[e]MIBOTEのGoPro HERO6/HERO5 BLACK用の液晶フィルムはレンズキャップもついてめちゃくちゃお買い得でおすすめ

MIBOTEのロゴ

今回はGoPro HERO5の液晶を保護するためのフィルムとして僕が超絶おすすめしたい、MIBOTE液晶保護フィルムをご紹介します。

GoProは高い買い物なので大切に扱いたい一品。しかしアクションカメラという特性上、アクティビティなどで利用するシーンが多くなるのも事実。

そんな場面で気になるのがGoProへのダメージです。気が付いたら傷が付いていたとかレンズが汚れたとか。高い買い物だからこそめちゃくちゃきになる部分です。

そんなGoProを使う上での「傷がつく」という不安をたったの900円で解決できる素晴らしい商品なので、GoProユーザーなら間違いなく買うべき一品です。

スポンサーリンク

MIBOTE GoPro HERO5用液晶保護フィルム

今回紹介する商品が現在売り切れとなっているのでセット内容が似ているこちらの商品のリンクを張っておきます。。

液晶保護フィルムに加えてレンズキャップもついてくるお買い得なセットになっています。

フィルムは2種類2枚ずつついてくる

今回の商品には背面のタッチパネル用の液晶保護フィルムとレンズの保護フィルムの2種類がついてきます。

前面のサブディスプレイの液晶保護フィルムは付いてこないので、そこにも保護フィルムが欲しい方はこちらの商品がおすすめです。

僕がMIBOTEではない保護フィルムをタッチディスプレイにつけていますが、タッチの反応が少し悪くなってしまいました。

保護するためには仕方がないとは思いますが、反応が悪くなってしまったことはショックでしたね。

また僕が最初に購入した保護フィルムセットにはレンズ用のフィルムがついていませんでした。僕はGoPro HERO5を購入したと同時にフィルムを購入していたのですが、届いてからレンズ用のフィルムがついていないことを知りました。

さすがにレンズには保護フィルム必須だよなと思ったので、今回はMIBOTEの保護フィルムを購入したわけです。

特にMIBOTEの特徴として専用の箱に入ってくるのですが、これが余りのフィルムを保管するのにちょうど良いサイズなんですよね。

フィルムとかって普通の袋に入っているとどこにしまったかけっこう忘れちゃうんですけど、このMIBOTEの箱に入れておけば保管もしやすいです。

レンズキャップが2個ついてくる

さらに嬉しいのが保護フィルムなのにレンズキャップが2個ついてくること

正直な話、これでこの値段は驚異的です。買わないと絶対損だなと感じるレベル。

このレンズキャップもGoPro HERO5のレンズをしっかりと覆ってくれるサイズなので、付けていればレンズはもう安心です。

このクオリティのレンズが2個ついてくるので、1個は紛失しても安心です。アクションカメラの使用用途からして外で紛失することは十分考えられるので、よく考えているなと。

HERO6にも使えます!

もちろんMIBOTEの液晶保護フィルムはHERO6にも使うことができます。2枚ずつ入っているのでちょうどよくHERO6に使うことができました。

実際に使ってみると手触りが最高に良いです。タッチの反応もとても快適で使いやすい。僕が最初に買っていたものと比べると雲泥の差がありますね。こういうのって実際に使い比べてみないと分からないので、僕はこのMIBOTEの液晶保護フィルムはかなりおすすめできるアイテムだなと自信が出ました!

MIBOTE 液晶保護フィルムのフォトレビュー

まずは外箱からのレビュー。MIBOTEのマークが入ったオシャレな箱に入って届きます。
MIBOTEの外箱

箱は少し薄いので、レンズキャップを入れると完全には閉まりません。そのまま開けてみたところこんな感じになっています。
MIBOTEの中身

こちらが中身の一覧写真です。これだけのセットが入ってこの値段は破格ですね。
MIBOTEの中身一覧

こちらがレンズキャップになります。最初から2個付いてくるので1個失くしても安心ですね。
MIBOTEのレンズキャップ

表と裏にしてみたところです。
MIBOTEのレンズキャップ表と裏

こちらが保護フィルムですね。タッチパネルとレンズ用の2種類が2枚ずつ付いてきます。
僕の場合は背面のタッチパネルには別のフィルムをすでに貼り付けているので、今回はレンズ保護フィルムだけを利用します。
MIBOTEのレンズ保護フィルム

実際にレンズ保護フィルムを貼ってみました。
GoProのレンズに保護フィルムをつけたところ

こちらがアップにしたところ。ちょっとズレてますがとりあえず良いでしょう。
GoProのレンズに保護フィルムをつけたところアップ

そこにレンズキャップもつけてみました。しっかりと覆ってくれるので安心感がありますね。
 GoProにレンズキャップを装着

これが俯瞰で見たところ。ちなみにレンズキャップをつけると外への厚みがますので、つけたままのハウジング着脱ができなくなります。
GoProにレンズキャップをつけたところ
そこだけが今回の残念ポイントですね。ただレンズキャップを外せば良いだけなので、少し手間になるくらいです。レンズの安全性が守られるなら問題ナシ。

レンズキャップの両側面には窪みが付いていて、外すときはこちらを持てば取り外しも楽にできます。意外にしっかりとキャップがハマるので、ここを持たないと逆に取り外しが少し難しいかもしれません。
GoProのレンズキャップ側面のくぼみ

まとめ

この記事のポイント
  • 2種類の液晶保護フィルムが2枚ずつついてくる
  • 専用の箱に入っているので保管も簡単
  • レンズキャップも2つ付属してお買い得

フィルムとレンズキャップのクオリティを考えてもこの値段はかなり安いです。

加えて専用の箱がついていて保管も楽なので、よく考えられている商品だなというのが正直な感想で、買って良かったなと。

GoProの性質として外で使うことが多く、液晶が傷つくリスクは十分にあります。

そしてその不安をたった900円で解決できる。こんな素晴らしい商品があったことに驚きです。

GoProユーザーなら間違いなく「買い」のアクセサリーなので、必ず手に入れて下さいね。

[e]GoProのおすすめアクセサリー&マウントまとめ!GoProをもっと楽しもう!

2017.08.27

スポンサーリンク

この記事をかいた人

本業は整体師。大好きなGoProを始めとしたアクションカメラや動画編集、子育てなど、僕自身が体験した情報を発信しています!