GoProレビュー

GoPro HERO7 Blackを購入してからのGoPro運用について考えてみる

My GoPro Family

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

HERO7 Blackが新たに仲間入りすることで、僕のマイGoProファミリー(手持ちのGoProのこと)も順調に増えてきました。

「そんなにGoPro持っててどうするの?」という声が聞こえてきそうですが、実は僕なりにそれぞれの使い分けがイメージできているんですよ。

「この場面はHERO6 Black」、「これ撮影するならHERO5 Session」といった感じ。

そこで今回はHERO7 Blackの仲間入りに合わせて、各モデルの使い分けについて考えをまとめてみました

こうして使い分けを考えていると、各モデルの魅力にも気付くことができて、とても良い機会になります。

またこれからGoProの購入を考えている人にとっては、どのモデルが良いかを選ぶ参考にもなるので、ぜひ読んでみてくださいね!

僕のGoProファミリーはこちら

記事執筆時点でのマイGoProファミリーは、このようになっています。

  • HERO6 Black
  • HERO5 Session
  • Fusion

今のところはこの3台のGoProで、日々の撮影を楽しんでいます。

ここに新たに加わるのが、新しく発売されたHERO7 Black。

HERO6 Blackから大きく進化した性能が、実際どのくらいのものなのか楽しみ。

そんなこんなで合計4台のGoProを持つ予定の僕ですが、これをどのように使い分けるかについて真剣に考えてみました。

これを意識しておくことで、それぞれのGoProの性能をフル活用した撮影ができますからね。

各GoProの使い分け

では実際に各モデルごとに考えている、活用シーンについて紹介していきます。

僕なりの考え方になるので、ぜひ参考にしてもらえたら嬉しいです!

HERO7 Black

まず新しく仲間入りする予定のHERO7 Blackは、なんといっても強力な手振れ補正が魅力

公開された映像にあったように、今まででは考えられないレベルでの手振れ補正をしてくれるので、期待がかなり高まっています。

これだけ手振れ補正が協力であれば、僕が愛用しているKarma Gripと組み合わせる必要がありませんからね。

GoPro純正3-Wayやベルボン自撮り棒との組み合わせだけで滑らかな映像が撮影できそうなので、より身軽になって撮影に臨むことができます。

そのため自撮り棒と組み合わせて、メインカメラとして活躍してもらうのが、HERO7 Blackの役割ですね。

これならGoProと自撮り棒という、必要最低限の荷物だけで撮影ができるので、荷物を少なくしたいときには最高です。

HERO6 Black

続いて僕が現在愛用している、HERO6 Black。

HERO7 Blackと比べると手振れ補正が弱く、特に4K/60FPSでのビデオ安定化機能が効かないために、手振れが入りやすくなっています。

そのためHERO6 Blackは、Karma Gripとの組み合わせを基本にして、マルチカメラ用の素材撮影をイメージしています。

Karma Gripがあれば、ビデオ安定化機能がなくても、安定した映像が撮影できますからね。

カルマグリップ外観上から

ピークデザインのキャプチャーと組み合わせてのウェアラブル撮影も良いですよね。

メインのHERO7 Blackとは違うアングルからの撮影をして、サブカメラとして活躍してくれそう。

または奥さんに渡して、違うアングルから撮ってもらったりすることも考えています。

Karma Gripがあれば特に意識しなくても手振れを抑えてくれるので、奥さんも気軽に撮影に協力してもらえます。

HERO5 Session

コンパクトボディが魅力のHERO5 Sessionは、体や物に取り付けての撮影がメインになります。

まずは体に取り付けてのウェアラブル撮影ですね。

POV撮影として僕はクリップマウントと組み合わせて、帽子に着用したりしています。

クリップで帽子に装着

こうするとほぼ目線と同じアングルでの撮影ができるので、映像がとても良い感じになりますよ。

またRAMマウントと組み合わせて、車載動画や子どもの自転車に取り付けての撮影もする予定。

タフクローで近付いて撮影

コンパクトだからこそ取り付けても邪魔になりにくく、GoProならではのアングルから撮影できるのが魅力です。

小さいので子どもに着けてもらっても邪魔になりにくく、普段の遊ぶ様子を子ども視点で撮影できます。

Fusion

GoPro初の360度カメラとして、他のモデルとは一線を画すモデルです。

Fusionはその360度撮影を活かした、サブカメラとしての素材集めの役割がメイン

例えば以前に公開したこちらの動画では、桜の下をバイクで駆け抜けたときの映像を360度にしています。

後から好きに動かすことができて、思い出を自由に振り返ることができるのは、Fusionならではだなと。

またFusionのオーバーキャプチャー機能を使えば、後から好きなアングルで書き出すことができるので、より手軽に撮影ができるのも魅力です。

映像をとりあえず撮っておいて、アングルは後から決める。

これって今までのGoProにはない手軽さなので、とても便利なんですよね。

ただメインカメラとしては書き出しにものすごく時間がかかるので、そこを考慮すると気軽に編集しにくいのは難点ではあります。

しかし他のカメラにはない、360度の特性を利用した撮影ができるのは何よりも魅力的ですね。

まとめ

[box class=”yellow_box”]

  • HERO7 Blackはメインカメラとして自撮り棒との組み合わせ
  • HERO6 BlackはサブカメラとしてKarma Gripとの組み合わせ
  • HERO5 Sessionはサブカメラとしてウェアラブル撮影
  • Fusionはサブカメラとして360度を活かした素材集め

僕はGoProが大好きなので、マイGoProファミリーも順調に増え続けています。

なので定期的に各モデルの役割みたいなのを考えるんですが、そうするとそれぞれの良さを再確認する良い機会になるんですよね。

HERO7 Blackは楽しみですけど、HERO5 Sessionだからこそ使いやすい理由もあって、Fusionだからこそ撮れる映像がある。

そうした使い分けを考えて撮影していると、いろいろとアイディアが湧いてきてとても楽しいです。

GoProといっても各モデルで素敵な魅力があるので、今回の記事で使い分けだけでなく、そうした各モデルの魅力について知ってもらえたら嬉しいです。

これからもGoProの使い分けについては、定期的に考えながらやっていきます!

ABOUT ME
ナシタカ
GoProが大好きでHEOR5 Blackから子どもの撮影に活用しています。撮影した動画の編集も大好きで家族の思い出ムービーをたくさん作っているので動画編集についても紹介していきます。