MENU
カテゴリー
ナシタカ
GoProブロガー
GoPro大好きな子育てパパ。日々の撮影&動画編集で家族の思い出を残すのがライフワーク。

【GoPro Fusionと一緒に揃えたいアクセサリー】360°映像をもっと楽しもう!

ナシタカ

この記事ではGoPro Fusionと一緒に揃えたいアクセサリーについてまとめています。360°動画を遊び尽くすおすすめのアイテムばかりですよ!

どうも、GoPro大好きナシタカです。

この記事ではGoPro Fusionと一緒に揃えたいアクセサリー&マウントについてまとめています

GoPro初の360度映像が撮影できるGoPro Fusionは、今までのGoProにはない魅力を持ったとても楽しいモデル。

そのため撮影環境だけでなく、編集環境もしっかりと整えてあげることがGoPro Fusionを遊び倒すのにとても重要です。

そこで今回は実際にGoPro Fusionを使って撮影と編集をしている僕が、GoPro Fusionと一緒に揃えるべきアクセサリーやマウントについてまとめてみました。

見落としがちな編集環境についてもしっかりと紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね!

目次

GoPro Fusionと一緒に揃えたいアクセサリー

GoPro Fusionと一緒に揃えたいアクセサリーをまとめると、こんな感じです。

それぞれを詳しくみていきましょう。

microSDカード

microSDカードが2枚

GoPro Fusionが他のGoProと大きく違うのが、microSDカードが2枚必要なところ

前後のカメラで撮影するGoPro FusionはそれぞれにmicroSDカードが必要なので、前後それぞれにmicroSDカードがなければ撮影をすることができません。

また公式で推奨されているmicroSDカードがあり、これ以外のものを使うと故障の原因になるので注意しましょう。

推奨されているmicroSDカードがこちらになります。

ブランドシリーズ品番容量
SandiskExtreamSDSQXVF-032G-JN3MD32GB
SDSQXVF-064G-JN3MD64GB
SDSQXVF-128G-JN3MD128GB
Extream ProSDSQXPJ-064G-JN3M364GB
SDSQXPJ-128G-JN3M3128GB
LexarProfessional 1800xLSDMI32C RBJP1800R32GB
LSDMI64C RBJP1800R64GB
LSDMI128C RBJP1800R128GB
Professional 1000xLSDMI32GC BJPR1000R32GB
LSDMI64GC BJPR1000R64GB
LSDMI128CR BJP1800R128GB
HighPerformance633xLSDMI16GB BJP63316GB
LSDMI32GB BJP63332GB
LSDMI64GB BJP63364GB

この中でおすすめなのが僕も愛用しているサンディスク製のmicroSDカードです。

僕もずっと使い続けていますが、トラブルもなく快適に使えているので自信を持っておすすめできます!

さらにGoPro Fusionでは用意するSDカードの『ブランド』、『スピードクラス』、『容量』を同じにすることで最良のパフォーマンスが得られると公式マニュアルに書かれています。

推奨はこのようになっていますね。

  • microSD、microSDHC、またはmicroSDXC
  • Class10またはUHS-Ⅱ/Ⅲレート
  • 最大容量128GB

これは前後のレンズで同じ映像を撮影するので、容量が違うと記録が上手く出来なかったり、種類が違うと書き込み速度などに影響が出る可能性があるため。

なので使用するmicroSDカードは全く同じものを2枚用意するのがベスト。上でも紹介したサンディスクの同じmicroSDカードを2枚用意して使うのがおすすめです。

▼microSDカードの選び方

あわせて読みたい
【徹底解説】GoPro用SDカードの選び方とおすすめを紹介します! この記事ではGoProに必要不可欠なSDカードの選び方とおすすめのSDカードなどについて紹介しています。これさえ読めばGoProのSDカードのことがしっかりと理解できます! ...

デュアルバッテリーチャージャー

デュアルバッテリーチャージャーの充電ランプ

バッテリーチャージャーは最大で2つの予備バッテリーを同時に充電可能。撮影している間に2つの予備バッテリーを準備できるので、バッテリーが切れたときにすぐに交換することができます。

デュアルバッテリーチャージャーにバッテリーをセット

さらに2つの予備バッテリーを入れたまま持ち運びができ、バッテリーケースとしても使えます

これなら予備バッテリーを無くしてしまうこともなく、使いたいときにはフィルム部分をつまんですぐに取り出せるので使いやすさも抜群。

予備バッテリーを安心して持ち運ぶのにも役立つ必須アイテムですね。

液体ガラスフィルム

液体ガラスフィルム

GoPro Fusionは球体レンズなので普通の保護フィルムを使うことができません

そのため撮影中はレンズが傷つくリスクが常にあるので心配していたのですが、そんなときに見つけたのが液体ガラスフィルム。

液体なのでGoPro Fusionの球体レンズにも問題なく使えて、撮影中もレンズをしっかりと守ることができます。

GoPro Fusionを愛用している人にはおすすめなので、ぜひチェックしてみてください。

▼液体ガラスフィルムのレビューはこちら

RAMマウント

RAMマウントはパーツを組み合わせて作り上げるカスタム感が魅力のアクセサリー。

固定撮影がしたかったのでそれを実現するための組み合わせパーツを選びましたが、自由度の高いアクセサリーのおかげで様々なアングルからの固定撮影ができます。

僕はバイクに取り付けて撮影するときや車でのダッシュボードに固定して、車載動画を撮影するときに活用しています。

実際にGoPro Fusionをバイクに取り付けて撮影した映像がこちらになります。

撮影角度が自由に変えられるので、色々な映像素材を集められて映像編集が捗るのも嬉しいポイント。

特に自分に合わせてカスタムするのが楽しいのでぜひ使ってみてください!

まとめ|アクセサリーを揃えて360度映像を遊び倒す!

GoPro Fusionは360度映像が魅力で、自撮り棒も付属しているのでそのまま撮影できる優れもの。

ただアクセサリーを揃えておくと、もっといろいろなシーンで撮影ができるので、よりFusionを楽しみながら使うことができます。

HEROシリーズと比べると、必要なアクセサリーがそんなに多くないのが嬉しいところ。費用が抑えられてお財布にも優しいですからね。

せっかくGoPro Fusionを使うなら遊び尽くしてほしいので、ぜひ参考にしてください!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる