Mac

Macで複数の写真を一度にプレビューする方法

Macで複数の写真をプレビュー
ナシタカ
ナシタカ
この記事ではMacで複数の写真をプレビューする方法についてまとめています。またプレビューをスムーズにするためのファイル選択のテクニックについても紹介しています!

どうも、Apple大好きナシタカ(@ehicalog)です。

Macを使っていると、たくさんの写真を一度にプレビューしたいときがあります。

そんなときは簡単操作で写真を次々と切り替えることができたり、一覧表示で簡単に見たい写真を選ぶこともできるんですよ。

これを知っておくと写真の確認が簡単になり、ちょっとしたストレスを減らすことができます。

Macをお使いならぜひ知っておきたい操作なので、ぜひ読んでみてくださいね。

Macで複数の写真をプレビューする方法

Macで複数の写真をプレビューする手順は、こちらになります。

Macで複数の写真をプレビュー
  • ステップ1
    写真を選択
    まずはプレビューしたい写真を選択しましょう。

    Macで写真を選んだところ

  • ステップ2
    クイックルックを使う
    写真を選択した状態で『スペースキー』を押すと、『クイックルック』という機能を使うことができます。

    Macでクイックルックを起動したところ

    上の画像の矢印を選択すると、前や次の写真に切り替えることもできます。

  • ステップ3
    一覧表示にする
    矢印アイコンの隣にあるボタンを選択すると、写真を一覧で表示することができます。

    一覧表示

    このように並んで表示されるので、一覧でそれぞれの写真を確認しつつ、気になった写真をクリックして選択することも可能。

    Macのクイックルックで一覧表示

    これでMacでの写真確認が、よりスムーズにできるようになります。

Macでの写真ファイルの選択方法

複数の写真をプレビューするには、見たい写真を選択する必要があります。

Macではファイル選択の方法が4つほどあるので、それぞれ見ていきましょう。

1つのファイルを選択

1つのファイルを選択するには、『command + クリック』を使います。

commandとクリックで選択

離れたファイルも個別で選択でき、Macでの基本的なファイルの選択方法ですね。

連続したファイルを選択

連続したファイルを選択するときは、『shift + クリック』を使います。

例えば、ある範囲を連続で選択するときは起点となるファイルをクリックし、次に最終地点のファイルをクリックすると、 その間のファイルも全て選択されます。

shiftとクリックで選択

他の範囲を指定する際は、まず『command + クリック』で起点を指定してから、最後に終点をクリックしましょう。

shiftとクリックで離れた範囲を選択

こうすることで、前の範囲と連続してしまうのを防ぐことができます。

ドラッグで選択

複数選択の際には、ドラッグして選ぶ方法も使えます。

ドラッグで範囲指定

特にアイコン表示されているときに使うのが便利で、shiftとの使い分けをするとよりスムーズなファイル選択ができます。

すべてのファイルを選択

すべてのファイルを選択したいときは、『command + A』を使いましょう。

commandとAで全選択

このようにフォルダ内などの全てのファイルを一括選択できるので、知っておくとかなり使えます。

Macで複数の写真を一度にプレビューする方法まとめ

Macで複数の写真をプレビューするなら、クイックルックを使うのがおすすめです。

ファイルを複数選択してスペースキーを押すだけなのですが、知らないとなかなか気付きにくい機能なので、ぜひ覚えておきましょう。

またファイル選択に関してもたくさんの方法があり、状況に合わせて使い分けるだけでプレビューがより快適になります。

最初は覚えるまでストレスがあるかもしれませんが、慣れるとかなり便利になるので、ぜひチャレンジしてくださいね。

どうも、ナシタカ(@ehicalog)でした。

ABOUT ME
ナシタカ
30代の子育てパパ。生活を豊かにするために自分がやってみたライフハックを紹介していきます。人生をより豊かに、楽しく!がモットー。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です