動画編集

【徹底比較】2019年おすすめのGoPro動画編集用ノートパソコン4選

パソコンを操作しているところ
ナシタカ
ナシタカ
GoProの動画編集を快適に行うためのノートパソコン選びについてまとめています。コスパの良いパソコンを選ぶための方法とおすすめのノートパソコンについて紹介しているのでこれからGoProのためにパソコンを買おうとしている方に役立つ内容です!

どうも動画編集大好きナシタカ(@ehicalog)です。

GoProの動画をパソコンで編集するためには、スペックがとても重要。

動画編集を快適にするためにはどうしても理想のスペックを追い求めてしまいますが、性能が上がれば上がるほど価格もどんどん上がってしまいます。

ただツボを押さえてそこそこの性能のモデルを選ぶことで、価格も一緒に抑えることが可能

ナシタカ
ナシタカ
最適なモデル選びが肝心です!

この記事ではコスパの良いGoPro動画編集用ノートパソコンの選び方と、おすすめの製品について紹介します。

先ににおすすめのパソコンについて知りたい場合は、『おすすめのGoPro動画編集用ノートパソコン4選』からチェックしてみてください。

GoPro動画編集用ノートパソコンを選ぶ5つのポイント

GoPro動画編集用ノートパソコンは、性能を重視し過ぎると価格はどんどん上がってしまいます。

なので選ぶポイントをしっかりと押さえて、価格をできるだけ抑えることが大切。

そのときに押さえたいポイントがこちらの5つです。

  • CPU
  • GPU(グラフィックボード)
  • 液晶の解像度
  • メモリ容量
  • ストレージ

それぞれの項目を詳しくみていきましょう。

CPUがCore i7以上のノートパソコンがおすすめ

パソコンの処理能力でもっとも大切なのがCPU。

CPUのGHz数(クロック周波数)も大事なのですが、それよりもCPUの種類が重要です。

例えばCore i7でも、

  • Core i7 U → 最低限欲しい
  • Core i7 HQ・HK →快適に編集できる

と種類があり、HQやHKのほうが性能が高い。

GoProでは4K映像が撮影できますし、GoPro Fusionでは5.2Kの映像が撮影できます。

そうした映像を快適に編集するためにも、CPUはCore i7 U以上のものを選びましょう。

GPUビデオメモリが4GB以上のノートパソコンがおすすめ

動画編集で大切なのがグラフィック性能ですが、この性能を決めるのがGPU(グラフィックボード)。

ここに搭載されているビデオメモリの容量で、動画編集の効率が決まってきます。

GPUにもいろいろなブランドや種類がありますが、ビデオメモリが4GB搭載されていればまず安心。

モデルによっては6GB以上にもなるので、動画編集がより快適にできます。

動画編集用ノートパソコンでは、GPUの妥協は絶対やめましょう。

必ずビデオメモリが4GB以上のものを選んでください。

メモリは8GB以上のノートパソコンがおすすめ

同時に処理する能力に大きく関係するのが、メモリ容量です。

そもそもWindows10はメモリ容量を食うため、4GBは最低限必要。

動画編集では動画の書き出しと平行して、3D映像の処理などを行うことも多いです。

その時にメモリ容量が少ないと作業に時間がかかるので、ストレスがかかること間違いなし。

動画編集の快適さを考えると、最低でも8GB以上のメモリを搭載しているモデルを選びましょう。

SSD128GB以上のノートパソコンがおすすめ

パソコンの起動や読み書きの速度に関わるのが、ストレージ容量と種類です。

ストレージには大きく2種類あり、

  • HDD(Hard Disc Drive) → 読み書きは遅いが大容量でも安い
  • SSD(Solid State Drive) → 読み書きは高速だがお金がかかる

となっています。

動画編集の効率を考えると、間違いなくSSDを選ぶのがおすすめ。

ただ容量が増えると値段が高くなるので、最低限128GB以上の容量を選んでおくと安心です。

液晶の解像度1920×1080以上のノートパソコンがおすすめ

GoProの動画編集をするなら、液晶の解像度はフルHDサイズ以上がおすすめ。

具体的なサイズは1920×1080で、これがあればGoProの1080pの映像にピッタリです。

ただせっかくGoProで撮影した4K映像を楽しむのであれば、4Kディスプレイを搭載したモデルが理想的。

4Kですと3840×2160の解像度ですね。

上の項目のほうが優先順位は高いので、余裕があればグレードアップしましょう。

おすすめのGoPro動画編集用ノートパソコン4選

上に書いた内容をまとめると、GoPro動画編集用ノートパソコンを選ぶポイントはこちらです。

  • CPUはCore i7以上
  • GPUはビデオメモリ4GB以上
  • メモリ容量は8GB以上
  • ストレージ容量はSSD128GB以上
  • 液晶の解像度は1920×1080以上

大幅に進化しているノートパソコンから、GoPro動画編集用にふさわしいモデルを選んでみました。

DAIV-NG5520S1-SH2

Sukix

ヒューレット・パッカード(HP) ノートパソコン Spectre x360 15-ch000-OHB アッシュブラック 3YY07PA-AAAC

HPヒューレット・パッカード

GALLERIA GCR2060RGF-E
ドスパラ

Legion Y740 ブラック

Lenovo

この4製品を比較したのがこちら。

製品名OSWindows 10 Home 64bitCPUGPUメモリストレージ液晶端子バッテリー重さ
マウス「DAIV-NG5520S1-SH2
Windows 10 Home 64bitCore i7-9750H(2.6GHz)GeForce GTX 1650
(4GB)
8GB256GB(SSD)
1TB(HDD)
15.6インチ
(1920 x 1080)
USB2.0 x 1
USB3.0 x 2
USB-C x 1
HDMI x 1
Mini Display x 2
SD x 1
7.4時間2.1kg
HP「HP Spectre x360 15
Windows 10 Home 64bitCore i7-8750H(2.2GHz)GeForce GTX 1050Ti with Max-Q Design
(4GB)
16GB1TB(SSD)15.6インチ
(3840 x 2160)
USB3.0 x 1
USB-C x 1
HDMI x 1
micro SD x 1
13時間45分2.1kg
ドスパラ「GALLERIA GCR2060RGF-E
Windows 10 Home 64bitCore i7-9750H(2.6GHz)GeForce GTX 2060
(6GB)
16GB512GB(SSD)15.6インチ
(1920 x 1080)
USB2.0 x 1
USB3.0 x 2
USB-C x 1
HDMI x 1
Mini Display x 1
SDカード x 1
約1.6時間2.0kg
Lenovo「Legion Y740 ブラック
Windows 10 Home 64bitCore i7-9750HGeForce GTX 2070
(6GB)
16GB512(SSD)
1TB(HDD)
15.6インチ
(1920 x 1080)
USB3.0 x 3
USB-C x 1
HDMI x 1
Mini Display x 1
SDカード x 1
3.0時間2.2kg

どの製品も選ぶときのポイントは満たしているので、あとは自分に合ったものを選びましょう。

それぞれの特徴でいうと、このようになっています。

おすすめGoPro動画編集用ノートパソコンまとめ

ここまでGoPro動画編集用のノートパソコンについてまとめてきました。

動画編集用のマシンは性能を求めすぎると、価格がどんどん上がってしまうので注意が必要。

ポイントを押さえながら選べば、快適な動画編集を実現しつつ価格を抑えられます。

今回紹介したノートパソコンなら、GoProの動画編集もきっと満足してもらえると思うので、ぜひ参考にしてください。

ヒューレット・パッカード(HP) ノートパソコン Spectre x360 15-ch000-OHB アッシュブラック 3YY07PA-AAAC

HPヒューレット・パッカード

DAIV-NG5520S1-SH2

Sukix

GALLERIA GCR2060RGF-E
ドスパラ

Legion Y740 ブラック

Lenovo

おすすめのGoPro動画編集用パソコンをWindowsとMacやタイプ別に紹介します!どうもGoPro動画編集大好きナシタカ(@ehicalog)です。 GoProの動画編集のためにパソコンがほしいとよく相談を受けま...
ABOUT ME
ナシタカ
GoProが大好きで子どもの撮影に愛用しています。 撮影した動画の編集も大好きなので動画編集についても紹介しつつ、自分が気に入ったものをどんどん紹介していきます。