【マウス DAIV Z7レビュー】Intel Core i7&AMD Radeon RX 5700(ビデオメモリ8GB)を搭載したデスクトップパソコン

どうも、動画編集用デスクトップPCにこだわりのあるナシタカです。

動画編集では、パソコンのスペックがとても重要です。

なのでまずは動画編集に必要なスペックを備えたものを選ぶのが大切ですが、使い心地に関しては実際に使ってみないとわかりません。

そこで僕が実際にGoProの動画編集をしてみて、パソコンの使いやすさがどんなものかを検証しています。

この記事ではマウスコンピューターのDAIVというクリエイター向けのデスクトップパソコンで、『DAIV Z7』をお借りして実際に使ってみた様子をレビューしています。

DAIV Z7の外観

Intel Core i7とAMD Radeon RX 5700(ビデオメモリ8GB)を搭載したデスクトップパソコンで、GoPro動画を快適に編集できるスペックの高さが魅力。

それでいて本体価格が約18万円と比較的安く、大量のデータを扱う動画編集用パソコンにおすすめです。

DAIV-Z7でGoPro動画を実際に編集していくので、ぜひ参考にしてください!

この記事はメーカー様から商品を貸与いただき執筆しています。

目次

マウスのDAIVシリーズとは?

マウスコンピューターのDAIVシリーズ

DAIVはクリエイター向けのシリーズとなっていて、クリエイティブ作業に最適なスペックとして定評があります。

デスクトップからノートパソコンまで、さらに写真編集用や動画編集用など、目的別にたくさんのモデルが用意されているので選びやすいのが特徴です。

なのでGoProの動画編集用パソコンを探すなら、このDAIVシリーズから探しておけば間違いありません。

マウス DAIV Z7のスペック

DAIV Z7の外観

DAIV Z7はDAIVシリーズのデスクトップの中で、ミドルモデルに位置付けられています。

スタンダードモデルのZ5と、スペックを比較したのがこちら。

モデル名 OS CPU GPU メモリ ストレージ 端子 サイズ 重さ
DAIV Z7
icon
Windows 10 Home 64bit intel core i7-9700 (3.0GHz) AMD Radeon RX 5700
(8GB)
16GB 256GB(SSD)
2TB(HDD)
USB3.0 x 6(背面×4、前面×2)
USB3.1 x 1
USB-C x 3
HDMI x 1
Display × 3
DVI-D × 1
イーサネット × 1
190 × 490 × 490mm 約10.5kg
DAIV Z5
icon
Windows 10 Home 64bit intel core i5-9400 (2.9GHz) GeForce GTX 1650
(4GB)
16GB 256GB(SSD) USB3.0 x 6(背面×4、前面×2)
USB3.1 x 1
USB-C x 1
HDMI x 1
Display × 1
DVI-D × 1
イーサネット × 1
190 × 490 × 490mm 約9.1kg

デスクトップパソコンの選び方の基準でみると、こんな感じです。

モデル名 CPU GPU
(グラフィックボード)
メモリ容量 ストレージ
DAIV Z7
icon

intel core i7-9700 (3.0GHz)

AMD Radeon RX 5700(8GB)

16GB

256GB(SSD)
2TB(HDD)

カスタマイズなしの基本構成を見ると、注目はCPUとGPUですね。

  • CPU:Core i7-9700H(3.0GHz)
  • GPU:AMD Radeon RX 5700(8GB)

CPUがCore i7となっており、GoPro Fusionの360°動画を編集できる性能を兼ね備えています。

DAIV Z7のCorei7の表記

GPUはAMD Radeon RX 5700で、ビデオメモリがなんと8GBとなっており、スタンダードモデルの2倍

スペックに余裕があるので、大量のデータを一度に扱うこともできます!

また同価格帯のスタンダードモデル『DAIV A7』がありますが、スペックで違いがあります。

項目DAIV Z7DAIV A7
CPUIntel Core i7-9700
(3.0GHz)
AMD Ryzen7 3700X
(3.6GHz)
メモリ規格16GB
(PC4-21300)
16GB
(PC4-25600)
ストレージSSD(256GB)
HDD(2TB)
SSD(1TB)
ヒートシンク
(冷却装置)
なしあり
USBポート数6つ8つ
USB-C
(3つ)

(2つ)
重さ約10.5kg約9.4kg

全体的にDAIV A7のほうが優位になりますが、USB-Cポートが備わっているのが最大のポイント。

USB-Cポートの数を第一に考えるのであれば、DAIV Z7の方がおすすめです!

マウスコンピューター

デザイン

DAIV Z7はタワー型のデスクトップパソコンですが、すでに組み上げられた状態で到着します。

DAIV Z7の外観

スタンダードモデルのZ5とほとんど変わらず、全体的に黒でまとめられており、シンプルなデザインとなっています。

左側面には、うっすらと「DAIV」の文字。

DAIV Z7の左側面

右側面はロゴもなく、ブラックボディがいいですね。

DAIV Z7の右側面

全体としてブラックボディがいい感じで、シンプルなデザインがかなり好みです。

サイズ・重さ

DAIV Z7のサイズは約190 × 490 × 490mmとなっており、実物は大きいなという印象です。

重さは約10.5kgとスタンダードモデルのZ5より重く、内部構成の違いが理由となっています。

設置部分のスペースをしっかりと準備しておくことが大切ですが、ハンドルと後面のキャスターのおかけで持ち運びは意外に楽です。

モニター・スピーカー

DAIV Z7には、基本的にディスプレイとスピーカーは付属していません

なので持っていない方は一緒に購入するか、ご自身で準備するのを忘れないようにしましょう。

一緒に購入する場合は、こちらから選ぶことができます。

モニター値段
[24.1型ワイド液晶(IPS)] EIZO CS2420-Z
(ブラック/1920×1200/DisplayPort,HDMI,DVI)
89,800円
[27.0型ワイド液晶(IPS)] EIZO CS2731-BK
(2560×1440/HDMI DisplayPort USB Type-C/Adobe RGBカバー率99%)
117,000円
[27.0型ワイド液晶(IPS)] EIZO CS2740-BK
(3840×2160/HDMI DisplayPort USB Type-C/Adobe RGBカバー率99% )
172,000円

27インチ4Kディスプレイを選ぶこともできるので、4K動画の編集をメインにしていくのであればぜひ選びたいところ。

僕が使っているBenQアイケアモニターがとてもおすすめ。4Kの高解像度が動画編集作業にピッタリのモニターです。

キーボード・マウス

DAIV Z7ではディスプレイと同様に、キーボードとマウスも付属していません。

なのでこちらも一緒に購入するか、自分で準備するようにしましょう。

マウスの標準キーボードとマウスがこちらの2つです。

マウスの標準キーボードとマウス

特に不満なく使えるので、こだわりがなければこれで十分です。

端子

DAIV Z7の端子は、このようになっています。

  • USB3.0 x 6(背面×4、前面×2)
  • USB3.1 x 1
  • USB-C x 1
  • HDMI x 1
  • Display × 3
  • DVI-D × 1
  • イーサネット × 1

クリエイター向けデスクトップだけあって、拡張性が高く使いやすい構成となっています。

端子は前面と後面に分かれており、まず前面は左からこのようになっています。

DAIV Z7前面のポート
  • マイク端子
  • ヘッドフォン端子
  • USB3.0 × 2
  • LEDランプ
  • 電源ボタン

後面は端子が多くなっていて、接続の中心になります。上から見ていきましょう。

DAIV Z7の後面の端子
  • USB3.0 × 2
  • PS/2端子
  • DVI-D端子
  • DisplayPort端子
  • USB3.0 × 2
  • イーサネット端子
  • USB-C
  • USB3.1

特にUSB3.1とUSB-Cポートがここに2つ備わっているので、高速で読み書きしたいデバイスはここに繋ぎましょう。

そのすぐ下には、ディスプレイ用の端子が多く配置されています。

DAIV Z7後面中段の端子
  • DisplayPort端子 × 5
  • HDMI
  • USB-C × 2

そして下部には電源端子とメインスイッチがあり、ここに電源ケーブルを接続します。

DAIV Z7後面下部の端子


これだけあれば、接続に困ることはほぼないですね。

マウスコンピューター

マウス DAIV Z7で動画編集

ここからは実際にDAIV Z7で、動画編集をしてみた様子をお伝えしていきます。

僕が動画編集機能で大事にしているのが、プレビューがちゃんと動くかどうか

動画編集をしている中では、エフェクトやトランジションなどがどのようになっているか、その場で確認しながら作業するのがかなり重要。

しかしスペックの低いパソコンでは、プレビューがカクカクしてリアルタイムで確認ができないことが多く、『実際に書き出してみないとわからない』という事態になってしまいます。

なので動画編集マシンでは、リアルタイムでのプレビューがちゃんと動作するかどうかが大切。

特に僕はGoProで撮影することがほとんどなので、GoProで撮影した映像がちゃんとプレビューできるかを重点的にチェックしています。

まず結果だけまとめたのが、こちらになります。

4K60fps
4K60fps(エフェクトあり)
1080p240fps
1080p240fps(スローモーション)
After Effects
Fusion 360度動画
総合評価

4Kp60fps動画をプレビュー

実際に4K60fpsの動画を編集してみたのがこちらです。

4K動画をフル画質でプレビューしていますが、快適に動いてしっかりとプレビューできているのがわかります

さらにズームエフェクトと、調整レイヤーでカラー補正をかけてプレビューしたのがこちら。

プレビューを開始した瞬間は少しコマ落ちのようになっていますが、そのあとは滑らかに動いています。

何度か繰り返しプレビューしてみましたが、やはり開始の瞬間は動きが重たい…。

エフェクトを重ねたクリップをプレビューするときは、最初のほうだけ遅くなる可能性は意識しておくといいですね。

1080p240fps動画をプレビュー

240fpsの高フレームレート素材をプレビューしてみたのがこちら。

フル画質のプレビューは滑らかに動いてくれています

高いフレームレートは負荷がかかりますが、それでも問題なくプレビューできるのはさすがですね。

次にスーパースロー編集をしてみたのがこちら。

フル画質でのスローモーションは滑らかに動作しており、快適にプレビューできました

これならスローモーション編集をしても、その場ですぐに映像をチェックでき作業効率も上がりますね。

スーパースローの編集も安心です!

After Effectsで素材作成

動作が重たいことで有名な、『After Effects』の映像素材をプレビューしてみました。

プレビューに利用している映像素材については、僕が受講しているMovie Hacksのオープニング動画を再生しています。

実際にプレビューしたのがこちら。

3回ほど繰り返しプレビューしましたが、快適にプレビューできています。

動作が重くなったり、BGMが遅れたりといったことはありません!

映像素材の作成でもプレビューがしっかりと動作するのは重要で、これなら編集をリアルタイムで確認しながら微調整ができます。

ちなみに途中で紹介したMovie Hacksは、PremiereとAfter Effectsの使い方が効率良く学べるおすすめの教材ですよ。

▼Movie Hacksのレビューはこちら

GoPro Fusionの360°動画を編集

最後に負荷の大きい360°映像の編集を試してみます!

まずFusion Studioで360°映像の書き出しです。

書き出すのがこちらの動画。

  • 動画1
    形式:ProRess
    手ぶれ補正:オン
    予測サイズ:11.6GB
  • 動画2
    形式:ProRess
    手ぶれ補正:オン
    予測サイズ:5.8GB

この設定で360°映像を書き出したところ、7分20秒で書き出しが終わりました。

ちなみにMBP13インチでは4〜5時間かかるので、かなり早い!

Premiereではキーフレームを使い、視点を動かしながらプレビューしてみたのがこちら。

アニメーションをつけても快適に動作しており、視点の変化のチェックがスムーズにできました

360°映像の書き出しと編集がとてもしやすく、もたつくことなく編集できていることがわかります。

これならGoPro Fusionでの撮影が、より気軽に楽しめます!

マウスコンピューター

マウス DAIV Z7レビューまとめ

デザイン
動画編集のしやすさ
価格
総合評価

ここまでDAIV Z7レビューとしてその外観や、実際に動画編集をしてみた様子についてまとめてみました。

CPUはCore i7でビデオメモリ8GBと、動画編集には十分すぎるほどの性能を持ち合わせています

GoProの4Kや240fpsの高フレームレート素材も問題なくプレビューでき、かなり快適に動画編集ができるのはとても素晴らしい。

特にスタンダードモデルのZ5と比べるとスペックに余裕があるので、よりたくさんの動画ファイルを扱うならZ7がおすすめ

僕もFusion Studioで360°動画を書き出しながら、Premiereで動画編集とフルに活用していますが、これだけの負荷をかけても快適に使えることに驚いています。

動画編集用パソコンを検討している人は、ぜひ候補としてチェックしてみてください。

モデル名 OS CPU GPU メモリ ストレージ 端子 サイズ 重さ
DAIV Z7
icon
Windows 10 Home 64bit intel core i7-9700 (3.0GHz) AMD Radeon RX 5700
(8GB)
16GB 256GB(SSD)
2TB(HDD)
USB3.0 x 6(背面×4、前面×2)
USB3.1 x 1
USB-C x 3
HDMI x 1
Display × 3
DVI-D × 1
イーサネット × 1
190 × 490 × 490mm 約10.5kg
マウスコンピューター
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる