【マウスDAIV 4Pレビュー】Core i7&インテル Iris Xe グラフィックス 搭載のノートパソコン

どうも、動画編集用ノートパソコンにこだわりのあるナシタカです。

動画編集では、パソコンのスペックがとても重要です。

なのでまずは動画編集に必要なスペックを備えたものを選ぶのが大切ですが、使い心地に関しては実際に使ってみないとわかりません。

そこでこの記事では僕が実際にGoProの動画編集をしてみて、パソコンの使いやすさがどんなものかを検証しています。

この記事ではマウスコンピューターのクリエイター向けのパソコンで、DAIV 4Pをお借りして、実際に使ってみた様子をレビューしています。

DAIV 4Pの外観

GoProの動画編集用パソコンを探している方は、ぜひ参考にしてもらえたらうれしいです。

この記事はメーカー様から商品を貸与いただき執筆しています。

マウスコンピューター
目次

マウスのDAIVシリーズとは?

マウスコンピューターのDAIVシリーズ

DAIVはクリエイター向けのノートパソコンシリーズとなっていて、クリエイティブ作業に最適なスペックとして定評があります。

デスクトップからノートパソコンまで、さらに写真編集用や動画編集用など、目的別にたくさんのモデルが用意されているので選びやすいのが特徴です。

なのでGoProの動画編集用パソコンを探すなら、このDAIVシリーズから探しておけば間違いありませんよ。

マウス DAIV 4Pのスペック

DAIV 4Pのスペックがこちらになります。

モデル名 DAIV 4P
icon
OS Windows 11 Home 64bit
CPU Core i7-1165G7(2.8GHz)
GPU インテル Iris Xe グラフィックス
メモリ 16GB
ストレージ 512GB(SSD)
液晶 14.0型 WUXGAノングレア
(1920 x 1200)
端子 USB3.0 x 2
USB3.1 x 1
Thunderbolt4 × 1
HDMI x 1
カードリーダー
バッテリー 12.0時間
大きさ 約308.8 × 213 × 16.4mm
重さ 985g

ノートパソコンの選び方の基準で見てみると、GPUだけがインテル製で不安が残るところ。それ以外は十分なスペックと言えますね。

モデル名 DAIV 4P
icon
CPU
Core i7-1165G7(2.8GHz)
GPU ×
インテル Iris Xe グラフィックス
メモリ
16GB
ストレージ
512GB(SSD)
液晶
14.0型 WUXGAノングレア
(1920 x 1200)

14型と小さめなサイズとなっていますが、1kgを切る重さでこれだけのスペックを備えているのはすごいですね。

マウスコンピューター

外観

DAIV 4Pは美しい見た目が特徴。マグネシウム合金ボディを採用しており、見た目の美しさだけでなく、軽量性も実現しています。

DAIV4Pの外観

外観がとてもキレイで、使っていてテンションが上がるくらいにオシャレです。

サイズ・重さ

DAIV 4Pのサイズは、折り畳み時で約308.8 × 213 × 16.4mmと、コンパクトなサイズ感となっています。

DAIV 4Pの外観

マグネシウム合金ボディにより重さが985gとかなり軽量化されており、片手で持っても余裕がある重さ。持ち運びしやすいですね。

DAIV 4Pを片手で持ち上げたところ

片手で持っても軽い印象で、これなら女性でも持ち運びが楽にできます。

デザイン性の高さ&軽量ボディはノートパソコンとしては最強の組み合わせです。

ディスプレイ・スピーカー

DAIV 4Pは14.0型 WUXGA(1920 x 1200)のノングレア液晶で、視野角が広く反射しにくいのが特徴です。

DAIV 4Pのディスプレイ

特にベゼルが狭く作られていることで、画面占有率が約92%とディスプレイが大きく感じられます。

DAIV 4Pのディスプレイ

動画編集では画面の大きさが重要なので、このサイズ感で14型の液晶を搭載しているのは素晴らしいですね。

裏面はこのような感じ。

DAIV 4Pの裏面

スピーカーは普通なので、音質に関しては期待しないようにしましょう。動画編集での確認としては十分です。

キーボード・タッチパッド

DAIV 4Pのキーボード

キーボードはコンパクトなボディですが、打ちにくさは特に感じません。キーピッチに余裕があり、スッキリとした印象を受けます。

DAIV 4Pのキー配置
  • キーストローク:1.2mm
  • キーピッチ:19mm

タッチパッドもしっかりと広さがあるので、コンパクトなボディですが使いづらさはありません。

DAIV 4Pのタッチパッド

最初はコンパクトなサイズなので打ちにくさがあるかと思っていましたが、実際に使ってみると快適に操作できているので、むしろすごいなと。

端子

DAIV 5Pの端子は、このようになっています。

  • USB3.0 x 2
  • USB3.1 x 1(ディスプレイ出力と共用)
  • Thunderbolt x 1(ディスプレイ出力と共用)
  • HDMI x 1
  • カードリーダー

まずボディ左側はこのようになっています。

DAIV 4Pのボデイ左側の端子
  • セキュリティスロット
  • USB3.1
  • USB3.0
  • カードリーダー
  • ヘッドフォン端子

ボディ右側はこのようになっています。

DAIV 4Pのボデイ右側の端子
  • Thunderbolt4
  • USB3.0
  • HDMI
  • 電源

左右どちらにもUSB3.0があるので、使いやすい配置になっています。

マウスコンピューター

マウス DAIV 4Pで動画編集

DAIV 4PでPremiereを開いたところ

実際にDAIV 4Pで動画編集をしてみましたが、動画編集機能で大事にしているのが『プレビューがちゃんと動くかどうか』です。

動画編集をしている中でエフェクトやトランジションがどのようになっているか、その場で確認しながら作業するのがかなり重要です。

しかしスペックが低いとプレビューがカクカクしてリアルタイムで確認ができないことが多く、『実際に書き出してみないとわからない』という事態になってしまいます。

なので動画編集マシンでは、『リアルタイムでのプレビューがちゃんと動作するかどうか』が大切。

特に僕はGoProで撮影することがほとんどなので、GoProで撮影した映像がちゃんとプレビューできるかを重点的にチェックしています。

まず結果だけまとめたのがこちらになります。

5.3K60fps
5K30fps
4K60fps
After Effects
総合評価

GoPro HERO10で撮影した5.3K60fps動画をプレビュー

まずGoPro HERO10 Blackで撮影した5.3Kの動画をプレビューしたのがこちらです。

シェアしてもらえると喜びます!
目次
閉じる