【Premiere Proの使い方】カット作業を効率よくやるならキーボードショートカットを使いこなそう!

どうも、動画編集ソフトにこだわりのあるナシタカです。

僕は動画編集ソフトはAdobeのPremiere Proを愛用しています。

理由はいくつかあるのですが、その中でも便利だなと思っているのがショートカットキーです。

ショートカットキーを自分好みにアレンジすることで、動画編集の作業効率が格段に上がります。

なのでこの記事では、

  • Premiere Proでよく使うショートカットキー
  • おすすめのショートカットキー設定

について紹介します。

動画編集の作業効率アップには欠かせないので、ぜひ参考にしてもらえたらうれしいです!

目次

Premiere Proのカット作業でよく使うキーボードショートカット4つ

Premiere Proの作業で繰り返し行う作業といえば、映像素材のカット編集作業ですよね。

映像を確認しながら要らない部分を削りつつ必要な映像を厳選していくわけですが、何度もツールバーからツールを選んで…と手順が多くて大変なのが辛いところ。

このカット編集を行うときにツールバーから選択ではなくキーボードショートカットを使うと、作業の効率が爆上がりして動画編集の時間を大幅に減らすことができます。

カット編集で特によく使うキーボードショートカットが、こちらの4つ。まずはそれぞれを詳しく見ていきましょう。

リップル削除

Premiereでタイムラインの素材を消去すると、ファイルがあった場所の空白が残ってしまいます。

そうするとこの空白を消すために後ろの素材を前に持ってきたり、空白を削除する手間が必要なんですが、これを何度もやるのは正直めんどくさい。

この作業をショートカット一発でできるのが、『リップル削除』です。

リップル削除を行うと、ファイルと一緒に空白を削除してくれます。

おかげで空白を埋めるための素材の移動などが必要ないので、手間が減る&次の作業にすぐに移れるというわけ。

普通の空白の処理はけっこうな手間がかかるので、リップル削除を使うと効率が上がります。

編集点を追加

編集点を追加することで、この後で紹介するトリミング操作がしやすくなります。

実際に編集点を追加すると、このようにタイムライン上でファイルが分離されます。

編集点を追加

例えばここからの映像は使うかどうかわからないときには、とりあえず編集点を追加しておくのがおすすめ。

こうしておくと削除するときはそのまま削除できますし、使うとなっても編集点はそのままで大丈夫ですからね。

前の編集ポイントを再生ヘッドまでリップルトリミング

これを使うと、こちらの画像のように前の編集点から再生ヘッドまでをリップルトリミングしてくれます。

再生ヘッドから左側を削除

つまり、再生ヘッドの左側の素材を丸ごと削除するわけですね。しかも空白もきっちり埋めてくれるのがポイント。

いちいち編集点を追加して削除という操作を行うことなく、一気に不要な部分を削除できるので使う頻度はかなり高いです。

次の編集ポイントを再生ヘッドまでリップルトリミング

これは先ほどとは反対で、再生ヘッドから次の編集点までの素材を一気にリップルトリミングできます。

再生ヘッドから右側を削除

つまり、再生ヘッドから右側の素材を丸ごと削除できるわけです。そしてこちらも空白はきっちり埋まります。

こちらも複数の処理を一気に行えるので、使う頻度は高いです。

Premiereのショートカットキー配置を変えてカット作業の効率を上げる

ここまで紹介した4つの項目を覚えるだけでなく、さらにキー配置を変えることで作業効率を爆上げすることができます。

おすすめのキー配置がこちら。

  • A:前の編集ポイントを再生ヘッドまでリップルトリミング
  • S:編集点を追加
  • D:次の編集ポイントを再生ヘッドまでリップルトリミング
  • F:リップル削除

この配置の理由は、左手のホームポジション。Macを使うときの左手のホームポジションにキーを配置しているので、違和感なく使うことができるのが特徴です。

左手のホームポジション

さらにホームポジションから手を動かす必要もないので、画面を見ながら直感的に操作ができます。

左手はホームポジションでボタン一発で操作ができ、右手はMagic Mouseを持ってスムーズに作業できるのは最高。

またSキーに編集点を追加することで、ここより左側の削除はA、右側の削除はDと分かりやすくしているのもポイントです。

ショートカットキー設定画面のホームポジション

この配置のおかげでキーを確認することなく、映像素材のカット操作ができるので作業効率が段違いです。

キー配置の変更はPremiereの設定メニューから変更可能で、このように項目を検索して選択してから、割り当てたいキーを押すと設定できます。

ショートカットキーの設定画面

設定は簡単なので、ぜひやってみてください。

Premiereでのショートカットキーの使い方|まとめ

僕の場合は上で紹介した4つのショートカットキー&キー配置変更を7年ほど愛用しており、これを設定する前と比べると作業効率が倍以上になっています

特にショートカットを使いやすいように左手で押せる位置に変更することで、キーを確認することなく直感的に操作ができて確認の手間が省けます。

些細なことかもしれませんが、こうしたキーボードショートカットを駆使することで動画編集の効率は想像以上に変わります

ぜひ皆さんもこの記事を参考にしてもらい、自分にあったキー設定を構築してくださいね。

Premiereの使い方についてさらに詳しく知りたい方は、僕も受講している『Movie Hacks』がおすすめ。

YouTube向けとなっていますが、基本操作をしっかりと学べるので、応用が効くようになったのを実感しています。詳しく学びたい方はぜひチェックしてみてください!

▼Movie Hacksレビューはこちら

シェアしてもらえると喜びます!
目次
閉じる