MENU
カテゴリー
ナシタカの画像
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。

【GoProタイムラプス撮影におすすめのアクセサリー5選】撮影がもっと楽しくなる!

ナシタカのアイコン画像ナシタカ

この記事ではGoProでタイムラプスを撮影するときにおすすめのアクセサリーについて紹介しています。タイムラプス撮影がもっと楽しくなるものばかりです!

どうも、GoPro大好きナシタカです。

GoProでよく楽しんでいるのが、タイムラプス撮影。時間をギュッと圧縮したような映像がとても楽しく、いろいろと撮影したくなってしまうおもしろ機能。

ただうまく撮影しようと思うと、アクセサリーを活用しないといけない場面も出てくるんですよね。

そこでこの記事では、タイムラプス撮影におすすめのアクセサリーと、あったら便利なものを紹介します!

ぜひこの記事を参考にアクセサリーを揃えてもらい、GoProでのタイムラプス撮影を楽しんでください!

目次

タイムラプス撮影におすすめのGoProアクセサリー

僕がタイムラプス撮影におすすめしたいアクセサリーが、こちらになります。

ディヤードフレームケース

GoPro HERO7 Blackに新しいディヤードフレームケースを装着

GoProにマウントを装着するためにはフレームが必要ですが、そこで僕が利用しているのがディヤードフレームケースです。

僕は純正のフレームは使わずに、サードパーティー製のフレームケースを愛用しています。

理由は単純で、めちゃくちゃ使いやすいんですよ。フレームをつけたままサイドドアの開閉が行えるので、そのまま充電や給電もできますからね。

しかも見た目や触り心地も圧倒的にディヤードの方が好きなので、今では僕のGoProライフに欠かせないアクセサリーになっています。

▼ディヤードフレームケースレビューはこちら

あわせて読みたい
【ディヤードフレームケースレビュー】2018年版はマイク穴やツメが改良されて進化しています
【ディヤードフレームケースレビュー】2018年版はマイク穴やツメが改良されて進化していますどうも、GoPro大好きナシタカです。この記事では僕が愛用しているGoPro用のディヤードフレームケースが改良されていたことについてまとめています。かれこれディヤード...

ゴリラポッド

GoPro装着

タイムラプス撮影で絶対に欠かせないアクセサリーが三脚

なぜならまず長時間撮影が欠かせないこと映像に揺れやブレが入ると非常に見辛いから。そのためGoProを固定しての撮影が必須です。

そこでおすすめしたいのがミニ三脚であるゴリラポッド。持ち運びに便利で使い勝手も抜群なアクセサリーなのです。

普通の三脚だと荷物がかさばって持ち運びが大変なのですが、このゴリラポッドであればボディバックにもスッポリと入る大きさで持ち運びがものすごく楽。

しかも脚の部分が自由自在に動かせるので、傾斜のある地面でも楽々とGoProを安定して固定することができます。

また脚を手すりに巻き付けることで普通の三脚では置けないアングルからの撮影も可能。

この使い勝手の便利さがあるので、タイムラプス撮影でもどんな場所でもどんなアングルからの撮影もしっかりと行うことができる

まさにタイムラプス撮影を快適に、もっと楽しくしてくれるアクセサリーです。

▼ゴリラポッドレビューはこちら

あわせて読みたい
【JOBYゴリラポッドレビュー】角度調整が自由&マグネットで取り付けできるポータブル三脚
【JOBYゴリラポッドレビュー】角度調整が自由&マグネットで取り付けできるポータブル三脚GoProの楽しさを倍増してくれるフレキシブルミニ三脚、JOBYゴリラポッドを紹介します。持ち運びにも非常に便利な僕のマストアイテムを写真多めに紹介します!どうも、Go...

自動回転雲台

自動回転雲台を使うことで、タイムラプス撮影に動きをつけることができます

タイムラプス撮影の弱点と言えば、アングルが固定されてしまうことと動きをつけづらいこと

三脚で固定する必要があるため、固定のアングルでの映像しか撮影できません。

そんな単純な画角になりがちなタイムラプス撮影に変化をつけてくれるのが、自動回転雲台なのです。自動で回転してくれるお陰でブレが入らずに画角を移動させることができ、タイムラプス動画に動きをつけてくれます。

カメラ撮影にはパンニングと呼ばれる技法があり、カメラを左右どちらかに動かしながら撮ることを言います。つまり右にパンニングすることで画角が右に移動していくというもの。

これを手動で行うと必ず手振れが入ってしまい、せっかくのタイムラプス撮影が台無しになってしまいます。そこでパンニングの動きやスピードを電動で調整することができる自動回転雲台が活躍するのです。

これがあるとタイムラプス撮影にひと味違った演出を入れることができるので、普通のタイムラプス撮影に飽きてしまった人にもおすすめ。

モバイルバッテリー

折りたたみ式プラグを搭載している

GoProを給電しながら撮影することで長時間のタイムラプス撮影が可能になります。

GoProは連続撮影時間が約1時間程度なので、それ以上に撮影しようとするとバッテリーが足りなくなります。

そうした場合はモバイルバッテリーを利用して給電しながらの撮影が必須

特にタイムラプス動画は1分の動画を作るためにはシャッターのインターバルが5秒で2時間30分、10秒で5時間の撮影が必要になります。

こうなるととてもGoProのバッテリーだけでは賄えないので、スケールの大きいタイムラプス撮影にはモバイルバッテリーは必須です。

ちなみにアンカーのモバイルバッテリーを選んでいるのは個人的な好みです。コスパ最強なので僕はモバイルバッテリー買うならアンカーです!

▼Anker PowerCore Fusion 5000レビューはこちら

あわせて読みたい
【Anker PowerCore Fusion 5000レビュー】電源プラグ搭載でGoProにおすすめのモバイルバッテリー
【Anker PowerCore Fusion 5000レビュー】電源プラグ搭載でGoProにおすすめのモバイルバッテリーGoPro使うならおすすめのモバイルバッテリー「Anker PowerCore Fusion 5000レビュー」について紹介しています。GoProの長時間撮影に欠かせないアイテムです!どうも、Go...

RAMマウント

サクションベースから角度をつけて撮影

固定アングルでのタイムライプ撮影を行う時に便利な、パーツを組み合わせて作り上げるカスタムアクセサリー。車に設置してドライブの風景を撮影したり、自転車やバイクに取り付けて風景を撮影するのにも使えます。

特にアングルの変更が簡単にできるのも大きなポイント。とても使いやすいのでおすすめです。

▼RAMマウントレビューはこちら

あわせて読みたい
【レビュー】RAMマウントの組合せが楽しい!GoProで自由自在のアングルで撮影
【レビュー】RAMマウントの組合せが楽しい!GoProで自由自在のアングルで撮影GoProの撮影を便利にしてくれるRAMマウントについて紹介します。各パーツを組み合わせるこのカスタム感がたまらないGoProマウントで使い勝手抜群のまさに必須マウント。...

タイムラプスにおすすめのアクセサリーまとめ

基本的なタイムラプス撮影であればGoProにフレームと三脚を装着すれば撮影することができるので、お手軽にタイムラプス動画を作ることができます。

僕もタイムラプス撮影をするときは上で紹介したアクセサリーを持っていって、色んな場所でタイムラプス撮影を開始して放置するだけ。

たったこれだけで気付けば撮影が終わっているのです。

GoProのおかげでタイムラプス撮影がより身近に、より簡単に、より楽しくなりました

ぜひ皆さんもGoProでタイムラプス撮影を楽しんでくださいね!

あわせて読みたい
【僕が試した29種類のGoProアクセサリー】バッテリーや自撮り棒、シーン別マウントをまとめて紹介します
【僕が試した29種類のGoProアクセサリー】バッテリーや自撮り棒、シーン別マウントをまとめて紹介しますどうも、GoPro大好きナシタカです。GoProを使っているといろいろなアクセサリーが欲しくなりますが、種類がたくさんあるのでどれを買えばいいのか迷いますよね?GoPro H...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる