GoPro

Quikと統合されたGoProアプリの使い方|データ管理から動画編集がスムーズにできます!

新しいGoProアプリ

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

GoProアプリがアップデートされて、Quikと統合されることになりました。

今まではデータ管理がメインだったGoProアプリですが、これで動画編集までスムーズにできるようになって最高の進化を遂げています。

そこでこの記事では、Quikと統合されたGoProアプリの特徴と、使い方についてまとめています

これから新しいGoProアプリを使う方、スマホでの動画編集をしたい方は、ぜひ参考にしてください。

GoProアプリとQuikが統合

2019年7月30日に、GoProアプリのアップデートがきました。

GoPro 6.0
分類: 写真/ビデオ, ユーティリティ
価格: 無料 (GoPro, Inc.)

大きな変更が、動画編集アプリの『Quik』と統合されたことです。

今までは各アプリでの役割が、このように分かれていました。

アプリ名役割
GoProアプリGoProの操作やデータ管理
Quikスマホにダウンロードした素材から動画編集
SpliceQuikよりもより細かい編集

しかしGoProアプリとQuikが統合されたことで、データ管理から動画編集まで一括管理ができるようになったのです

1つのアプリで操作が完結してくれたほうが理想的なので、まさに最高のアップデートですね。

GoProアプリの進化したポイント

GoProアプリの進化したポイントが、こちらの3つになります。

  • データ管理だけでなく動画編集が可能に
  • クラウドストレージとの連携が抜群
  • Quik Storyで自動で動画を作成

データ管理だけでなく動画編集が可能に

上で紹介したように、GoProアプリにQuikが統合したことで、動画編集機能が新たに追加されました。

これでGoProアプリで映像をスマホにダウンロード→Quikで編集という流れではなく、GoProアプリにだけで作業が完結できます

アプリ間を行き来する必要もなくなり、動画編集に使いたい映像を選んだりするのもやりやすくなっています。

アプリも1つあれば良いので、スマホのホーム画面がスッキリするのもありがたいですね。

クラウドストレージとの連携が抜群

僕のようにGoPro Plusに登録してクラウドストレージを利用している人は、クラウド上の保存データが簡単に表示できるのでかなり使いやすいです。

このように日付毎にデータが整理されて保存されているので、いつでもどこでも編集に活用できます。

GoProアプリでのデータ管理画面

データは無制限に保存できるので、撮影したデータがすべてクラウド上に保管できるのはバックアップとしても安心

さらにこのクラウドストレージから動画を選んで、スマホに簡単にダウンロードもできます。

GoProアプリでクラウドからダウンロード

ここで真ん中のアイコンをタップすれば、写真の保存が表示されます。

写真の保存画面

またクラウドにあるデータのシェアも簡単で、真ん中のシェアアイコンをタップするだけ。

クラウドデータのシェア

自動でプライベートリンクを作成してくれます。

プライベートリンクの作成

あとは好きな方法でリンクを送ることができますよ。

リンクのシェア画面

クラウドデータのやりとりが、とても簡単にできるのはありがたいですね。

Quik Storyで自動で動画を作成

そして何より便利なのが、『Quik Story』。

撮影したデータをGoProアプリに読み込めば、自動でオシャレな動画を作ってくれます。

Quik Storyの作成画面

クラウドストレージならさらに簡単で、自動でアップロードされた映像や写真からもQuik Storyを作ってくれます。

つまり、わざわざGoProアプリにGoProを接続する必要もないということですね。

日付毎に自動で映像をまとめてくれるので、アプリを開くたびにその日の思い出が自動で動画に仕上がっているのが最高

自分なりに編集したい場合も、そこから幅広く編集ができるので思い通りの動画に仕上げられます。

Quik Storyの編集

動画編集をもっと気軽に楽しめるようにしてくれる、とても素晴らしいアプリですね。

今まで動画編集が苦手で、まったく操作してこなかった人にこそ使って欲しい機能です。

GoProアプリでの動画素材の編集

では実際の編集手順について見ていきましょう。

動画編集画面を開くと、画面下にメニューアイコンが表示されます。

Quik Storyの編集

左からこのようになっています。

  • タイムライン
  • テンプレートの選択
  • BGM選択
  • 動画の長さ選択
  • 動画のサイズ

各項目をそれぞれ見ていきましょう。

タイムラインでの素材編集

タイムラインでの素材編集では、細かい部分まで設定が可能です。

タイムラインでの編集

編集項目がこちら。

  • トリミング
  • フレーム
  • フィルター
  • 速度
  • ボリューム
  • テキスト
  • HiLight
タイムラインでの動画素材編集画面

ここも各項目を見ていきます。

トリミング

トリミングでは、動画素材の長さを調整できます。

トリミング画面

青枠部分が編集で使われる部分なので、使いたい部分を調整して選択しましょう。

フレーム

フレームでは各動画素材の大きさや回転、反転の設定ができます。

フレーム編集画面

そのうちのフィットは大きさの設定で、5項目から選択できます。

  • 16:9
  • 4:3
  • 1:1
  • 3:4
フレームのフィット設定

動画の利用目的に合わせてサイズを選んだり、この素材だけ4:3にして背景も入れたい、というときに使いましょう。

また映像を回転させたり左右反転、上下反転にしたりできます。

回転や反転の編集

一見難しそうな反転映像も、GoProアプリを使えばスマホで簡単に作成できますね。

フィルター

21種類のフィルターから好きなものを選択できます。

動画のフィルター設定

これを設定すると動画の印象がかなり変わるので、自分のイメージに合わせて選びましょう。

速度

動画の再生速度を調整できます。

再生速度の設定

『低速』、『標準』、『高速』の3つから選べるので、スローモーションや早送りが簡単に設定できるのはありがたいですね。

ボリューム

動画素材の音を消したり、エフェクトがかけられるようです。

ボリュームの設定

消音はわかりますが、ミックスとブーストの項目が分かりにくくて、変えてみても特に違いがわからないので、しばらく使ってみます。

テキスト

動画素材にテキストを表示できます。

テキスト設定

このように画面の左下に表示されるようになっています。

テキストの表示位置

うまく使えばテロップとしても使えるので、スマホだけでもこだわった編集ができますね。

HiLight

動画素材にハイライトタグをつけられます。

ハイライトタグ設定

このハイライトタグを基準に、自動動画編集では優先シーンとして判断されるので、必ず使いたいシーンにはハイライトタグをつけておくのがおすすめ。

テンプレートの選択

動画編集のテンプレートを選択できます。

テンプレート設定

イメージごとに映像の切り替わり効果、トランジションが変わるので、イメージに合ったテーマを選びましょう。

9種類のテンプレートがあるので、きっとお気に入りのものが見つかるはず。

BGM選択

動画のBGMを選べます。

BGM洗濯

あらかじめライブラリに様々な音楽が豊富にあるので、好みに合わせて選びましょう。

動画の長さ設定

作成する動画の長さを決められます。

動画の長さ設定

おすすめの長さやInstagramに最適な長さも表示してくれるので、参考にして決めるのがおすすめ。

SNS用の動画編集に使いやすいですね。

動画のサイズ

作成する動画全体のサイズを下の4つから選べます。

  • 16:9
  • 1:1
  • 9:16
  • 4:3
動画のサイズ設定

YouTubeなら16:9、Instagramなら1:1と目的に合わせて選びましょう。

最後に保存をすれば、動画編集は完了です。

Quik Storyの保存

何度でも編集できるので、色々とアレンジを試すのがおすすめ。

GoProアプリでの写真素材の編集

最初の編集画面については同じですが、各素材を編集するときの画面に違いがあります。

こちらが写真素材の編集画面です。

下にメニューが並んでいて、左から下の4つになっています。

  • フレーム
  • フィルター
  • テキスト
  • 時間
写真の編集メニュー

フレーム

フレームでは各動画素材の大きさや回転、反転の設定ができます。

フレーム編集画面

そのうちのフィットは大きさの設定で、5項目から選択できます。

  • 16:9
  • 4:3
  • 1:1
  • 3:4
フレームのフィット設定

動画の利用目的に合わせてサイズを選んだり、この素材だけ4:3にして背景も入れたい、というときに使いましょう。

また映像を回転させたり左右反転、上下反転にしたりできます。

回転や反転の編集

一見難しそうな反転映像も、GoProアプリを使えばスマホで簡単に作成できますね。

フィルター

動画素材と同様で、21種類のフィルターから好きなものを選択できます。

フィルター設定

写真の印象がかなり変わるので、自分のイメージに合わせて選びましょう。

テキスト

写真素材にテキストを表示できます。

テキスト設定

このように画面の左下に表示されるようになっています。

テキストの表示位置

そのときの気分を絵文字で入れたもできるので、アイディア次第でいろいろと使えそうですね。

時間

映像中の各写真の表示時間を設定できます。

表示時間はこちらの3つから選択が可能。

  • 短い
  • 標準
  • 長い
表示時間設定

『長い』に設定すると、『短い』よりも表示時間が5秒程度長くなるようなイメージです。

メインで表示したい写真は、長めに設定しておくと良いでしょう。

Quikと統合されたGoProアプリの使い方|まとめ

ここまでQuikと統合されたGoProアプリの特徴と、その使い方について書いてきました。

GoProアプリに動画編集機能が加わったことで、撮影したデータの管理から編集までがスムーズになってとても使いやすいです。

特にクラウドストレージとの連携が強力で、GoPro Plusに加入している僕にとってはありがたい。

今まで以上にスマホでの編集が気軽にできるようになったので、僕は今スマホでの動画編集にハマっています。

ぜひスマホで動画編集をする方は、この記事を参考に新しいGoProアプリで動画編集をしてもらえたら嬉しいです。

どうも、ナシタカ(@ehicalog)でした。

GoProで撮影した動画を編集する方法
GoProのおすすめ動画編集ソフト!スマホやPCの編集ソフトについてまとめていきますこの記事ではGoProで撮影した動画を編集するために必要な編集ソフトについて紹介しています。GoProからリリースされている無料のものを中心に紹介しつつ、僕のおすすめのツールと僕が実際に使っている編集ソフトについても紹介しています!...
ABOUT ME
ナシタカ
GoProが大好きで子どもの撮影に愛用しています。 撮影した動画の編集も大好きなので動画編集についても紹介しつつ、自分が気に入ったものをどんどん紹介していきます。