GoPro

HAKUBA GoPro 3-Wayレビュー|純正と使い心地が変わらないコスパ抜群の自撮り棒

HAKUBA GoPro 3-WayにHERO7 Blackを取り付けたところ

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

この記事では『HAKUBA GoPro 3-Way』についてレビューしていきます。

GoProを使うなら自撮り棒は必須アイテムと言えるもので、その中でも3-Wayは使い勝手抜群のアイテムとして知られています。

ただ純正の3-Wayは値段がネックで、自撮り棒で8,000円近くするので正直高い

そんな3-Wayでおすすめしたいのが、この記事で紹介するHAKUBA GoPro 3-Wayでです。

Amazon限定ですが2,000円で買えるコスパ抜群の自撮り棒なので、その魅力をしっかりと紹介していきます。

HAKUBA GoPro 3-Wayの外観と付属品

HAKUBA GoPro 3-Wayは、Amazon限定のアクションカメラ用自撮り棒です。

底面側に「HAKUBA」の文字があります。

HAKUBA GoPro 3-Wayのロゴ

見た目は純正3-Wayとほとんど変わりませんが、違いとしてはHAKUBA GoPro 3-Wayはほぼ黒色で統一されていること。

HAKUBA GoPro 3-Way

そのためHERO7 Blackとの相性が抜群です。

HAKUBA GoPro 3-WayとGoPro

長さは折りたたんだ状態で19.5センチ。

HAKUBA GoPro 3-Wayを持ってみたところ

最大まで伸ばすと、51.5センチとなります。

HAKUBA GoPro 3-Wayを伸ばしたところ

グリップ部分は特殊滑り止塗装とエンボス加工が施されています。

HAKUBA GoPro 3-Wayのグリップ部分の加工

ただGoPro純正3-Wayと比べると、グリップ部分は少し滑りやすい印象。

金具の部分が金色で、黒いボディに映えて良いアクセントになっています。

HAKUBA GoPro 3-Wayの金具部分

これがあると高級感が出るので、見た目はとてもスタイリッシュです。

HAKUBA GoPro 3-Wayの底面側

HAKUBA GoPro 3-Wayにはストラップが付属しています。

HAKUBA GoPro 3-Wayの付属のストラップ

底面側に取り付け場所があるので、ここにストラップを通しておきましょう。

HAKUBA GoPro 3-Wayのストラップ取り付け部分 HAKUBA GoPro 3-Wayにストラップを取り付けたところ

ストラップを手にかけて使うと、安心感が増すのでおすすめ。

HAKUBA GoPro 3-Wayのストラップを手に掛けたところ

グリップが滑ってしまっても、手にぶら下がって落下防止になります。

HAKUBA GoPro 3-Wayのストラップで落下防止

[voice icon=”https://ehicalog.net/ehicalog/wp-content/uploads/IMG_6542.png” name=”ナシタカ” type=”l”]GoPro純正3-Wayとほとんど変わらないクオリティ![/voice]

HAKUBA GoPro 3-Wayの使い方

純正3-Wayと同様に、3通りの使い方ができます。

[box class=”glay_box”]

  • カメラグリップ
  • 延長アーム
  • 三脚

[/box]

まず折り畳んだ状態では、カメラグリップとして使えます。

HAKUBA GoPro 3-Wayをカメラグリップとして使う

19.5センチとほどよいサイズで、扱いやすいです。

HAKUBA GoPro 3-WayにHERO7 Blackを取り付けたところ

グリップ部分の大きなネジを外すと、延長アームを取り外すことが可能。

HAKUBA GoPro 3-Wayの延長アーム部分のネジ

延長アームを取り外せば、純粋なショートグリップとして使えます。

HAKUBA GoPro 3-Wayの延長アームを外したところ

延長アームが無くなって厚みが減るので、より握りやすい。

HAKUBA GoPro 3-Wayの延長アームを外してグリップとして使う

このときにネジを入れる方向を間違えると、カメラが固定されずに動いてしまうので注意してください。

カメラグリップでネジの挿入を間違えたところ

延長アームを伸ばせば、自撮り棒として使うことができます。

延長アームを伸ばしたところ

最大51.5センチまで伸びるので、背景を大きく取り入れながらの自撮りが可能。

HAKUBA GoPro 3-Wayを伸ばしたところ

延長アームの可動部のネジを調整すれば、あらゆる角度での固定ができます。

延長アームの可動部

延長アームにはストッパーがついていて、このボタンを押さない限りは延長アームが元の位置まで戻らない仕組みになっています。

延長アームのストッパー

ネジが緩んでアームが落ちてもこのストッパーで止まるので、指を挟むことがありません

延長アームを戻すときは、このボタンを押してストッパーを外します。

ネジを押し込んで延長アームを戻す

安全面の配慮もしっかりとしているので、安心して使えます。

そして最後が三脚で、組み合わせ方法によって様々な高さで撮影ができます。

HAKUBA GoPro 3-Wayの三脚のパターン

グリップ底面に収まっていて、ネジのように回して取り出します。

底面の三脚部分

底面を回して引っ張り出します。

底面の三脚を少し外したところ

取り出して並べてみました。

三脚部分を並べて撮影

広げると高さは7.5センチとなります。

三脚を広げたところ

シンプルな作りですが、安定して支えてくれるので安心。

三脚を立たせたところ

ここにGoProを直接取り付けることもできますが、グリップ底面に取り付ければ、より高さが出ます。

HAKUBA GoPro 3-Wayに三脚をとりつけたところ

延長アームで角度をつければ、このように真上など様々なアングルでの撮影が可能。

HAKUBA GoPro 3-Wayの三脚で真上のアングルを撮影

三脚なら最大で59センチまで伸びるので、高さを生かした撮影ができます。

三脚で最大まで延長アームを伸ばしたところ

3つの使い方を駆使すれば、様々な撮影ができる万能なアクセサリーです。

HAKUBA GoPro 3-Wayは純正品とほぼ変わらない

実際に使ってみて感じたのが、純正品との違いがほぼないこと。

グリップは多少滑りやすくなっていますが、他の面では使い勝手は変わらずに、もちろん機能性も全く問題ありません。

作りもしっかりとしていますし、これで2,000円は正直驚きです。

GoPro純正3-Wayの1/4の値段で購入できるのですから、間違いなくこちらのほうがおすすめですね。

純正品にこだわりのない人には、自身を持っておすすめできる自撮り棒です。

HAKUBA GoPro 3-Wayレビュー|まとめ

HAKUBA GoPro 3-Wayのレビューとして、その外観や使い方について書いてきました。

純正3-Wayと変わらない使い心地で、これがたったの2,000円で手に入るなんてすごいですね。

GoProとのセット購入にとてもおすすめなので、コスパの良い自撮り棒を探している方はぜひチェックしてみてください。

どうも、ナシタカ(@ehicalog)でした。

[kanren postid=”5650″]

ABOUT ME
ナシタカ
GoProが大好きで子どもの撮影に愛用しています。 撮影した動画の編集も大好きなので動画編集についても紹介しつつ、自分が気に入ったものをどんどん紹介していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です