GoPro

[e]GoPro FusionとGoogleフォトで360度動画が簡単に楽しめる!スマホでも360度を体験できて最高です!

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

この記事ではGoPro Fusionで撮影した360度動画を、より気軽に楽しむ方法について紹介しています。

今まではGoPro Fusionで撮影した映像を360度で楽しむには、GoProアプリかYouTubeにアップロードするしか方法がないと思っていました。

なので動画を楽しむためにはいちいちGoProアプリに接続したり、YouTubeにアップロードするための編集が必要でした。

こうした作業を毎回やるのはやっぱりめんどうで、せっかく撮影した動画を気軽に楽しむことができていなかったんですよ。

しかし今回GoPro Fusionで撮影した360度映像を、より気軽に楽しむ方法を見つけてしまったんです。

それが『Googleフォトにアップロードする方法』です。

この方法を活用すると、こんなメリットがあります。

[box class=”yellow_box” title=”メリット”]

  • いつでも360度動画を楽しめる
  • 簡単にシェアできる

お陰でGoPro Fusionでの撮影がもっと楽しくなって、より多くの人と一緒に映像を共有できるようにもなりました。

とても素晴らしい組み合わせなので、その方法を詳しく説明していきますね。

Googleフォトで360度動画を楽しむための手順

GoPro Fusionで撮影した映像をGoogleフォトで楽しむためには、以下のツールを活用していきます。

[box class=”blue_box” title=”3つのツール”]

  • GoPro Fusion
  • Googleフォト
  • Fusion Studio

そして作業の流れとしてはこのような感じです。

[box class=”blue_box” title=”作業手順”]

  1. GoPro Fusionで撮影
  2. Fusion Studioで書き出し
  3. Googleフォトにアップロード
  4. PCブラウザoriPhoneアプリからチェック

これだけの手順で360度動画を、より気軽に楽しめようになります。

ではそれぞれの手順を詳しくみていきましょう!

GoPro Fusionで撮影

まずはGoPro Fusionで撮影をします。

360度動画なので、動画設定としては5.2K30FPSで撮影しましょう。

理由は5.2Kで撮影しないと、360度動画では解像度が足りなくなるので、画質が荒くなってしまうためです。

なので撮影前には必ず動画設定を確認して、5.2Kで撮影するようにしてください。

Fusion Studioで360度動画を書き出す

ProRessでの書き出し設定

次にGoPro Fusionで撮影した映像を、Fusion Studioで書き出します。

設定は360度動画として書き出ししますので、『OVERCAPTURE』ではなく『360』にしましょう。

続いて書き出し設定ですが、冒頭の画像のようにこちらの設定にします。

[box class=”blue_box” title=”書き出し設定”]

  • Video Codec:ProRess 422
  • Video Resolution:5.2K(4992×2496)
  • Spatial Audio:360 Audio(Ambix)
  • D.Warp(Parallax Compensation):On

書き出し設定については、[e]GoPro Fusionで撮影した映像をFusion Studioで書き出した後の保存方法とその注意点の記事で詳しく紹介しているので合わせて読んでみてください。

[kanren postid=”7700″]

僕は書き出した映像を外付けHDDに保管しておくので、後から編集で使うことも考えて最高画質の『ProRess422』形式で書き出しています

ただProRessの場合は容量がかなり大きくなるので、容量が心配な方は『H.264』形式で書き出しましょう。

注意点としては書き出し本数が多くなると、書き出しが終わるまでかなり時間がかかるので、時間があるときに作業を済ませておきましょう。

僕は撮影した20本ほどの映像を書き出すと、終わるまで16時間ほどかかりました。

このようにかなり時間がかかるので、僕は寝る前に書き出して夜中の間に作業をやっておくなどして、なんとか作業を進めましたね。

または仕事に行く前に書き出しをやっておくと、いいですね。僕はそれでも書き出しが終わっていなかったことがありましたが…。

とにかく書き出しに時間が必要なので、そこだけ注意して早めに作業を始めておきましょう

書き出した360度動画をGoogleフォトにアップロード

こうして書き出した動画を、今度はGoogleフォトにアップロードしていきます。

PCでのアップロードは簡単で、僕はGoogleフォトをブラウザで開いて、そこに書き出した動画をドラッグ&ドロップしています。

これだけでGoogleフォトが自動で処理をしてくれるので、後はこの処理を待つだけ。

ただ360度動画のせいかGoogleフォトでの処理にも時間がかかるので、このアップロードにも時間が必要になります。

僕が夜中に20本くらいの動画を上げたときは、処理が終わるまで2時間くらいかかりましたからね。

そのためこちらもアップロードを早めにしておいて、時間がかかることに注意しておきましょう。

PCブラウザ or iPhoneアプリから360度動画を楽しめる

Googleフォトへのアップロード処理が終わったら、PCブラウザやiPhoneアプリから動画をチェックしてみましょう。

iPhoneアプリから見てみると、画面上部に「360°動画」の表示が出ています。

Googleフォトにアップロードした360度動画の表示

これで指でグリグリ動かすだけで、360度の動画を思う存分楽しむことができます

いつでも見られる&シェアが簡単

こうしてGoogleフォトにアップロードしておけば、いつでもどこでも360度動画を楽しむことができます。

通信さえ繋がればオンラインのファイルにいつでもアクセスできるので、バックアップとして最適です。

またGoogleフォトなので、他の人へのシェアが簡単にできるのも嬉しいポイント。

僕は家族のためにアルバム単位で動画をまとめて奥さんにシェアして、いつでも動画をみられるようにしています。

お陰でふとした時に、奥さんと旅の思い出などを振り返ることができるので、とても便利で最高です。

まとめ:手軽に360度動画を楽しめて最高です!

  • 360度動画を楽しむための手順
    • GoPro Fusionで撮影
    • Fusion Studioで書き出し
    • Googleフォトにアップロード
    • PCブラウザoriPhoneアプリからチェック
  • いつでも見られる&シェアが簡単

今回はGoPro Fusionで撮影した360度動画を、Googleフォトで閲覧する方法について紹介しました。

この方法を使えばGoPro Fusionで撮影した映像が、簡単に360度動画で楽しめてとても最高です。

せっかくGoPro Fusionで撮影した映像も、動画を気軽に楽しめなければ意味がありませんからね。

GoPro FusionとGoogleフォトを組み合わせるだけで、360度動画がこれだけ簡単に楽しめるのは本当におすすめ

ぜひ今回紹介した方法を試して、もっと360度動画を身近に感じてもらい、気軽に楽しんで貰えたら嬉しいです。

ABOUT ME
ナシタカ
GoProが大好きで子どもの撮影に愛用しています。 撮影した動画の編集も大好きなので動画編集についても紹介しつつ、自分が気に入ったものをどんどん紹介していきます。