツリするときには、持ち運びが楽になるので欠かせないですね。

▼ディヤードGoPro収納ケースレビューはこちら

GoPro HERO8 Blackにおすすめのアクセサリーまとめ

ここまでGoPro HERO8 Blackにおすすめのアクセサリーとして、選び方のポイントやおすすめのアクセサリーについて書いてきました。

前モデルのHERO7 Blackと比べると、おすすめのアクセサリーの数が減ってきていますが、それだけGoPro自体の撮影機能が進化している証拠なので、わざわざアクセサリーを買う必要がないのはありがたいですよね。

ここにあげたアクセサリーであれば、GoPro HERO8 Blackでたくさんの撮影が楽しめるので、ぜひ参考にしてもらってたくさんの思い出を残してください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる