[e]するぷろとPressSync Proでログイン出来ない時の対処法

Appleを愛する鍼灸あん摩マッサージ指圧師、ナシタカ(@ehicalog)です。

私は基本モブログスタイルでブログを更新しています。
なのでモブログアプリである「するぷろ」「PressSync Pro」は私にとって大事なツールなのですが、突然2つとも使えなくなってしまったのです。

色々と調べながら試行錯誤をした結果、無事に両ツールが使えるようになりました。

今回はするぷろとPressSync Proで突然エラーが発生した時の対処法をまとめていきますので、同じお悩みの方のお役に立てたら嬉しいです。

モブログアプリに起きた異変

突然するぷろが使えなくなった

メインのモブログアプリとしてヘビーユーズしていたするぷろ。

するぷろ for iOS (WordPress & Movable Type & ライブドアブログ & FC2ブログエディタ) 4.0.1
分類: ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化
価格: ¥600 (isshin)

そんなするぷろが突然使えなくなりました。

ポップアップによると、「アカウント、パスワード、blogID、APIURLの設定に不備があります」との表示が出ています。

しかし今までは問題なく使えていたので、設定情報は間違いは無いことは明らかです。

一応念のため全て手動で打ち直して入力しましたが、エラーは続きます。

一度は再インストールをして改善しましたが、しばらくすると再度同じ表示が出て使えなくなってしまいました。

PressSync Proにもエラー発生

するぷろが使えなくてもブログの更新を止めるわけにはいきません。

そこで利用したのがもう一つのモブログメインアプリ「PressSync Pro」です。

PressSync Pro – WordPress Blogging App 1.6.7
分類: ソーシャルネットワーキング, ユーティリティ
価格: ¥600 (Hiroaki Hayase)

しかし、PressSync Proでも投稿をしようとしたらエラーとなってしまいます。

過去記事ややカテゴリーを取得しようとすると、「Forbidden」の表示が出てくるのです。

登録アカウント情報を確認するも、こちらも問題はありません。

そこで再インストールしてから再度アカウントを登録しようとすると、ログインエラーが発生してしまいます。

「ログインに失敗する場合は、xmlrpc.phpのAPIを入力してください」との表示が出てきますが、正しいAPIを入力していても一向にログインできない状態が続きました。

エラー原因の推察

接続できない原因を色々と考えてみて、一つずつ調べてみました。

WordPressの設定

まずはWordPress内の設定に関してです。

調べてみると、リモート投稿の設定が許可されていない場合にこういった現象が起きるとのことです。

投稿設定から確認してみると、そもそもそのような項目が存在していませんでした。
バージョンアップで項目自体が無くなったのでしょうか?

その前に今まで問題なくモブログアプリから投稿出来ていたので、ここは問題ない可能性が高いなと考え、この項目に関してはひとまず放置することにしました。

プラグインの問題

次に考えたのが、プラグインが原因の可能性です。
数はそこまでは多くなかったので、1つずつ手動で停止して確認する作業を全てのプラグインで試しました。

しかし一向に変化はなく、プラグインが原因ではないと考えられます。

サーバーのセキュリティ設定

次に考えたのがサーバーの設定です。
私が使用しているミニバードのサーバー管理画面で確認してみると、「WordPressセキュリティ設定」の項目があります。

設定項目としては以下の2つがありました。

  1. ダッシュボード アクセス制限
  2. ワンポイントマニュアル
    WordPress「ダッシュボード」に対する国外IPアドレスからの接続を制限できます。

    国外からアクセスをされる場合を除き「有効」のまま運用されることを推奨します。
    制限を解除する場合は個別にIPアドレス制限やBASIC認証を行ってください。
    【アクセスが制限されるURL(パス)一覧】
     /wp-admin ・・・・・管理ツール(ダッシュボード)のフォルダ
     /wp-login.php ・・・ログイン時にアクセスするファイル

  3. XML-RPC API アクセス制限
  4. ワンポイントマニュアル
    スマートフォンアプリや外部システムから、リモートで記事の投稿や画像のアップロードを行う際に利用される 「XML-RPC WordPress API」に対する国外IPアドレスからの接続を制限できます。

    通常は「有効」のまま運用されることを強く推奨します。

    国外IPアドレスのサーバー等から「XML-RPC WordPress API」をご利用される場合は「無効」に設定するとともに、 個別にWordPressへ「Disable XML-RPC Pingback」などの「XML-RPC WordPress API」への不正アクセス対策を行うプラグインの追加インストールを行ってください。

    【アクセスが制限されるURL(パス)一覧】
     /xmlrpc.php ・・・ XML-RPC WordPress API (ファイル)

via サポートマニュアル /格安・大容量レンタルサーバーのミニバード

XML-RPC API アクセス制限の項目は今回のエラーに関してドンピシャの項目です。

この辺りの設定が影響してそうなのですが、安易にこの制限を解除するのもワンポイントマニュアルを見る限りよろしくなさそうです。

そして注意事項として以下の説明があります。

■ご注意
※本機能は初期状態で「有効」になっています。
国外に在住の方など、国外IPアドレスからのアクセスが必要な方は、本マニュアルの設定手順に従って、本機能による制限を解除してください。

※まれに国内IPアドレスからのアクセスであっても、システム上で国外IPアドレスからのアクセスとして誤認され、WordPressの管理者ツールへのアクセスが制限されてしまう場合があります。
その際も、本マニュアルの設定手順に従って、制限を解除してください。

※CloudFlare(クラウドフレア)等、外部サーバーを経由してアクセスされるようなサービスをご利用の場合も、経由するサーバーが本機能の制限に該当してしまう可能性があります。
その場合も、本マニュアルの設定手順に従って制限を解除してください。

※国外からアクセスをされる場合を除き「有効」のまま運用されることを強く推奨します。
制限を解除する場合は、個別にIPアドレス制限やBASIC認証などを行ってください。

via サポートマニュアル /格安・大容量レンタルサーバーのミニバード

ここでは「Cloudflare」について書いてありますね。
過去記事にも書いていますが、私のブログでは表示速度を速めるためにCDNとしてCloudflareを利用しています。

[e]CloudFlareとW3 Total Cacheの設定で私が迷ったのはこの2つ! | ehicalog

この注意書きによると、「Cloudflareを利用している場合は国外からのアクセスと判断されてしまうことがある」とのことです。

もう1つのブログの存在

ここで確かめたのが、同じサーバーで運用しているもう一つのブログでした。

このブログもWordPressを利用していてモブログで更新をしています。
説明のためにもう一つのブログをBサイトと呼びます。

まずモブログアプリに関しては、Bサイトのアカウントでは問題なく使えて投稿やカテゴリリストの取得もできます。

次にiPhoneからWordPress管理画面へのログインを試してみました。

結果はBサイトは問題なく表示されますが、このehicalogは表示されませんでした。

ここでも、セキュリティ設定上で表示が出来ないことCloudflareを利用してる場合は国外からのアクセスと判断される可能性があります、との説明が出てきました。

そして両方のサイトでサーバー上のWordPressセキュリティ設定の2項目を確認すると、どちらのサイトも有効になっています。

以上からサーバーの設定は同じなので、WordPressセキュリティ設定が原因としては考えられないことが予想されます。

つまり両者の決定的な違いは、Cloudflare利用の有無だけだったのです。

Cloudflareを止めてみる

ここまで検証してきてBサイトとの違いはCloudflareのみだと分かりましたので、早速CIoudflareの設定を解除してみます。

サーバー設定で変更したネームサーバーを元に戻し、念のため反映されるまで1時間程度待ってみました。

その後にするぷろで接続してみると、無事に設定が完了し過去記事やカテゴリリストの取得もできました。

そしてもう一つのPressSyncも使えるか試したところ、ログインも無事に出来て過去記事のリストもちゃんと取得できたのです。

ここまできてようやくモブログアプリのエラー問題が解決できました。

まとめ

Cloudflareがエラーの原因

今回のエラーは、Cloudflare利用していたためにアクセスが国外からのものだと判断されていたことが原因だったようです。

Cloudflareの利用を停止すると、モブログアプリも利用可能になり、iPhoneから1パスワード経由の管理画面ログインも無事に出来るようになったことからも明らかです。

ただCloudflareを使用していても今までは問題は起きていなかったので、最近のセキュリティ対策の影響なのかと感じています。

特にWordPressは不正アクセスで狙われやすいですし、そういった事例も増えていると聞いています。

私としては表示速度よりも安全性とブログの更新方法を優先させたかったので、今回の一件でCloudflareの利用を止めることにしました

あくまでも私の環境でのことなので、それぞれの環境に合わせて利用を続けるかどうかを検討してください。

セキュリティ設定はよく考えて行う

私はセキュリティに関してそこまでの知識がなかったので、サーバーの設定を変更することに不安を感じました。

もし設定を変更する場合には不正アクセスを防ぐ手段を自ら取り去ることになり、個別のセキュリティ設定が必要になります。

全てが自己責任になりますので、アクセス制限を解除する場合は代わりとなるセキュリティ対策を必ず行いましょう。

セキュリティに関わる設定はよく考えてから変更をしてください。
安易な変更は問題を引き起こす原因となってしまいますからね。

終わりに…

今回は全く原因が分からない中で必死に調べながら対策を練りましたが、解決まで2日間ほどかかってしまい結構疲れました。

何はともあれ、無事にまたモブログアプリが使えるようになって良かったです。

今回の記事も久しぶりのモブログアプリを利用しながら書いたものですが、やっぱりモブログは快適で最高に楽しいなと実感しています。

ブログの表示速度よりも、まずは書くことを優先する!
これからもお気に入りのモブログアプリと一緒に楽しんで更新していきます。

それではまた次回お会いしましょう!

するぷろ for iOS (WordPress & Movable Type & ライブドアブログ & FC2ブログエディタ) 4.0.1
分類: ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化
価格: ¥600 (isshin)

PressSync Pro – WordPress Blogging App 1.6.7
分類: ソーシャルネットワーキング, ユーティリティ
価格: ¥600 (Hiroaki Hayase)

この記事も読まれています

ABOUTこの記事をかいた人

GoProが大好きでHEOR5 Blackから子どもの撮影に活用しています。撮影した動画の編集も大好きで家族の思い出ムービーをたくさん作っているので動画編集についても紹介していきます。