GoPro

GoPro HERO7とHERO6の値段を比較!各モデルの違いや防水性能についてまとめました!

HERO7シリーズとHERO6 Blackを比較

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

HERO7シリーズからカラーバリエーションと値段の違いが出てきて、様々なユーザーが使いやすくなっています。

ただ各モデルの機能の違いがわかりにくくて、この値段でどのくらいの機能があるかがなかなか理解しづらいんですよね。

特にGoProを使ったことのないユーザーからすれば、それぞれにどんな違いがあるのかは知りたいところ。

そこで僕がHERO7シリーズとHERO6 Blackの値段と機能の比較をしてみました。

  • GoProの値段はどのくらいなのか?
  • どんな違いがあるのか?

このような悩みをもった方に役立つ記事になっています。

GoProの値段を比較

比較をしたのはHERO7シリーズとHERO6 Blackです。

値段は上の表の通りで、

HERO7 Black<HERO7 Silver = HERO6 Black <HERO7 White

の順番になっています。

値段を比較する上でのポイントは、HERO7 Blackを基準に考えるのがポイント。

機能全部載せのHERO7 Blackから、どの機能を削ってこの機能になっているのか?を考えるとモデルの違いがわかりやすくなります。

HERO6 Blackの値段と違い

HERO7 Blackと比較すると、値段と機能の違いはこのようになっています。

機能GoPro HERO7 BlackGoPro HERO6 Black
ビデオ解像度4K60fps
手ぶれ補正
ハイパースムース
写真1200万画素
スーパーフォト
タイムラプス
タイムワープビデオ
スローモーション最大8倍1080p240fps
Protune
防水性能10m
GPS
タッチディスプレイ
バッテリー交換
値段47,950円37,600円

HERO7 Blackとの違いがこちら。
[box class=”glay_box” title=”HERO7 Blackとの違い”]

  • 手ぶれ補正が標準
  • スーパーフォト機能がない
  • タイムワープビデオ機能がない

最新の撮影機能がない代わりに、約1万円ほど安くなっているのがHERO6 Blackです。

HERO7 Silverの値段と違い

HERO7 Blackと比較すると、値段と機能の違いはこのようになっています。

機能GoPro HERO7 BlackGoPro HERO7 Silver
ビデオ解像度4K60fps4K30fps
手ぶれ補正
ハイパースムース
写真1200万画素1000万画素
スーパーフォト
タイムラプス
タイムワープビデオ
スローモーション最大8倍
1080p240fps
最大2倍
1080p60fps
Protune
防水性能10m
GPS
タッチディスプレイ
バッテリー交換
値段47,950円36,980円

HERO7 Blackとの違いがこちら。
[box class=”glay_box” title=”HERO7 Blackとの違い”]

  • ビデオ解像度が4K30fpsとfpsが低い
  • 手ぶれ補正が標準
  • 写真が1000万画素と少ない
  • スーパーフォト機能がない
  • タイムワープビデオ機能がない
  • スローモーションが最大2倍と低い
  • Protuneが設定できない
  • バッテリーが交換できない

最新の撮影機能がないのとスペックが抑えめになっている代わりに、約1万円ほど安くなっているのがHERO7 Silverです。

スペックだとHERO6 Blackkのほうが上となっているので、Silverと値段の変わらないHERO6 Blackを買ったほうがおすすめですね。

HERO7 Whiteの値段と違い

HERO7 Blackと比較すると、値段と機能の違いはこのようになっています。

機能GoPro HERO7 BlackGoPro HERO7 White
ビデオ解像度4K60fps1080K60fps
手ぶれ補正
ハイパースムース
写真1200万画素1000万画素
スーパーフォト
タイムラプス
タイムワープビデオ
スローモーション最大8倍
1080p240fps
最大2倍
1080p60fps
Protune
防水性能10m
GPS
タッチディスプレイ
バッテリー交換
値段47,950円26,640円

HERO7 Blackとの違いがこちら。
[box class=”glay_box” title=”HERO7 Blackとの違い”]

  • ビデオ解像度が1080K60fpsと低い
  • 手ぶれ補正が標準
  • 写真が1000万画素と少ない
  • スーパーフォト機能がない
  • タイムワープビデオ機能がない
  • スローモーションが最大2倍と低い
  • Protuneが設定できない
  • GPS機能がない
  • バッテリーが交換できない

ビデオの解像度が低くてGPSがない代わりに、約2万円ほど安くなっているのがHERO7 Whiteです。

ここまで来ると機能がかなり削ぎ落とされていますが、逆にいうとシンプルで使いやすいのが特徴と言えます。

値段の差もけっこうあるので、余計な機能は要らないという方にはピッタリです。

GoProの値段と防水性能

HERO7シリーズとHERO6 Blackともに防水性能は10mなので、値段による差はありません。

しかしGoPro純正のハウジングケース『Super Suit』は、HERO7 SilverHERO7 Whiteに対応していません。

そのためHERO7 SilverHERO7 Whiteは、サードパーティ製のハウジングケースを使うことになります。

現状Amazonでは13,000円のとても高いハウジングケースしか選択肢がありません。

このように純正品を使えるかどうかも大きな違いになるので、サードパーティ製の製品を使いたくない人はHERO7 BlackHERO6 Blackを使うのがおすすめです。

本体自体の防水性能に違いはありませんが、アクセサリーを含めた防水性能には違いがあることを覚えておきましょう。

GoProの値段まとめ

この記事ではGoProの値段と各モデルのスペック、防水性能の違いについて書きました。

値段による機能の違いを理解しておけば、自分にピッタリのGoProを選ぶことができます。

また防水性能自体は一緒でも、アクセサリーを含めて考えると違いがあります。

それぞれのモデルの値段と機能を把握して、自分にとってコスパ抜群の1台を選んでくださいね。

ABOUT ME
ナシタカ
GoProが大好きで子どもの撮影に愛用しています。 撮影した動画の編集も大好きなので動画編集についても紹介しつつ、自分が気に入ったものをどんどん紹介していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です