[e]星ドラのムドー伝説級の攻略についてまとめました

この記事をかいた人

本業は整体師。主に大好きなGoProを始めとしたアクションカメラや動画編集、子育てについての情報を発信しています!

僕がハマっているゲーム、「星のドラゴンクエスト」。
今回は現在開催中のドラクエⅥ前半イベント、「ムドーを倒せ!」の伝説級についてまとめていきます。

僕がマルチで周回してだいぶ攻略の型が固まってきたので、どういった装備でどんな立ち回りを意識しているのかなどが中心です。
攻略でお困りの人にも役に立ててもらえたら嬉しいです。

スポンサーリンク

装備と道具

装備

  • 職業:まものマスター
  • 武器:ルビスの剣+40
  • 頭:はぐメタのかぶと+25
  • からだ上:はぐメタのよろい上+30
  • からだ下:はぐメタのよろい下+25
  • 盾:ルビスの盾+25
  • アクセサリー1:女神のゆびわ
  • アクセサリー2:まものマスターの輝石

武器スキル構成

  • 輝石スキル:しっぷうのキバ
  • メイン:ルビスの光
  • 補呪A:ベホイム
  • 攻特A:彗星斬り
  • 攻呪A:ライデイン
  • 補特A:はやぶさの剣舞

道具

  • 特やくそう
  • めざめの花
  • せかいじゅの葉
  • 上どくけし草

装備解説

武器編

まず武器のルビスの剣は攻撃スキルや回復呪文まで様々なスキルをセットできるので、攻撃からサポートまで様々な立ち回りが可能になります。

ちなみに以前は補助特技Aの枠には「アークブレード」をセットして補助呪文Aには「バイキルト」をセットしてました。

ただこれだと素早さダウンされると安定しなかったので、今のスキル構成に変えています。

理由は「しっぷうのキバ」のスキルレベルが上げられていないことが大きいです。スキル玉が足りずに20秒のままなので、スピードがちょっと遅れてしまいます。

なので代わりに素早さを上げられる「はやぶさの剣舞」を入れたら攻略がかなりしやすくなりました。

ちなみに「ライデイン」は「ドラゴラム」を持っていないので代わりに入れているだけです。
ドラゴラム欲しい…。

防具編

防具ははぐメタシリーズで固めていて、これで闇ブレスとデイン属性の耐性が上げられます。

そして単純な防御力も上がるので、物理攻撃に対しても安心感が出ます。
盾ははぐメタの盾を持っていないのもありますが、ルビスの盾を選んでいる理由としてHP回復ができることが理由です。

ここは錬金ロトの盾に変えた方が安定しそうですね。「不死鳥の守護」の回復量がかなり上がったのでおすすめです。

道具編

道具はまず回復用の特やくそうは必須です。僕の場合はスキルにベホイムもあるので、スキルが間に合わないときの非常回復手段としての位置づけですね。

そしてめざめの花と上どくけし草は状態異常への対策です。
対策をしていても状態異常にかかるときはあるので、仲間へのサポートとして入れておくと安心です。

せかいじゅの葉は仲間が死んだときの保険として入れてあります。

ムドー1戦目

ムドー

ムドーはゲージ変化攻撃で「はげしいいなずま」のディン属性の全体に100ダメージを行ってきます。

特にスキル攻撃でムドーの「かがやくいき」とゲージ変化攻撃が被ると、一気に全滅する恐れがあります。
なのでタイミングが被らないように、防御を使いつつ安全にゲージを跨いでいきましょう。

勢い任せで攻撃していて、このコンボで死んでしまったことがありました…。
タイミングを図ることが大切です。

きりさきピエロ

きりさきピエロは左が「しんくう斬り」、右が「もうどく斬り」を行ってきます。

ダメージはそこまで大したことないのですが、一人が集中して狙われると一気に体力が減ります。
また「もうどく斬り」でもうどく状態になることも多いので、対策が必要です。

攻略:ムドーを集中攻撃

ムドーと一緒に切り裂きピエロが2体出てきますが、マルチの場合はメンバーが強力なのでムドーを集中攻撃した方が早いです。
その時には上に書いたようにゲージ変化攻撃と「かがやくいき」のタイミングが被らないように注意しましょう。

「かがやくいき」の後には今度は「ルカナン」を唱えてきます。
防御を下げられると次の2戦目の被ダメージが大きくなるので、ルカナンを唱えられる前に倒すのが理想です。

補足:職業スキルはあらかじめ使っておく!
ムドー2戦目は開幕直後に「忘却の幻術」で職業スキルが使えなくなります。なのであらかじめ職業スキルを使ってから2戦目に突入するのが得策です。

特に海賊の方は「荒波の舟歌」を使ってパーティよ守備力と息耐性を上げておくと2戦目が格段に楽になります。

ムドー2戦目

ムドー

まず開幕直後に「忘却の幻術」で職業スキルの使用不可と素早さ2段階ダウンになります。その後は「あやしいひとみ」で眠り状態の状態異常をかけてきます。

ゲージ変化攻撃は「夢幻の障気」で闇ブレス属性の全体に230のダメージと毒、眠り、素早さダウンの攻撃をしてきます。
また割り込み行動で「追加攻撃」をしてきますので、常に残りHPには気をつけましょう。

攻略:HPを常に300以上に保つ

素早さダウンが入ってくるので、対応スピードが遅くなるのがムドー戦の辛いところです。
特に「夢幻の障気」からの追加攻撃で思わぬダメージを受けることがあるので、常にHPは高い状態を保ちましょう。

また最終ゲージに突入すると「激怒」をするので追加攻撃のダメージを上がります。
ここで油断すると一気に削られてしまうので、ゲージを跨ぐ時はまず全員のHPが高い事を確認して、被ダメージ後はすぐに回復しましょう。

このHPの管理がしっかりできれば、思わぬ連続攻撃でも死ぬリスクが減ります。

注意:最終ゲージは安全に!
ムドーは「まぶしいひかり」でパーティ全体に幻惑をかけてきます。
食べ物セットをしていてもけっこうな確率でかかるので、最終ゲージで幻惑がかかっているときは無理をしないことが大事です。

あと少しで倒せるけど外れたらやばい!みたいなギャンブル的な攻めは、死亡フラグが立ちやすいので気をつけましょう!!
幻惑にかかっている時はまずは死なない立ち回りが必要です。

プレイ戦略

以上のムドー戦での相手の動きから、実際の僕の立ち回りはこんな感じです。

常に素早さ2段階アップ

僕がムドー戦で大事にしているのが、『常に素早さ2段階アップ』です。
これができると攻撃に回復にとメンバーのサポートがしやすくなるので、素早さアップのスキルは僕にとって必須です。

ムドー1戦目

まずは「はやぶさの剣舞」で素早さアップと攻撃回数アップします。

ルビスの剣の良いところは、通常攻撃でHPを回復できるところです。
攻撃1回で10〜12くらいは回復できるので、攻撃回数が増えれば20〜25の回復ができます。

安心とまではいきませんがこのHPの回復がおまけとして入ることで、まず死なない立ち回りが簡単になります。

そしてこの後に「彗星斬り」でさらに素早さアップを狙います。それがダメなら輝石の「しっぷうのキバ」で素早さアップをします。

これで素早さ2段階アップになるので相手のスキルゲージの溜まり具合を見て「ルビスの光」で攻撃するか、ちょうど「かがやくいき」か来る頃なのでガードします。

後はメンバーと協力してコンボで一気に体力を削りましょう!

ムドー2戦目

まずは開幕直後の「忘却の幻術」で素早さが元に戻るので、もう一度「はやぶさの剣舞」と「彗星斬り」、「疾風のキバ」で素早さ2段階アップまで持っていきます。

ゲージを跨ぐ際はメンバーのHPを確認して、まだの時は防御でタイミング調整したり直接回復したりで安全を第一にします。
特に「夢幻の障気」はガードしても100程度はダメージが入るので、直後は回復に専念することが大事です。

なので跨いだらすぐに回復して体勢を整えて、再度攻撃をしていきます。
素早さダウンが入ったら再度素早さをアップしておき、最終ゲージのゴリ押しに備えておきます。

最終ゲージを超えたらムドーのHPと味方全体のスキル攻撃のバランス、味方のHPをチェックします。
ここで一気にスキル攻撃で仕掛けられるならゴリ押しの攻撃、回復する仲間がいれば単体で攻撃します。

ここで仲間が死ぬと「あやしいひとみ」と追加攻撃がまとまってやってくるので、眠ったまま何も出来ずに死ぬパターンになりやすいので、まずは味方が死なないことを優先に行動します。

これができれば余裕でムドー攻略ができます。

まとめ

  • 常に素早さ2段階アップが鍵
  • サポートしつつの立ち回りなら安定して攻略できる

眠りや猛毒、素早さダウンなどの状態異常が厄介ですが、全体への攻撃が少ないのがムドーの特徴です。
なので最終ゲージでも全員が生きてさえいれば、攻撃を分散できるので全滅をする可能性は非常に低いです。

ゲージ変化の「夢幻の障気」と「かがやくいき」だけ気をつければあまり怖くはないので、そこを踏まえると伝説級の中では割と攻略しやすい部類ですね。

僕は引換券集めるのとレイドックの剣が欲しいので、最後まで周回していきます!

星ドラで初心者が強くなる手順についてまとめたので興味ある方はこちらからどうぞ。

合わせて読みたい!

星ドラ:初心者が強くなるためのオススメの方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク