[e]GoPro HERO5 BLACKにおすすめの「ディヤード防水ハウジングケース」はコスパ抜群のハウジングです!

GoPro HERO5にディヤード防水ハウジングケースを装着した正面

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

今回はGoPro HERO5の防水ケースについて書いていきます。

なぜかというとGoProはHERO5になって本体自体に10mの防水性能がついたことで、付属のアイテムもハウジングではなくフレームに変更されました。

しかし本体に防水性能があるといってもやはり海の中やプールで使うとなると若干の不安が残ります。端子部分は開閉式のドアで覆われていますが、ゴム製のパッキンで作られているので劣化する可能性があったり単純に完全に閉じるのを忘れてしまって中に水が侵入する可能性があるからです。

なのでそうした水への耐性を高めることは安全で快適な撮影には必要不可欠。念のために防水ハウジングケースを利用することで予想外のアクシデントでカメラが故障するのを防ぐことができます。

そんな防水ハウジングケースを探している方に今回オススメしたいのが、「ディヤード防水ハウジングケース」です。

低価格でありながら安心して使えるその性能からコスパ抜群のアイテムなので、僕が自信を持って紹介していきます!

スポンサーリンク

ディヤード45m防水ハウジングケース

こちらが今回紹介するディヤード防水ハウジングケースです。

45m防水なので水中でも安心して使えます。ディヤードのメーカーはフレームも使いやすくておすすめでこちらの記事でも紹介しています。

合わせて読みたい!

[e]GoPro使うならディヤードのフレームケースが充電しながらの撮影が可能で使い勝手抜群でオススメ

ディヤード防水ハウジングケースのフォトレビュー

まずこちらが正面から撮影したものです。

ディヤード防水ハウジングケース正面

こちらが後面を撮影したもの。
ディヤード防水ハウジングケース後面

こちらが斜めから撮影したものです。
正面を斜めから

後面を斜めから

そしてこちらが上部にある録画ボタンです。
ディヤード防水ハウジングケースの上部のボタン

こちらがサイドのモードボタン。
サイドのモードボタン

ボタンは押し込んだ感じが最初は慣れませんでしたが、だんだんと慣れてきました。

実際にGoPro HERO5に装着してみました。
GoPro HERO5にディヤード防水ハウジングケースを装着した正面

GoPro HERO5にディヤード防水ハウジングケースを装着した後面

装着はとても簡単でフレームと同じように装着することができます。装着後はタッチパネルの操作はできなくなるので注意してください。動画の設定やProtuneモードの設定などは防水ハウジングケースに入れる前に行っておきましょう。

音に関しては問題なく録音されているので大丈夫です。しかしフレームなどに比べて防水性能のために密閉された状態なので、周りの音は小さめに録音されるようになります

体感ではフレームの時と比べて60~70%ぐらいの音量といった感じですね。そこまで小さくはないのですが、やはりフレームと比べると音は小さいなと感じるレベルです。

ただこの程度だったら僕にとっては全く問題ありませんでした。

純正ケースとの違い

実はGoProには純正の防水ハウジングケースが発売されています。それがこちらの「Super Suit」です。

ただ僕が今回購入したのはディヤード防水ハウジングケースです。ではなぜ僕は純正の防水ハウジングケースではなくサードパーティ製の防水ハウジングケースを選んだのか?

その理由について紹介していきます。

値段が安い

まず一番の大きな違いは「値段」です。

純正の防水ハウジングケース「Super Suit」は執筆時点のAmazonで約6000円。しかも1〜2ヶ月待ちとなっています。そして今回の主役である「ディヤード防水ハウジングケース」は約1900円と1/3の値段になっています

これなら破損を考慮して2個購入しても純正の値段より安い。ハードな環境で使うからこそケース自体の損傷も可能性を考えなければいけませんが、そうしたリスクの面からも値段の安いディヤード防水ハウジングケースがおすすめです。

レンズカバーを外す必要なし

純正のSuper Suitに関してはこちらの記事を参考にしてください。

こちらにあるようにSuper Suitを装着するにはGoProのレンズカバーを外す必要があります。これを装着のたびに行うので、フレームと切り替えて使うたびにレンズカバー着脱の手間がかかってしまいます。

しかしディヤード防水ハウジングケースであれば、レンズカバーを外す必要はなくそのまま装着することができます。なのでフレームに切り替えて使いたい場合にも簡単に装着することができるのです。

レンズカバーを外す必要なし

レンズカバーを外すのはけっこうな手間なので、これがないのは非常にありがたいですね。

取り外しが簡単にできる

上で紹介したSuper Suitの記事にありますが、ケースの装着には少し手順が必要です。この手間も慣れれば問題ないのでしょうが、できればこうした手間はないのが理想的です。

ディヤード防水ハウジングケースはこうした手間がなく、装着は純正のフレームと同じようにケース上部のツメを引っ掛けるタイプになっています。

ディヤード防水ハウジングケースを開けたところ ディヤード防水ハウジングケースを開けたところ

なので防水ケースといっても今までのケースと同じ感覚で装着することができ、さらにこのツメも純正のフレームと比べて簡単に外せるのでケースの着脱も簡単です。

ディヤード防水ハウジングケースの上部のツメ

純正のフレームはツメが固くて外す時にけっこう力が必要で大変なので、こうした外しやすい構造は使いやすくて助かります。

お風呂での子供の撮影が楽しい

防水ハウジングケースなのでプールなどの水回りでも安心して使うことができますが、僕がオススメしたいのが「お風呂での撮影」です!

僕は子供と一緒にお風呂に入りますが、お風呂でけっこう遊ぶんですよね。おもちゃだったりちょっとしたゲームだったり。

そんな日常の思い出もお風呂だとそうそう撮影する機会って無いわけです。お湯があるからスマホを持ち込むのも微妙だし、ましてや撮影となるとさらに難しい。

そんな時にもGoProなら簡単に撮影できます。僕の相棒であるGoPro HERO5にディヤード防水ハウジングケースを取り付ければ、お風呂での思い出も簡単に撮影可能。

また子供に渡して好きに撮影してもらうのもけっこうおもしろいですよ。色々と喋りながら撮影してくれますが、それが自分だけの物語みたいになっていて後で見返すと本当に楽しいですよ!

アクティビティで使うのが当たり前なGoProですが、こんな日常のワンシーンでも活躍してくれる便利なやつ。ぜひ子育て世帯にオススメしたいアクションカメラです。

まとめ:おすすめの防水ハウジングケースです

  • 純正の防水ケースと比べて値段が安い
  • レンズカバーを外さなくても装着ができる
  • 取り外しが簡単にできて着脱しやすい

こうした理由から僕は純正の防水ケースではなく、サードパーティ製のディヤード防水ハウジングケースを購入しました。僕としてはディヤード防水ハウジングケースのほうが使いやすくて良かったわけですね。

ただ純正の防水ケースと比べて防水性能は少し劣っていて、45mになっています。なのでダイビングなどで頻繁に使うという方は純正の防水ケースで60mの防水性能があった方が安心だと思います。

僕の場合はダイビングをしないためそこまでの防水性能は必要ないと判断してディヤード防水ハウジングケースを購入しました。なのでそこまでの防水性能は必要ないが防水ハウジングケースが欲しい方や値段をできるだけやすく購入したい方などにはディヤード防水ハウジングケースはおすすめできるので、ぜひ検討してみてください。

僕はこの防水ハウジングケースのお陰でプールでの子供の撮影が快適に、しかも安心してできるので本当に購入してよかったなと実感しています。ぜひ家族でプールに行かれる方はGoProにこの防水ハウジングケースを装着して撮影してみてくださいね。

GoProの購入を考えている方はまずレンタルしてみるのがおすすめ!

合わせて読みたい!

[e]GoPro HERO5 BLACKを実際に使ってみたいならレンタルがおすすめ

GoProの記事をこちらにまとめました!

合わせて読みたい!

[e]GoPro HERO5 BLACKの記事まとめ

スポンサーリンク

ナシタカをフォローする

スポンサーリンク

GoPro HERO5にディヤード防水ハウジングケースを装着した正面

シェアしてもらえるとものすごく嬉しいです!

ABOUTこの記事をかいた人

大好きなGoProと資産形成として取り組んでいるFXについて書いています! サラリーマンの副業としてお金を稼ぎつつ日々を楽しみたい! >>詳しいプロフィール