GoPro

[e]GoPro持って出かけよう!一味違った撮影をしたいときのおすすめマウント

GoProで一味違った撮影をしたい時に使えるマウント

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

今回はGoProでひと味違った撮影をテーマにおすすめのマウントを紹介します。GoProのマウントは多くありますが、その中には一眼レフのレンズのように撮影を楽しくしてくれるアイテムがあるのです。

そこで僕が実際に使っているマウントとあると嬉しいおすすめのマウントも一緒に紹介していきます。ぜひ参考にしてもらって撮影に活かしてもらえたら嬉しいです!

GoProはマウントの活用で撮影の幅が広がる

GoProの素晴らしいところがマウントを活用することで様々な撮影を行えるところ。GoProだからこそ撮れる映像がたくさんあるので、そういったことを意識しながら撮影を行うのも楽しみの一つです。

一味違った撮影をしたいときに使うマウント

これから紹介するマウントはGoProで普通に撮影するのも良いけど、ちょっと一味違った映像を撮りたい!というときに使えるマウントです。そのためあまり一般的なマウントではないのでこんなことも出来るんだという感じで見てもらえると良いかなと思います。興味がある方はぜひ使ってみてください!

HERO6 BLACK

まずはGoPro本体ですね。今は最新のHERO6が出ています。

HERO6について詳しくはこちらをどうぞ!
[kanren postid=”8009″]

MENGSアルミ合金フレーム

GoProを保護するためのアルミ合金製のフレーム。その最大の特徴が52mmのフィルターが使えることとその他のマウントを使うためのセットアップが充実していることです。

VLOGで活用するために必要な外部マイクや照明などをセットすることができるのでGoProで音声にもこだわった動画を撮ることができます。

詳しくはこちらの記事を見てください!

今回はこのアルミ合金フレームの52mmのフィルターを装着できることを生かしていきます。

マクロレンズやNDフィルター、PCLフィルターなど様々なフィルターを装着できて撮影できる映像も幅が広がるので普通のGoProの撮影では味わえない映像を楽しむことができます。

フィルターセット

上で紹介したアルミ合金フレームにセットする52mmフィルターのセットになります。

この価格でNDフィルターはもちろんマクロレンズやCPLフィルターなど充実したセット内容となっているのでかなりおすすめです。僕はフィルターを使うのは初めてですがかなり満足できる商品でした。値段に関わらず問題なく撮影もできるので初めてのフィルターセット購入にどうぞ!

こんな撮影ができます!

では上のアルミ合金フレームとフィルターセットでどのような撮影ができるのでしょうか?その例を紹介していきます。

マクロ撮影

まずはマクロレンズを使うことでGoProの苦手な近距離での撮影ができるようになります。普通の撮影ではボケていたところを高画質で撮影できるようになるのでかなり新鮮な感じがします。特に近距離以外の背景がボケているように見えるので一眼レフで撮ったような映像を撮ることができるのが面白いところです。

このマクロ撮影についてはこちらの記事にまとめているのでぜひ読んでください!
[kanren postid=”6407″]

NDフィルターの活用

GoProはF値が固定されているため気象条件によっては滑らかな動画を撮影することができなくなります。そんな時に役立つのがNDフィルター。

シャッタースピードを早くすることなく明るさを調整するためには必須のアイテムになります。僕はこのフィルターがなかったので、夏の日の撮影で思うような素材を撮ることができませんでした。

効果や使い方についてはこちらの記事にまとめています!

ヘッドマウント

こちらはGoProを頭につけるためのマウントになります。

[e]GoPro純正ヘッドストラップ&クリップマウントを使ってみた!使い方やその使用感についてまとめます!という記事に書いているようにより目に近くなるので視点が観ている景色にさらに近づきます。

よりリアルな視点での撮影を求めるのであればおすすめのアクセサリーです。

ゴープロ用ヘッドストラップとクリップの写真
[e]GoPro純正ヘッドストラップ&クリップマウントを使ってみた!使い方やその使用感についてまとめます!どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。 今回は以前に購入したHERO5 Sessionのオマケとしてついてきた「ヘ...

あったら嬉しいプラスワンアイテム

ここからはより様々な映像を撮るために必要なアイテムについて紹介します。GoProといえばこれ!というマウント多めです。僕が持っていなくて欲しい物も紹介しているのでぜひ参考にしてください!

チェストマウント

胸の高さにGoProを固定して撮影することができるマウントで主観視点での撮影をすることができます。自分の手がしっかりと映るのでまさに自分の観ていた景色そのままに映像が残せるのが特徴。

子どもに装着することで子どもの視点がより感じられる映像を撮影できたりとGoProならではの映像を撮ることができます。実際にやってはいませんが子どもが歩き始めた時の映像などは撮ってみたいなと思いますね。

リストマウント

GoProを手首につけることができるマウント。手をフリーにしつつ様々な方向への撮影がしやすくなります。自分を撮ったり相手を撮ったりといったコントロールがしやすそうだなという印象があるので使ってみたいマウントです。

まとめ:GoProでも様々な撮影が楽しめる

GoProは広角レンズでの撮影が特徴的なので逆にこうした撮影しかできないと思われがちですが、それは大きな間違い。そうしたGoProの特性を理解して活用するのが正しいGoProの使い方です。

特にGoProはマウントが充実しているからこそ、それらを活用することで想像を超える活躍をしてくれるのです。

そうしたGoProのポテンシャルを、いかに引き出して撮影するかがめちゃくちゃ大事。むしろそれがGoProを使う一番の楽しみかもしれません。

色々と考えて撮影して、それが自分の思い描いた通りに撮れていたら最高に楽しい。それを目指して日々の撮影を楽しむのが僕の日課です。

僕はこれからもGoProの活用を楽しく模索していくので、皆さんもマウントを活用してGoProでひと味違った撮影を楽しんでみてはいかかでしょうか?

その他のGoProマウントについて知りたい方は[e]GoPro HERO6/HERO5に必要なアクセサリーとおすすめのマウントについて紹介しますの記事で詳しくまとめているので参考にしてください!

GoProアクセサリー
僕が試した29種類のGoProアクセサリー|バッテリーや自撮り棒、シーン別マウントをまとめて紹介しますGoProにおすすめのアクセサリーを紹介しています。GoProを使うために必要なSDカードはどれを買えば良いのか?たくさんあるアクセサリーはどれを買えば良いのか?実際に使ってみました!...
ABOUT ME
ナシタカ
GoProが大好きで子どもの撮影に愛用しています。 撮影した動画の編集も大好きなので動画編集についても紹介しつつ、自分が気に入ったものをどんどん紹介していきます。