[e]iOS8にアップデートしたらAssistive Touchがパワーアップしてた!

この記事をかいた人

本業は整体師。大好きなGoProを始めとしたアクションカメラや動画編集、子育てなど、僕自身が体験した情報を発信しています!
iOS8でAssistive Touchがパワーアップ

Assistive Touch。
私がiPhoneを使い始めた頃からお世話になっているかなり便利な機能です。

Assistive Touchボタンから様々な機能を呼び出せ、ホームボタンの代わりとしても使用しています。

そんなAssistive TouchがiOS8でさらにパワーアップしていたのでご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

Assistive Touchに機能が追加された!

Assistive Touchに関して詳しくはこちらの記事をご覧ください!
↓↓↓
[e]Assistive Touchが便利で重宝してます!

iPhoneを使っていると氣になるのが、ホームボタンへの負荷。
様々な操作で使用するので、使い込んでいくとまず不具合が出るのがこのホームボタンです。

お陰様で今までiPhoneを使い続けて5年近くになりますが、今だにホームボタンの不具合に遭遇したことがありません。

様々な機能をタップ操作で呼び出せるAssistive Touch。
iOS8ではさらに機能が追加されてパワーアップしています!

通知センターが追加された!

Assistive Touch画面

まず追加されたのが、上部の通知センターボタンです。

Assistive Touchからタップで呼び出せるようになり、通知センターへのアクセス方法が増えたことになります。
タップ操作で通知センターを呼び出せることで、画面上部からスワイプする必要がなくなり、さらに使いやすくなりました。

コントロールセンターも呼び出し可能!

さらに右下にはコントロールセンターボタンまで追加されました。

こちらもタップでコントロールセンターを呼び出せる訳ですから、WiFiやBluetooth機能のオンオフをよくされる方も使いやすくなりそうです。

特にiPhoneではキーボードが表示されていると、コントロールセンターを呼び出そうとしても上手く出てこない事がほとんどです。
(「ん」を入力してしまうパターンが個人的に多い…)
というか仕様で出ないようになっているような感じです。

そんな場合もAssistive Touchを使えば簡単にコントロールセンターを呼び出せます。

手の小さい方にオススメ

以上が新しくAssistive Touchに追加されたら機能になります。

今回のAssistive Touchの進化で、手が小さくてiPhoneが使いにくい方にはとてもオススメの機能です。

画面に手が届かなくてもAssistive Touchから操作が色々と出来るので、Assistive Touchボタンの位置だけ気をつければ、かなり使いやすくなると思います。

特に上部からスワイプが必要な「通知センター」操作はAssistive Touchで代用できるので、手の小さい方のための機能のように感じます。

iPhone6にもオススメできそう!

新しく発売されたiPhone6。
ディスプレイサイズが大きくなったことで、片手では画面全体に指が届かない方もいると思います。

そんな時にこのAssistive Touchを使えば、画面の下スワイプや上スワイプを使わなくても通知センターとコントロールセンターを呼び出すことが可能です。

私自身の手が小さいので、画面が大きくて使いにくいんじゃないかと感じていましたが、このAssistive Touchを使うことで使いやすさは工夫次第でどうにかできそうな可能性も出てきました。

多機能な上にiPhoneの使いやすさまで変えてくれる。
これからもAssistive Touchにはお世話になりそうです。

とても便利な機能が満載ですので、皆様もぜひ使ってみてください。

ナシタカ(@ehicalog)でした。

from するぷろ

スポンサーリンク

スポンサーリンク