GoPro

【注意喚起】GoPro HERO8で使えないアクセサリーはこれだ!購入の前に気を付けることとは?

GoPro HERO8で使えないアクセサリー
ナシタカ
ナシタカ
この記事ではGoPro HERO8で使えないアクセサリーについてまとめています。使えないアクセサリーの特徴から実際のものまで紹介するので、HERO7 Blackから乗り換える方に役立ちます!

どうも、GoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

GoPro HERO8が発売されて、新しいユーザーはもちろん、HERO7 Blackユーザーもたくさん乗り換えただろうと思います。

僕もその1人で、HERO7 BlackからHERO8に乗り換えて撮影を楽しんでいます。

僕も実際にHERO8を使ってみて思ったのが、撮影で使うアクセサリーが変わったなということです。

お気に入りのアクセサリーが変わるのは当たり前なんですが、そうではなく使えないアクセサリーが出てきたというところがポイント。

なのでHERO8に使えないアクセサリーついてまとめてみました。

HERO7 Blackから乗り換えようと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

おすすめのアクセサリーは▼GoPro HERO8におすすめのアクセサリーで紹介しています。

【厳選】GoPro HERO8 Blackにおすすめのアクセサリー8選!選ぶポイントとは?この記事ではGoPro HERO8におすすめのアクセサリーについてまとめています。選び方のポイントや実際に愛用しているアクセサリーを紹介します!...

GoPro HERO8で使えないアクセサリーの特徴

GoProでは今までにさまざまなアクセサリーが登場していて、それらを使って撮影するのが楽しみの1つとなっています。

しかしGoPro HERO8は、前モデルから本体の大きさや仕様が変更されて、使えなくなったアクセサリーがあります。

HERO8で大きく変わったのが、こちらの3つです。

  • 本体サイズ
  • フレームレスデザイン
  • ボタンと端子の位置

本体サイズ

まずは本体サイズですが、前モデルのHERO7 Blackと比べると、少し大きくなっています。

GoPro HERO8 BlackとHERO7 Blackの大きさを比較

HERO8のほうが一回り大きくなっているので、HERO7 Blackの本体にピッタリのアクセサリーはそもそも使えないということですね。

ここの変更は地味に痛くて、アクセサリーを買い直す必要があるのでまず注意が必要ですね。

フレームレスデザイン

GoPro HERO8さフレームレスデザインで、その言葉の通りにフレームがいらなくなりました

GoPro HERO8 Black

なのでネイキッドフレームが必要なくなったので、最初のセット内容にも付属していません。

裸のまま使えるので、余計なアクセサリーを買わなくて済むようになったのは良いですよね。

ただダイビングなどで使うハウジングケースは必要で、ちゃんとHERO8専用のものが発売されています

ボタンと端子の位置

GoPro HERO8はわボタンや端子の配置も大きく変わっています。

まず右側面にあったモードボタンが、左側に配置されています。

GoPro HERO8 Blackの側面

さらに今まで別々だったバッテリーと端子部分が、右側面で一緒にドア内部に配置されています。

GoPro HERO8 Blackのバッテリードア

なので端子を利用しているアクセサリーも、位置が変わったことで使えなくなっています

GoPro HERO8の端子部分

こうした本体の仕様変更があったため、GoPro本体に直接取り付けるアクセサリーが、HERO8では使えなくなっているのです。

GoPro HERO8で使えないアクセサリー

では実際にGoPro HERO8で使えないアクセサリーはなんでしょうか?

具体的に挙げてみると、こちらの6つがあります。

  • バッテリー
  • フレーム
  • Karma Grip(カルマグリップ)
  • 旧型のスリーブ+ランヤード
  • 旧型の防水ハウジングケース
  • レンズ&ドアパーツ

バッテリー

GoPro HERO8からはバッテリーが新しくなって最適化され、デザインも青色が入っています。

GoProの新旧バッテリー

容量自体は変わらないのですが、古いバッテリーをHERO8で使うと、このような表示が出てきます。

HERO8 Blackに古いバッテリーを入れたときのメッセージ

つまり古いバッテリーのままだと、HERO8のフル機能は使えないということですね。

ただ僕がいろいろと撮影していても、特に制限されるといったことはありません。

具体的にどの機能が使えないのかはわかりませんが、新しいバッテリーを使ったほうが安心なのは間違いないですね。

撮影の途中で急に止まってしまったりといったトラブルがあるかもしれないので、僕は新しいバッテリーに乗り換えて使うようにしています。

ディヤードフレーム

上で書いたようにGoPro HERO8からはフレームレスのデザインになったため、これまでのGoProに必要だったフレームがいらなくなりました。

このようにビルドインマウントのおかげで、GoProに直接アクセサリーが取り付けられます

GoPro HERO8 Blackのビルドインフレーム

なので僕が愛用していたディヤードのフレームケースも、買う必要がなくなりました。

GoPro HERO7 Blackに新しいディヤードフレームケースを装着

今までのGoProでずっとお世話になっている愛用のアクセサリーですが、もう使うことはないと考えると寂しい感じがしますね…。

Karma Grip(カルマグリップ)

GoPro純正のジンバルであるカルマグリップですが、HERO8では使うことができません

ハーネスにGoProを装着

まずハーネスを装着するための端子が逆になっていて、さらに向きも数も変わっています

ハーネスの端子部分

さらに本体サイズが変わっているので、ハーネス自体を装着することができません

これもHERO8では手ブレ補正が進化して、さらにブーストというより強力な補正機能が追加されましたからね。GoProが、「HERO8にはカルマグリップは必要ない」と判断した証拠かなと。

HERO7 Blackから出た「ジンバルは必要ない」というメッセージが、着々と実現されています。

旧モデル用のスリーブ+ランヤード

僕が今現在HERO8でもっとも愛用しているアクセサリーと言っても過言ではないのが、このスリーブ+ランヤードです。

HERO8用スリーブ+ランヤード

HERO8用に着実な進化を遂げていて、使い勝手が格段に良くなっています。

ということはHERO7用とは大きく変わっているので、そのまま使うことはできません

GoProスリーブ

本体サイズがまず違うのと、下部に穴も空いていないので、ビルドインマウントを使えませんからね。

GoProにスリーブを装着

なのでスリーブ+ランヤードを使いたい方は、必ずHERO8用を新たに購入しておきましょう。

旧モデル用の防水ハウジングケース

防水ハウジングケースも、本体の仕様変更で使うことができません

ディヤード防水ハウジングケース正面

本体サイズが大きくなっているので、そもそも入りませんからね。

またレンズ部分の形が変わったので、ピッタリとハマらなくなっているのもあります。無理やりでも入らないくらいのサイズ感です。

GoPro HERO8 BlackとHERO7 Blackのレンズ部分の厚み

防水ハウジングケースを使いたい方は、HERO8専用のものを購入しましょう。

レンズ&ドアパーツ

HERO8 Blackでは本体の仕様の変更で、前モデルまでの交換パーツは使えなくなっています

ドア部分が1つに統合されて、HERO8ではバッテリーと端子が側面のドアでまとめられています。

大きく開く仕様に変わっていて、このあたりはかなり変わっていますからね。

なのでHERO7 Black用に交換パーツなどを持っていても、HERO8には使うことができません。

GoPro HERO8で使えないアクセサリー|まとめ

ここまでGoPro HERO8で使えないアクセサリーとして、その特徴や具体的なアクセサリーについて紹介してきました。

気をつけるのはGoPro本体に取り付けるアクセサリーで、フレームを介して使うアクセサリーは問題ありません。

ただ本体用アクセサリーはHERO8用が出ているように、仕様変更がかなりあってより使いやすくなっています。

それだけHERO8が進化している証拠で、HERO7 Blackから格段に進化しているなと改めて実感しました。

この記事ではけっこう細かいところまで網羅しているので、GoPro HERO7 Blackから乗り換えようとしている方は参考にしてください。

どうも、ナシタカ(@ehicalog)でした。

【厳選】GoPro HERO8 Blackにおすすめのアクセサリー8選!選ぶポイントとは?この記事ではGoPro HERO8におすすめのアクセサリーについてまとめています。選び方のポイントや実際に愛用しているアクセサリーを紹介します!...
ABOUT ME
ナシタカ
GoProが大好きで子どもの撮影に愛用しています。 撮影した動画の編集も大好きなので動画編集についても紹介しつつ、自分が気に入ったものをどんどん紹介していきます。