【マウスDAIV 4Nレビュー】Core i7&GeForce GTX 1650Ti(4GB)搭載のGoPro動画編集ノートパソコン

DAIV 4N

どうも、動画編集用ノートパソコンにこだわりのあるナシタカです。

動画編集では必要なスペックを備えたものを選ぶのが大切ですが、使い心地に関しては実際に使ってみないとわかりません。

そこで僕が実際にGoProの動画編集をしてみることで、パソコンの使いやすさがどんなものかを検証しています。

この記事ではマウスコンピューターのクリエイター向けのパソコン『DAIV 4N』をお借りして実際に使ってみた様子をレビューしています。

DAIV 4Nの外観

シルバーのキレイめなカラーがスタイリッシュなデザインで、14型のコンパクトなサイズ感で持ち運びがしやすいマシン。

それでいてCore i7&GeForce GTX 1650Ti(4GB)のスペックを備えており、GoProの5.3Kの動画も快適に編集できるパフォーマンスが魅力

Premiere2022を使った動画編集はプレビューが快適にできますし、After Effects2022も同じように快適に作業ができます。

GoProの動画編集用パソコンを探している方は、ぜひ参考にしてもらえたらうれしいです。

この記事はメーカー様から商品を貸与いただき執筆しています。

マウスコンピューター
目次

マウスのDAIVシリーズとは?

マウスコンピューターのDAIVシリーズ

DAIVはクリエイター向けのノートパソコンシリーズとなっていて、クリエイティブ作業に最適なスペックとして定評があります。

デスクトップからノートパソコンまで、さらに写真編集用や動画編集用など目的別にたくさんのモデルが用意され選びやすいのが特徴です。

GoProの動画編集用パソコンを探すなら、このDAIVシリーズから探しておけば間違いありませんよ。

マウス DAIV 4Nのスペック

DAIV 4Nのスペックがこちらになります。

モデル名 DAIV 4N
icon
OS Windows 11 Home 64bit
CPU Core i7-1165G7
(2.8GHz)
GPU GeForce GTX 1650Ti
(4GB)
メモリ 16GB
ストレージ 512GB
(SSD)
液晶 14.0型 フルHDノングレア
(1920 x 1080)
端子 USB3.0 x 2
USB3.1 x 1
Thunderbolt4 × 1
HDMI x 1
カードリーダー
バッテリー 11.0時間
大きさ 約323.9 × 225 × 19.2mm
重さ 1.43kg

ノートパソコンの選び方の基準で見てみると、このようになっています。

モデル名 DAIV 4N
icon
CPU
Core i7-1165G7(2.8GHz)
GPU
GeForce GTX 1650Ti (4GB)
メモリ
16GB
ストレージ
512GB(SSD)
液晶
14.0型 フルHDノングレア
(1920 x 1080)

14型ディスプレイ&1.5kgを切る重さというコンパクトボディでありながら、動画編集もこなせるスペックを備えているのが魅力。必要十分で持ち運びに適したマシンとなっています。

外観

DAIV 4Nはシルバーカラーのスタイリッシュな雰囲気。光の当たり方でグレーっぽい感じが際立つので、思っていたよりも落ち着いた感じがします。

DAIV 4N

サイズ・重さ

DAIV 4Nのサイズは、折り畳み時で約323.9 × 225 × 19.2mmと、14.0型のコンパクトなサイズ感となっています。

DAIV 4Nの外観

コンパクトサイズのおかげで重さが1.43kgと軽く、片手でも余裕がある重さで持ち運びのしやすさが特徴ですね。

DAIV 4Nを片手で持ったところ

これだけ軽いボディに動画編集が安定してできるスペックを備えているのは正直驚きです。

バッテリー

付属品のACアダプターは282gと軽く、他のDAIVシリーズのものと比べても持ち運びしやすくなっています。

DAIV 4Nの電源アダプタ

手で持ってみたのがこちら。他のモデルよりも大きさもかなり小さくなっています。

DAIV 4Nの電源アダプタを持ったところ

実際に何度か持ち運んでみましたがACアダプターがコンパクトで持ち運びしやすく、これならリュックに入れても移動しやすいです。

ちなみにUSB-CポートはPD充電に対応しており、90W以上の電力があれば充電が可能。対応の充電器があるならそちらを使ってもOK。

バッテリー持続時間は11時間となっていますが、僕が動画編集をフルで作業してみると大体1時間ほどが限界です。

ただバッテリーでの作業でも編集作業自体はとてもスムーズだったので、外でも安心して作業ができますよ。

ディスプレイ・スピーカー

DAIV 4Nは14.0型 フルHD(1920 x 1080)のノングレア液晶。しかし14型といっても画面は広く感じるのが特徴です。

DAIV 4Nの画面を開いたところ

それがナローベゼルのおかげで、14型とは思えない画面サイズを実現しています。

DAIV 4Nのディスプレイ

広色域な液晶パネルを採用し、豊かな色合いも表現することができるようになっています。コンパクトなノートパソコンといっても侮れません。

DAIV 4Nのディスプレイ

実際の動画編集画面を見てみるとこんな感じ。After Effectsではウインドウが多いのでスペース自体は狭くなりがちです。

After Effectsの編集画面

特にレイヤーが増えてくると作業スペースが見にくくなるので、プレビュー画面との割合をうまく調節していくのがポイントですね。

After Effectsの編集画面

裏面はこのような感じ。ファンがついてるのがわかりますが、負荷のかかる作業をするとけっこう熱くなります。

DAIV 4Nの裏面

スピーカーは普通なので、音質に関しては期待しないようにしましょう。動画編集での確認としては十分です。

キーボード・タッチパッド

DAIV 4Nのキーボード

キーボードの情報がこちら。コンパクトなボディのためテンキーはありませんが、その分キーピッチを広めにとっているのがわかります。

  • キーストローク:1.2mm
  • キーピッチ:19.1mm

僕は普段キーピッチが狭めのキーボードを使っているので、タイピングでは少し違和感がありました。慣れるのに少し時間がかかりそうだなと。

タッチパッドもしっかりと広さがありますが、たまにクリックがしにくい感じが。特に左下隅の方は他のモデルに比べてクリックが認識されないときがあります。

DAIV 4Nのタッチパッドを押したところ

押し込みの硬さは慣れれば問題ないですが、コツを掴むまで何度かクリックできないときがありました。

端子

DAIV 4Nの端子は、このようになっています。

  • USB3.0 x 2
  • USB3.1 x 1
  • Thunderbolt4 x 1(ディスプレイ出力と共用)
  • HDMI x 1
  • カードリーダー
  • LAN端子
左側面の端子
右側面の端子
  • セキュリティスロット
  • LAN端子
  • USB3.0
  • カードリーダー
  • Thunderbolt4 (ディスプレイ出力と共用)
  • ヘッドホン端子
  • USB3.1(Type-C)
  • USB3.0
  • HDMI
  • 電源ボタン
  • 電源接続部

まずボディ左側はこのようになっています。

DAIV 4N左側の端子
  • セキュリティスロット
  • LAN端子
  • USB3.0
  • カードリーダー
  • Thunderbolt4 (ディスプレイ出力と共用)

ボディ右側はこのようになっています。

DAIV 4N右側の端子
  • ヘッドホン端子
  • USB3.1(Type-C)
  • USB3.0
  • HDMI
  • 電源ボタン
  • 電源接続部

後面にはなにもなく左右でわかれています。必要な端子は揃っており使いにくさは全くありません。

マウスコンピューター

マウス DAIV 4Nで動画編集

Premiereの編集画面

実際にDAIV 4Nで動画編集をしてみましたが、僕が動画編集機能で大事にしているのが『プレビューがちゃんと動くかどうか』です。

動画編集をしている中でエフェクトやトランジションがどのようになっているか、その場で確認しながら作業するのがとても重要。

しかしスペックが低いとプレビューがカクついてリアルタイムで確認ができず、『実際に書き出してみないとわからない』という事態になってしまいます。

特に僕はGoProで撮影することがほとんどなので、GoProで撮影した映像がちゃんとプレビューできるかを重点的にチェックしています。

Premiere2022とAfter Effects2022で確かめましたが、結果だけまとめたのがこちらになります。

5.3K60fps
5.3K60fps複数
After Effects
総合評価

Premiere(2022)でGoPro HERO10で撮影した5.3K60fps動画をプレビュー

まずPremiere2022でGoPro HERO10 Blackで撮影した5.3Kの動画をプレビューしたのがこちら。

シェアしてもらえると喜びます!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる