MENU
カテゴリー
ナシタカの画像
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。

【GoProにおすすめ動画編集ソフト】スマホやPCの編集ソフトについてまとめていきます

ナシタカのアイコン画像ナシタカ

この記事ではGoProで撮影した動画を編集するために必要な編集ソフトについて紹介しています。GoProからリリースされている無料のものを中心に紹介しつつ、僕のおすすめのツールと僕が実際に使っている編集ソフトについても紹介しています!

どうも、GoPro大好きナシタカです。

GoProで撮影した映像を自分好みに編集していくのは、もはや楽しみの1つ。

ただそうなると困るのが動画編集ソフトで、純正ソフトでも種類がけっこうあるのでどれを使えば良いのか迷ってしまうんですよね

そこで僕がGoProにおすすめの編集ソフトとして、それぞれの特徴についてまとめていきます

スマホやPCなどのデバイス別に紹介しているので、これからGoProで撮影した映像を編集したいと考えている方はぜひ参考にしてください。

目次

iPhone(スマホ)のGoProアプリで動画編集

まずはiPhone(スマホ)で動画編集をするときにおすすめの、動画編集アプリについて紹介します。

GoProから純正の編集アプリが出ていて、それがこちらになります。

GoProアプリで編集

GoProアプリは、スマホとGoProのデータをやり取りするためのアプリでした。

しかし、2019年7月30日にアップデートがきたことで、GoProアプリにQuikの動画編集機能が統合。

GoPro 6.0
分類: 写真/ビデオ, ユーティリティ
価格: 無料 (GoPro, Inc.)

これでデータ管理から動画編集まで、すべて1つのアプリでできるようになるという、神進化を遂げています。

詳しくは▼Quikと統合したGoProアプリの使い方の記事で紹介しています。

あわせて読みたい
Quikと統合されたGoProアプリの使い方|データ管理から動画編集がスムーズにできます!
Quikと統合されたGoProアプリの使い方|データ管理から動画編集がスムーズにできます!Quikと統合されたGoProアプリの使い方についてまとめています。基本の使い方から動画編集の方法、進化したポイントまで紹介します!どうも、GoPro大好きナシタカです。G...

Quikアプリで編集

Quikはスマホで手軽に使える動画編集アプリでしたが、上に書いたようにGoProアプリに機能が統合されることとなりました。

GoProアプリに慣れてしまえば使うこともなく、余分なアプリを消すことができるので、GoProアプリを活用するのをおすすめします。

詳しくはこちらのスマホアプリについてまとめた▼GoProアプリのQuikやSpliceの使い方と注意点の記事にまとめているので、合わせて読んでみてください。

ちなみにGoProのデータをスマホで読み込むのに便利な、『Quik Key』というアイテムもあります。

こちらはiPhone用ですが、microSDカードを差し込んでライトニング経由で接続することで、iPhoneにデータを簡単に転送することができるというアイテム。

無線通信を使わずに直接データを読み込むことができるので、GoProのバッテリーを無駄に消費することがないのがポイント。

また無線接続よりも圧倒的にスマホへの転送速度が早いので、GoProで撮影した動画や写真をiPhoneに転送したい人にはかなりオススメです!

詳しくは ▼Quik keyレビューの記事をどうぞ!

あわせて読みたい
【販売終了】Quik key(クイックキー)でGoProのデータをiPhoneに爆速転送!写真や動画をスマホで編集する...
【販売終了】Quik key(クイックキー)でGoProのデータをiPhoneに爆速転送!写真や動画をスマホで編集する...この記事ではGoProで撮影したデータをiPhoneに素早く転送できる便利アイテムQuikキーについて紹介しています。Quikキーの機能やメリットをまとめていますよ!どうも、Go...

Spliceアプリで編集

もう一つGoProからリリースされているアプリとして、『Splice』があります。

Splice – のGoProビデオエディタ 3.5.3
分類: 写真/ビデオ, エンターテインメント
価格: 無料 (GoPro, Inc.)

Quikに比べると、本格的な動画編集ができるものになっているので、細かいところまでこだわって編集したいという人にはオススメ

Spliceのおすすめポイントは、上で紹介したQuikでは扱えない高解像度の映像を編集できる点です。

GoProアプリでダウンロードできる解像度の映像であれば全て編集することができるので、4Kで撮影した動画も編集できるのが素晴らしい。

さらに1080p/240fpsのような高フレームレート映像の再生速度も調整できるので、スローモーション動画が作れます。

また個別に動画のトリミングをして長さを調整したり、フィルターをかけたりとスマホで自由度高く編集が可能。

完全オリジナルの作品を作ってみるのも楽しいので、ぜひお試しください!

Spliceに関しても▼GoProアプリのQuikやSpliceの使い方と注意点の記事で詳しく紹介しています!

Mac(PC)で使えるGoPro動画の編集ソフト

ここからはMac(PC)で動画編集をしたい人におすすめの動画編集ソフトについて紹介します。

一覧にするとこんな感じです。

GoPro Studioで編集

GoProから無料でリリースされている動画編集ソフト。

全て英語表示なので慣れるまで大変そうですが、スマホアプリのQuikのようにテンプレートに沿って簡単に動画を作成できたり、動画の色補正なども行える本格的な編集ソフトです。

GoPro スタジオ 2.5

僕は何回か動画編集をして使ってみましたが、僕が今使っている動画編集ソフト『Premiere』と比べると、使いにくく感じてしまって今はまったく使っていません

英語版のソフトのせいか日本語のファイル名をつけると上手く認識されないようで、色々と気を使わないといけないのが手間に感じてしまいますね。

分かりやすい使い方なら、こちらで紹介されているので参考にしてみてください。

無料の動画編集ソフト「GoPro Studio」の基本操作と画像の変換 | できるネット

パソコン版Quikで編集

パソコン版Quikは新しくGoProからリリースされたPC向けクライアントアプリ。

Quik | デスクトップ

GoPro Studioと違って日本語での説明なのと、直感的に操作できるので、これから動画編集を始めようという方におすすめです。

僕も使う機会が増えてきていて、それはこちらの3つの編集をしたいとき。

  • ナイトラプスの変換
  • タイムラプス写真の変換
  • Gauges(ゲージ)の追加

これらの機能はパソコン版Quikでしか使えない機能で、スマホだけでは編集ができません。

ただGoPro HERO8からついにナイトラプスの動画に対応したので、少しずつGoProとスマホだけでできることが増えてきています。

Gauges(ゲージ)はパソコンのほうが追加できる項目が多いので、ここだけがメリットの大きい部分。

詳しくはこちらの▼パソコン版Quikの使い方の記事で紹介しています。

Fusion Studioで編集

Fusion StudioもGoProからリリースされている純正のPC用編集アプリで、GoPro Fusionで撮影した360度映像を編集することができるツール。

こちらのページからダウンロードすることができます。

GoPro Fusion

GoPro Fusionで撮影した動画はスマホを除くと、このFusion Studioで編集する必要があります。

AdobeのPremiereで編集したい場合も、まずはこのFusion Studioでカメラのスティッチ処理(前後のカメラで撮影した映像をつなぎ合わせる処理)を行わないといけません。

このスティッチ処理に時間がかかるので、余裕を持って行うことをおすすめ。量が多いと1時間ぐらいかかることもざら。

ただこのFusion Studioを使えばOver Capture(オーバーキャプチャー)機能で後から好きなアングルで動画を書き出すこともできますし、また静止画の書き出しも好きなアングルで可能

さらには下の画像のようなリトルプラネットという映像も簡単に作成できるので、とてもおもしろい編集ツールです。

GoPro Fusionで撮影したリトルプラネットの写真

特にありがたいのが、手ぶれ補正機能で、Fusion Studioで処理をすれば安定した映像で書き出すことができます。

ProRessなどの劣化しにくい形式での書き出しもできるので、プレ編集ソフトとして抜群の働きをしてくれますよ。

詳しくは▼GoPro Fusionの映像をFusion StudioとAdobe Premiereで編集する方法の記事で、編集の流れを紹介しているので読んでみてください。

Filmora(フィモーラ)で編集

Wondershareが販売している動画編集ソフトで、直感的な操作で編集ができる使いやすさが魅力で、様々な編集が簡単に素早く行えるのが特徴です。

特にアクションカメラ専用の編集ツールとしてGoProで撮影した広角の映像を簡単にレンズ補正ができるので、純正ソフトでは作れない映像編集ができます。

さらにプリセットで入っているビデオトランジションやテキストアニメーションが豊富で、よりオリジナリティ溢れる動画編集ができるのは最高に楽しいです。

詳しくは▼Filmora(フィモーラ)レビュー記事にまとめているので、ぜひ読んでみてください!

Movavi Video Editorで編集

こちらも直感的な操作で編集ができる、PC用の動画編集ソフトです。

特徴はモンタージュウィザードという、GoProでいうQuik STORIES(クイックストーリー)のような自動編集機能が備わっています。

動画クリップを読み込んであとは音楽とトランジションを選ぶだけで、自動で編集して映像を作ってくれるんですよ。

「動画編集は苦手で自動でやってほしい」とか「時間をかけたくない」、「旅行で撮影した動画をすぐに編集したい」といったときにはとても役立ちます。

Movavi Video Editorレビュー記事はこちら

Adobe Premiereで編集

最後に紹介するのが、僕が愛用しているAdobeの『Premiere』という編集ソフトになります。

プロも使うくらいに高機能なツールなので、編集スキルが上がってくると色々とできるようになってとても楽しいのが理由

動画をズームしたりテロップ入れたりなど、あらゆる作業を効率よくこなせるのが、高機能ツールの素晴らしいところですね。

サブスクリプションで月額費用がかかってしまうのがネックですが、その値段以上の価値があると思っています。

技術が上がれば上がるほど楽しくなるので、ずっと愛用し続けているおすすめのソフト。

もっとこだわった映像を作りたい!という人は、Premiereにチャレンジしてみてください!

▼Premiereのレビューはこちら!

GoProの動画編集ソフトのおすすめの使い分け

僕の場合はメインの動画編集ソフトはAdobeのPremiereを使っていますが、動画編集をする際に必ずPremiereを使っているわけではありません。

僕なりの使い方がこちらの2つ。

ガッツリと編集するならPCでPremiereとパソコン版Quikを利用

映像をしっかりと作りたい時は、編集での自由度が高いAdobeのPremiereを利用します

Premiereは映像素材を全て合わせて1つの作品を作るために利用する最終の編集ソフトなので、このための映像素材を作る時に利用するのがパソコン版Quik。

純正ソフトとしてのナイトラプスの動画変換やGauges(ゲージ)機能など、他では代用できない機能を使えるのが魅力。

Macではこのように使い分けて編集をしていきます。

簡単に動画を作りたいならスマホのGoProアプリ

例えば、ちょっとした日常のムービーから作品を作りたいなというときには、簡単にスマホで作れた方が理想的

わざわざMacを使って編集するのは、時間も場所も必要なので面倒ですからね。

それだったらサクッとスマホで編集出来る方が理想なので、こういった時の編集ではQuikの機能が統合された新しいGoProアプリを使って編集します。

テンプレートを選んで音楽を選んで…とサクサク作業ができるのが最大の魅力。

詳しくは▼Quikと統合したGoProアプリの使い方の記事をどうぞ。

あわせて読みたい
Quikと統合されたGoProアプリの使い方|データ管理から動画編集がスムーズにできます!
Quikと統合されたGoProアプリの使い方|データ管理から動画編集がスムーズにできます!Quikと統合されたGoProアプリの使い方についてまとめています。基本の使い方から動画編集の方法、進化したポイントまで紹介します!どうも、GoPro大好きナシタカです。G...

GoPro動画編集のためのパソコンの選び方

GoProの動画編集をパソコンでするには、動画編集のための最低限のスペックを備えたパソコンを選ぶことが大切です。

GoPro Fusionの動画を編集するための基準で考えると、以下のスペックが必要になります。

パソコンの種類MacWindows
オペレーティングシステムMac OS 10.10 以降64ビット Windows10(デスクトップ モードのみ)
CPUIntel Quad Core i7 以上
グラフィックカード専用 GPU (AMD Radeon R9 M370X 以上など) 最小ビデオ RAM: 4 GB専用 GPU ((AMD Radeon R9 290 NVIDIA GTX760 以上など) 最小ビデオ RAM: 4 GB
スクリーン解像度1280×7681920 x 1080 以上
RAM8GB
ハードドライブソリッド ステート ドライブ
外付けの場合は Thunderbolt、FireWire、または USB 3.0 を使用

このスペックを備えていれば、GoPro動画編集がストレスなくできるというわけですね。

おすすめのパソコンについては▼GoPro動画編集のためのパソコンの選び方の記事でまとめているので、まだパソコンを持っていない方は参考にしてください。

GoProのおすすめ動画編集ソフトまとめ

  • GoProが提供している無料の編集ソフトが利用できる
  • スマホアプリのQuikが簡単に使えておすすめ
  • もっと色々な動画編集スキルを身に付けたいならAdobe Premiere

以上でGoProからリリースされている無料の編集ソフトと僕のおすすめについてまとめていきました。

それぞれに良さがあるので、どのツールが優れているとかではなく、作品の目的に合わせて使うツールを選ぶことが大切になります。

手軽に動画編集したいならスマホアプリ、ガッツリと編集したいならPCを使う。使い分けることでさらに動画編集が身近に、より楽しく感じられる。

ぜひ撮影した素材からオシャレな動画を生み出してくださいね!

PremiereだけでなくPhotoshopやillustratorも使えるお得なプランはこちらです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる