[e]GoProに必要なアイテムとおすすめのマウントについて紹介します

HERO6とHERO5 BLACKにおすすめのマウントまとめ

ABOUTこの記事をかいた人

GoPro好きな整体師。GoProのレビューから使い方まで実際に使ってみた感想を基に記事を作成しています!HERO6/HERO5 BLACK

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

HERO5 BLACKからHERO6に乗り換えて機能を進化を実感して毎日を楽しく過ごしています。

そんな僕はこれまでいろんなシーンでGoProを使ってきたので、その経験から「これがあって良かった」とか「こういうのがあれば良いのに」というのが分かるようになってきました。そこで今回は僕がこれまでにGoProを使ってみて分かった必要なアイテムとおすすめのマウントについてまとめていきます。

これからGoProの購入を考えている方やすでにGoProを使っていてもっとマウントのことを知りたいという方に役立つ内容になってますよ!

スポンサーリンク

GoProに必須のアイテム

まずはGoProを使うのに必須のアイテムについて紹介します。

マイクロSDカード

まずGoPro購入にあたって必ず買うべきものが、マイクロSDカード。これが無ければデータを保存することができないので、絶対に欠かせないアイテムです。本体には付属していないので、必ず本体とセットで購入しましょう!

ただSDカードを購入する時はGoProで正式に動作保証がされているものを選ぶことが大切。動作保証がされていないSDカードを使い続けると電池不良や故障の原因になります。下が動作保証がされているSDカード一覧です。

ブランドシリーズ品番容量
SandiskExtreamSDSQXVF-032G-JN3MD32GB
SDSQXVF-064G-JN3MD64GB
SDSQXVF-128G-JN3MD128GB
Extream ProSDSQXPJ-064G-JN3M364GB
SDSQXPJ-128G-JN3M3128GB
LexarProfessional 1800xLSDMI32C RBJP1800R32GB
LSDMI64C RBJP1800R64GB
LSDMI128C RBJP1800R128GB
Professional 1000xLSDMI32GC BJPR1000R32GB
LSDMI64GC BJPR1000R64GB
LSDMI128CR BJP1800R128GB
HighPerformance633xLSDMI16GB BJP63316GB
LSDMI32GB BJP63332GB
LSDMI64GB BJP63364GB

僕はこちらの64GBのマイクロSDカードを購入しました。

実際に僕はこのマイクロSDカードを使い続けていますが、いまだにトラブルが起きたことはありません。Amazonを見ると低評価が多いみたいですが、僕は星5つけられるくらいに満足しているので自信を持っておすすめできます。

または値段的におすすめなのはこちらの2つです。

128GBを探している方はこちらがコスパ抜群でオススメです。

大容量だと128GBのSDカードもありますが、値段が高いので64GBのカードを複数購入するのが良いなと最近考えいています。公式でサポートされているSDカードがGoProのサイトで紹介されているように、ブランドによってはGoProに認識されずに使えないものもあるので注意してください。もちろん今回紹介したSDカードは問題なく使えるので安心です!

また僕が使っている64GBのマイクロSDカードでの撮影可能時間についてはこちらの記事にまとめているので、参考にしてください。

合わせて読みたい!

[e]GoPro HERO5 BLACKを購入したので仕様や充電時間、バッテリーなどの情報をまとめて紹介

特にHERO6からは4K/60fpsの動画や1080p/240fpsのスーパースローの動画撮影に対応したことでさらにマイクロSDカードの容量が求められるようになりました。せっかくなら最高画質で動画を撮りたいのが人情ですから、長回しを少しでもしたいと考えている人はマイクロSDカードは複数準備しておくのが大事ですよ!

HERO6での録画時間についてはこちらの記事にまとめているので参考にしてください!

合わせて読みたい!

[e]GoPro HERO6の機能とスペックやバッテリー情報などをまとめて紹介します!

予備バッテリー

Goproにはバッテリーが1個付属していますが、バッテリーの持ちは連続撮影で大体1時間くらいになるので旅行など撮影機会が多い場合は不安です。せっかくのGoProを気兼ねなくガンガン撮影するためにも予備バッテリーは必ず用意しておきましょう!

僕はバッテリーチャージャーと予備バッテリーを購入したので、今のところ2つの予備バッテリーを持っています。旅行でも気兼ねなく撮影できて、バッテリー交換後にそのままチャージャーで充電しておくこともできます。お陰でバッテリーの心配をすることなく撮影に集中出来ているので最高です。

バッテリーに関してもHERO6から高画質動画の撮影が可能になったことで、よりバッテリーの消費が激しくなりました!なので予備のバッテリーはもはや欠かせないアイテムと言っても過言ではありません!

バッテリーやチャージャーに関してもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ!

合わせて読みたい!

[e]GoProのバッテリー充電器ならデュアルバッテリーチャージャーで決まりでしょ!

モバイルバッテリー

また予備のバッテリーとしてはモバイルバッテリーを持ち歩くのもおすすめ。その最大の理由が「給電しながらの撮影ができる」こと。

内蔵バッテリーを利用しての撮影では最長でも1時間程度。この時間になるとバッテリーが切れるので予備バッテリーと交換する必要があり1時間以上の連続撮影は実質不可能なのです。

ただ1時間以上の連続撮影をしたいときもあるので、その時に活躍するのがモバイルバッテリーなどの外部バッテリー。接続しながら撮影すると「給電状態」となり、1時間以上の撮影が可能になります。

なので長時間の撮影をしたい人には必須アイテム。おすすめのバッテリーはこちらです。

大容量でしかもコンパクトなのでGoProと一緒に持ち歩きしやすいのが特徴。これでバッテリーに対しての不安はかなり減りますよ。

「給電」について詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ!

合わせて読みたい!

[e]GoPro HERO6/HERO5 BLACKで充電しながら撮影をする方法

レンズとディスプレイ保護フィルム

GoProはその特性からアクティビティで使うことが多く、そうなると気になるのがGoPro本体へのダメージ。頑丈に作られているとはいえ傷はつきますからね。高い買い物なのでできるだけキレイにして長く使いたいと思うのは当然。

レンズにもレンズカバーがついていますがレンズカバー自体が傷ついてしまってはダメですし、タッチディスプレイも傷つくのはダメ。僕はそういう傷が気になるタイプなので、絶対に防ぎたいと思ってます。

そこで活躍するのが「MIBOTE GoPro HERO6/HERO5 BLACK用液晶保護フィルム」。しかも保護フィルムだけでなくレンズキャップが2個もついてくる超お買い得な一品。

正直GoPro HERO5使ってるならなんでこれ買わないの?と不思議に思うくらいのレベル。絶対に買って損はないのでGoPro HERO6/HERO5 BLACKユーザーはぜひ購入しましょう!

詳しくはこちらの記事をどうぞ!

合わせて読みたい!

[e]MIBOTEのGoPro HERO6/HERO5 BLACK用の液晶フィルムはレンズキャップもついてめちゃくちゃお買い得でおすすめ

おすすめのマウント

ここからはGoProを使うのに必須ではないですが、あるとGoProがより便利になるアイテムを紹介します。

Karma Grip

HERO5 BLACKから備わった電子手ブレ補正。HERO6ではさらに進化して安定感のある映像を撮影できるようになっていますが、まだまだ動きの激しいシーンでは手ブレが入ってしまいます。

アクションカムとして人気のあるGoProなのですから、やはり動きが激しいシーンでも手ブレのない安定した映像を撮影したい!

そんな思いを叶えてくれるのが、GoPro純正ジンバルであるKarma Gripなのです!純正品ならではのGoProとの抜群の連携機能はGoProの使いやすさを確実に向上してくれます。

僕はこのKarma Gripを使い始めてからGoProの使いやすさが抜群に上がって、GoProライフが一変しました!

そんなKarma Gripについて全力でレビューしている記事はこちらです!!

合わせて読みたい!

[e]Karma GripはGoPro必須アイテム!使い方からその特徴まで詳しく解説!!

また使ってみて分かった思わぬメリットについてもまとめています!

合わせて読みたい!

[e]Karma Gripを使い始めてからGoProがもっと楽しくなった!その理由を紹介します!

フレーム

GoProには純正のフレームが付属品としてついてきますが、色々と使いづらいところがあります。その代表的なのが「フレームをつけたまま充電できない」ところ。USB-Cケーブルで充電しようと思ったら、その都度フレームを外さなければいけません。この手間がなかなか面倒なんですよ。しかも純正のフレームは上部のツメが硬くて開けるのが本当に大変で毎回指が痛くなってます。

そうした問題を解決してくれるのが、サードパーティ製のフレームである「ディヤードフレームケース」。

最大の特徴はフレームをつけたまま充電できるところ。いちいちフレームを外すことなく充電が可能になります。また上部のツメが大きく扱いやすいので、フレームの取り外しもしやすい。まさに理想のGoProフレームです。僕はこれ買ってからGoProの取扱いが劇的に楽になったので、ぜひ本体と一緒に購入することをオススメします!

