【レビュー】AnikksのiMac用USBハブで不満解消!接続がめちゃくちゃ楽になりました

どうも、iMacアクセサリーにこだわりのあるナシタカです。

2019年モデルのiMacを購入してから、毎日の作業が快適にできるようになり、自宅用マシンとして手放せない存在になっています。

しかし使い心地抜群のiMacにも1つだけ不満があって、端子が裏面についていること

外付けのSSDやGoProを接続するのに、毎回iMacの裏面を探ってUSBを挿すのがとてもめんどうなんですよ。

そうした不満を解消してくれるのが、『Anikks iMac用USBハブ』。

ポートを前面に持ってこれるので、USBの抜き差しがとても簡単にできるようになります。

今までの苦労はなんだったんだ…!

今ではiMacライフに欠かせないAnikks iMac用USBハブを、しっかりとレビューしていきます!

目次

iMacは端子が裏についていて取り外しがめんどう

iMacは性能もかなり良くて気に入ってるんですが、不満なところが1つだけあります。

それが『背面にあるポート』です。

iMac裏面のポート

iMacで外付けのSSDやGoProを接続するには、本体を回転させてポートを確認し、ケーブルの抜き差しをしないといけません。

このいちいち背面を確認しないといけないのが、とてもめんどうなんですよ。

僕のiMacは壁に沿って設置しており、回転させる度に位置を動かさないといけないので、余計に手間がかかってしまいます

この繰り返しのストレス…なんとかしたい!

そんなストレスを解消してくれたのが、Anikks iMac用USBハブなんです。

Anikks iMac用USBハブの外観

Anikks iMac用USBハブは、iMacに取り付けるタイプのUSBハブです。

AnikksのiMac用USBハブ

大きさは約106 × 33 × 11mmと手のひらサイズですが、重さは約100gと少し重量感があります。

USBハブを手のひらに乗せたところ

前面にはこちらのポートが備わっています。

  • USB3.0 × 3
  • SDカードスロット × 1
  • microSDカードスロット × 1
AnikksのiMac用USBハブのポート

上部はiMacに取り付ける部分で、万力のような構造に。

AnikksのiMac用USBハブ上部の万力

下部は何もなく、アルミボディが美しい仕上がり…。

AnikksのiMac用USBハブの下面

後面にはiMacとの接続用に、USB3.1ケーブルがついています。

AnikksのiMac用USBハブ後面のUSBケーブル

全体的にシンプルな構造になっています!

Anikks iMac用USBハブの使い方

Anikks iMac用USBハブは、iMac下面の溝に差し込んで装着します。

まず取り付け部分のネジを調整して、一直線に揃うようにしましょう。

AnikksのiMac用USBハブの万力を揃えたところ

これをiMacの溝に差し込みます。

iMacの溝

このように溝の位置を確かめながら、取り付けていきます。

AnikksのiMac用USBハブをiMacの溝に差し込むところ

差し込んだらネジを逆に回して、USBハブが落ちないようにしっかりと固定。

AnikksのiMac用USBハブのネジ

こちらがAnikks iMac用USBハブを取り付けたところで、青いランプが点灯して使用できるようになります。

AnikksのiMac用USBハブをiMacに取り付けたところ

僕はできるだけ端のほうにつけていますが、ケーブルは問題なく届くので安心してください。

AnikksのiMac用USBハブのコードをiMacに挿したところ

取り付け自体はかなり簡単です!

Anikks iMac用USBハブの良いところ

Anikks iMac用USBハブの良いところが、こちらの3つです。

ポート接続が簡単にできる

まずなんといっても、iMacでのケーブルやSDカードの読み込みが簡単にできるようになったのが最高です。

Anikks iMac用USBハブのおかげで、後面にあったポートが前面にくるので、抜き差しが楽々できるようになります。

AnikksのiMac用USBハブのUSBポート

僕の場合は、GoProやデジカメで撮影した写真の読み込みが、楽にできるようになったのがありがたい。

iMacにGoProを接続しているところ

SDカードもサッと読み込めるので、iMac本体を動かすことなく抜き差しができます。

GoProもケーブルで接続できるだけでなく、iMacだけではできなかったmicroSDカードからの直接読み込みもできるようになりました。

iMacでmicroSDカードを読み込んでいるところ

microSDカードを読み込むには、このSDカード変換アダプタが必須だったのですが、もう使う必要はありません。

これだけで買って良かった!

iMacとの見た目の相性が抜群にいい

Anikks iMac用USBハブは、iMacとの見た目の相性が抜群に良いです。

こちらが実際に取り付けたところですが、違和感が全くありません。

AnikksのiMac用USBハブをiMacに取り付けたところ


むしろ純正品のように一体化しており、デザイン性がかなりいいです。

青のランプが付くことで、iMac自体に電源が入っているかどうかの確認もでき、さらに便利に使えたのも良かったです。

AnikksのiMac用USBハブをiMacに取り付けたところ

電源の確認は地味にうれしい!

価格が安い

Anikks iMac用USBハブは、価格が安く購入しやすいのも大きなポイントです。

僕が購入時に迷った『SatechiのUSBハブ』と比較したのがこちら。

製品名 Anikks
Satechi
価格 2,999円 5,799円
ポートの種類 USB3.0 × 3
SDカードスロット × 1
microSDカードスロット × 1
USB3.0 × 3
USB-C × 1
SDカードスロット × 1
microSDカードスロット × 1
iMacとの接続 USB3.1 USB-C

SatechiにはThunderbolt接続やUSB-Cポート搭載などの特徴はありますが、Anikks iMac用USBハブは価格が半額以下です。

この価格でよく使うポートが備わっているので、個人的にはコスパ抜群で最高

USB-Cポートが必要ない方にはおすすめのUSBハブです。

Anikks iMac用USBハブは取り付け方がわかりにくいのかイマイチ

Anikks iMac用USBハブは、取り付け方がわかりにくいのがもったいないですね。

AnikksのiMac用USBハブをiMacに取り付けたところ

買う前からどうやって取り付けるのがイメージができず、届いたあとも取り付け方に迷いました

とにかくわかりにくい…!

付属の説明書?にも取り付け方法はなく、試行錯誤して正解に辿り着いた感じです。

わかってしまえばなんてこと無い取り付け方で、誰でも簡単にできます。実際に取り付け自体は1〜2分で終わりますからね

ただもっとぱっと見でわかりやすくして欲しいと思ったので、これから購入する方は上に書いた使い方の部分を参考にしてください。

Anikks iMac用USBハブレビューまとめ

ここまでAnikks iMac用USBハブレビューとして、その特徴や使い方について書いてきました。

iMacのポートを前に持ってくるだけで、作業効率がかなり変わります

抜き差しがスムーズで、デジカメやGoProのデータも気軽に読み込みできて、まさにストレスフリー。

一度使うともう手放せないくらいに便利で、いっそのこと付属品として公式に採用して欲しいレベルですね。

iMacのポートの抜き差しがめんどうに感じている方は、ぜひ試してみてください。

シェアしてもらえると喜びます!
目次
閉じる