[e]Macで実際にRubyのプログラミングと実行をしてみる

この記事をかいた人

本業は整体師。大好きなGoProを始めとしたアクションカメラや動画編集、子育てなど、僕自身が体験した情報を発信しています!

前回の記事でMacにRubyの開発環境構築をしていきました。

合わせて読みたい!

[e]MacにRubyの開発環境を構築したのでその方法をまとめてみる

今回は実際にRubyのプログラミングをするのと書いたコードを実行するところまでやっていきましたので、その手順について紹介します。

また番外編ではiPhoneでRubyをいじるためのアプリも紹介していきます。

スポンサーリンク

参考記事

実際の手順については僕はこちらの記事を参考にさせてもらいました。

プログラミング初心者必見!Rubyの実行環境は思った以上に簡単に作れるぞ!! – さて、プログラマー目指しますか。

分かりやすく書かれているので、すぐに取り組めるようになっています。

大まかな流れとしては以下の通り。

  1. miでRubyのコードを書く
  2. ファイルをRubyの拡張子でデスクトップに保存
  3. ターミナルからデスクトップに保存したファイルを実行

これでターミナルに処理結果が表示されます。

必要なツール

  • mi
  • ターミナル

まずはRubyのプログラミングをするためのテキストエディタが必要になります。

初心者の僕はなんかおすすめのやつがないかなとググってみましたが、おすすめされるのはテキストエディタとIDE(統合開発環境)というものでした。

この内のIDEは大規模なプログラミングをするときや効率的にコードを書きたいときに使えるらしいのですが、自分にはまだそこまでは必要ない。

なので今回はテキストエディタを中心に探していて、どこでもおすすめされていたmiをインストールすることにしました。

mi

まずはテキストエディタとしてmiをインストールしましょう。

時間もかからずにすぐにインストールできるので、あっという間にインストールまでは完了しますよ。

このmiを使ってRubyのコードを実際に書いていきます。

ターミナル

ターミナルは前回の記事でも使いましたが、Macには初期アプリとして入っています。

miで作成したRubyのコードを実行するときに使います。実際の処理結果が表示されるところですね。

番外編 iPhoneでRubyのコードを書く方法

今まではMacでのRuby開発環境構築について紹介しました。

ただもっと簡単にRubyの勉強を始めたいという方にはお手持ちのiPhoneでアプリをインストールするだけでRubyのコードを書くのと実行ができるようになります。

それがこちらのRubyPicoというアプリです。

RubyPico 0.9.5
分類: 仕事効率化, 教育
価格: 無料 (Tomokazu Tsuruoka)

とてもシンプルな構成となっていて、初心者の僕でもドットインストールのコードを書いて実行が簡単にできました。

とりあえずRubyのコードに触れてみたい!っていう方にはおすすめできるアプリです。

まとめ

  • Rubyのコードを書くためのエディタが必要
  • ターミナルで実行して処理結果を確認する

前回の記事でMacにRubyの開発環境構築まではできたんですが、その後の実行まではどうすればいいのか分からずに困っていました。

miのプレビューとかで動かせるのかな?と試行錯誤していたときに、今回参考にさせてもらった記事に出会えたので本当に良かったです。

実際に作業をしてみるとこんな簡単にコードを実行することができて感動しています。

やっぱり普段やらないことをやると楽しい上に、こうしたプログラミングをすること自体が自分が大好きなのでめちゃくちゃ楽しいです。

これから少しずつ勉強を重ねてプログラミングスキルをアップしていくことが当面の目標です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク