ニンテンドースイッチ

LEOYAニンテンドースイッチケースレビュー|収納力と機能性を兼ね備えたコスパ抜群のスイッチキャリングケース

LEOYAニンテンドースイッチケース

どうもゲーム大好きナシタカ(@ehicalog)です。

僕はニンテンドースイッチが楽しくて、いろいろな場所に持ち運んで大人数でプレイしたりしています。

そんな持ち運びで愛用しているのが、『LEOYAのニンテンドースイッチケース』です。

ニンテンドースイッチ本体だけでなく、ジョイコンやACアダプタまでたっぷり収納できるので、スイッチの持ち運びに欠かせないアイテム。

この記事ではケースを愛用している僕がレビューとして、ケースの良いところとイマイチなところをまとめて紹介していきます。

実際に使ってみての使い心地を正直に書いていきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

LEOYAニンテンドースイッチケースの見た目

LEOYAニンテンドースイッチケースは、持ち運び用のソフトケースです。

ソフトケースなんですが枠組みはしっかりと作られていて、値段からの想像以上にしっかりしています。

LEOYAニンテンドースイッチケース

外側には持ち運び用のハンドルがついていて、簡単に持てます。

LEOYAニンテンドースイッチケースのハンドル

ダブルジッパーを採用しているので、開閉がしやすいのも特徴。

LEOYAニンテンドースイッチケースのダブルジッパー

また両ジッパーが本体後方まで行くので、ケース自体が180度しっかりと開いてくれます。

LEOYAニンテンドースイッチケースのジッパーの後ろ部分

こちらが実際に開いてみたところ。

ケースを完全に開いたところ

大きく3のエリアに分かれています。

[box class=”glay_box” title=”3つの収納エリア”]

  • ニンテンドースイッチ本体収納部分
  • メッシュポケット(付属品収納部分)
  • ソフト収納ポケット

まずこちらがニンテンドースイッチ本体を収納する部分になります。

スイッチ本体を収納するケース

左右にくぼみがあり、ここにジョイコンがピッタリと収まります。

ジョイコン用の凹み

その上にあるカバーのようなものは、収納時に本体のディスプレイを保護す役割。

ディスプレイカバー

それだけでなく、本体収納部分にあるベルクロと組み合わせます。

ベルクロとの組み合わせ

こうすると本体用のプレイスタンドに早変わり。

本体用スタンド

角度はあまり調整できませんが、あると便利な嬉しい機能です。

本体スタンドを斜めから

こちらが付属品を入れられるメッシュポケット。

メッシュポケット部分

けっこう広がるので、周辺機器を収納しておけます。

メッシュポケットを広げたところ

グリップも入るので、ある程度厚みがあっても大丈夫。

メッシュポケットにグリップを挿入

上の2つの間にソフトの収納スペースがあります。

ソフト収納部分

表裏合わせて、全部で20本ものソフトを持ち運ぶことができます。

ソフト収納部分の裏側

ただ僕はダウンロード派なので、ソフトの収納は一切使っていませんw

ナシタカ
ナシタカ
ソフト収納部分は取り外しができたら最高でした!

LEOYAニンテンドースイッチケースの良いところ

実際に使ってみた感じた、スイッチケースの良いところがこちらの3つ。

  • スイッチ本体がピッタリ収納できて安心
  • 抜群の収納力と機能性
  • 作りがしっかりしていて頑丈

スイッチ本体がピッタリ収納できて安心

LEOYAのケースは、スイッチ本体にジョイコンを取り付けたまま収納が可能

スイッチを収納したところ

ケースにジョイコン用の凹みがあるので、ジョイコンがしっかりと収まって安定します。

スイッチ本体を収納したところ

この凹みのおかげでケースを揺さぶっても、本体とジョイコンはほとんど動かないので持ち運びも安心です。

抜群の収納力と機能性

さらに網目の部分は収納力抜群で、周辺アクセサリも一緒に収納できます。

ぼくの場合は大人数でプレイするためにジョイコンを持ち運ぶのですが、このようにジョイコン2セットが余裕で入ります

メッシュポケットにジョイコンを収納

さらに僕が愛用しているC-Force変換アダプタも入れます。

メッシュポケットの収納にアダプタも

スイッチ本体収納部分にあるカバーを立てれば、テーブルモードでプレイできるスタンドに早変わり

スタンドに本体を設置

これならいつでもどこでも快適にプレイすることができるので、出先で娘と一緒にテーブルモートでプレイするときに毎回お世話になっています。

作りがしっかりしていて頑丈

LEOYAのスイッチケースはハードケースではないのですが、作り自体はとてもしっかりとしています。

LEOYAニンテンドースイッチケースの見た目

うちは1歳の息子がたまにいたずらで乗っていましたが、それでも潰れないので想像以上に頑丈だなと。

かなりの圧力に耐えてくれるので、内部のアイテムをしっかりと守ってくれて安心です。

LEOYAニンテンドースイッチケースのイマイチなところ

ここからは実際に使ってみて感じた、ちょっとイマイチなところを紹介します。

予備のジョイコン収納が不安

このようにジョイコン2セットは余裕で入るのですが、ジョイコン自体は固定されている訳ではありません

メッシュポケットにジョイコンを収納

そのため持ち運びで動いてしまうので、こうなるとジョイコンの故障が心配です。

今のところは特に異常は出ていませんが、今後使い続けている内に不具合が出ないか気になるのが本音。

気になる方は、ジョイコンを別のケースに入れて持ち運ぶのがおすすめです。

さらに収納力があったら理想的

僕はスイッチ付属のドッグは持ち運ばずに、C-Force変換アダプタを持ち運んでいます。

この変換アダプタをジョイコンと一緒にケースに入れているのですが、合わせて必要なHDMIと電源ケーブルが一緒に入ると理想的だったなと。

メッシュポケットと電源アダプタ

一応ジョイコンを1セットだけにすればなんとか収めることは可能。

メッシュポケットに電源アダプタとHDMIケーブルを収納

ただこうなるともう1セットのジョイコンを別で持ち運ばないといけませんし、ジョイコン単体で持ち運ぶのが難しいのでやっていません。

これがもう少し大きくてジョイコンを入れてもケーブル類が入ってくれたら、まさに自分にとっては最高のケースだったなと。

ただここはケースのサイズ感との兼ね合いもあるので、割り切って使うのが大切ですね。

ナシタカが実際に使っているケース収納方法

ここからは僕の実際の使い方を紹介します。

まず大勢でプレイすることを前提とした持ち運びアイテムは、このようになっています。

[box class=”glay_box” title=”ケースに収納するアイテム”]

  • スイッチ本体(ジョイコン取り付け済み)
  • ジョイコン2セット
  • C-Force変換アダプタ
  • ストラップ

実際に入れてみたのがこちら。

LEOYAニンテンドースイッチケース

このように全てのアイテムがしっかりと収まっています。

網目の部分はこんな感じ。ジョイコンへのダメージが少し不安なところ。

メッシュポケットにジョイコンと変換アダプタを収納

ジョイコンがうまく収納できたらなお良かったですね。

そしてここに入らない、

  • 電源アダプタ
  • HDMIケーブル
  • 純正グリップ

は別のリュックなどに入れています。

このように僕は分けて持ち運んでいますが、肝心のスイッチ本体はしっかりと守られているので大満足です。

本体を入れたケースだけ子どもに持ち運ばせることもできるので、ケースがあって本当に良かったなと思いますね。

LEOYAニンテンドースイッチケースレビュー:まとめ

ここまでLEOYAニンテンドースイッチケースレビューとして、見た目や使い方について書いてきました。

持ち運びを前提としたサイズ感ですが、その収納力と機能性は十分でニンテンドースイッチを安心して持ち運べます。

LEOYAのニンテンドースイッチケースは全部のアクセサリをひとまとめにしたい人よりも、携帯モードやテーブルモードでプレイするためのアイテムをまとめておきたい人におすすめ。

値段からは想像できないクオリティの製品で、僕は買って本当に良かったなと思っています。

子ども気に入っていて使いやすいアイテムなので、ニンテンドースイッチの持ち運び用ケースをお探しの方はぜひ試してみてください。

どうも、ナシタカ(@ehicalog)でした。

ABOUT ME
ナシタカ
GoProが大好きで子どもの撮影に愛用しています。 撮影した動画の編集も大好きなので動画編集についても紹介しつつ、自分が気に入ったものをどんどん紹介していきます。
関連記事を読んでみる