ネット環境

[e]LINEモバイルの実際の速度まとめ!様々な環境や時間で計測してみました!

ラインモバイルの速度の実際

どうもLINEモバイル大好きナシタカ(@ehicalog)です。

今回は僕が利用しているLINEモバイルの実際の回線速度についてまとめてみました。

LINEモバイルに乗り換えて1年以上が経ち色々とわかったことがあって特に速度に関しては実際に使ってみてこんな感じなんだなと。

全体的に満足感は高いのですが時間帯によって使いシーンがどうしてもあります。しかしそういった時にも使い方次第ではメリットになることもあるのです。

そこで僕が実際にLINEモバイルを使ってみて分かった速度の実際と問題点、その対策について自分なりの経験を紹介していきます

これからLINEモバイルへの乗り換えを考えている方や実際の速度ってどのくらいなのか知りたい方はぜひ参考にしてください!

[btn class=”original-btn big”]LINEモバイル公式サイト
[/btn]

LINEモバイルの速度の実際

僕は毎日ウェブで検索をしたりYouTubeで動画を見たりと様々に使っていますが、実際に使っていて大きな不満を感じることはありません。

むしろ前に使っていたソフトバンクよりも通信は快適になったなと感じています。今まで繋がりにくかったエリアでも快適に通信ができるようになったりと嬉しいことばかり

実際にアプリで測定したのがこちらになります。
速度の測定

速度の測定 速度の測定

場所や時間によって増減はありますが、大体8〜10Mbpsが平均的な速度になります。これだけあればネットは快適に使えますしYouTubeも快適に閲覧できるくらいなので問題ないですね。

人が少ない場所では25〜30Mbps出たり調子が良いと98Mbpsとか出たりするのでたまにビックリします。

速度の測定 速度の測定

時間帯による通信速度の変化がある

ただ1つ問題なのが時間帯による通信の遅さが出てくること

格安SIMではよく言われますがLINEモバイルを実際に使っていてもお昼と帰りの通勤電車の時間帯は通信が遅くなるのを実感しています。

お昼は遅くなる

これは実際に使っていて感じたことですがお昼頃になると急に速度が落ちます

実際の速度でいうとこのような感じ。
速度の測定

下り3Mbpsが平均的な速度ですがニュースアプリを見たりネットサーフィンくらいなら普通に見られるので問題ありません。

僕が実際に使っていて困ったのはまずTwitterアプリでの画像と動画の読み込みが遅くなること

僕は『Feather』というアプリでTwitterのリストのタイムラインを見るのですが、このリストのタイムラインを見ていると画像や動画が表示されなくなることがあります。

画像と動画は読み込みまでかなり時間がかかるので待てばいけるのかもしれませんが、そこまで待つこともできない。そのくらい読み込みに時間がかかります。

特にYouTubeを見るのはほぼ無理ですね。読み込みに時間がかかる上に再生しても途中で止まるので見ているとストレスになります。

夕方の通勤電車も遅くなる

満員電車に近い帰りの通勤電車でも人が多いせいか読み込み速度は遅くなります

実際に測定したのがこちらになります。

速度の測定

下り2.5Mbpsほどでたまにウェブページすら読み込まれないことがあるのでここは少し不満な部分。

夕方は疲れていて頭が回らないことがあるので、そうしたときにはあまり頭を使わない調べ物なんかをしたいのですが、読み込みに時間がかかってサクッと調べられないので余計にストレスが溜まります。

電車内でこのくらいの速度になるのはさすがに厳しいかなという印象です。

速度への対策

駅とスマホ

実際にこうした時間帯による通信の遅さがあるのですが、それについての僕なりの対策についても紹介していきます。

お昼の時間帯はTwitter公式アプリ

Featherの読み込みが遅い問題に関してはTwitterの公式アプリを利用することで解決できます

僕が使っているLINEモバイルのコミュニケーションフリープランではTwitterの公式アプリなら通信料無料になります。

そうすると画像や動画も問題なく表示されるのでFeatherから『公式アプリで開く』を選択するとそのままツイートの画像や動画を快適に見ることができます。

YouTubeはお昼には諦めるしかないですね。それか根気よく待つことが必要です。僕は待てないので見ること自体を諦めています。

帰りの通勤電車はブログ執筆

帰りの通勤電車内はもう通信は期待できないのでいっそのこと諦めてしまいます。

その代わりブロガーとして記事の執筆にあたります。僕はモブログで文章を仕上げるのでアプリで一気に文章を書いていくのが今では日課となっていますね。

通信を諦めるからこそ記事の執筆に集中できる状態。なので速度が遅くなったお陰で僕は記事を書くペースが安定するようになりました

ある意味こうした制限があるからこそやることが絞られるので結果として作業に集中しやすい状態になることができています。

[btn class=”original-btn big”]LINEモバイル公式サイト
[/btn]

LINEモバイルの速度についてまとめ

  • 普段は快適に使える
  • お昼と帰りの満員電車は速度が遅くなる
  • 自分なりの対策を考える

LINEモバイルは通信速度も快適で僕は乗り換えて本当に良かったなと思っています。

ただどうしてもお昼や通勤時間などの利用が集中する時間には速度が遅くなってしまい、思うように使えないこともあります。

そうした時には自分なりの対策を考えることが大切。僕だったらそういった時間をブログ執筆として活用しています。

お陰で記事の執筆に集中する良い環境になっているので僕にとって時間帯での通信の遅さはデメリットにはなりませんでした。

時間帯による違いはあっても総合的に見れば普段の通信速度は8〜10Mbpsと必要十分に出ていて使い心地はかなり良いです

実際にLINEモバイルを使っている僕としては自信を持っておすすめできる格安SIMなのでぜひ使ってみてください!

[btn class=”original-btn big”]LINEモバイル公式サイト
[/btn]

[kanren postid=”4251″]

ABOUT ME
ナシタカ
GoProが大好きでHEOR5 Blackから子どもの撮影に活用しています。撮影した動画の編集も大好きで家族の思い出ムービーをたくさん作っているので動画編集についても紹介していきます。