詳しくはこちらの記事をどうぞ!

合わせて読みたい!

[e]GoPro HERO6/HERO5 BLACKを使うならディヤードのフレームケースが充電しながらの撮影が可能で使い勝手抜群でオススメ

防水ケース

GoPro HERO5から本体に10mの防水性能がついたため、付属品がハウジングからフレームに変更されました。だからといって水に対して完璧に強いかというとそうでもなく不安は残ります。せっかくの高い買い物を無駄にしないためにも、水のある場所で使うなら必ず防水ハウジングケースを使った方が安心です。ただ純正品だと7,000円くらいするのでなかなか買いづらい。

そんな人にオススメしたいのが「ディヤード防水ハウジングケース」。

純正品の1/3の値段で買うことができ、さらにはレンズカバーを外す必要がなく使いやすい、まさにコスパ最強の防水ハウジングケース。これさえあれば水中も安心。45mまで防水性能をパワーアップできるので、1個は買っておいて損はありません!僕はこれで子供とのプールや水辺での遊びをガッツリ撮影することができましたよ。

詳しくはこちらの記事をどうぞ!

合わせて読みたい!

[e]GoPro HERO5 BLACKにおすすめの「ディヤード防水ハウジングケース」はコスパ抜群のハウジングです!

アルミ合金フレーム

GoProをしっかりと守りつつも撮影の幅を広げてくれるのが、こちらのアルミ合金でできたフレームケースです。

最大の特徴が何と言っても52mmのフィルターを装着できること。このフィルターを活用することで通常では撮影できなかった映像が撮影できるようになるので、GoProでの撮影の幅が広がりめちゃくちゃ楽しくなります。

特にクローズアップレンズを購入するとことでGoProが苦手なマクロ撮影ができるようになるので、今までボケていた近距離での撮影がしっかりとできるようになります。しかも背景がボケるので一眼レフと似た映像を撮ることも可能。

マクロ撮影やボケのある映像撮影についてはこちらの記事にまとめています。

合わせて読みたい!

[e]GoProでマクロ撮影とボケのある映像が撮影できる!マウントや撮影方法を紹介します!

僕と同じようにマクロでの撮影がしたい!とかボケのある映像を撮りたい!という人にはおすすめです。

ちなみに僕が購入したのはこちらの複数のフィルターがセットになったアイテムです。

詳しくはこちらの記事をどうぞ!

合わせて読みたい!

[e]GoPro HERO6/HERO5 BLACKで使えるMENGSのアルミ合金フレームをレビュー!

自撮り棒

GoProで上手く撮影するためにはマウントが大切。その中でも必須とも言えるのが自撮り棒。有名所では3wayがありますが、僕がオススメしたいのが「ベルボン ウルトラセルフィースティック」です。伸縮がしやすく手持ちでの撮影はもちろん、伸ばしての自撮りも簡単。

特に自撮りが簡単にできるのが最高。家族旅行にGoProが欠かせない僕にとっては家族全員での写真を簡単に撮ることができるので、まさに必須アイテムです。またストラップがついていてそれを手にかけておけば、万が一手が滑ったときもGoProを落とす心配はありません。このストラップのお陰で何度GoProの落下を防いでくれたことか…。

しかも純正3wayと比べて価格も安いのでコスパ最強。使いやすく僕のGoProライフに欠かせないマストアイテムなのでぜひオススメ!

詳しくはこちらの記事をどうぞ!

合わせて読みたい!

[e]ベルボンの自撮り棒ULTRA STICK SELFIEはGoPro使うなら絶対買うべきアクセサリー

ミニ三脚

GoProは手持ちでの撮影がメインになりますが、たまには定点で撮影したいときもあります。家族でご飯食べてるところとか素材として撮影しておくと、後からのビデオ編集の時に一つの思い出になってくれたりしますからね。何気ないシーンが実は最高なんです。

そんな時に僕が使っているのがミニ三脚である「ゴリラポッド」。自由自在に動かせる脚のお陰で様々な体制で立たせることができます。

モデルによっては脚部分に磁石が入っているので、壁にくっつかせることもできます。だから便利というよりは、この機能があるとたまに助かるぐらいのレベル。また脚をまとめればスティックのように持つこともできるので汎用性はなかなか。一つ持っておくとGoProをさらに活用することができますよ。

特にゴリラポッドはそのサイズ感から持ち運びに便利で僕はタイムラプス撮影をする時はこのゴリラポッドを使って撮影しています。僕のタイムラプス撮影に欠かせない大切な相棒。

詳しくはこちらの記事をどうぞ!

合わせて読みたい!

[e]GoPro HERO6/HERO5 BLACKで使える変幻自在なミニ三脚!JOBYゴリラポッドを紹介します!

NDフィルター

GoProはF値が固定であるため明るすぎる環境では滑らかな動画を撮影することができなくなります。そんな時に活躍するのがこちらのNDフィルター。実際に僕は子供の撮影でこのNDフィルターが無かったことで撮影に失敗してしまい、思ったような映像を撮ることができませんでした。特に子供の撮影をする方には必須のマウントになるので、ぜひ準備することをおすすめします。詳しくはこちらの記事を見てください!

合わせて読みたい!

[e]GoProでより滑らかな動画を!NDフィルターの効果や使い方について紹介します!

シーン別マウント紹介

ここからはGoProを活用するシーン別におすすめのマウントについて紹介した記事になります。

ちょっとしたおでかけに活用するマウント

GoProはそのサイズ感から非常に持ち運びがしやすいカメラ。そのため気軽に持ち運べるのが最大の特徴です。

僕はよく家族の散歩で使うのですが、そういう時はちょっとした家族のスナップムービーを撮影するのにピッタリでものすごく便利。

そうしたちょっとしたお出かけでの撮影時に僕が活用しているマウントについて紹介しているのがこちらの記事です。

合わせて読みたい!

[e]GoPro持って出かけよう!ちょっとしたお出かけにおすすめのマウントを紹介します!

タイムラプス撮影に活用するマウント

GoProに備わっている多彩な撮影モード。その中でも独特の味のある雰囲気が出せるタイムラプス撮影はとても楽しい撮影方法です。そんなタイムラプス撮影をGoProで快適に行うためのマウントについて紹介しています。このマウントがあればGoProで素晴らしいタイムラプス撮影ができるようになるので、ぜひ試してみてください!

詳しい記事はこちらです!

合わせて読みたい!

[e]GoPro持って出かけよう!タイムラプス撮影におすすめのマウントを紹介します!!

一味違った撮影をしたいときにおすすめのマウント

GoProで一味違った撮影をしたいときに役立つマウントについて紹介しています。GoProはその特性から苦手な撮影がありますがそうしたものもマウントを活用することで行うことができ、普段の撮影では味わえない面白い映像を撮ることができます。実際に僕が試したマウントと欲しいマウントの両方を紹介していますのでぜひ参考にしてください。

合わせて読みたい!

[e]GoPro持って出かけよう!一味違った撮影をしたいときのおすすめマウント

まとめ

  • GoProを使うにはSDカードと予備バッテリーが必須なので必ず購入しておく
  • いろいろなマウントを購入しておくことで撮影の幅が広がり、GoProでの撮影が楽しくなる

今回はGoPro HERO6/HERO5 BLACKを使うために必要なものに焦点を当てて書いていきました。特にSDカードの購入をしておかないとせっかく届いても使うことができないので非常に勿体ない。すぐに撮影ができるように必ずGoPro本体と一緒に購入しておきましょう。

またマウントも値段がピンキリで様々なブランドから発売されていて数も膨大なので、どれを買えば良いのか迷ってしまうことが多いでしょう。純正品を買っておけばまず間違いないのは当然なのですが、値段が高いのでなかなか気軽に買えません。

なのでできるだけコスパを重視してマウントを揃えたいという方にも今回紹介したマウントは僕が実際に使ってみて本当におすすめできるものだけを紹介しているので、安心して使ってみてください。きっとこれからのGoProライフが最高になります。

GoProの購入を考えている方はまずレンタルしてみるのがおすすめ!

合わせて読みたい!

[e]GoPro HERO6/HERO5 BLACKを実際に使ってみたいならレンタルがおすすめ

GoPro HERO6について詳しく知りたい方はこちら。

合わせて読みたい!

[e]GoPro HERO6の機能とスペックやバッテリー情報などをまとめて紹介します!

GoPro HERO5 BLACKについて詳しく知りたい方はこちら。

合わせて読みたい!

[e]GoPro HERO5 BLACKを購入したので仕様や充電時間、バッテリーなどの情報をまとめて紹介

スポンサーリンク

スポンサーリンク