[e]GoProのおすすめ動画編集ソフト!スマホやPCの編集ソフトについてまとめていきます

GoProで撮影した動画を編集する方法

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

この記事ではGoProで撮影した動画を編集する方法について紹介します。

せっかくGoProで撮影した動画ですから、せっかくならカッコイイ動画にして周りの友達に見せて自慢したいですよね?

そうなるとカッコイイ感じになるように努力する必要があるので、お陰で動画編集の勉強の良いモチベーションになっています。

というわけでGoProの動画編集をするときにオススメの編集ソフトとして、GoPro純正ソフトを中心に僕が使ってみた経験のある動画編集ソフト紹介します

これからGoProで撮影した映像を編集したいと考えている方はぜひ参考にしてもらえたら嬉しいです!

スポンサーリンク

GoProのおすすめ動画編集ソフト「iPhone(スマホ)で動画編集」

まずはiPhone(スマホ)で動画編集をしたい時に、おすすめな動画編集ツールについて紹介します。

GoProから純正の編集アプリが出ていてそれがこちらになります。

  • Quikアプリ
  • Spliceアプリ

動画編集が簡単にできるのでぜひチェックしてみてくださいね。

Quikアプリで編集

まずGoProで撮影した動画を簡単に編集できるものとしては、スマホアプリの「Quik」があります。

Quik – GoProビデオエディタを使って写真やクリップを音楽で編集する 4.2.2
分類: 写真/ビデオ, 旅行
価格: 無料 (GoPro, Inc.)

これはGoProで撮影した動画を「GoPro App」でスマホのライブラリに取り込み、ライブラリにある動画をQuikに読み込むだけでおしゃれな動画を作成してくれるもの。

GoPro (formerly Capture) – Featuring QuikStories 4.0.1
分類: 写真/ビデオ, ユーティリティ
価格: 無料 (GoPro, Inc.)

あらかじめデザインのテンプレートが複数用意されているので、それを選ぶだけで動画を作ることができます。クオリティの高い動画がスマホアプリだけで作れるので、「簡単におしゃれな動画を作りたい!」という方にはかなりおすすめ。

僕もお散歩とかで撮ったちょっとした子供の動画を編集したいときは、このQuikを利用してちょちょっと作業することが多い。でもそんな感じでただQuikに読み込むだけでBGMにも合わせて動画の盛り上がりシーンを選んでくれたりもするので、めちゃくちゃ高機能でビックリしますよ。

Quik key:Quikと組み合わせると便利なアイテム

ちなみにGoProのデータをスマホで読み込むのにこんなアイテムもあります。

こちらはiPhone用でマイクロSDを差し込んでライトニング経由で接続することで、iPhoneにデータを簡単に転送することができるというアイテム。

僕も実際に使ってみましたが、無線通信を使わずに直接データを読み込むことができるので、GoProのバッテリーを無駄に消費することがないのがポイント。

また無線接続よりも圧倒的にスマホへの転送速度が早いので、GoProで撮影した動画や写真をiPhoneに取り込みたい人には、かなりオススメです!

詳しくは▼Quik keyでGoProのデータをiPhoneに爆速転送!写真や動画をスマホで編集するならおすすめの記事をどうぞ!

[e]Quik keyでGoProのデータをiPhoneに爆速転送!写真や動画をスマホで編集するならおすすめ

2018.01.21

Quikの注意点

Quikは便利な編集ツールですが注意点があり、高解像度の映像は編集をすることができません

僕のiPhoneSEで確認したところ4Kは編集不可能で、2.7Kまでの解像度であれば編集をすることができました。ただ2.7Kでも4:3の解像度は対応していなかったので撮影のときには注意しましょう。

詳しくはこちらのスマホアプリについてまとめた▼GoProアプリを使いこなせ!QuikやSpliceの使い方と注意点について紹介します!記事で書いています。

[e]GoProアプリを使いこなせ!QuikやSpliceの使い方と注意点について紹介します!

2017.12.28

Spliceアプリで編集

Splice – のGoProビデオエディタ 3.5.3
分類: 写真/ビデオ, エンターテインメント
価格: 無料 (GoPro, Inc.)

もう一つGoProからリリースされているアプリとして「Splice」というものがあります。

Quikに比べるとより本格的な編集が行えるものになっているので、自分でより細かく動画を編集したいという人にはオススメ

特にSpliceのおすすめポイントとしてはQuikでは扱えない高解像度の映像を編集できる点です。

GoProアプリでダウンロードできる解像度の映像であれば全て編集することができるので4Kで撮影した動画も編集できるのが素晴らしい。

さらに1080p/240fpsのような高フレームレート映像も編集することができますし、映像の再生速度も調整できるので、スローモーション動画を作成することができるのも最高です。

また個別に動画のトリミングをして長さを調整したり、フィルターをかけたりとスマホで自由度高く編集ができます。

テンプレートでなくオリジナルの作品を作ってみるのも楽しいですよ。僕は動画作成にドハマリしているので、ぜひお試しください!

Spliceに関しても▼GoProアプリを使いこなせ!QuikやSpliceの使い方と注意点について紹介します!の記事で詳しく紹介しています!

[e]GoProアプリを使いこなせ!QuikやSpliceの使い方と注意点について紹介します!

2017.12.28

GoProのおすすめ動画編集ソフト「Mac(PC)で動画編集」

ここからはMac(PC)で動画編集をしたい人におすすめの動画編集ソフトについて紹介します。

一覧にするとこんな感じです。
Quik for Desktop
Fusion Studio
Filmora(フィモーラ)
Movavi Video Editor
GoPro Studio

ここでもGoPro純正の動画編集ソフトから僕が実際にメインの動画編集ソフトとして使っているAdobeのPremiereまで、様々なソフトがあるのでお好きなものを選んでくださいね。

Quik for Desktopで編集

Quik for Desktopは新しくGoProからリリースされたPC向けクライアントアプリ。

GoPro Studioと違って日本語での説明なのと直感的に操作できるので、これから動画編集を始めようという方におすすめです。

僕も以前はよく使っていたのですが、撮影した30GB分の動画を読み込んだところアプリがクラッシュしてしまってそれ以降は全く使っていませんでした。

しかし今はちょくちょく使う機会が出てきていて、その理由がこの3つになります。

  • ナイトラプスの変換
  • タイムラプス写真の変換
  • Gauges(ゲージ)の追加

Quikのメリット:ナイトラプスの変換

ナイトラプスで撮影すると全て静止画で記録されているので、このままでは動画として活用することができません。

そこでナイトラプスで撮影した静止画をQuikで読み込むことで、好きな解像度とFPSで書き出すことができるようになるのです。

解像度はもちろん4Kも選択できて、FPSは30,25,24から好きなものを選んで書き出すことができたりと、カスタムして書き出すことができます。

このソフトを使えば簡単にナイトラプスを動画にできるので、かなり重宝している機能です。

実際の撮影設定から動画への変換方法までは、▼GoPro HERO6のナイトラプスの使い方:設定から撮影方法、動画への変換まで紹介しますの記事で詳しく紹介しているのでぜひ参考にしてください。

[e]GoPro HERO6のナイトラプスの使い方:設定から撮影方法、動画への変換まで紹介します

2017.12.12

Quikのメリット:タイムラプス写真の変換

タイムラプス写真も動画にするにはこのQuik for Desktopが絶対に必要で、撮影した写真をQuikで読み込むと自動で変換してくれるのでとても簡単です。

今のところスマホアプリではこの動画への変換ができないので、タイムラプス写真やナイトラプスを動画で楽しむためには、必ずPCでの編集が必須になるというわけですね。

またタイムラプス写真をRAWで撮影した場合は現像ができないので、その場合はPhotoshopを使うのがおすすめ。

RAW撮影のポイントや編集のやり方、実際に撮影した映像は、▼GoPro HERO6でタイムラプス写真撮影!設定からRAW撮影など全てを紹介しますの記事で詳しく紹介しているので参考にしてください。

[e]GoPro HERO6でタイムラプス写真撮影!設定からRAW撮影など全てを紹介します

2018.02.08

Gauges(ゲージ)の追加

GPSを利用したGauges(ゲージ)という機能を使うのにも、このQuik for Desktopが必要になります

スピードメーターなどおもしろい機能が動画に追加できるので、編集のアクセントとしてインストールしておくのがおすすめです。

詳しくは▼GoProでGauges(ゲージ)を追加する方法!スピードメーターで動画編集がより楽しくなる!の記事をどうぞ!

[e]GoProでGauges(ゲージ)を追加する方法!スピードメーターで動画編集がより楽しくなる!

2018.04.23

Fusion Studio

Fusion Studioも今回新しくGoProからリリースされた純正のPC用編集アプリで、新しく発売されたGoPro Fusionで撮影した360度映像を編集することができるツールです。

こちらのページからダウンロードすることができます。

GoPro Fusionで撮影した動画はスマホを除くとまずこのFusion Studioで編集する必要があります。

特にAdobeのPremiereで編集したい場合も、まずはこのFusion Studioでカメラのスティッチ処理(前後のカメラで撮影した映像をつなぎ合わせる処理)を行わないといけません。

この処理が時間がかかるので、余裕を持って行うことをおすすめします。量が多いと1時間ぐらいかかることもざらです。

ただこのFusion Studioを使えばOver Capture(オーバーキャプチャー)機能で後から好きなアングルで動画を書き出すこともできますし、また静止画の書き出しも好きなアングルで可能

さらには下の画像のようなリトルプラネットという映像も簡単に作成できるので、とてもおもしろい編集ツールです。

ゴープロフュージョンで撮影したリトルプラネット

特に大切なのが手ぶれ補正機能です。

Fusionで撮影した映像をスマホで確認すると手振れ補正がされていないため、とても見にくい映像となっています。

それがこのFusion Studioで手振れ補正で書き出すと、とても安定した映像で書き出すことができるのです。

ProRessなどの劣化しにくい形式での書き出しもできるので、プレ編集ソフトとして抜群の働きをしてくれます。

詳しくは▼GoPro Fusionの映像をFusion StudioとAdobe Premiereで編集する方法の記事で編集の流れを紹介しているので読んでみてください。

[e]GoPro Fusionの映像をFusion StudioとAdobe Premiereで編集する方法

2018.01.27

Filmora(フィモーラ)

Wondershareが販売している動画編集ソフトです。

直感的な操作で編集ができる使いやすさが魅力で、様々な編集が簡単に素早く行えるのが特徴です。

特にアクションカメラ専用の編集ツールがついていて、GoProで撮影した広角の映像を簡単にレンズ補正ができるので、純正ソフトでは作れない映像編集ができます。

さらにプリセットで入っている映像のつなぎ効果のトランジションやテキストアニメーションが豊富なので、よりオリジナリティ溢れる動画編集ができるのは最高に楽しいです。

詳しくは▼Filmora(フィモーラ)はGoProの動画編集におすすめ!使いやすい楽しい編集ソフトです!の記事にまとめているので、ぜひ読んでみてください!

[e]Filmora(フィモーラ)はGoProの動画編集におすすめ!使いやすい楽しい編集ソフトです!

2018.08.16

Movavi Video Editor

Movavi Video Editor

こちらも直感的な操作で編集ができるPC用の動画編集ソフトです。

特徴はモンタージュウィザードという自動動画編集機能で、GoProでいうQuik STORIES(クイックストーリー)のような機能ですね。

Movavi Video Editorのモンタージュウィザード

動画クリップを読み込んであとは音楽とトランジションを選ぶだけで、自動で編集して映像を作ってくれるんですよ。

動画編集は苦手で自動でやってほしい!とか時間をかけたくない!、すぐに旅行で撮影した動画を編集したい!といったときにはとても役立ちます。

Movavi Video Editorの詳しいレビュー記事はこちら!

[e]Movavi Video EditorでGoPro動画を編集!とても使いやすい動画編集ソフトです!

2018.10.16

GoPro Studioで編集

GoProから無料でリリースされている動画編集ソフト。

全て英語表示なので慣れるまで大変そうですが、スマホアプリのQuikのようにテンプレートに沿って簡単に動画を作成できたり、動画の色補正なども行える本格的な編集ソフトです。

僕は何回か動画編集をして使ってみましたが、僕が今使っている動画編集ソフトと比べると使いにくく感じてしまって今はまったく使っていません

また英語版のソフトのせいか日本語のファイル名をつけると上手く認識されないようで、色々と気を使わないといけないのが手間に感じてしまいますね。

ネットで検索してもあまり使い方などについて詳しく出てこないので、慣れるまでが大変です。

他のツールであれば情報がすぐに探せるので使いやすいですよ。

分かりやすい使い方ならこちらで紹介されているので参考にしてみてください。

スマホでおすすめの編集アプリは「Quik」

スマホでGoProの動画編集をしたい人にオススメするとしたら、スマホアプリのQuikが一番使いやすくてオススメです。

理由はスマホで作成したらそのまま動画を簡単にシェアしたりできるので、動画を誰かに見せたいと思ったら一番便利だからですね。

しかも動画を読み込むだけである程度のクオリティの動画が作れてしまうので、動画編集の入門編としてはピッタリ。

まずはQuikアプリで動画編集を楽しんでみることをおすすめします!

詳しい使い方は▼GoProアプリを使いこなせ!QuikやSpliceの使い方と注意点について紹介します!で紹介しているのでぜひ参考にしてアプリで編集をしてみてください。

[e]GoProアプリを使いこなせ!QuikやSpliceの使い方と注意点について紹介します!

2017.12.28

PCでおすすめは『Quik』と『Filmora(フィモーラ)』

PCメインの方でしたらQuikを利用するのが無料で使えるのでおすすめです。

ナイトラプスの編集もできるのでGoProの動画を編集するとしたらやはり使い勝手は良い感じです。

特にGoProの動画を自動で認識して、良い感じの動画に仕上げてくれるのはとても便利。初心者の方にも使いやすいソフトになっています。

しかしもう少しオリジナリティ溢れる編集がしたい!という方には、『Filmora(フィモーラ)』をぜひ使ってほしいですね。

より自由にアニメーションやエフェクトを使っていけるので、動画編集がさらに楽しくなります。

しかも有料にはなりますが、後から追加エフェクトを使っていくこともできるので、メインの動画編集ソフトとして活躍してくれること間違いなし。

ナシタカおすすめの動画編集ソフト「Adobe Premiere」

Filmoraを知ってからは出番が少し減っていますが、僕がメインで使っている動画編集ソフトはAdobeのPremiereという編集ソフトになります。

プロも使うくらいに高機能なツール。そのため編集スキルが上がってくると色々とできるようになってめちゃくちゃ楽しくなって最高です!

動画をズームしたりテロップ入れたりなど、あらゆる作業を効率よくこなせるのが高機能ツールの素晴らしいところですね。

もっとこだわった映像を使いたい!という人はPremiereにぜひチャレンジしてみてください!

▼Premiereのレビューはこちら!

[e]動画編集ならAdobeのPremiereをおすすめする3つの理由

2017.09.20

スローモーションも簡単にできます!

GoProで撮影した映像をスローモーションにするのもPremiereなら簡単にできます。実際にスローモーションにしてみたのがこちらの映像です。

このスローモーションについては▼GoProでのスローモーション撮影まとめ!メリットから設定まで全てをまとめましたの記事で撮影のポイントから実際の方法まで解説しています。

[e]GoProでのスローモーション撮影まとめ!メリットから設定まで全てをまとめました

2017.10.20

GoProのおすすめ動画編集ソフト「ナシタカ式編集ソフトの使い分け」

僕の場合はメインの動画編集ソフトはAdobeのPremiereを使っていますが、動画編集をする際に必ずPremiereを使っているわけではありません。

僕なりの使い方としてはがっつりと映像を作りたいときはPremiereを使いますが、簡単に作りたいときはスマホアプリを利用します

ガッツリと編集するならPCでPremiereとQuik for Desktopを利用

まず映像をしっかりと作りたい時は編集での自由度が高いAdobeのPremiereを利用します

Premiereは映像素材を全て合わせて1つの作品を作るために利用する最終の編集ソフトなので、このための映像素材を作る時に利用するのがQuik for Desktop。

純正ソフトとしてのナイトラプス作成機能やGauges(ゲージ)機能など他では代用することの出来ない機能を追加できるのが魅力。

Macではこのように使い分けて編集をしていきます。

簡単に動画を作りたいならスマホアプリのQuik

例えばちょっとした日常のムービーから作品を作りたいなという時には簡単にスマホで作れた方が理想的

わざわざMacを使って編集するのは時間も場所も必要なので面倒ですからね。

それだったらサクッとスマホで編集出来る方が理想なので、こういった時の編集ではiPhoneのQuikを使って編集します。

テンプレートを選んで音楽を選んで…とサクサク作業ができるのが最大の魅力。

要はどのツールが優れているとかではなく、作品の目的に合わせて使うツールを選びましょうってことです。

GoProのおすすめ動画編集ソフト:まとめ

この記事のポイント
  • GoProが提供している無料の編集ソフトが利用できる
  • スマホアプリのQuikが簡単に使えておすすめ
  • もっと色々な動画編集スキルを身に付けたいならAdobe Premiere

以上でGoProからリリースされている無料の編集ソフトと僕のおすすめについてまとめていきました。

せっかく撮影したGoProの動画ですからなるべくオシャレな仕上がりにしたいですよね?

そういった要望に応えられるのがスマホアプリのQuikの魅力。簡単にオシャレな動画が作成できるので、これだけで動画編集を十分に楽しむことができます。

そしてさらにステップアップして自分でオリジナルで作ってみたいという方にはSpliceというアプリもあるので、ぜひ動画編集にチャレンジしてみてください!

PCでより動画編集スキルを楽しんでいきたい!と言う方には僕が使っているPremiereがおすすめで、スキルが上がるとどんどん楽しくなりますよ!

ぜひ撮影した素材から素晴らしくオシャレな動画を編集で生み出してくださいね!

PremiereだけでなくPhotoshopやillustratorも使えるお得なプランはこちらです!

[e]動画編集ならAdobeのPremiereをおすすめする3つの理由

2017.09.20

ABOUTこの記事をかいた人

GoProが大好きでHEOR5 Blackから子どもの撮影に活用しています。撮影した動画の編集も大好きで家族の思い出ムービーをたくさん作っているので動画編集についても紹介していきます。