【マウスDAIV 5Nレビュー】Core i7&GeForce RTX 3060(6GB)搭載の動画編集ノートパソコン

DAIV 5Nの外観

どうも、動画編集用ノートパソコンにこだわりのあるナシタカです。

動画編集では、パソコンのスペックがとても重要です。

なのでまずは動画編集に必要なスペックを備えたものを選ぶのが大切ですが、使い心地に関しては実際に使ってみないとわかりません。

そこでこの記事では僕が実際にGoProの動画編集をしてみて、パソコンの使いやすさがどんなものかを検証しています。

この記事ではマウスコンピューターのクリエイター向けのパソコンで、DAIV 5Nをお借りして実際に使ってみた様子をレビューしています。

DAIV 5Nの外観

ダークグレーのような落ち着いた雰囲気のカラーで、大人の感じが漂うデザインが秀逸なマシン。

それでいてCore i7&GeForce RTX 3060(6GB)の高スペックのおかげで、GoProの5.3Kの動画も余裕で編集できるパフォーマンスが魅力です。

特に5.3Kの動画を同時に2本プレビューできるパワフルな性能を持っているので、普段の動画編集も快適にできました。

GoProの動画編集用パソコンを探している方は、ぜひ参考にしてもらえたらうれしいです。

この記事はメーカー様から商品を貸与いただき執筆しています。

目次

マウスのDAIVシリーズとは?

マウスコンピューターのDAIVシリーズ

DAIVはクリエイター向けのノートパソコンシリーズとなっていて、クリエイティブ作業に最適なスペックとして定評があります。

デスクトップからノートパソコンまで、さらに写真編集用や動画編集用など、目的別にたくさんのモデルが用意されているので選びやすいのが特徴です。

なのでGoProの動画編集用パソコンを探すなら、このDAIVシリーズから探しておけば間違いありませんよ。

マウス DAIV 5Nのスペック

DAIV 5Nのスペックがこちらになります。

モデル名 DAIV 5N
icon
OS Windows 11 Home 64bit
CPU Core i7-11800H
(2.3GHz)
GPU GeForce RTX 3060 Laptop GPU (6GB)
メモリ 16GB
ストレージ 512GB(SSD)
液晶 15.6型 WQHDノングレア
(2560 x 1440)
端子 USB3.0 x 2
USB3.1 x 1
Thunderbolt4 × 1
HDMI x 1
カードリーダー
バッテリー 6.0時間
大きさ 約355.5 × 236.7 × 20.6mm
重さ 1.73kg

ノートパソコンの選び方の基準で見てみると、このようになっています。

モデル名 DAIV 5N
icon
CPU
Core i7-11800H(2.3GHz)
GPU
GeForce RTX 3060 Laptop GPU (6GB)
メモリ
16GB
ストレージ
512GB(SSD)
液晶
15.6型 WQHDノングレア
(2560 x 1440)

15.6型の大きめなディスプレイサイズとなっていますが、2kgを切る重さで動画編集にも余裕のあるスペックを備えています。

ちなみにDAIV 5Nと見た目がほとんど同じですが、GPUとディスプレイで差があります。

DAIV 5NDAIV 5P
GeForce RTX 3060 Laptop GPU
(6GB)
GeForce RTX 3050 Laptop GPU
(4GB)
15.6型 WQHDノングレア
(2560 x 1440)
15.6型 フルHDノングレア
(1920 x 1080)

DAIV 5NのほうがGPU性能が高く、さらに解像度もWQHDというさらに解像度の高いディスプレイとなっています。ただその分値段が6万円ほど高くなっているので、この差をどう見るかがポイント。

性能にこだわりたい&予算に余裕があるならDAIV 5N、コスパ重視ならDAIV 5Pを選ぶのがおすすめです!

▼DAIV 5Pレビューはこちら

外観

DAIV 5Nは外観の落ち着いた雰囲気が特徴。マグネシウム合金ボディを採用しており、スタイリッシュながら軽量化にも取り組んでいます。

DAIV 5Nの外観

深すぎないグレーっぽい黒色となっており、僕の好みにドンピシャ。大人の雰囲気が漂う洗練されたカラーリングが素晴らしいです。

サイズ・重さ

DAIV 5Nのサイズは、折り畳み時で約355.5 × 236.7 × 20.6mmと、15.6型としてはコンパクトなサイズ感となっています。

DAIV 5Nの外観

マグネシウム合金ボディにより重さが1.73kgとかなり軽量化されており、15.6型ながら片手で持っても余裕がある重さ。これなら持ち運びしやすいですね。

DAIV 5Nを片手で持ってみたところ

このように片手で持っても軽い印象で、これなら女性でも持ち運びが楽にできますね。これだけ軽いボディに動画性能が安定してできるスペックを備えているのは、正直驚きです。

ただ付属品のACアダプターですが、これが重さ850gとかなり重め。本体の約半分の重さなので、持ち運びのときはこれがネックになります。

DAIV 5NのACアダプター

手で持ってみると大きさと重みが感じられます。

DAIV 5NのACアダプターを手で持ってみたところ

実際に何度か持ち運んでみましたが、このACアダプターが重さと厚みがあるのでかなり邪魔に感じてしまいました。本体と合わせると約2.6kgほどになるので、持ち運びには覚悟が必要です。

ちなみにDAIV 5PならACアダプターの重さが約半分の415gほどなので、持ち運びがさらにしやくなっているのもポイント。持ち運びを優先するならおすすめです。

ディスプレイ・スピーカー

DAIV 5Nは15.6型 WQHD(2560 x 1440)のノングレア液晶で、視野角が広く反射しにくいのが特徴です。

DAIV 5Nを開いてみたところ

ベゼルが狭く作られていることで、画面がより大きく感じられます。またWQHDにより画素密度が向上し、より細い部分での表現が可能に。

DAIV 5Nのディスプレイ

動画編集では大型&精密なディスプレイにより、細かい部分での確認がしやすく作業が捗ります。

裏面はこのような感じ。ファンがついてるのがよくわかりますが、負荷のかかる作業をするとかなり熱くなります。

DAIV 5Nのボディ裏面

スピーカーは普通なので、音質に関しては期待しないようにしましょう。動画編集での確認としては十分です。

キーボード・タッチパッド

DAIV 5Nのキーボード

キーボードの情報はこんな感じ。

  • キーストローク:1.4mm
  • キーピッチ:18.75mm

テンキーもついているので、数字の入力が簡単にできます。

DAIV 5Nのテンキー部分

タッチパッドもしっかりと広さがあるので、使いやすく快適に操作できます。

DAIV 5Nのタッチパッド

キーボードもタッチパッドも使いやすいので、文字入力もカーソル操作も快適にできます。

ちなみにこのようにカラフルに光ってくれるので、動画編集をしていても気分が上がりますよ。

DAIV 5Nのキーボードが光っているところ

端子

DAIV 5Nの端子は、このようになっています。

  • USB3.0 x 2
  • USB3.1 x 1
  • Thunderbolt4 x 1(ディスプレイ出力と共用)
  • HDMI x 1
  • カードリーダー
  • LAN端子

まずボディ左側はこのようになっています。

DAIV 5Nのボディ左側の端子
  • セキュリティスロット
  • USB3.1
  • マイク端子
  • ヘッドフォン端子

ボディ右側はこのようになっています。

DAIV 5Nのボディ右側の端子
  • カードリーダー
  • USB3.0 x 2

ボディ後面はこのような配置。ディスプレイ出力系が集中しています。

DAIV 5Nのボディ後面の端子
  • Thunderbolt4 x 1(ディスプレイ出力と共用)
  • HDMI
  • LAN
  • 電源

必要な端子は揃っているので、使いにくさは全くありません。

マウス DAIV 5Nで動画編集

DAIV 5NでPremiereを開いたところ

実際にDAIV 5Nで動画編集をしてみましたが、動画編集機能で大事にしているのが『プレビューがちゃんと動くかどうか』です。

動画編集をしている中でエフェクトやトランジションがどのようになっているか、その場で確認しながら作業するのがかなり重要です。

しかしスペックが低いとプレビューがカクカクしてリアルタイムで確認ができないことが多く、『実際に書き出してみないとわからない』という事態になってしまいます。

なので動画編集マシンでは、『リアルタイムでのプレビューがちゃんと動作するかどうか』が大切。

特に僕はGoProで撮影することがほとんどなので、GoProで撮影した映像がちゃんとプレビューできるかを重点的にチェックしています。

まず結果だけまとめたのがこちらになります。

5.3K60fps
5.3K60fps複数
After Effects
総合評価

GoPro HERO10で撮影した5.3K60fps動画をプレビュー

まずGoPro HERO10 Blackで撮影した5.3Kの動画をプレビューしたのがこちらです。

シェアしてもらえると喜びます!
目次
閉じる