ノートパソコン

【レビュー】マウスコンピューターDAIV 5N-OLED|4Kディスプレイ搭載の動画編集パソコン

マウス DAIV 5N-OLED
ナシタカ
ナシタカ
この記事ではマウスコンピューターのDAIV 5N-OLEDをレビューしています。クリエイター向けのパソコンなので実際にGoProの動画編集をしてみた様子をまとめていきます!

どうも、動画編集大好きナシタカ(@ehicalog)です。

動画編集では、パソコンのスペックがとても重要です。

なのでまずは動画編集に必要なスペックを備えたものを選ぶのが大切ですが、使い心地に関しては実際に使ってみないとわかりません。

そこでこの記事では僕が実際にGoProの動画編集をしてみて、パソコンの使いやすさがどんなものかを検証しています。

この記事ではマウスコンピューターのクリエイター向けのパソコンで、DAIV 5N-OLEDをお借りして実際に使ってみた様子をレビューしています。

DAIV N5-OLEDの外観

15.6型の持ち運べるノートパソコンでありながら、4Kディスプレイを搭載した魅力的なスペックを兼ね備えたパソコン。

実際に使ってみるとその美しいディスプレイのおかげで動画のキレイさが際立つだけでなく、目への負担も減って動画編集作業が快適にできました

まさにGoProの4K動画を編集するのにおすすめのノートパソコンなので、4K動画の編集がメインの方はぜひチェックしてください。

この記事はメーカー様から商品を貸与いただき執筆しています。

マウスのDAIVシリーズとは?

マウスコンピューターのDAIVシリーズ

DAIVはクリエイター向けのノートパソコンシリーズとなっていて、クリエイティブ作業に最適なスペックとして定評があります

デスクトップからノートパソコンまで、さらに写真編集用や動画編集用など、目的別にたくさんのモデルが用意されているので選びやすいのが特徴です。

なのでGoProの動画編集用パソコンを探すなら、このDAIVシリーズから探しておけば間違いありません。

マウス DAIV 5Nシリーズのスペック

この記事でレビューするDAIV 5Nシリーズはラインナップが2種類あり、スペックをまとめたのがこちらです。

モデル名OSCPUGPUメモリストレージ液晶端子バッテリー大きさ重さ
DAIV 5N
icon
Windows 10 Home 64bitintel core i7-9750H (2.6GHz)GeForce RTX 2060
(6GB)
16GB512GB(SSD)15.6型フルHDノングレア
(1920 x 1080)
USB3.0 x 3
USB-C x 1
Thunderbolt3 × 1
HDMI x 1
Mini Display × 1
SD × 1
7.7時間359 × 257.8 × 29.9mm2.4kg
DAIV 5N-OLED
icon
Windows 10 Home 64bitintel core i7-9750H (2.6GHz)GeForce RTX 2060
(6GB)
16GB512GB(SSD)15.6型4K-UHDグレア(有機EL)
(3840 x 2160)
USB3.0 x 3
USB-C x 1
Thunderbolt3 × 1
HDMI x 1
Mini Display × 1
SD × 1
5.4時間359 × 257.8 × 29.9mm2.4kg

2つの違いがディスプレイで、それ以外のスペックは基本的には同じです。

  • 5N → 2K(フルHD:1920×1080)ディスプレイ
  • 5N-OLED → 4K(3840×2160)ディスプレイ

ただバッテリー動作時間だけ4Kディスプレイモデルが5.4時間となっていて、フルHDモデルに比べると約2時間ほど短くなっています。

それ以外はCPUやメモリ、GPUは同じで、どれも動画編集パソコンとしては十分なスペックを誇っています。

特にビデオメモリが同型のパソコンで4GBが多い中で、6GBとさらに容量が多くなっているのがいいです。

マウス DAIV 5N-OLEDのスペック

DAIV N5-OLEDの外観

この記事で紹介するのが、4Kディスプレイを搭載している5N-OLEDです。

モデル名OSCPUGPUメモリストレージ液晶端子バッテリーサイズ重さ
DAIV 5N-OLED
icon
Windows 10 Home 64bitintel core i7-9750H (2.6GHz)GeForce RTX 2060
(6GB)
16GB512GB(SSD)15.6型4K-UHDグレア(有機EL)
(3840 x 2160)
USB3.0 x 3
USB-C x 1
Thunderbolt3 × 1
HDMI x 1
Mini Display × 1
SD × 1
5.4時間359 × 257.8 × 29.9mm2.4kg

ノートパソコンの選び方の基準で見てみると、どれも十分なスペックを備えています。

モデル名CPUGPU
(グラフィックボード)
メモリ容量ストレージ液晶
DAIV 5N-OLED
icon

Core i7-9750H(2.6GHz)

GeForce RTX 2060(6GB)

16GB

512GB(SSD)

15.6型4K-UHDグレア(有機EL)
(3840 x 2160)

特筆すべきはこちらのスペックですね。

  • CPU:Core i7-9750H(2.6GHz)
  • メモリ:16GB
  • GPU:GeForce RTX 2060(6GB)

CPUは第9世代のインテル製のi7なので申し分ない性能ですし、メモリも16GBと安心の容量になっています。

さらに上でも紹介しましたがビデオメモリが6GBと多く搭載されているため、動画編集での性能がさらに強化されているのがポイント。

これだけのスペックを兼ね備えていれば、動画編集作業は安心して行えます。

マウス DAIV 5N-OLED

マウスコンピューター

外観

DAIV 5N-OLEDは15.6型のノートパソコンで、ブラックボディに仕上げられています。

DAIV N5-OLEDの外観

シンプルなデザインとなっていて、天板にはDAIVのロゴが入っています。

DAIV N5-OLEDの外観

ブラックボディがGoProとも相性抜群で、使っていてとてもカッコいい。

DAIV N5-OLEDの外観

サイズ・重さ

DAIV 5N-OLEDのサイズは折り畳み時で、約359 × 257.8 × 29.9mmとなっています。

DAIV N5-OLEDの外観

重さは約2.4kgと軽量化されていて、男性なら片手で持っても余裕がある重さなので、持ち運びもしやすい。

DAIV 5N-OLEDを持ったところ

これならどこにでも持ち運んで、いつでも動画編集ができる環境を作れます。

ディスプレイ・スピーカー

DAIV 5N-OLEDのディスプレイは15.6型4K-UHD(3840 × 2160)の有機ELディスプレイで、鮮やかな映像が特徴です。

DAIV 5N-OLEDのディスプレイ

有機ELディスプレイのメリットを簡単にまとめると、

有機ELディスプレイのメリット
  • ディスプレイ自体が発光するので色が鮮やか
  • より深い黒を表現して、くっきりとしたコントラストの映像を再現
  • 液晶よりも軽量&薄型にできる

といったように、メリットがたくさんあります。

実際に使ってみて感じるのが、圧倒的なキレイさです。

いろいろなパソコンを使ってきましたが、この有機ELディスプレイは一目見たときからそのキレイさに驚きました。

ナシタカ
ナシタカ
このパソコン、液晶がめちゃくちゃキレイ!って興奮しました!

それほどまでにキレイな液晶で、ディスプレイが見やすくて目の負担が少なくなったのも感じます。

4Kディスプレイはキレイなだけでなく、目の負担を軽減してくれるのを実感できたので本当にすばらしいですね。

またディスプレイ周りのベゼルが6.61 × 9.78mmとかなり狭く作られていることで、画面が大型化されています。

DAIV 5N-OLEDの狭額ディスプレイ

このおかげで15.6型の大きめのディスプレイを搭載しつつ、一回りコンパクトなボディへと仕上がっています。

実際のPremiereの編集画面だとこのような感じになります。

DAIV 5N-OLEDのPremiere編集画面

タイムラインも大きく表示されるので、ノートパソコンでも作業は快適にできます。

DAIV 5N-OLEDのPremiereタイムライン画面

After Effectsの編集画面はこのような感じ。

DAIV 5N-OLEDのAfter Effects編集画面

こちらもモニターからタイムラインまで見やすいので、作業はとてもしやすいです。

動画編集では画面の大きさがとても重要なので、15.6型のディスプレイを搭載してくれたのはかなりありがたいですね。

DAIV 5N-OLEDのディスプレイ

裏面はこのようになっています。

DAIV 5N-OLEDの裏面

スピーカは普通なので、音質に関しては期待しないようにしましょう。動画編集での確認としては十分です。

キーボード・タッチパッド

DAIV 5N-OLEDのキーボードは、テンキーやクリックボタン分離型のタッチパッドが搭載されています。

DAIV 5N-OLEDのキーボード
  • キーストローク:1.8mm
  • キーピッチ:18.2mm

キーストロークが1.8mmと若干深めなので、打鍵感があって個人的には打ちやすさを感じます。

テンキーはこのようになっていて、数字の入力が楽にできますね。

DAIV 5N-OLEDのテンキー

タッチパッドはクリックボタン分離型が採用されていて、物理的にボタンがあるので使いやすさが格段に上がっています。

DAIV 5N-OLEDのタッチパッド

指紋認証が搭載されているので、パソコンへのログインもスムーズ。

DAIV 5N-OLEDの指紋センサー

タッチパッドからキーボードまでこだわりが詰まっていて、動画編集ではショートカットキーが打ちやすく作業効率は良いですね。

端子

DAIV 5N-OLEDの端子は、このようになっています。

  • USB3.0 x 3
  • USB-C x 1
  • Thunderbolt3 × 1
  • HDMI x 1
  • Mini Display x 1
  • SD x 1

まずボディ左側はこのようになっています。

DAIV 5N-OLEDの左側端子
  • USB3.0
  • ヘッドフォン端子

ボディ右側がこちら。

DAIV 5N-OLEDの右側端子
  • USB3.0
  • Thunderbolt3

ボディ後ろ側が端子が多くなっています。

DAIV 5N-OLEDの後ろ側端子
  • イーサネット端子
  • HDMI
  • Mini Display x 1
  • USB-C
  • USB3.0
  • 電源端子

このようにあらゆる端子を備えているので、拡張性としては申し分なしですね。

マウス DAIV 5N-OLED

マウスコンピューター

マウス DAIV 5N-OLEDで動画編集

DAIV 5N-OLEDでの動画編集画面

ここからは実際にDAIV 5N-OLEDで、動画編集をしてみた様子をお伝えしていきます。

僕が動画編集機能で大事にしているのが、プレビューがちゃんと動くかどうかです。

動画編集をしている中では、エフェクトやトランジションなどがどのようになっているか、その場で確認しながら作業するのがかなり重要です。

しかしスペックの低いパソコンでは、プレビューがカクカクしてリアルタイムで確認ができないことが多く、『実際に書き出してみないとわからない』という事態になってしまいます。

なので動画編集マシンでは、リアルタイムでのプレビューがちゃんと動作するかどうかが大切

特に僕はGoProで撮影することがほとんどなので、GoProで撮影した映像がちゃんとプレビューできるかを重点的にチェックしています。

まず結果だけまとめたのがこちらになります。

4K60fps
4K60fps
(エフェクトあり)
1080p240fps
1080p240fps
(スローモーション)
After Effects
総合評価

GoProで撮影した4Kp60fps動画を編集

実際に4K60fpsの動画を編集してみたのがこちらです。

1/4と1/2、フル画質とそれぞれでプレビューしていますが、どれも快適に動いているので確認しやすいのはいいですね。

さらにズームエフェクトと調整レイヤーでカラー補正をかけてプレビューしたのがこちら。

1/4と1/2の画質ではブレビューは問題なくできていますが、問題はフル画質でのプレビューです。

このようにフル画質ではコマ落ちも発生していて、カクカクしてしまっているのがわかります

ただこの映像はWindowsのキャプチャを利用しているのですが、このキャプチャを使わずに通常再生すると滑らかにプレビューができるんですよ

なのでキャプチャを同時に起動している分、動作が重くなっているとも考えられるので、通常のプレビューは問題なくできるので安心してください。

GoProで撮影した1080p240fps動画をスロー編集

240fpsの高フレームレート素材をプレビューしてみました。

1/4と1/2、フル画質と、どれもプレビューは滑らかに動いてくれています

高いフレームレートは負荷がかかりやすいですが、それでも問題なくプレビューできるのはさすがですね。

次にスローモーション編集をしてみたのがこちら。

どの画質もスローモーションは滑らかに動作してくれて、問題なくプレビューできました

これならスローモーション編集をしても、その場ですぐに映像をチェックできるので作業効率も上がりますね。

After Effectsで素材作成

最後に動作が重たいことで有名な、『After Effects』の映像素材をプレビューしてみました。

プレビューに利用している映像素材については、僕が受講しているMovie Hacksのオープニング動画を再生しています。

実際にプレビューしたのがこちらです。

デスクトップパソコンですらプレビューがもたつくことがあるのですが、ノートパソコンでありながら一切もたつくことなく再生できているのはすごいです

重たくなりがちな映像素材もしっかりとプレビューできるので、映像制作でも快適に作業できるのはいいですね。

ちなみに途中で紹介したMovie Hacksは、PremiereとAfter Effectsの使い方が効率良く学べるおすすめの教材ですよ。

▼Movie Hacksのレビューはこちら

【レビュー】Movie Hacksを受講してみた感想|メリットや評判、値段についても紹介この記事では動画編集を学べる講座「Movie Hacks」を実際に受講してみた感想をまとめています。実用的な使い方が学べるおすすめの講座なので、僕が感じたメリットと評判、価格についても紹介しています!...
マウス DAIV 5N-OLED

マウスコンピューター

マウス DAIV 5N-OLEDレビューまとめ

デザイン
動画編集のしやすさ
価格
総合評価

ここまでマウス DAIV 5N-OLEDレビューとして、その外観や実際に動画編集をしてみた様子についてまとめてみました。

PremiereとAfter Effectsどちらの動画編集ソフトも快適に使えるので、作業効率は間違いなく上がります。

さらにDAIV 5N-OLED4Kディスプレイ搭載モデルなのですが、そのキレイさは想像以上で作業だけでなく目への負担も軽減してくれます

見やすい4Kディスプレイのおかげで、長時間の動画編集作業も楽にできるようになったのは正直驚きです。

少しでも動画編集作業を快適にしたい方は、間違いなく4Kディスプレイを搭載したパソコンがおすすめなので、ぜひDAIV 5N-OLEDをチェックしてみてくださいね。

どうも、ナシタカ(@ehicalog)でした。

マウス DAIV 5N-OLED

マウスコンピューター

モデル名OSCPUGPUメモリストレージ液晶端子バッテリーサイズ重さ
DAIV 5N-OLED
icon
Windows 10 Home 64bitintel core i7-9750H (2.6GHz)GeForce RTX 2060
(6GB)
16GB512GB(SSD)15.6型4K-UHDグレア(有機EL)
(3840 x 2160)
USB3.0 x 3
USB-C x 1
Thunderbolt3 × 1
HDMI x 1
Mini Display × 1
SD × 1
5.4時間359 × 257.8 × 29.9mm2.4kg
ASUS-FX505DTの外観
【レビュー】ASUS FX505DT-R5G1650MS|9万を切る価格が魅力の動画編集用パソコンナシタカこの記事ではASUSのFX505DT-R5G1650MSをレビューしています。動画編集向けのスペックがどんな感じなのか、実際にG...
ASUS X571GT-AL280TS
【レビュー】ASUS X571GT-AL280TSはNVIDIA GTX1650搭載!GoPro動画も快適に編集できてブラックボディが映えるこの記事ではASUSのX571GT-AL280TSをレビューしています。動画編集向けのスペックがどんな感じなのか、実際にGoProで撮影した動画の編集で使ってみた様子をまとめていきます!...
マウスコンピューターのDAIV-NG5520シリーズ
【レビュー】マウスコンピューターDAIV-NG5520シリーズは動画編集が快適でGoProがもっと楽しくなる!この記事ではマウスコンピューターのDAIV-NG5520シリーズをレビューしています。クリエイター向けのパソコンなので実際にGoProの動画編集をしてみた様子をまとめていきます!...
ABOUT ME
ナシタカ
30代の子育てパパ。生活を豊かにするために自分がやってみたライフハックを紹介していきます。人生をより豊かに、楽しく!がモットー。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA