MENU
GoProの使い方

[e]GoPro Fusionの360°動画をYouTubeにアップロードする方法

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

最近僕が特にハマっているのがGoPro Fusionの360°映像の撮影です。

GoPro Fusionの360°映像は今までに無い迫力ある映像を楽しめるので今では色々な撮影を楽しみながら使っています。

そんなGoPro Fusionで撮影した動画を楽しむならYouTubeがおすすめ。
YouTubeにアップロードすれば360°映像として自由にアングルを変えて楽しむことができるからです。

僕もGoPro Fusionで撮影した映像をYouTubeにアップロードして楽しんでいるので、今回はそのアップロードの方法についてまとめていきました。

僕の場合は動画の編集作業も入れているのでぜひ参考にしてもらえたら嬉しいです!

GoPro Fusionの動画をYouTubeにアップする手順

では実際にYouTubeにGoPro Fusionの動画をアップロードする手順について見ていきましょう。

僕の場合はPremiereでの編集行程を挟むのでそちらも含めた流れとなっていて、大きな流れとしては以下になります。
[box class=”blue_box” title=”作業の流れ”]

  1. GoPro Fusionで撮影
  2. Fusion Studioで360°動画を書き出し
  3. Premiereで編集
  4. YouTubeにアップロード

GoPro Fusionで撮影

GoPro Fusion本体

まずはアップロードするための動画をGoPro Fusionで撮影します。
特に意識することはなくそのまま撮影すれば良いのですが、YouTubeに360°動画に関して以下のような記述があります。

現在、YouTube は 24、25、30、48、50、60 fps の 360 度動画に対応しています。解像度が 7168×3584~8192×4096 の 360 度動画(正距円筒図法、アスペクト比 2:1)をアップロードすることをおすすめします。
360° 動画のアップロード – YouTube ヘルプ

つまりGoPro Fusionの5.2K(5228×2624)のサイズでも推奨サイズに足りていない状態です。さらにここから手振れ補正を行うとさらにサイズが小さくなります。

なので3K/60fpsではサイズが全く足りないので、どうしても動きの滑らかさを優先したい時以外は5.2Kで撮影するのがおすすめです。

Fusion Studioで360°動画を書き出し

Fusion Studioの読み込み画面

次にGoPro Fusionで撮影した映像をFusion Studioで360°動画として書き出しますが、僕の場合はこの後のPremiereでの編集を意識して書き出していきます。

詳しくは▼GoPro Fusionの映像をFusion StudioとAdobe Premiereで編集する方法の記事にまとめているのでチェックしてみてください。

Premiereで編集を加える

premiereの編集画面

Fusion Studioで書き出した360°動画を編集していきます。

編集を行う理由としてはトリミングとBGMの挿入が主な目的です。

動画のトリミング

まず編集として行いたいのが動画のトリミング。僕はバイクにGoPro Fusionを取り付けて撮影しますが、その際に余計な部分まで録画しているのでその部分を編集でトリミングしたいのです

そのトリミング作業もPremiereなら簡単に出来るので重宝しています。お陰で無駄のない映像に仕上げることができて大満足です。

動画にBGMを追加

さらに大事なのが動画のBGM。これがあるだけで視聴者に与える印象が格段に変わってきます

このBGMもPremiereで簡単に入れられますしトリミングに合わせての調整も思いのまま。トリミングとBGMのお陰で動画のクオリティが上がるので絶対に編集するべきだと個人的には考えています。

僕はここまで編集してからアップロードするのが通常のルーティンとなっています。

YouTubeにアップロード

YouTubeのアップロード画面

Premiereでの編集が終わったら最後にYouTube用に書き出しをしていきましょう。

書き出し時に「VR動画として処理する」にチェックを入れれば簡単に360°動画として書き出すことができます。

こうして書き出し動画を最後にYouTubeにアップロードするだけ。後はアップロード後にYouTubeの方で360°動画として処理をしてくれるので、それが終われば360°動画として楽しむことができます。

完了後に動画をチェックしてみて、マウスなどで映像を操作できるか実際に試してみましょう。上手く行っていれば360°あらゆる方向にアングルを変えることができます。

以上で動画のアップロード作業は完了です。

実際にプリセットのYouTubeの4K設定で書き出したのがこちらの映像です。

YouTubeに360°動画を上げるときの注意点

YouTubeに動画をアップロードするときの注意点としては終了画面とアノテーションに対応していないことです。
アップロードしたVR動画に終了画面を設定しようとすると360°映像には対応していませんと表示されます。

YouTubeでの360°動画の終了画面とアノテーションの設定

そのため後から編集する段階で、終了画面用の映像は入れる必要が無いので注意しましょう。僕も最初入れようと考えていましたが、先に気付けたので良かったです。

GoPro Fusionの360°映像を楽しもう!

GoPro FusionとYouTubeの相性はとても良くて、撮影したFusionの360°映像がそのまま楽しめるのは最高。グルグル回して様々なアングルで好きに楽しめるのは本当におもしろいです。

ぜひYouTubeにアップロードして楽しんで欲しいので、今回紹介した方法を参考にぜひチャレンジしてみてください。

特にGoPro Fusionの映像であれば特別な処理をすることなく純正ソフトで書き出した映像をそのままアップロードするだけで簡単です。

YouTubeにアップロードすればいつでもどこでも360°映像が楽しめます。360°映像で普段の写真や動画とは違った映像と思い出を楽しんでみてはいかがでしょうか?

360°動画の編集ならAdobeのPremiereがおすすめ!その理由についてまとめています!

ABOUT ME
ナシタカ
GoProが大好きでHEOR5 Blackから子どもの撮影に活用しています。撮影した動画の編集も大好きで家族の思い出ムービーをたくさん作っているので動画編集についても紹介していきます。