GoPro

[e]GoProのおすすめジンバル「Karma Grip」を使い始めてから撮影がもっと楽しくなった!

カルマグリップでGoProがもっと楽しくなる

どうもGoPro大好きナシタカ(@ehicalog)です。

先日購入したKarma Grip。新しいマウントでしたが既に僕のGoProライフには欠かせない必須アイテムとして君臨しています。それは手振れがなくなるだけでなく、他のGoProを活用する観点から様々なメリットが見えてきたから。

これは購入前にKarma Gripに期待していた手振れ補正の機能だけでなく、まさにGoProが活用しやすくなるおおきな変化でした。

なので今回はKarma Gripが僕のGoProライフをどのように変えてくれたのかについて紹介していきます。Karma Gripのお陰で良い変化が多く出てきたので、ぜひその魅力を知ってください!

Karma Gripとは?

Karma GripとはGoProで手振れのない映像を撮影することができる純正のジンバルのこと

スタビライザーによってブレを抑えることができ、滑らかな映像が簡単に撮影できるようになります。

GoProで使えるジンバルはいくつか出ていますが、GoPro公式から出されている純正のマウントになるのでその使いやすさは折り紙付きです。

Karma Gripを使うことで感じた3つのメリット

そんなKarma Gripを使っていろいろと撮影していたのですが、その中でまた新たな魅力を発見してしまいました。

もう僕にとってKarma GripはGoProライフには欠かせない必須アイテムとなったのです。

その理由を詳しく解説していきます!

動きながらでも手振れのない映像が撮影できる

Karma Gripを使っていて感じた最高のメリットが、どんなに動いていてもブレのない安定した映像が撮影できること

僕はGoProを子どもの撮影に使うのがメインなのですが、基本動きながらの撮影が当たり前。

特に走りながらの撮影や公園の遊具で追いかけながらの撮影など自分自身が動きながら撮影することがほとんどです。

そのため自分だけではブレを抑えにくく、結果として今までどうしてもブレが多い映像となっていました

しかしKarma Gripを使い始めてからはそうした手振れがなくなり、安定感のある映像を撮影できるようになったのです。

走りながら撮影しても全然手振れがない。今までではあり得なかったことなのでめちゃくちゃ感動しました。

それからはブレが出やすくて止めていた後ろ歩きしながらの撮影や前を走りながらとか後ろに向けての撮影なども気軽に出来るようになりました

もちろん映像には手振れが全くありません。まさに子どもの撮影には欠かせない神マウントです。

気軽にテレビで映像を見られるようになった

上で書いたようにKarma Gripを使うことで手振れのない安定した映像を撮影できるようになったので、その影響から撮影した映像をテレビでより楽しめるようになりました

今までもテレビで映像を見ることはしていたのですが、そこまで積極的にすることはありません。

なぜなら手振れがかなりあると映像が見にくいから

GoPro本体を繋いで再生する映像はまさに撮影したての素材。そのため編集や補正が一切無く手振れがかなりあるために一度見ればもういいやとなるレベルでした。

特に子どもを撮影したものなので動きながらの撮影が多く、一段と手振れも強く出てしまいます。

なので一度テレビで見た後はブレが凄いなと感じてしまうので、もう一度テレビで見るというのはほぼありません。

ただそうすると純粋にありのままの映像を楽しむことが出来ていないんです。せっかく撮影した映像も編集ありきでしか見られないなんて残念ですよね?

しかしKarma Gripを使い始めてからはそうした手振れがなくなったので、そのまま未編集の映像をテレビで楽しめるようになりました

先日も子どもと公園に行ったときに奥さんは家で色々とやっていたので、公園での様子を撮影した映像を見せました。

奥さんとしてはどんなことをして遊んだのかよく聞いてくれるので、それを映像で見られることにとても喜んでくれます。

僕自身も公園に一緒に行っているはずなのに、映像で見ることで「こんなことして遊んだな」と振り返ることができてめちゃくちゃ楽しい。

そうした思い出を映像で、しかもテレビの大画面で快適に楽しめるようになったのは最高です。

安定感のある映像だからこそ、テレビで楽しめるんだなと実感。Karma Gripのお陰で今では同じ動画を何度もテレビで見るくらいになりました。

GoProバッテリーの心配が減った

カルマグリップで充電中のGoPro

GoProの弱点と言えばその連続撮影時間の短さ。そのため予備バッテリーやモバイルバッテリーの確保が大切になります。

そして地味に便利だったのがKarma GripからGoProへ給電されるため、GoPro自体のバッテリーを心配することが減ってきたことです。

しかも撮影をしないでスタンバイしているときは充電状態となり、GoPro本体のバッテリー残量が増えていました。

バッテリーの心配がなくなった上にGoProでの撮影が安定するなんて、まさに最強じゃないのか?と。

ちょっとしたお出かけならこのKarma Gripだけで撮影をほとんどカバーできます。お陰で予備バッテリーやモバイルバッテリーが必要無くなって荷物を減らすことができました。。

片手で扱える最高の相棒

さらにKarma Gripを使っていて最も便利なのが、「片手で扱えること」

HERO6では手振れ補正がさらに進化していてかなり映像の安定性が向上しましたが、まだまだジンバルに比べればブレが強い。

ましてや少し動きながらの撮影の場合は片手での撮影だとブレが入ってしまい、映像が観にくくなってしまうこともしばしばあります。

そのため少しでも安定させるために両手でGoProを構えて撮影することもありますが、それでも完璧にブレを抑えられる訳ではありません。

しかしKarma Gripであれば片手で持つことが出来る上に、ブレのない安定した映像を撮影することができるのです

これはKarma Gripだからこそできること。ここまで安定した映像を撮影する方法は手持ちではほとんど出来ないと考えても良いでしょう。

この手振れのない高いクオリティの映像を片手だけで撮影できるのがKarma Gripの最大の魅力なのです。

手元のボタンで撮影のオンオフがコントロールできて、チルトロックをコントロールすれば思いのままの方向を撮影することができる。

特に子育てをしていると荷物も多くてなかなか撮影が難しいこともありますが、片手で簡単に撮影ができるKarma Gripのお陰で僕の撮影環境は最高のものとなりました。

まさに片手で扱える最高の相棒だなと。僕にとってはもう欠かせないアイテムとなっています。

Karma Gripなら自撮りも安定

Karma Gripならもちろん自撮りもできます。

自撮り棒に比べると重さがあるのと伸縮ができないため使い勝手としては微妙になりますが、それを補うほどのメリットがジンバルとしての安定感。

片手で扱えるサイズ感で簡単にブレが抑えられるので自撮りでも安定した撮影ができてかなり便利です

自撮りの映像を安定して撮影したいという方には自撮り棒よりもKarma Gripを使う方がおすすめなのでぜひ試してみてください。。

まとめ:Karma GripでGoProがもっと楽しくなった

僕はKarma Gripを購入する前は本当にただ手振れのない映像が撮れるようになるくらいに考えていたのですが、今ではその考えが180°変わりました。

むしろKarma GripがあることでGoProライフが飛躍的に快適になるのです。

今までも僕なりに手振れが起きないように撮影方法やマウントには気を遣ってきたつもりでしたが、Karma Gripはさらにその上をいく究極の一品。

使い込むほどにその便利さがジワジワと滲み出てくる、GoProにとって最高の相棒だったのです。

僕はKarma Gripを購入するのが遅くなってしまいましたが、今ではなんでもっと早く買わなかったんだろうと後悔するレベル。

それほどまでにGoProの使い勝手を良くしてくれるアイテムなので、ぜひ試してみてくださいね!

[kanren postid=”8732″]

ABOUT ME
ナシタカ
GoProが大好きで子どもの撮影に愛用しています。 撮影した動画の編集も大好きなので動画編集についても紹介しつつ、自分が気に入ったものをどんどん紹介していきます。