[e]iPhone6 Plusを購入して手が小さいのをカバーするために私が試した3つのこと

この記事をかいた人

本業は整体師。主に大好きなGoProを始めとしたアクションカメラや動画編集、子育てについての情報を発信しています!
iPhone6 Plusで手の大きさをカバーするための対策

Appleを愛する鍼灸あん摩マッサージ指圧師、ナシタカ(@ehicalog)です。

先日ついにiPhone6 Plusに機種変更しました。
iPhone5からの変更でしたので、全てが新しくなった感じで毎日iPhoneに触るのが楽しくなっています。

そんな私はiPhone6を買うときには自分の手が小さいことから、iPhone6 Plusは絶対に買わないと書いていました。

記事はこちらです。
↓↓↓
[e]iPhone6とiPhone6 PlusならiPhone6の方が魅力的だと思う私なりの理由 | ehicalog

[e]iPhone6は自分のライフスタイルに合わせて買いたい!iPhoneを最も使用するシーンはどんな時か考えてみた! | ehicalog

しかし実際にはiPhone6 Plusを購入しています。
そこには私なりの「こうしたら手の小ささをカバー出来るのではないか?」という対策が何個か浮かんでいたのです。

今回はその対策を実際に試してみてどうだったのかを書かせて頂きます。

スポンサーリンク

バンカーリング

Photo:バンカーリング(パッケージ) By:masato_photo
Photo:バンカーリング(パッケージ) By masato_photo

まずはしっかりとiPhoneをキープするためのアイテムとして、バンカーリングを使用します。

バンカーリングはiPhone5の時から愛用しており、今回も長年のお供をiPhone6 Plusに付け替えて使用しています。

年季が入った私のバンカーリングよりも綺麗な写真がありましたので載せておきます。

Photo:バンカーリング(取り付け) By:masato_photo
Photo:バンカーリング(取り付け) By masato_photo

バンカーリングのオススメポイントとしてはリングに指を通して持つことで、iPhoneを落とす心配をする必要が無くなります
特にiPhone6 Plusの大きさをしっかりと持つためには、私には手だけでは足りずバンカーリングが必要不可欠になっています。

また取り付け位置も、使うシーンや指の構造を意識して調整しています。

左右の調整

私の場合はどちらの手でも持てるようにと左利きという部分を考慮して、バンカーリングを背面で若干右寄りに取り付けています

リングの軸を回転させることで左右どちらでも持ちやすいのと、両手打ちの際は利き手である左手の指を通してホールドをするために右寄りの配置がベストになるためです。

またこの右寄り配置のお陰で、左だけの片手持ちでも画面の右端に親指を届かせることが出来るようになります。

右端に届かせるにはiPhoneのホールドが甘くなりますが、バンカーリングのお陰で安定感を出す事が出来るのです。

上下の調整

上下の位置に関しては、真ん中よりも下寄りに取り付けています。

これも理由があり、親指の動きを考えると下の方に行きにくいからです。

親指を下の方に持っていくためには、手首の動きが必要になりますが、両手持ちとなると手首を自由に動かすことも難しくなります。

文字入力と操作性を考慮して取り付けると使いやすさが段違いですので、妥協出来ないところですので、その辺りを考慮した下寄りの配置となっています。

しかし、これでは上部へ指が届きにくくなってしまうことが問題になります。
そこで活用したのが、「AssistiveTouch」「簡易アクセス機能」です。

AssistiveTouchの活用

まずは上部へのアクセスで多い、通知センターを呼び出す方法です。
画面上端から下へスワイプさせますが、片手持ちの時には不可能に近い動きです。

そこで、私はAssistiveTouchから通知センターを呼び出すようにしています
2タップで簡単に通知センターを呼び出せるので、手の小さい方には是非とも活用して頂きたい機能になります。

スムーズに呼び出すためには、ボタンを操作しやすい位置に配置しておくことが大切です。

私の場合は左利きを考慮して、常に画面の左下部分に配置しておくようにしています。
これでいつでも通知センターだけでなく、コントロールセンターや画面ロック、スクリーンショット機能を片手だけで使うことが出来るのです。

AssistiveTouchについてはこちらの記事もどうぞ!
↓↓↓
[e]AssistiveTouchの記事まとめ | ehicalog

簡易アクセス機能

簡易アクセス機能は頻繁には使いませんが、片手で必ず操作しなくてはいけなくて、かつ上部のボタンを押す必要がある時に活用します

例えば電車に乗っている時です。
よく吊革に捕まらずに操作している方もいますが、私自身緊急停止時に大変なことになる様子を見てからは必ず捕まるようにしています。

右手で捕まると自然と左手だけでの操作になりますので、画面の上部へ届きにくくなります。

アプリのボタンなどで片手で押すことが不可能な時には、この簡易アクセス機能を使うことでカバー出来ます。

まとめ:セッティングが大切

今回の内容をまとめると以下になります。

  • タッチ操作の範囲を広げるためにバンカーリングを利用
  • AssistiveTouchを活用することで操作範囲をカバー
  • 届きにくい上部はさらに簡易アクセスでカバー

快適なiPhoneライフを送るためには、いかにiPhone6 Plusの大画面をカバー出来るかが重要です。

大画面のiPhoneが出ることを待ち望んでいた方も多いですが、女性ではその大きさがネックとなって、使いにくそうな印象を受けてしまうことでしょう。

しかし手の小さい私でも環境を整えれば、使いやすくすることは出来ます。

そのためにアクセサリや機能をフル活用してストレスフリーな操作を実現させることが大切です。

iPhone6 Plusを快適に使うために、これからも色々と試していきたいと思います。

それではまた次回お会いしましょう!

本日のオススメ

バンカーリング
手の小さい方にオススメです!
↓↓↓

from するぷろ

スポンサーリンク

スポンサーリンク