[e]iPhone6PlusからiPhoneSEに変えて感じたメリットとデメリット

iPhoneの写真

LINEモバイルへの乗り換えにあたって僕は今まで使っていたiPhone6Plusから、iPhoneSEへとiPhoneを変更しました。

最初はこの2つの違いについて全く意識していなかったんですが、使い続ける内に様々なことがわかりました。

このあたりは変更前はそこまで意識していなかったことが多かったので、意外な発見だったなと。

なので今回はiPhoneのサイズダウンをしてわかったことについて、僕が感じたことやこうしとけ!みたいな皆さんに伝えたいところをまとめていきます。

スポンサーリンク

iPhoneSEを選んだ理由

僕がiPhoneSEを選んだ理由、それは「値段」です。

iPhoneSEって安いんですよね。しかも最近の変更で今までのiPhoneSEの16GBの値段で32GBが買えるようになったので、さらに僕の購買意欲を掻き立てました。

なのでソフトバンクのiPhone6Plusを利用していた僕にとっては、LINEモバイルへの乗り換えのためにSIMフリーのiPhoneが必要不可欠だったので、迷わず値段の安いiPhoneSEを選んだわけです。

iPhoneSEに変更して分かったメリット

まずはiPhoneSEに変更したことでわかったメリットについて紹介します。

操作がしやすい

iPhoneSEに変えてまず感じたことが、iPhoneの操作のしやすさでした。

iPhone6Plusの時はその大きさから僕の場合は片手だけで全ての操作を行うことができず、バンカーリンクなどで工夫してiPhoneの使いやすさを追求していました。

そのあたりはこちらの記事にまとめています。

[e]バンカーリングの貼り付け位置!おすすめ位置と左利きの僕にベストな位置

2016.04.04

でもiPhoneSEに変えてからは操作がものすごい快適に行えて、かなりストレスフリーになりました。

画面上部にも簡単に指が届きますし、片手で全ての操作が行えるのはこんなにも快適なのか!と実感しています。

僕はiPhone5からiPhone6Plusに乗り換えたんですが、その時とは全く感覚が違います。

「iPhoneのサイズが大きくなって使いにくい、でも慣れるだろう」くらいにしか感じてませんでしたが、iPhone6PlusからiPhoneSEに変えてからは「片手で操作できるってこんなにも快適なことだったのか!」と実感。

iPhoneの操作性ってめちゃくちゃ大事ですね。

他の人に見られにくい

iPhoneSEはサイズ的にiPhone5と同じなので、僕だと片手にほぼ収まります。

なのでiPhoneの画面を周りから見られにくくしながら操作しやすいのです。

僕はiPhoneもMacも周りの人に画面を見られたくないんですよ。なので使うときは最大限周りの人の目に入らないようにポジションをとって使っています。

iPhone6Plusを使っていた時はその画面の大きさから、隠しながら使うのが難しくていつも大変でした。

そんな時にiPhoneSEのこのサイズは画面を隠しつつ操作もしやすくて最高です。

特に通勤電車でその威力を発揮してくれるので、快適な通勤生活を送れています。

モバイルバッテリーで何回も充電できる

iPhone6Plusと比べてiPhoneSEの場合はバッテリー容量が少なくなるので、その分モバイルバッテリーでの充電可能回数が増えます

そうすると出掛けていても安心してiPhoneを使えて、しかも何回でも充電できる安心感もあるので快適です。

iPhoneSEに変更して分かったデメリット

続いてiPhoneSEに変更してわかったデメリットについて紹介します。

画面が小さい

まずiPhone6Plusと比べての一番の違いはサイズです。そのため必然的に画面が小さくなってしまいます。

画面が小さくなると色々な弊害がありました。特に1画面で表示できる情報量が少なくなり、一覧性がなくなりました

例えばLINEのトークも1画面で今まで見ることができた文章も、iPhoneSEではスクロールする必要が出てきます。

また僕は仕事でチャットワークを使っていますが、そのチャットワークの画面もキーボードの入力画面を出すと画面がほぼ埋まってしまいます

iPhone6Plusだったらチャットの内容を見ながら返信を入力することが出来ていましたが、iPhoneSEではそれができません。

チャットの内容を確認したいときは一旦キーボードをしまって確認をする必要があります。

画面の大きさは操作効率にも影響を与えるなというのを、改めて実感しました。

バッテリーの減りが早い

メリットに上げたモバイルバッテリーの充電可能概数が増える。

これは裏を返せば、iPhoneSEのバッテリーがそんなに持たないということです。

特に僕の場合はiPhone6Plusを使っていたので、バッテリーが全然持たないことにめちゃくちゃ驚いています。

僕みたいにiPhoneでブログの下書きとかしたり、さらに音楽聴きながらやったらけっこうな勢いでバッテリーが減ります。

このバッテリーについては対策が必ず必要。僕はモバイルバッテリーを持ち歩いているので、とりあえずは大丈夫かなといった感じです。その分モバイルバッテリーに接続する手間が出てきますけどね。

番外編

iPhoneの容量を少なくしたら予想以上に大変

iPhone6Plusは容量が64GBだったんですが、今回購入したiPhoneSEは32GBにしました。

なので軽い気持ちで「アプリとかデータの整理すればなんとかなるだろ」みたいに考えていましたが、実際にやってみるとめちゃくちゃ大変です。

使用状況から「このアプリが容量食ってるな」って分かっても、欠かせないアプリだと消すわけにもいかず。

またなんとなく入れていたアプリの断捨離も行ったりと、けっこうな手間がかかります。

このあたりの整理は余裕を持って行わないと大変ですを

僕は一旦iPhone6Plusに入れていたデータをMacをMacに移して、そこから地道に今整理をしています。

余裕を持ってiPhoneの整理を行っておきましょう。

まとめ

上にメリットとデメリットについてまとめましたが、僕が一番に感じたデメリットとしてはやはり画面の小ささでした。

今までできていたことが出来なくなるのはストレスをかなり感じます。

特に僕の場合はブログの執筆をiPhoneで行うことがほとんどなので、その際に利用する「iA Writer」での画面の狭さが気になります。

ただそれを超えるメリットとしてあるのが、操作のしやすさです。

今までiPhone6Plusで苦しんでいた片手操作が簡単にできるだけで、こんなにも使い心地が変わるのかと驚いています。

僕の場合は画面の大きさよりも断然片手での操作性が大事だったことを今更ながら気付くことができたので、今回のiPhoneSEへの乗り換えは大成功でした。

この操作性は病みつきになるので、僕はiPhoneSEをガチでオススメします。その際の乗り換えについては今回紹介したように意識しておいてくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

GoProが大好きでHEOR5 Blackから子どもの撮影に活用しています。撮影した動画の編集も大好きで家族の思い出ムービーをたくさん作っているので動画編集についても紹介していきます。